ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

The udon Fighter うどんの国からきた娘
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

The udon Fighter うどんの国からきた娘

2013-10-07 22:57

    今回は「試合相手」というお題でアイデアを募集していましたが、なぜかカオスなことになりました。
    残念ながら使用できなかったアイデアはシナリオの後に列挙してあります。


    タイトル「The udon Fighter うどんの国からきた娘」

    人物表
    主人公(?)
    娘(?)老舗うどん店の娘
    その他多数


    ○うどん店「老舗うどん店」・前

    ○同・店内
    うどん屋の娘(以降、娘)とうどん屋の母が厨房を切り盛りしている。
    主人公がうどんのカップ麺を食べている。お湯の入ったやかんの横にうどんの入ったどんぶりが置いてある。
    壁に張り紙。
    フルタチのナレーション「老舗うどん店は先代が最近急逝して後継ぎがいない状態であった」
    主人公「きつねうどんさいこ~だぜ~~~」
    どんぶりを引きに来た娘が主人公の前で立ち止まる。
    娘「なんで、うどん屋でうどんのカップラーメンを食べているの?」
    主人公「ここのうどん・・・・・・・・いや、なんでもない」
    娘「わたしが愛情を込めて作った、サトウキビ畑風うどんのどこが気に入らないの?」
    主人公「あめ~よ、そして甘いよ!客、全然入るはずないだろ」
    カップ麺をすする主人公。
    主人公「どん兵衛の方がうまいんだよ!」
    娘「もうわかった、私のうどんをあんたに評価してもらうために。わたし、あの大会に出る」
    壁の張り紙を指差す娘。
    張り紙の文字「UDN2013全国大会」
    張り紙を凝視する主人公。

    ○うどん屋「しにせ」・前

    ○同・厨房
    老舗店長と老舗店員がうどん粉にまみれている。
    老舗店長「くっ、奴ら最新式のうどん生地こね機使ってやがる!」
    老舗店員「これじゃこっちのHPがもたないぞ!」

    ○うどん屋「さいしん」・店内
    厨房からうどんがにょろにょろと這い出て来る。
    客が驚いた顔でそれを見ている。
    客「なんだこれは・・・!無限に麺が出てくる・・・!」
    歌うような機械音が聞こえる。
    機械音「うどんでんうどんでん♪うどんでんでんででんでん♪」
    うどんから、うどんの精霊?が出て来る。
    謎の人物が厨房から店内を覗いている。
    謎の人物「手打ちにするかい・・・へっへっへっ・・・」

    ○さぬき市・大会会場
    大会出場者であろう沢山の人と観客の香川県民でごった返している。
    垂れ幕がある。
    字幕「さぬき市」
    垂れ幕の文字「提供 寿がきや テーブルマーク」
    周りの人を見ながら歩いている主人公。
    順次、登場人物がそれらしい格好で登場(想像にお任せします)
    イタリア人「極東のうどんフードごときに我がパス太郎、破れるかな?」
    パス太郎「とっとと~♪食べろよパスタを~♪だーいすきなのは~♪金払いのいい客~♪」
    中国人「中国4千年の歴史見せてやるね!」
    イタリア「お前ラーメンだろ。つうかあれ嘘だったじゃん」
    インド人「これターバンじゃなくてうどん巻いてるんだよ」
    パキスタン人「まぢかよ」
    ムエタイの格好でシャドーをしているムエタイ選手。
    香川県民1「あの人確かムエタイの世界大会で優勝した人ね」
    香川県民2「彼のキックは麺の生地のこしを最大限に引き出すらしいよ」
    山崎邦正似「俺のパンチもすげーよ おばあちゃんの肋折ったから」
    老舗店長と老舗店員がいる。老舗店員は麺棒を持っている。
    老舗店員「これは先代が使用していた幻の麺棒です」
    うなずき受け取る老舗店長。
    字幕「大塚製薬の新入社員」
    大塚製薬の新入社員「ポカリうどんで勝負だ!」
    にっしん社員「俺ルール的にはかやくとスープと湯しか手出さないようにしてるんだよ」
    市長「あーあ、オリンピックの協力で忙しいんだけど・・・そっちの方が評価高くなるし・・・」
    子供「ねー?まだ始まらないのー?麺のびちゃうよー」
    料理人「うっせー!外野はすっこんでろ」
    頭頂部のあれなアルシンドが太鼓を持って登場。
    アルシンド「アルシンドになちゃうよー。審判するよー」
    香川県知事が壇上でマイクを持って話している。
    香川県知事「えー、今日はお日柄もよく、国からの地方交付金で立てたこのハコモノ会場において皆様のご健闘を(ry」
    アルシンド「うどんがどーん(太鼓を叩く)」
    解説席と書かれたテーブルにマイクを前に座っているフルタチ。
    フルタチ「さあ、試合開始です」
    主人公とウドン鈴木がにらみ合っている。
    ウドン鈴木「あまのくぅーん」
    わんこうどんを食べ始めるウドン鈴木。
    対抗してきつねうどんを食べ始める主人公。
    ウドン鈴木と主人公の前に50杯のわんこうどんときつねうどんが並んでいる。
    × × ×
    会場のカードダス前に小学生1と小学生2がカードを手に話している。
    小学生1「ちぇー!また素うどんのカードだよぉ・・・これで32枚目」
    小学生「俺のたぬきうどんカードと一枚交換しようぜ?」
    × × ×
    うどんを苦しそうに食べているウドン鈴木。
    ウドン鈴木「天野くぅ~ん、股間からうどん出ちゃう、出ちゃうよぉ、、あぁああああああああああきゃいいいいいいいいいいいん」
    フルタチ「ウドン鈴木選手、3杯で棄権」
    主人公の目の前にはすでに49個のきつねうどんの器があった。最後の一杯を食べている主人公。
    アルシンド「勝者!うどん!」
    歓声が上がる。
    主人公「全ての麺は香川に通ずるずるずる(うどんをすする音)」
    × × ×
    アイキャッチ。
    字幕「うどんファイターKG (K=香川県民に G=ごめんなさい の略)」
    × × ×
    字幕「二回戦」
    胃腸薬と書かれた薬を飲んでいる主人公。顔色が悪い。
    フルタチ「二回戦の内容は相手の作ったうどんを食べきるという内容。ただし、ただのまずいうどんはNG!さて、どうするか!?」
    顔色の悪い主人公と対戦相手がにらみ合っている。
    対戦相手「むしろ食が進むよううまいうどんをつくってやる。食が止まらなくなるくらいにな、そして棄権するがいいww」
    × × ×
    対戦相手が倒れている。
    うどんを食べている主人公。
    アルシンド「勝者!うどん!」
    IKKO(釜玉)「もぅ、どんだけぇ?うどんちゃん弱いぃぃ」
    主人公「全ての麺は香川に通ずるず・・・うっ(口を押さえる)」
    アイキャッチ。

    ○同・トイレ前
    字幕「3回戦の相手 海原雄山 うどんの材質にケチをつけて食べずに不戦勝」
    アイキャッチ。

    ○同・大会会場
    ローマ法皇「ほっほっほ。盛り上がっているようですな」
    ダライラマ「おや、法皇どのも来られましたか。いやはや、毎年うどんの力には神の光明を見るようですな」
    織田無道「だよねー」
    ひろゆき「楽しみだなー」
    中島みゆきと主人公がにらみ合っている。
    解説席のフルタチ。
    フルタチ「次の対決は流しうどんだ」
    アルシンド「うどんがどーん(太鼓を叩く)の勝利!」
    みゆきが歌っている。
    みゆき「あんな~うどんも~ああ~ったねとぉ~♪♪回る~ 回る~よ 時代はうどん~」
    涙を流しながらうどんをすすっている主人公。
    × × ×
    主人公が対戦相手1とにらみ合っている。
    フルタチの声「うどんを切って揚げた かりんとうで対決!」
    × × ×
    主人公が対戦相手21とにらみ合っている。
    フルタチの声「今、世界ではUDOというカードゲームが大ブーム。これはうどんをモチーフにしたTCGだ」
    × × ×
    フルタチの声「鍋焼きうどん対決!」
    主人公と対戦相手3が鍋焼きうどんを食べている。
    鍋奉行が乱入し対戦相手3の鍋にごはんを入れる。手が止まる対戦相手3。続いて主人公の鍋にごはんを入れようとするが素早くうどんを鍋に入れる主人公。
    悔しがる鍋奉行と対戦相手3。
    アルシンド「勝者、うどん!」
    主人公「ずるずるずる(うどんをすする音)」
    × × ×
    解説席のフルタチ。
    フルタチ「ついに決勝戦です。初戦敗退したが、敗者復活戦のうどん一本食い対決を征し、勝ち上がってきた娘と…」
    主人公と娘がにらみ合っている。
    娘「ついにここまで来たわね・・・37年前の雪辱、今こそ晴らさせてもらうわ!」
    主人公「あれ・・・さっきあったような・・・いや、いいか・・・」
    娘「まず、私が先行よ!」
    懐からカードの束を取り出す娘。
    娘「ドロー!うどんカード!さっき小学生にもらったきつねうどんを召喚!」
    アルシンド「うどん食えよ」
    うどんがぐつぐつと煮込まれている。
    主人公「ようし・・ウドン、ゴー!」
    小学生「うわ・・・だっせー」
    アルシンド「うどんがどーん!(太鼓を叩く)」
    フルタチの声「さて、だしはかつおぶしだし、こんぶだし、阿藤快のどれかから選べます!」
    主人公の体から、麺がゆらゆらと放出されていく。
    娘がスカウターのような何かを耳につけて主人公を見ている。
    娘「主人公のうどん力がどんどん上がっていく・・・!15万・・・16万・・・まだ上がるだと!?16万2000!16万2011!16万2052! 上がり方地味!」
    うどんがぐつぐつととても煮込まれている。
    娘「ご・・53万」
    主人公の体が白と紫色になっている。ドヤ顔の主人公。
    法王「予定通り、2人の対決になったな。我々のシナリオを変えることはできないんじゃよ、主人公くん。ククク」
    オレンジの修行服を着ている娘。
    娘「あんなに醗酵させたら危険だわ!小麦の香りが解き放たれる!しかし、私はすでに10倍麺王拳を使ってしまっている、どうすれば・・・」
    博士が走ってくる。
    字幕「金ちゃんラーメンでおなじみ徳島製粉本社研究室室長の博士」
    博士「あの小麦粉・・・まさか!!」
    主人公「穏やかな心を持ちながら、怒りによって目覚めた、俺が伝説の戦士!スーパーうど…」
    娘「クリウドンのことかああああああ!!」
    麺(オーラ)が娘の体から放出される。
    娘「もう」
    娘のナレーション「カップラーメンの事を」
    娘「謝ったってゆるさないぞーーーーー」
    麺(オーラ)をまとった主人公と娘が、宙に舞い、空中で激しく激突する。
    娘、はじかれて激しく会場に墜落する。
    娘「痛い……もう、だめだわ…」
    主人公「謝れば、許してあげますよ。ほっほっほ」
    宙から降りてくる主人公。
    主人公「ほっほっほ!麺でじわじわ首をしめるようになぶり殺してあげますヨ」
    麺(オーラ)を娘の首に巻きつけ絞める主人公。
    娘「う・・ぎぎ・・ぐ・・ぎ・・うう・・」
    朦朧としまぶたの下りてくる娘。
    × × ×
    うどんの上に乗っている薬味に顔がついている。
    薬味達「娘ちゃん頑張って!私達を、輝かせて!!!」
    × × ×
    会場の観客を見る娘。
    観客が薬味に見えてくる。
    娘「聞こえる・・香川県民の、うどんを求める声が・・・」
    体から麺(オーラ)を発する娘。
    主人公「何っ!?」
    娘「私は・・・負けないっ!!」
    娘の首に巻きついた麺が弾ける。
    吹き飛ばされる主人公。
    娘「子宮が求めてる!私の子宮が求めてる!私の宇宙を、うどん宙を!みんなに見せてあげるんだから!!!」
    うどんの鍋を頭からかぶっている主人公、鍋をのける。
    主人公「僕に出汁をつけたのは、うどん以外では君が初めてだよ」
    娘「うーーー(と全身をちぢこませ力を溜め)・・・・どーーーーーん!(と主人公に向けて手足を伸ばす)」
    娘の毛穴という毛穴からうどんが出てくる。
    主人公「甘いわ!」
    主人公のナレーション「うどんが」
    ゴーゴンのような娘の姿に、香川県民、ひく。
    香川県民「・・・ないわ~~」
    娘、香川県民をチラと見て頬を染める。。
    娘「ニヤァ」
    大量のうどんと麺(オーラ)が主人公を襲う。
    白く包まれる会場。
    × × ×
    荒れた会場。
    倒れている主人公、その主人公の手に自分の手を重ねている娘。
    主人公「うどんは・・・味じゃなかったんだ・・・!うどんは絆がすべてだ!」
    字幕「KIZUNA」
    娘「いいね!」
    解説席の机の下から顔を出すフルタチ。
    フルタチ「うどんのようにコシの強い絆で結ばれましたとさ」

    END



    未使用案

    ○あらすじ・設定

    試合相手が昔大嫌いな奴だった 

    試合相手が八百長持ちかけてくる

    試合相手が自分に恨み持ってるようだが自分は覚えて無い

    「ファアプレイしよう」と言ってきた奴が反則スレスレのことやってくる

    相手が初心者のため逆に手のうちが読めない

    人の死角(錯覚等)を利用してプレイする主人公

    相手が中二病全開で逆にやりにくい

    エアホッケー

    このサーブに俺の全身全霊を
    このディスクは、お前の両親の魂がやどっている

    主人公は守りたい物を守るためにたたかう

    ○セリフ等
    日本三大うどん、稲庭うどん(秋田県稲川町) 讃岐うどん(香川県) 水沢うどん(群馬県渋川市)

    口癖「お前!、何麺だ!」
    口癖「それは七味あるな。」
    麺どうなことになってきやがったぜッ!!
    効果てき麺!
    口癖:「これは塩を使っているねぇ・・」

    きつねうどん「こ(しがあるうど)ーん」

    香川県民「みんな待ちたまえ、みなは、うどんの真のすばらしさをしらない、あのこしのある味のうどんは」




    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。