機動戦士TKB
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

機動戦士TKB

2014-01-06 21:48

    先に書いておきます。
    タイトルが釣りみたいになっててすいません。別に某モビルスーツのパロディーではありません。

    えー、今回はリスナーさんからこういうのを書いて欲しいという依頼があって書いてみました。内容は参考資料の前に。
    少し前にも戦争物をやって失敗したばかりですが、懲りずにやった結果がこれだよ!という感じです。

    余りにもカオスになってしまった為、手直しやシナリオの形式にすることが不可能と感じたのでそのままアップします。
    このシナリオのカオスっぷり自体が戦争の悲惨さを表現している!と放送中にいただいたコメントを自分で考えたように書いておきます。

    参考資料をいただいたお母さんさんありがとうございました!
    全く活かせませんでした!


     企画内容
    ちくbにできたニキビを「チキビ」と呼ぶか「ニクビ」と呼ぶかで国を二分する大論争が巻き起こり内戦にまで発展し民族分断される戦争物の企画
    国名を「東ティクービ人民民主主義共和国」と「ニプランド連邦」
    こにティク連(UN:UnitedNipple)の多国籍軍が介入

    あと国家元首はみんなちく毛ぼーぼーって設定
    テロが起きてちく毛に放火される事件とか起こる



    利権を狙う二大大国


    ティク連のマーク


    おそらく、その国の利権を狙う大国二つが、その国で起こった論争を扇動し内戦にまで発展させる。そしてそれに介入する多国籍軍。と、いわゆる冷戦の流れだったのではないかと思うのですが、うまく誘導できずにただのカオスと化しました。





    登場(するはずだった)兵器たち。
    ビクビクしてるのはただのレーダーなので安心です。感度抜群です!



    タイトル「機動戦士TKB」

    人物表
    たかし(年齢未決定)多分主人公
    少女(〃)ジェニファー?
    その他

    女の子「あ~ん、ちくぴににきびできちゃった」
    謎の声達「なに!!!!!」
    紳士A「ちくびに出来たにきびだからチキビと名づけよう」

    女の子「ちくぴににきびできたら男の子もブラしなきゃだね~」
    女の子「ちくぴににきびできたら赤飯炊かなきゃだね~」

    TKBとNKB、NKBを切除しようとしたら誤ってTKBを切除されたかもしれないという事案

    かつての隣人は今や憎むべき敵となり、かつてお醤油を貸した借りた仲は血で血を洗う報復攻撃の応酬となった


    母「いい?たかしちゃん。あれはニクビなのよ」
    た「ママ・・・」
    敵兵「いたぞー!こっちだー!」
    母「逃げてたかしちゃん!」


    主人公「・・・・夢、か。」
    かつてたかしと呼ばれていたころの記憶を夢の中で思い出していた

    主人公「あんな訳の分からない論争で姉さんが4ぬことなんてなかったんだ・・・」



    ジョンニプ「民衆よ!この国は腐っている!我々は断固としてチキビを捨てはしない!同志よ!戦いのためにたちあがるのだ!」
    ジョンニプ「(って言っとけば愚民どもはころっとだまされちまうんだよなぐへへ)」
    ジョンニプ「(俺様が天下とったる!そして女はべらせたる!帝国の後ろ盾が俺様にはあるからな!)」
    ジョンニプ「あーちく毛かいぃー」ぼりぼり


    にぷ連安全保障理事国「あーあ、こりゃ泥沼化だねー。」「うんうん」「介入する?」「するするー!」

    ○秘密基地
    玉三郎博士「ついにできたぞ!たかし!」
    たかし「こ・・・これは!」
    玉三郎「ゴルゴンゾーラTKB2式じゃ!」
    たかし「こいつ・・・うごくぞ」
    玉三郎「赤いボタンを押すと、人型兵器に変形するのじゃ」

    ○街中
    女の子「なにあの戦車www、欲しい。。。」
    女の子「占領・・・されたい///」


    戦場キャメラマンなべわた「これは、最新鋭の、戦車だということが、とてもよく、わかりました」


    そしてゴルゴンゾーラ地区に共和国の侵略がはじまった

    ゴルゴンゾーラにサイレンが鳴り響く
    ぁぁぁぁァァァァァアアアアアアアあああああああああああああああァァァァぁぁぁ
    玉三郎「きおったか!」
    玉三郎「たかし!そいつにのるんじゃ!いそげえ!!」
    たかし「博士をおいていけない!!」
    共和国の空爆が始まった

    女の子「正直どっちでもいいかな~。あっ、空爆だ」

    玉三郎「ぐあああああああああああ」
    たかし「はかせえええええええ」
    玉三郎「戦争を・・・おわらしてく・・れ・・」
    たかし「・・・駆逐・・・してやる・・・この戦争を・・‥終わらせるために・・・」

    ○戦場
    共和国兵士「な・・・なんだあれは?」
    たかし「うちーかたーはじめー!」 どびゅーん
    たかしは博士の言っていた赤いボタンを押してみた
    ゴルゴンゾーラTKB2式は人型に変形し空を飛んだ
    瞬く間に空爆機を駆逐していった・・・

    敵兵から「デスイーグル(鷹死)」としておそれられるたかし
    女の子「あれの中の人、あたしの知り合いwwwww」
    たかし「・・・・・・これが・・・人こ/ろし・・・・」
    共和国兵士「連邦の兵器はバケモノか・・‥撤退だ!」

    ○海
    貨客船チクゲガボン号の狭い貨物室に閉じ込められている少女
    少女「そんなことでころしあうなんて、おかしいよ、人は愛しあるうためにうまれぎゃーーーー」

    適合者だったのさ
    悪の博士「でゅふふふ、この子ぼくてぃんのチョー好みでゅふふ、イタズラしちゃおうかなー」→改造強化

    少女「見たのね?あなた私の全てを見たのね!?」
    博士「でゅふ!でゅふ!ぜーんぶ見たよっふぉぷ!でゅくしでゅくし」

    博士「強化人間のコントロールは思うがままじゃ」

    少女は強化人間とされ共和国の兵器にされてしまった
    女の子「こちらスネーク、強化人間がこっちにryきゃああああああああああ ・・・」

    悪の博士「でゅふふふ、この子ぼくてぃんのチョー好みでゅふふ、イタズラしちゃおうかなー」→改造強化


    たかしの前に立ちはだかるエスパー軍曹ニプ・ゲラー「まぁーがれーぇ!」

    博士「たかしこれでキサマも終わりだあああwwいけ、強化人間!!うへへ」

    クレイジーたかし「悲しいけど・・・これは戦争なんだ」

    その手紙には世界を揺るがす国際会議の情報が記されてあった
    たかし「・・・なんだって!共和国はこの会議を面白く思わないだろう・・・必ず邪魔をするきだ・・・」

    国際会議:場所は日本
    日本「は~ぁ、こんな重大な会議をうちでやるなんて・・・胃に穴があきそうなぐらいプレッシャーですわー」
    官房長官「だよねー。どうせやるならさー南の島とかさーロケーションよくてのんびりできるとこでやればいいのにさー」
    防衛大臣「合同演習の名目とはいえ警備にこんな兵器ずらっと並べられたらかないまへんわー」
    そこには連邦の総力を上げての兵器がならべられ厳重に防衛壁をはっている
    浜崎元柳斎防衛大将「ご安心ください!世界最高峰の厳重防衛です!ここをとっぱできる兵器などこの宇宙にはございません!」

    闇大国超絶地下国際会議「さぁ!この世界のゆくすえ!人類の歴史を操作しようじゃありませんか!」
    クレイジーたかし「こんなことやってる暇あるのかよ・・・敵はいつかは来るぜ?」
    防衛兵「レーダーに敵機の反応!パターン蒼!」
    元柳斎「なにぃ・・・?この防衛LINEをぬけてきただとぉ・・・」

    強化人間の母「あんた!実の母を敵呼ばわりするような子にした覚えはないよ!」
    少女「敵・・・・殲滅する」


    少女「もうやめて!わたしに・・・攻撃させないで!こういうのって明日肌に出やすいから!」

    たかし「いそげ!!まにあってくれ!!ふるばああすとおおおお!!」
    ゴルゴンゾーラ2式はフルバーストで日本へむかった
    防衛兵「ダメです!第二防衛ラインとっぱされました!!」
    司令「う、うう、うろたえるな!防衛ラインはまだ11個ある!」


    防衛ライン11の兵士「今日も暇だねー」「だねー」
    防衛ライン11の兵士「野球しようぜ―」「お、おうー」
    防衛ライン11の兵士「ホームランで逆転だ」「お、おう」
    防衛ライン10の兵士「今日、娘の誕生日なのにさー」「どうせここまで敵こないのにねー」
    防衛ライン9の兵士「おい!貴様何をしておるか!」「はっ!伍長殿!転職サイトで新しい仕事を探しているであります!」「よし!」

    防衛ライン7「ロン!」「あっちゃー、倍満かよ・・・」
    防衛ライン7「おい。みんなでジェンガやろうぜ」
    防衛ライン6「あーおし.っこ行きてー!」「今日珍しく前の方突破されたから待機らしいぞ?」「も、だめ・・・あっ」
    防衛5「なんか今日、前の方さわがしくね?」「あー、今日は防衛ラインの1日中隊長が深キョンだってよ」「行こうぜ!」
    防衛ライン4「zzzzzzzzzz」
    防衛ライン3の兵士「この戦いが終わったら、美少女フィギュア買い占めるんだ」「お、おう・・・」
    防衛ライン2「ここで食い止める!後ろに行かせない!」
    防衛ライン2「やばいよやばいよー!くるよー!くるぜー?」「やっべwwwテンションあがってきたwww」
    防衛ライン1の兵士「あの強化人間かわいくね?」「捕獲しちゃう?w」
    防衛ライン1の兵士「隠れ蓑疲れた~」「だね~」

    元柳斎「ぐぬぬ・・・ならばワシがでる!」
    元柳斎「映像まだか!!」

    元柳斎「人型平気だとおおお・・・今の化学兵器でそんなことがあ。。。。」
    元柳斎「ワシのF-12で出る!」

    野鳥の会の人「たかし発見!」

    F-12戦闘機で元柳斎が最終防衛ラインで応戦する
    少女「あなた・・・なに?・・・なんなのよおおお!!」
    元柳斎「貴様!なにものだ!」
    少女「私は・・・この戦争・・・お・・わら・・・したい・・・だけ・・・」

    少年「この戦争がおわるはずないだろ。少女、おまえの正体はなにものなんだ」

    少女「つ・・か・・・まえた・・・」
    防衛兵「未確認飛行物体!本拠点に急速接近!」
    たかし「やめろおおおおおおお!!!」
    元柳斎「デスイーグルだと?」
    少女「私にはもう止められない・・・燃やし尽くすまで・・・」
    少女「なに・・・あなた・・・?邪魔・・・しないで!」
    少女「いけ!ファンネルたち」
    たかし「君が望んだのなら止めない!しかし望まないものはこの戦争に参加すべきではない!止めるんだ!」
    少女「ファンケル!」
    たかし「共和国の兵器だな・・・戦争の大義もない輩が力だけでかいけつしようとするからあああ!」
    たかし「ぐああああああああああああ」
    司令「あ!アレ言い忘れてた!そ、総員ッ!第一種戦闘配備ッ!!」

    少女「愚かなる人類・・秩序を無くし、欲望の限りを尽くし、自らを省みることをやめた、愚かなる人類」
    少女「なに・・・あなた・・・?頭が・・・いたい・・・」
    たかしに銃を構える強化人間
    たかし「何を言ってるんだ!この平和的な会議を武力で邪魔をするあなた達の言い分など!」
    少女「いちいち頭に響く声・・・!嫌いだ!!」
    少女「いちいち私の感情に触れてくる・・・お前、不快だーーーーっ」
    ジェニファー「オヒサシブリネー!たかし!今晩一発ドウヨ!」

    たかし「その声・・・・まさか・・・・ジェニファーか?」
    ジェニファー「・・・た・・・か・・・し・・・?」
    たかし「どうして・・・?あの時の空爆で・・・」
    たかし「俺だ!幼なじみのたかしだ!」
    ジェニファー「あたしは・・・強化人間・・・戦争を終わらすための・・・最終兵器・・・」

    「もやしてしまえ」

    総理「はわわ~!だから日本で会議してほしくなかったのにぃ!自衛隊?自衛隊出したほうがいいのかな?たすけて野田聖子ー!」
    たかし「ここまでか・・・チキビ!!!」
    強化人間A「は、博士!?これはいったい・・・なん・・で・・・・」
    少女から分離し、勝手にたかしを攻撃しだす強化人間の武器

    少女「わたしは、この戦いを終わらすために乳・首を捨てた」少女、上半身をさらすと、乳・首がないとおもったら二プレスしてた・

    クレイジーたかし「お前・・・あの子をコ・ロすのか・・・?正直に生きろよ!お前!」

    たかし「君を止める!命に変えても!たかしバーストおおおおお」 機体を燃やし、体当たりをするたかし

    「その者、黒きちく.びをまといて金色の野におりたつべし・・・」
    童女の声「らん。らんらららんらんらん、らん、らんららら~~ららっらんらららららら、ららららららら~~

    「あ、雪だ・・・」「・・今日だけは銃を下して、家族に手紙でも書こうか・・」「ああ」

    ニューリング「このような事態に陥ったことを、平和を愛する者として非情に残念に思う。合衆国は国際社会において自らの責任を全うすべく、事態の収拾につとめなければならない!」

    ついに多国籍軍の介入を許してしまったA国は、もはや先進国のくいものとなるしかなかった・・
    A国は、適度に戦闘を継続され、武器の試験場として、各国の格好のプレゼンテーションの場と化した

    ミヤネ「・・・ってことでとりあえず落ち着いたみたいなんですけどー。これ日本にどんな影響あるんすかね?」パネラー「さぁ?」


    ナレ「この戦争の3日後、和平協定が結ばれた・・・」
    ニプ連「まぁサインしとけよ。な?」

    戦争記念館に刻まれた名前は、かつては笑い、泣き、怒り、哀しんだ、我々となんら変わらない人間なのである

    後世の歴史家はこの戦いを皮肉を込めてこう呼んだ「道化師たちの宴」と・・・・END

    そして、たかしと少女は、新世紀のアダムとイブになる・・・今夏公開予定


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。