凸親子
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

凸親子

2014-01-11 22:23
    今回は「出会い厨と喧嘩凸待ちの出会い」というお題でアイデアを募集しましたが。
    使用アイデアは「喧嘩凸待ちの親父とそれに凸した息子」となりました。
    ほぼネタバレです。

    未使用アイデアはシナリオの後に列挙してあります。
    ト書きを省略してあります、正式なシナリオの書き方ではありません。
    ご了承ください。

    タイトル「凸親子」

    人物表
    戸津田 親父(42)
    戸津田 子供(18)
    戸津田 娘(15?)

    ○戸津田家・前(夜)

    ○同・食卓
    食事をしている親父・娘。
    テーブルには三人分の食事と貯金通帳が開いて置いてあり、金額が毎月減っている。
    娘「わたし修学旅行だけは行きたい」
    親父「(面倒そうに)ああ、まあ、なんとかなるだろ」
    娘「・・・うん」
    息子は箸を置き立ち上がる。
    子供「ごちそうさま」
    親父「・・・まだ勉強してるのか?」
    部屋を出ようとするが立ち止まる子供。
    子供「金がなくても受験ぐらいしてもいいだろ!」
    部屋を出る子供。
    親父「ごちそうさま・・・じゃあ、寝る」
    娘「昼も寝てたじゃない」

    ○同・親父の部屋(夜)
    カメラのついたパソコンの前に座っている親父。
    マスクとヘッドセットをつけた親父。
    パソコンの画面にはその親父の姿と僅かに室内が映っている。
    親父「今日も凸まってまーす、俺を論破できるやつ、かもーんでーーすww」
    液晶の画面を凝視する親父。
    親父「だれでもいーよー、最近つまらん凸ばっかで、コメふえねーなー」
    液晶の文字「クルーズから」
    親父「はーい、まず名前言って、誰?ハンドルでいーよー」
    液晶の文字「暗黒騎士ダークシュナイダー」
    親父「シュー君ね、よろ~w」
    液晶を凝視する親父。
    親父「あー人来ないなー・・・・千本桜ー・・・」
    液晶の文字「シュー君じゃねーよ」
    スカイプの着信音が鳴る。
    親父「おーさっそくきたwwシュー君おれになんか言いたいことあるのww?」
    (子供としてありますが、スカイプで声が聞こえるだけです)
    子供「お前いくつ?」
    親父「22~、にーとでーすww」
    子供「受験失敗してこんなことしてんの?」
    親父「内定もらってるよー、社会なめてまーす、ひまつぶし~」
    親父「シュー君はいくつ?」
    子供「・・・さ、三十」
    親父「へー・・・、年上、だ」
    子供「お前社会なめてるらしいけどよ、社会の厳しさわかってんの?」
    親父「なに、社会の厳しさって、おれに説明してみてよ、ん?」
    子供「社会はな、厳しんだよ、お前にはわからんだろーけどな」
    親父「だから俺に説明してみてよ、ん?」
    子供「じょ、上司にノルマ課せられてよー、おまえに耐えられんのかよ。それに今働かないとあとあと困るんだぞ、年金貰えなくなるんだぞ」
    親父「貯金あるもーん。大丈夫だもーん」
    子供「貯金いくらだよ」
    親父「1000万」
    子供「俺にくれ!」
    親父「やるか!!いやだよー。俺が稼いだ金だもーん」
    子供「1000万なんてな、すぐになくまっちまうぞ」
    親父「でもよー今日明日になくなるわけじゃねーじゃん、お前いくら稼いでんの?」
    子供「時給800円」
    親父「え、時給、うはーーーなにこいつ、だっせーー」
    子供「30がバイトしちゃいけねーのかよ、ニートってるお前よりよっぽどましだろ」
    親父「あれれー?何ー?聞こえないなー?あー、ちょっといいこと教えてやるよ、FXやれよ、すぐに1000万たまるぜ」
    子供「FXで稼げるわけねーだろ」
    親父「はい負け犬かくてーーい」
    子供「親父がFXで1000万溶かしたんだよ!!」
    親父「え・・・・・(動揺からの無言)お前30だろ、親父いくつだよ」
    子供「42・・62」
    字幕「親父 42歳」
    親父「え・・・ろ、62でFXで金溶かしてんのかよ、将来設計だいじょーぶかよ、おまえのおやじ(ちょっと動揺)」
    子供「ほんとだよな、子供の苦労もしらずによーーっ」
    親父「・・・。オ、親父も反省してると思うよ」
    子供「反省なんかしてねーよ、毎日ニコ生してるしよ、ふざけんなよ」
    親父「・・・お、おい。おまえ凸しにきたんだろ、なんかからんでみろよ、じゃなきゃ切るぞ」
    子供「じゃあ、おまえを親父と想定して、凸していいか?」
    親父「なんでだよ。お前の親父じゃね~し」
    子供「じゃあじゃあ。俺FXやるからさ。軍資金だしてよ」
    親父「・・・・」
    子供「さっきFXですぐ1000万稼げるっていったよな、じゃあ出せよ、倍にしてかえしてやんよ」
    親父「え、そ、それは」
    子供「なんだよ、だせねーのかよ、ほんとに1000万あんのかよ、通帳カメラに映してみろよ、ほらやってみろよ」
    親父「こ、個人情報だぞ!見せれるか!」
    子供「数字だけならいいだろ、みせろよおら」
    親父「じゃ、じゃあちょっと待ってろよ」
    子供「おう」
    × × ×
    通帳の残高のところに1000万とマジックで書かれた物をパソコンのカメラに映す親父。
    親父「ほらよ」
    子供「手書きじゃねーか。しかも、単位がゼロじゃなくて、万って書いてあるじゃないか」
    親父「え?あっ・・・」
    子供「おまえ、ほんとは借金まみれなんだろ、で、公園でブランコこいでんだろ、で主婦の人たちに変な目で見られてんだろ」
    × × ×
    公園でブランコに乗っているスーツ姿の親父。うつろな目。
    三人組の主婦がそれを見て話している。
    × × ×
    親父「見られてない!あれはちがう!」
    子供「はあ?意味分かんねえし!はあ?あれってなんだよ」
    親父「は、はぁ?何言ってんの?」
    子供「いやいやいやいやいや。いまあれっていったよな」
    親父「あれ?あれってなんだよ」
    子供「今おめーがいったじゃん」
    親父「あ・・あれ~~?(不思議ちゃんらしく)」
    子供「なんだその逃げ方、おれの親父にそっくりだな、親父に似てつまんねーやつだな」
    親父「つまんねー親父なんていねーんだよ!」
    子供「な・・なんだよ、急に。ニコ生で凸待ちやってるおめーがなにいってんだよ、あ?」
    親父「父がニコ生やって何が悪い!お前30とかいってるけどな、子供できたらな、たいへんなんだよ・・・たぶん大変なんだとおもうんだよ!!」
    息子「子供養ってから言えよ!」
    親父「養ってるよ!・・・やし・・・なってるよ・・・」
    子供「結婚してたのか?」
    うなずく親父。
    子供「じゃあ、真面目に働けよ、子供に小遣いいっぱいやれよ」
    娘の声「ね~~~~お風呂、わいたよ~~」
    父と子供の声「今ムリ~~」
    親父「ん?お前今なんか言ったか?」
    子供「はぁ?言ってねぇよ、話変えんな!」
    親父「・・・子供の笑顔ってのはな、人生に意味を与えてくれるんだ・・わかるか」
    子供「おまえ、22でニートで凸待ちで、なに子供の笑顔なんていってんだよ、どうせNARUTOとかで読んだんだろ」
    親父「お、おう、そうだよ、NARUTO好きなんだよ、わかってんじゃねーか」
    子供「オロチマルの最後、よかったよな」
    親父「(オ、オロチマル?)お、おう。でもよ、社会は漫画じゃねーんだよ、子供は金かかるし、妻は俺のこと臭いって言うし、最悪だよ、もう」
    子供「大変だな、臭いのは病院いけよ」
    親父「おうよ(病院で治るの?)」
    子供「でもよ、子供ってのはさ、金じゃねーンだよ、話をしてほしいんだよ」
    親父「さすが30歳、年上の言葉は違うな」
    子供「おれもいろいろ苦しんだからな・・なんか凸どーでもよくなったわ」
    親父「俺まだ22だけどよー、将来子供ができたら、きゃっちぼーるでもしてやろうかな、ははは」
    子供「子供いるんじゃねぇのかよ!」
    親父「あ・・・」
    子供「嘘つくならもっとちゃんと・・・もういいわ。切るぞ」
    親父「おう、じゃーな」
    スカイプの切断音。
    親父「はい論破ー俺の勝ちーー、・・なんてな・・・今日は放送やめっか、おつ」

    ○同・前

    ○同・食堂
    子供・娘、パンを食べている。
    親父、二つのグローブを手にやってくる。
    親父「おい、キャッチボールしよーぜ」
    子供「・・・勉強あるし」
    親父「最近パソコンの前に座ってばっかでな、お前も勉強の息抜きになるだろ。どーだ」
    子供「おれもう18だぜ、恥ずかしいだろ」
    親父「そう・・・だよな・・・」
    子供「・・・まーいっか、一人で公園行ったら変な目で見られるからな、親父は」
    親父「・・・」
    子供「(とぼけて)さーいこーぜ」

    END


    未使用アイデア
    ○あらすじ・設定
    ネカフェで隣同士(隣同士の席で、喧嘩凸とそれにからむ出会い系の二人が気づかずにやっている)

    リアルとネットと二重で出会う

    お互いに凸相手だった

    チャラ男(出会い厨)「なに怒ってるのwwwウケルーwww」ヤンキー(喧嘩凸)「あんのか?こら!」
    (お題通りに書けばこんな感じだったのかも)


    ○セリフ等
    親父「俺は養うより養われたいんだよ」
    (非常に使いたかったんですが無念)

    「ヒント:ニートに貯金はありません」
    (貯金のやり取りの最中に出せたかも)

    親父「いや、ただの勘違いなんだよ。恋人にな」
    子供「恋人?お前恋人いんの?」
    (親父の愛人説、嫁を恋人と呼んだだけ説も)

    親父「・・・」
    子供「あれって・・え」
    親父「・・・」
    子供「○○株式会社(社名)」
    親父「・・・や、やめろ・・」
    (息子が凸相手は親父だと気づいて親父の勤めていた会社名を出すシーン)


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。