恋人ナシ あらすじ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

恋人ナシ あらすじ

2014-10-06 22:54
    遊び半分で廃墟に入ったカップルは、
    一冊の本を見つける。
    興味本位で開いたページには、
    「決して一人では読まないでください」と書かれている。
    ページをめくると、
    「三人以下で読んでください」と書かれている。
    軽く笑いながらページをめくるカップル。
    しかし白紙のページが続く。
    ばかばかしいと本を置こうとすると最後のページが開き、
    「二人で読めば片方は助かります」と。

    突如、男のスマホにメールの着信が。
    「弊社のサイトをご利用いただきありがとうございます。つきましては以下の料金を指定の口座に」等の架空請求のメールが届く。
    女「アタシがいるのになんでこんなサイト見てるのよ!」
    男「違うんだこれは」
    嫉妬深い女。
    メールの語尾に「振り込めば助けてやる」の文字。

    「帰る」と言って歩き出す女。
    それを追いかける男。
    道を戻っていたつもりだったが、
    いつの間にか知らない部屋へ。

    思わず鼻を押さえる女。
    「何この臭い・・・ゴム?」
    足元に転がる大量のティッシュ、エロDVDやエロゲのパッケージ。
    立ちすくんでいると音が・・・。
    シコシコシコシコ・・・。
    何かをしごく音。
    音の方を見ると四角い箱の前で布団がわずかに震えている。

    恐る恐る声をかける男、
    すると動きが止まる布団。
    四角い箱に急に明りが付く、どうやら液晶だったらしい。
    液晶の画面の前で、振り返る布団とシルエットだけの顔。
    女の悲鳴が響く。

    目を覚ます非リア。
    足元に転がっている大量のティッシュ、エロDVDやエロゲのパッケージ。
    「くそリア充が、夢にまで出てきやがって・・・」
    布団の前の液晶、PCの電源を入れる。
    メール着信の通知がある。
    メールを見る非リア。
    「弊社のサイトをご利用いただきありがとうございます。つきましては以下の料金を指定の口座に」等の架空請求のメール。
    最後に「振り込めば助けてやる」の文字。

    廃墟の部屋に居るカップル。
    スマホを見る女と、そのスマホに「振り込めば助けてやる」の文字。
    「見たよな?大量のティッシュとDVDと・・・、あの影。今ちゃんとあったよな?」
    泣き出す女。

    舌打ちをしてスマホを取り出す男。
    電波は来ている。
    電話をかける男。
    「あ、もしもし俺だけど」
    「は?誰?・・・ああ、詐欺なら間に合ってますよ。つかもっと上手くやればいいのに」
    「おい、何言ってんだよ」
    切られる電話。

    もう一度電話をかける男。
    「もしもし、俺。分かる?(男の名前)だけど」
    「うわー、今ラインしてたらマジ来たわ。振込め詐欺の幽霊ってやつ?ボイチェまでして何やってんのって感じ。うけるわー」
    「は?何言って・・・」
    切られる電話。
    そしてメール着信。
    「弊社のサイトをご利用いただきありがとうございます。つきましては・・・」

    泣いている女を無理やり引っ張って歩き出す男。
    歩き回る、が。
    出口が見つからない。
    「ふざけんなよ、どうなってんだよ!」
    壁を蹴る男と、それを見てまた泣き出す女。
    「泣くなよ、うっとしいんだよ!」
    泣き止む女。
    「あの臭い・・・」
    「あ?」
    部屋の足元に転がる大量のティッシュ、エロDVDやエロゲのパッケージ。
    部屋の隅で液晶の明りがつく、
    その前に布団と人のシルエット。
    「リア充煮沸するぞ!」
    男の女の悲鳴。

    ティッシュ等の汚い部屋。
    非リアがエロゲの見せられない画面の前でティッシュを握り締めている。
    「はっ!やべ・・・ちょっとどっか行ってた。・・・あ」
    ティッシュを床にばら撒く非リア。

    廃墟を走り回るカップル、
    いや、もう相手のことを忘れてばらばらに走り回っている。
    そして本のある部屋へたどり着く女。
    開いたままの本。
    「二人で読めば片方は助かります」の文字。
    そしてメール着信。
    「弊社のサイトをご利用いただき・・・。振り込めば助けてやる
    スマホを操作する女。
    口座番号を入力する、と「振込先の口座番号と振込先の名前が一致しなかったので送金できません」の文字。

    「何やってんだよ!」
    息を切って走ってきた男。
    「お前、今何やってたんだよ。ふざけんなよ」

    ・・・と、ここからカップル二人の殺し合いが始まると思いますが終了。


    一応、整理しておくと。
    振り込め詐欺の幽霊、これはガチ怨霊でいいのかな。
    振り込め詐欺の最中に不慮の事故で亡くなった人間の霊。
    (もしくはただのイタズラ?電話は電波が悪かった等)
    非リアは生霊です。
    リア充を憎む余りに意識がたまにどこかに飛んでます。
    本についてはいたずらでしょう。
    廃墟にそういうのを仕込んで楽しむ人が居てもおかしくない。・・・よね?

    オープニングに振り込め詐欺で不慮の事故に会うシーンを入れておいた方がいいかも。
    振り込め霊と非リア生霊だけでは説明できない部分を足しても面白いかも。

    生放送で頂いたアイデアを色々混ぜてみたらこうなりました。
    苦情等は受け付けておりません。
    個人的には夢落ちかよ!と思わせた後の展開がちょっと楽しかったです。
    でもホラー苦手なんでやっぱりコメディーにしたかったなー。

    あ、オチはお任せします。・・・爆発でいいよね?
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。