おとこのこのなかのおんなのこ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

おとこのこのなかのおんなのこ

2015-01-01 21:39
    好きになる理由一つに、一つのラブストーリーが存在する。
    と恋愛物のアニメを見て分かった気になってテンプレを作ってみました。


    恋に落ちる主人公のシーン
    ヒロインがピンチになる←それを助ける主人公
    なぜ助けてくれたの?等 恋に落ちた理由
    人気のあるヒロイン 他の人とは違う、主人公のその人が好きな理由
    ヒロインの抱えた問題
    それに向き合う主人公
    ラストシーン


    こんな感じで生放送でアイデア募集してみました。
    その結果。

    男である事を隠して通学する男野 夢澄(おとこの むすめ)は、
    自分にも普通に接してくれる池芽 総(いけめ そう)に恋をしていた。
    ある日、路地裏でゲイの男にからまれている池芽を助ける男野。
    その日以来、二人は一緒に帰るようになる。

    しかし、クラスでもモテモテの池芽には秘密があった。
    なんと彼は女性恐怖症だったのだ。
    それとなく察する男野。
    二人の関係はどうなるのか・・・?

    原型残ってないですけど、こんな感じです。
    なんとか5分のシナリオでまとまったので、それだけで個人的には満足です。

    注意点。
    シナリオです。
    なので読んだことがない方には読みづらいかもしれません。
    ト書きの省略や、色々抜けてると思います。
    誤字・脱字を含みます。
    真面目に性の問題を扱ってる訳じゃないので、その辺はあやふやに!
    5分シナリオは今後も継続予定です。



    タイトル「おとこのこのなかのおんなのこ」


    人物表
    男野夢澄(17、おとこの むすめ)
    池芽総(17、いけめ そう)
    芸田(32、げいだ まじだ)
    女友(17)クラスメート


    ○路地裏
    高校の制服姿の池芽総(17、いけめ そう)が歩いている。
    その前に立ちふさがり池芽の腕を引っ張る芸田(32)。
    芸田「ちょっとキミ、かわいいね。私とあっちへ行こう。ホッホウ!」
    池芽「いや、やめてください!」
    走って来る髪の長い女の制服を着た男野夢澄(17、おとこの むすめ)。芸田に持っていた鞄をぶつける。
    ひるむ芸田。
    池芽の手を取り走る男野。
    池芽「・・・」

    ○川原(夕方)
    男野と池芽が走ってくる。
    男野「ここまでくれば大丈夫」
    池芽「ありがとう、助かったよ。なんで助けてくれたの?」
    男野「え・・・」

    ○電車内(朝・回想)
    男だらけで満員の車内。
    男野と池芽が密着して立っている。ガタンと揺れる車内。
    池芽「ごめんね、大丈夫?」
    男野「う、うん。ボクなら平気」
    池芽「・・・あれ?なにかあたってるんだけど・・・」
    男野「あ、あの、リレーのバトンを。さっき100均で買ったんだ・・・」

    ○川原(夕方・回想戻る)
    男野のナレーション「普通に女の子として接してくれたから・・・」
    男野「・・・ボ、ボクの事、普通に…」
    芸田「逃げれたかと思ったかい?」
    池芽・男野「!?」
    ブラスバンド部員の演奏が聞こえてくる。戦いのテーマが流れ始める。
    芸田「なかなかの攻撃だったが私からは逃げられない。そう。決してね」
    男野「ボクを本気にさせないで欲しいな・・・」
    池芽「男野君・・・?」
    男野「(芸田の股間を蹴り上げ)ファイナルエクスキュージョン!金的上等!だぶりゃああ!」
    芸田「おふぅ!もう私男の子じゃいられない!」
    倒れる芸田。
    池芽「俺、弱いしいつもいじめられてて、君みたいに強い女の子ってステキだな」
    男野「女の・・・」

    ○高校「例乃高校」・前

    ○同・2-7教室
    女どもにキャーキャー言われている池芽。膝がガクガク震えている。
    それを見ている男野。
    女友がノートを手に池芽に近づく。
    女友「ねぇねぇ、池芽くーん」
    池芽「ええ、え?なになに?」
    女友「(ノートを差し出し)ここ教えてほ…」
    女友を突き放す池芽。
    池芽「ち、近寄るな!」
    女友「・・・ああん、かっこいー!」
    男野「・・・」

    ○川原
    歩いている男野と池芽。
    池芽「気づいてた?俺、女恐怖症なんだ。でも、キミだけは大丈夫なんだ。なぜだろう」
    男野「(ドキッ)な、なぜだろうね。ボク、分かんなーい」

    ○高校「例乃高校」・前(朝)

    ○同・2-7教室(朝)
    女共にキャーキャー言われている池芽。
    髪を短く切った男野が入ってくる。
    池芽「ど、どうしたの?それ」
    男野「女性恐怖症って聞いて・・・。切っちゃいました」
    池芽「え・・・、バトンも?」
    男野「え・・・?あ」
    池芽「いや、その・・・。俺だって欠陥だらけだよ。女は俺の顔だけ見てワーキャー言うけど。実はちく毛ボーボーだし」
    上着を脱ぎ乳首を露出する池芽。乳首から毛がボーボーに生えている。
    男野「・・・気づいてた?ボクのバトン・・・。ボク、女の子じゃないよ?」
    池芽「・・・なぜ君だけ平気なのか。分かってたけど言い出せなかった。・・・でも、君は普通の女の子さ。俺にとってはごく普通のね」

    END


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。