ドなんとかガエル
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ドなんとかガエル

2015-01-21 22:45
    今日は、「ど根性ガエル」の主人公が女だったら?
    というアイデアを頂き、そのままアイデア募集してみました。

    あらすじは、大体ど根性ガエルですが、
    巨乳の子が主人公という事で胸元がちらりという特典?があります。
    あ、画像も映像もないですよ?


    注意点。
    シナリオです。
    なので読んだ事がない方には読みづらいかもしれません。
    ト書きの省略等、ちゃんと書けてないと思われます。
    誤字・脱字を含みます。
    七分ほどのシナリオになります、もっと短くできたのになぜ長くした・・・。
    タイトルは貰ってたんですが、ちょっと内容と合わなくなったので変更。
    谷間とか胸元とか書いても、結局それに反応する男共を書くだけという、シナリオの悲しさを知りました。



    タイトル「ドなんとかガエル」


    人物表
    出海棟子(15)
    賀木友(8)
    手下多門(7)


    ○あぜ道
    畑でカエルが鳴いている。
    農家親父が布袋を手に歩いて来る、ポケットから落ちるバナナ。
    布袋から七色の粉を畑に撒く農家親父。
    農家親父「新しく開発した七色農薬じゃー」
    畑でカエルが鳴いている。
    Tシャツを着て大きな胸を揺らし走ってい来る出海棟子(15)。
    その後ろをついて来る賀木友(8)と手下多門(7)、棟子に石を投げる。
    賀木「わー!おっぱいミサイルが出るぞー!」
    棟子「あわわ」
    畑からあぜ道に出て来るカエル。
    飛んできた石をよけようとしゃがむ棟子、バナナを踏む。
    飛び出すバナナの中身。前のめりに倒れる棟子。その下にカエル。
    カエルを胸の下敷きにして倒れる棟子。ズザーと滑り、飛び出したバナナの中身が棟子の胸元に収まる。
    棟子「む、胸がクッションに・・・。はじめて役に立った?」
    棟子を追い越し走っていく賀木と手下。
    賀木「やーい、ホルスタイン~」
    体を起こす棟子。
    棟子「はぁ・・・、やだなぁこの胸。・・・バナナ?」
    カエル「ゲロゲロ」
    棟子「か、カエル?私苦手なんだけど・・・」
    カエル「ゲロゲ・・・オロロロロロ」
    棟子「(周りを見回し)な、なになに!?」
    棟子のTシャツの胸に張り付いて嘔吐しているカエル。
    カエル「あー、昨夜飲みすぎたな。・・・水」
    棟子・カエル「・・・えっ」
    棟子「うわっ、か、カエルー!」
    カエル「うわぁ、く、食われるー!」
    棟子「た、食べないわよ!」
    Tシャツを脱ごうとする棟子。
    畑の中に居る農家親父。前方の畑の野菜の影から棟子を見ている賀木。
    手を止める棟子、の手から離れようともがくTシャツのカエル。あらわになる棟子の胸元。落ちるバナナ。
    棟子「か、か、帰るー!」
    回れ右で来た道を戻る棟子。
    農家親父「(ポケットを探り)オヤツのバナナどーこいったー?」

    ○出海家・前(夜)
    でかい家。

    ○同・棟子の部屋(夜)
    ハンガーにかけられ、部屋の隅に引っかかったカエルの張り付いたTシャツ。
    距離を取って椅子に座っているジャージ姿の棟子。
    カエル「おい」
    棟子「は、はい・・・?」
    カエル「・・・ボインちゃんだな」
    棟子「え・・・?(昭和臭?)」
    カエル「あー、えー、大きいなって意味」
    棟子「・・・」
    カエル「・・・ん?どうした?」
    棟子「これのせいでいじめられてるの・・・」
    カエル「ふーん、羨ましいんじゃないの?」
    棟子「・・・」
    カエル「・・・ああもう!俺に任せとけ!」

    ○あぜ道
    悪くなったバナナの中身とバナナの皮が落ちている。
    賀木と手下が走ってくる。
    賀木「ぎゃー!ホルスタインがえるー!」
    その背後を棟子がカエルのTシャツに引っ張られて走ってくる。
    必死で走りながらも棟子をチラチラ見る賀木、股間を押さえる。
    カエル「何見てんだゲロァー!」
    賀木「ぎゃー!」
    バナナの中身を踏んでうつ伏せにこける賀木。バナナの皮を踏んで尻餅をつく手下。を踏みつけ、二人の前に腕組みして立つ棟子。手はシャツにつかないように隙間を作っている。
    カエル「今度こんなマネしたら許さねぇからなー!聞いてんのかゲロァー!」
    口パクする棟子。
    賀木「(ぼそっと)牛子のくせに・・・」
    カエル「今なんか言ったかゲロー!?」
    倒れている賀木に襲い掛かるカエル、あらわになる棟子の胸元。
    賀木「ハッ!?」
    棟子「(胸元を押さえ)こ、これに懲りたらもうやめるゲロよー!」
    走っていく棟子。
    立ち上がり尻をはたく手下。うつ伏せに倒れている賀木。
    手下「あーぁ、大丈夫ですか?アニキぃ」
    ?の声「あたた・・・」
    賀木「み・・・見えた!」
    手下「・・・はい?」
    ??の声「何か当たってるタマー」
    賀木「ん?・・・何か言ったか?」
    手下「いえ?」
    立ち上がる賀木。その股間(ズボン)にオタマジャクシが張り付いている。
    オタマジャクシ「タマタマー」
    手下「ぷっ、なんですかアニキそれ」
    ?の声「そろそろ気づいてよぉ、カマって!カマって!」
    手下の尻に張り付いているカマキリ。
    農家親父が布袋を手に鼻歌交じりで歩いて来る。
    カマキリ「ねぇ、カマってってばぁ」
    賀木・手下「・・・」

    ○学校「田舎菜野ン」・前
    棟子が歩いて来る。
    棟子「ありがと、えーっと、カエルさん?」
    カエル「ああ、名前か。適当に決めてくれ」
    棟子「じゃあー、ホルスタインバスター?」
    カエル「なんだそれ。他にあるだろ、ピン吉とかピャン吉とかそういう・・・」
    棟子「長いからホルバスでいいよね?」
    カエル「・・・まぁとりあえず、だ」
    棟子「なに?」
    カエル「中性洗剤だけは勘弁な」
    棟子「・・・、うん・・・?」

    END


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。