ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

魔法少女 銭ダク
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

魔法少女 銭ダク

2015-03-09 23:35
    今回は、「魔法少女」でアイデアを募集してみました。
    使用アイデアは「猫耳メイド眼鏡っ娘系魔法少女(まぜすぎ)」。

    なんかあざとそうだったので、
    そういう感じで金を稼いでいる魔法少女?
    と適当に始めた結果。
    放送内で余りアイデアは集まりませんでした。
    でも、大筋は出来てたので楽っちゃ楽でしたが。

    注意点。
    シナリオです。
    なので読んだ事がない方には読みづらいかも。
    ちゃんと書いてません、ト書きの省略多し。
    誤字・脱字を含みます。
    生放送内と年齢設定を多少変えました。こっちの方が色々とつじつまが合いやすかった。
    「肉」というフレーズがどこかの俺ガイルと被ってしまっていたのに気づいたのは後半を書いている途中でした。まぁいいか。
    12分弱のシナリオです(半ペラ24枚)。




    タイトル「魔法少女 銭ダク」


    人物表

    吉田さおり(15)
    沢田ミコ(18)
    金田 舞(21)
    その他



    ○メイド喫茶「Magical Money」・前
    長蛇の列が出来ている。

    ○同・二階・社長室
    猫耳メイド眼鏡っ娘の格好をした吉田さおり(15)が社長椅子に座って机の上の万札を、親指をなめ数えている。
    さおり「ちゅうちゅうたこかいな」
    テレビ画面に映っているさおり。魔法のステッキを振り回し、転ぶ。めくれるスカートのすそ。しかし具は見えない。
    さおり「くっくっく、これで私の抱き枕売り上げはまたアマゾンランキングトップよ!」
    テレビからのさおりの声「メイド喫茶、マジカルマネーもよろしくね!」
    さおり「はーっはっはっはぁ!笑いと収入が止まらんわぁ!」
    テレビの画面が変わる。
    テレビの声「緊急速報です。北ピー鮮から日本海に向けてなんらかの飛翔体が発射されたという情報が入りました。方角や位置は不確定ですが、皆さんどうか混乱されないよう続報をお待ち…」
    魔法のステッキを足元から取り、窓から飛び出すさおり。
    男1の声「鳥だ!」
    男2の声「花柄だ!」
    男3の声「いや、黒のスパッツだ!」
    男1・男2・男3の声「いやいやいや…」

    ○日本海上空
    煙が上がっている。
    ヘリコプターが飛んでいる。中に乗っているキャスターとカメラマン。
    キャスター「見てください。これが先ほど発射されたと思われる飛翔体です。この場所に落ちることは想定されたことなのかそれとも…」
    魔法のステッキにまたがったさおりが飛んで来る。
    さおり「・・・遅かった?あ、あれは・・・?」
    ヘリコプターの下方からステッキにまたがり上昇してくる、うさみみ・バニーガール・ブロンドヘアー・ナイスバデーの金田舞(22)。
    舞「(カメラ目線で)ハーイ、ワタシ舞言いまーす。ミサイル落としたネ」
    キャスター「ま、魔法少女です!また新たな魔法少女が現われました!彼女の力によって救われた・・・?」
    うなずく舞。
    キャスター「のです!ありがとう、マイ!」
    舞「マイ・リトル・バニー、覚えてネ」
    胸元からCDを取り出しキャスターに渡す舞。
    キャスター「あ、はい!(カメラマンに)ねぇ、これ流せる?・・・早く!」
    さおり「(引きつった笑顔)・・・」

    ○ファミレス「ワンオペ」・前(夜)

    ○同・店内
    ボックス席に座り、目の前にジュースを飲み干すさおりと、巫女・ロリ顔・爆乳・どじっ子の沢田ミコ(18)が居る。
    さおり「ぷっはー・・・くっそう。なんだよもう、でかけりゃいいのか男は。今まで散々さおりタンだのさおりにゃんだの気持ち悪い口調で言ってたくせによ!」
    ミコ「そんなことないですよぉ」
    さおり「黙れ、説得力のカケラもない。黙って私の愚痴を聞いてればいいんだ。サンドバッグのように。いや、ミートバッグか」
    ミコ「それじゃあ肉鞄ですよぉ・・・」
    さおり「お陰で売り上げ激下がりだー!うわー!全部胸肉が悪い、ばら肉。ともばら肉ぅ!」
    ミコ「なんですか?それ」
    さおり「胸の辺りの肉だよ。いいから黙ってろ、焼くぞ、こんがりミディアムレアで」
    ミコ「こんがりはウェルダ…(口を閉じる)」
    さおり「あー、腹立つ。あのウサ肉のCD買った奴ら全員に、股間のポークビッツがねじ切れる魔法かけてやろうか」
    ミコ「・・・」
    さおり「できねぇよ!そんな魔法ねぇよ!あー!もう・・・。魔法みたいにカネが稼げるようになりてーなあ!ははは!・・・おい、どうした笑えよ」
    ミコ「は、ははは・・・」
    さおり「喋んな肉ばら」
    ミコ「・・・」
    × × ×
    レジ前で財布を出すさおりとミコ。
    ミコ「ここは私がおごりますからぁ」
    さおり「6時間も愚痴に付き合ってくれたのに、いいのか?お前、いい奴だな。肉が余ってる割にいい奴だな!」
    ミコ「一言余計ですぅ」
    さおり「ありがとなっ!」
    店員「(・・・けっ!ドリンクバーごときで)」
    ミコ「だって、さおりちゃんには大事な使命がありますからぁ」
    さおり「・・・」

    ○メイド喫茶「Magical Money」・前
    閑古鳥が鳴いている。

    ○同・社長室
    さおりが机のPCに向かっている。
    さおり「ついに来たわ、これよこれよ」
    キーボードをターン!と叩く。
    さおり「ユーチューバーデビュー!」
    PCの液晶画面に映る動画。
    液晶の文字「ホウキで飛んでみた」
    液晶画面にさおりがホウキで飛び上がる動画が映る。
    さおり「ふふふ、どうよこの発想の転換。・・・ん?何?通報って。航空法って何よ!魔法少女がそんなのに引っかかってたまるもんですか!」
    字幕「動画は削除されました」

    ○テレビ局・撮影所
    メガネをわざと落とすさおり。
    さおり「めがね・・・めがね・・・」
    きよし師匠が走ってくる。
    きよし師匠「やすし君を思い出しましたわー!推させてもらいますう!」
    握手するさおりときよし師匠。

    ○メイド喫茶「Magical Money」・社長室
    週刊誌が開いて置いてある。
    週刊誌の記事「魔法少女が漫才に!?迷走魔法少女さゆりの落ち目っぷりを追う!」
    PCに向かっているさおり。
    液晶の画面に某大型掲示板。
    液晶の文字「知ってるか?金田舞ってキムジョン○ンと繋がってるんだってよ」「な、なんだってー!?」「それキムしか合ってねぇだろwwww」
    ため息をつくさゆり。
    さゆり「・・・(目が宙を泳ぐ)」

    ○球場「ビッグエック」・前(夜)
    歓声が聞こえる。

    ○同・場内(夜)
    満員の場内、すさまじい歓声。
    ステージで歌っている舞。
    上からステッキにまたがり、目が血走ったさおりが降りてくる。
    さおり「歌ストーップ!・・・おい、ストップってさ!」
    舞のマイクを奪うさおり。
    演奏と歌が途切れる。会場からブーイング。
    さおり「ちょっと聞いて!・・・聞けっつってんだお前らー!私は押さえたんだこいつの秘密を!」
    帰れコールが巻き起こる。
    さおり「実はこいつはキムジョン○ンとつながってたんだ!証拠はこれだ!」
    懐から写真を取り出すさおり。
    バックスタンドの巨大モニターに、遠目でも分かるバレバレの合成写真(金田とキムのツーショット)が映る。
    舞「ジョ、ジョンさま・・・!」
    一瞬静まる会場、笑いと帰れコールが起こる。
    さおり「な、なんだよ・・・。おい、なんとか言えよ余剰肉」
    舞「グブフフ・・・。お前は・グブっ!私に・・ギギっ!勝てないっ!!ウジュルゥゥ!!」
    さおり「・・・は?どうしたのこいつ・・・?」
    舞の体の肉が溶けるようにはがれていく。観客から悲鳴が上がる。
    さおり「え?え?・・・え!?」
    肉の下から張りぼてのような機械が姿を現す(先行者のような何か)。股間からビーム砲を発射!して爆発!
    さおり「何よ!なんなのよ!これメイドインチャ○ナじゃないのよー!」

    ○球場「ビッグエック」・前(夜)
    悲鳴と共にビームが一閃。爆発する。

    ○メイド喫茶「Magical Money」・前
    長蛇の列が出来ている。

    ○同・社長室
    週刊誌が開いて置いてある。
    週刊誌の記事「命がけでドームのファンを救った!?可憐な魔法少女 吉田さおりの素顔に迫る!」
    無人の室内。

    ○病院「あの世とこの世の間病院」・前

    ○同・個室病室
    包帯でぐるぐる巻きにされ腕と足を釣ったさおりがベッドで横になっている。
    さおり「包帯萌え・・・ね。今度はナースの格好でもしようかしら。フフッ、再度魔法少女市場は私が押さえたわ。このまま行ければ後3年で・・・、失われた魔法王国を買い戻せるわ」
    さおりの目から涙が一筋落ちる。
    シャッター音。
    デジカメを持ったミコがベッドの影から姿を出す。
    ミコ「これでいいのぉ?」
    さおり「もう一枚」
    目をつむり悲しげな顔を作るさおり。
    デジカメのシャッターを押すミコ。さおりにデジカメの写真を見せる。
    さおり「よし、じゃあこれツイッターにアップしといて」
    ミコ「はぁーい」
    さおり「クックック・・・、むしりとってあげるわ。その身も心もねぇ!いたたた・・・ちょっと、さすって早く!ギプスの上からさすって!」
    ミコ「もー、人使いが荒いー」

    ○病院「あの世とこの世の間病院」・前
    さおりの声「そういや病室って一日いくらだ?」
    ミコの声「・・・さぁ?」
    さおりの声「よし、今夜からお前んチ泊まろう。看病させてやる」
    ミコの声「ええぇ、そんなぁ・・・」
    さおりの声「国民的魔法少女のさおり様を泊めれるんだぞ。光栄に思え!」

    END


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。