ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

2013/06/30 放送後記
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

2013/06/30 放送後記

2013-06-30 19:22

    2013/06/30(日) 開場:15:27 開演:15:30からのミラー配信をご試聴いただきましてありがとうございました。

    今回は、主に櫻花ちゃんねる(co123557)さんのデモ中継のミラーを行いました。え?自分で行けって?
    実はですね、外配信に愛用しておりましたlet'snote CF-J10を諸事情により手放してしまいまして、現在外配信ができない状態なのですね。これについては、現在代わりのものを購入するべく動いておりますので、大変申し訳ありませんがいましばらくお待ちください。

    さて。
    いわゆる新大久保へのデモ活動(とりわけヘイトスピーチと称される一連のコール)について加熱しているデモvsレイシストしばき隊およびあの方についてのお話です。

    はじめに申し上げておきますが、ボクはいわゆる直接的暴力行為を伴うことでしか為しえないアジテーション(扇動)には賛同しません。
    なので、「たたき出せ」は主張としてはアリだと思いますが、「死ね」「殲滅」「たたき殺せ」などは主張としてナシだということになります。なかなかこの辺り微妙ですがご理解いただけると幸いです。
    # この考えは他の配信者や団体などとは異なるであろう事は承知しております。

    ここ最近の在特会などのデモをみておりましても、「日本からたたき出せ」といったこれまでの主張から「殺せ」とコールそのものが変わってきてました(もちろん演説などではすでに発言しているということも知ってますが)。
    そして、より具体的な周知活動の場所として新大久保を含むいわゆる新宿の職安通り付近がターゲットになってきました。

    そして、これに呼応するかのようににわかに集結したカウンターデモとして「レイシストしばき隊」が生れました。
    レイシストしばき隊というのが実際にどのような活動をしているのか確かな情報を掴んではいませんので多くは語りませんが、ただその動きに共鳴する方の中で興味深い人物がいます。


    有田芳生(ありたよしふ)氏です。氏は参議院議員であり、今回のデモのカウンター側でデモに密着していたと思われる画像付きtweetを投稿しておられました(今回だけでもないですが)。
    #画像はtwitterから転載しました。問題があれば消します。

    情報によると、氏は無許可でデモ隊への抗議のためにハンドマイクを持って演説をしようとしてこのような機動隊包囲になったとのこと。

    何を考えてらっしゃるんでしょうか?


    貴殿は国会議員であるわけで、ともすればレイシストしばき隊と懇意なのかは分かりませんが「正々堂々と許可を取ってカウンター行為を行うように」説得するべき立場にあると有権者は考えます。
    それなのに、一緒になって道路を占拠してしまうような行為に自らをおくとは何事ですか。

    個人的にはレイシストしばき隊の側もちゃんと道路許可を受けて堂々と訴えたらいいと思っております。それこそが自らの主張を通せるのだと考えます。

    道路使用許可も取って警察の許可を受けたデモをやめさせようとする行為。これはこの日本国内ではれっきとした非合法。これで主張を通そうというなら如何に主張が正しくても暴徒に成り下がってしまう、なぜ有田氏はこう説得できないのでしょうか。
    あまつさえ勝手に演説を始めようとする始末。こういった筋の通らない行動をよしと認めるわけにはいかないのが法治国家です。

    ボクはかような行動に出てしまった氏を責めますし、せっかく近しい関係をレイシストしばき隊と築いているのならなおのこと彼らを正しく導く責務があるだろう、と考えます。

    以上。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。