• このエントリーをはてなブックマークに追加
若白髪で悩まされた日々。「美容院は必要経費」と割り切る解決法(1/2)[体験談]
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

若白髪で悩まされた日々。「美容院は必要経費」と割り切る解決法(1/2)[体験談]

2015-11-27 18:00
    私は、都内でバリバリ働いている、28歳の女性です。アラサーになり、きっと30歳を超えると、「若白髪」ではなく「普通の白髪」になるだろうこの悩み…。私はこの「若白髪」に物心ついた頃から悩まされてきました。
     
    「若白髪」と「普通の白髪」は何が違うのか。それは、「若白髪は普通ではない」ということです。
    同じ悩みを持たれている方ならわかると思いますが、おそらく、40歳、50歳になって「白髪が多くなってきたな。」と思ったら、それは「太ってきたから痩せたくて」という悩みと同じなんです。若白髪は、周りに知られることが嫌な悩みなんですね。
    ただ、体の中で一番目立つ頭部の悩みだから、隠すのが難しい。しかも、これといったはっきりした原因がないから、これがまた悩ましい。
    そんな、私と同じ悩みを持つみなさんの助けになればと思い、書かせていただきます。 

    えっ、白髪?

    一番はじめの記憶があるのは、小学生の頃。クラスの友達同士で、髪の毛の結び合いっこをしていたときでした。
    小学生は無邪気なもので、突然友人から「あっ、白髪があるよ!!抜いてあげる!」と言われたのです。
    そのころ、若白髪というもの存在を知らないし、白髪っていうとおばあちゃんにあるイメージで、悩みというよりなんでそれが私にあるの!?という疑問でいっぱいでした。
    それから、なんだか友達に髪の毛を触らせるの怖くなって、それ以来髪の毛結びごっこに参加したことはありません。
     
    幸いなことに、私の白髪は、表面にはあまり生えていませんでした。
    内側だけなので、髪の毛を触られないと、ばれることはなかったので、髪の毛を結ぶときは、合わせ鏡でチェックして、白髪が見えないように、ばれないように気を使っていました。
    もし見つけた場合は、抜いていました。今思うと、涙ぐましい努力だと思います。
    中学生頃までは、そうやってやり過ごしていました。

    若白髪の原因は?

    どうして、私だけこんなに白髪があるんだろう?若白髪で悩む人は考えると思います。
    ちょうどネットが普及しはじめた中高生になると、ネットで色々調べました。
    白髪になるメカニズムは、毛穴でメラニン(色素)が作られなくなる、ということは調べればすぐに出てきます。老化とともに、どんどんメラニンが作られなくなっていって、だから歳をとると白髪が増えるのだと。
     
    ただ、なぜそれが年齢関係なく、若いうちにメラニンが作られなくなるのか。それはまだ解明されていません。若白髪は近年増えている、という話も聞いたことがあるけれど、昔の若白髪で悩む人の人数は調べていたのか疑問ですし、私は原因をつきとめることはあきらめました。
     
    調べると、栄養不足、遺伝、ストレス・・・。そういった要因が可能性として挙げられているのですが、どうも自分に当てはまっているとは思えないんですね。
     
    若白髪が発覚した小学生頃は、もちろん実家住まいで、母親の手料理を食べていました。おやつは手造り、ジュースは禁止…というほど、栄養面はしっかりしていたと思います。
    遺伝といっても、母親も父親も、それなりの年になってからは白髪もありますが、若いころはそうでもなかったよう…。ストレス、と言ってしまえば、それなりにあったかもしれませんが、それでも人並みに、だと思います。
    それどころか「わかめたくさん食べると、髪の毛が黒くなるのよ」と、小さいころから海藻類はものすごく食べさせられていました。
     
    周りで色々言われている原因や予防方法がイマイチ信用できない。となると、対策を考えようもなく、とにかく隠すしかない、という状況が、ずっと続きました。

    つづきはこちらから>>

    記事提供元サイト
    written by okabe.yurie
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。