まるくのひとりごと:動画を作る時にやってること【AE編】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

まるくのひとりごと:動画を作る時にやってること【AE編】

2020-04-14 20:00
    どうもまるくです。(・.・)ノ

    書くことないとぼやいてたら「aviutlと比較してのAEのいいところ/悪いところの記事とか読みたい」という言葉をいただきました。でも僕は深くAEを理解していない、そしてAviUtlもそこまで理解していない...(あとよく考えたら記事タイトルとうまくかみ合わない)
    ので今回はAviUtlからAEに乗り換えてどんなことができるようになったか、できなくなったかをお話ししたいと思います~

    当たり前ですができなくなったことよりできるようになったことのほうが圧倒的に多いです。(そもそも僕はAviUtlをそこまで極めていなかったということもありますが)
    なので先にできなくなったことをいくつかお話しします。

    【アイデア編】
    【編集編】

    1.1レイヤーに2つ以上オブジェクトを配置できない

    これは出来る出来ないというよりシステムの違いなのですが、例えば


    ↑と同じことをAEでやろうとしたら



    ↑こうなります

    AviUtlは「レイヤーが用意されていて、そこにオブジェクトを配置していく」のですが
    AEは「オブジェクトにレイヤーが1つ用意される」のです。

    なれたらあまり気になりませんが使い始めのころは使いづらかったですね~

    2.色ずれ表現など

    AviUtlではデフォルトで入ってる「色ずれ」というエフェクト(別名:色収差)ですが
    AEでは出来ないわけではないですが少しややこしいやり方をしなければできません。(RGBそれぞれ分解して、加算で重ね、位置をずらす)
    AviUtlを使っていた時はいっぱい使っていたのでAEに乗り換えたときに結構困ったりしてましたね...
    他にもカスタムオブジェクトやアニメーション効果でよく使っていたものがAEでは1から作らなければいけないということが多々ありました。(ぼくが知らないだけかもですが)

    3.オブジェクト分割やランダムでラスターのやり方がわからない

    2はややこしいだけでできたのですがこれらはマジでやり方がわかりません。
    ランダムで○○シリーズはエクスプレッション(スクリプト制御みたいなもの)でいろいろやってもうまくできなかったのでもうわからん。\(^o^)/オテアゲ


    みたいな感じです。(他にもあったかもですがもう忘れました)

    そしてAEで出来るようになったことですがたくさんあるのでとりあえず3つだけ紹介したいと思います。

    1.グラフエディター

    グラフエディターはパラメータの数値のグラフをいじって動き方を変える機能です。
    ↓こんなの
    このグラフは「にこめどです」のスキャットマンの歌詞(前半部分)の全体を動かしてるレイヤーのx座標のグラフです(長い)
    左のほうで伸びてる棒(ハンドル)を使ってグラフの傾きを変えることで様々な動きを作ることができます。
    (画面だとハンドルは3つだけですが、すべてのポイントにあり、横に伸びるだけでなく斜めにも伸ばすことができます)

    2.シェイプレイヤー

    シェイプレイヤーは簡単に言えば図形です。AviUtlでは図形オブジェクトを選択して、四角や丸などの選択肢から選びますが、AEは自分でポイントを打ってさまざまな形を作ることができます。
    ニコパークのwowakaさんのところは全部これですね


    3.パペットツール

    パペットツールは画像にピンを打って、そのピンを動かすと画像のその部分が引っ張られるように動くものなのですが
    楽しい
    楽しすぎてこんなのを作ってしまうくらい


    頻繁に使いはしませんが、たまに思い出したように使っているので見つけたらこれだなとおもってください

    ↓こいつら





    他にもエフェクトがいっぱいあるとかX座標とかのパラメータがコピペできる等いろいろありますが、あまり多いと僕が書いてて飽きるのでこれくらいにしておきます。
    AEは僕もまだまだ使い切れていない部分が多くわからないところだらけですが、自分が想像していたものをより良い形にできるので乗り換えてよかったと思っています。
    ただ映像をしっかり作る人じゃないと宝の持ち腐れになる可能性も無きにしも非ずなので買う場合はしっかりと考えることをお勧めします。
    高いですし

    僕のおすすめは、フリーソフトで動画の作り方がわかる(作りたいものへのプロセスがわかる)ようになってから有料ソフトに手を出すことですね~

    ではでは~ (・.・)ノシ
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。