ドワンゴの業績はどう推移してる?
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ドワンゴの業績はどう推移してる?

2018-11-21 17:17
  • 2




この記事では、ドワンゴのここ数年の業績の推移をまとめてみました。カドカワのではなくて、ドワンゴの業績推移です。


ニコニコ動画で有名な「株式会社ドワンゴ」は、ライトノベル等の出版とアニメ・映画で有名な「株式会社KADOKAWA」 (かつての角川書店)と合併して、2014年に「株式会社KADOKAWA・DWANGO」になりました。合併といっても、新たに設立された親会社の下で両社とも営業し続けています。KADOKAWA・DWANGOはその後間もなく改名されて「株式会社カドカワ」になりました。カタカナのカドカワは親会社で、アルファベットの KADOKAWA は子会社。ややこしいですね。ちなみに、英語の社名は今も「KADOKAWA DWANGO CORPORATION」のままです。


親会社のカドカワは何をしているのかというと、ペーパーカンパニー、というと言い過ぎですが、そこで事業をしているわけではなく、子会社すべてを管理する本社機能だけの法人です。容れ物みたいなものですね。


さて、 親会社カドカワは東京証券取引所に上場されています。ですから、四半期ごとに発表される決算書類 を読めば、それなりにきちんと業績推移を把握できます。でも、ドワンゴ単独ではどういう経営状態なのかは読み取りにくい。


しかし実は、ドワンゴの電子公告のページ には、一年ごとにですが、ドワンゴ単独の決算が掲載されています。あと、親会社カドカワのIRページには バックナンバー もあります。ドワンゴの業績推移を確認したいなら、親会社カドカワの四半期ごとの決算と、ドワンゴの一年ごとの決算を突き合わせて読み解くのがよいということになります。


前置きが長くなりましたが、ドワンゴの近年の業績推移をみてゆきましょう。


まずは、KADOKAWA と合併する直前、2013年の業績です。
ドワンゴ 平成25年9月期 決算短信(2013年11月14日発表)

売上高が359億円で、営業利益が21億円(純利益23億円)。日本の上場会社が3600社くらいあるなかで、これは売上も利益も真ん中よりやや下の規模です。ドワンゴはニコニコ動画を持っているのですごい存在感がありますが、会社としては(比較対象によりますが)決して大きいわけではなく、意外と小粒です。


では、その一年後です。
ドワンゴ 平成26年9月期 決算短信(2014年11月13日発表)

売上高が415億円で、営業利益が32億円(純利益22億円)。一年前と比べて、売上も営業利益も大きく伸びています。いいですね! 純利益の減少は気にする必要はありません(営業利益の方が大事です)。


その次の決算は、2014年10月に KADOKAWA と合併した関係で翌年6月(親会社カドカワとの決算と同日)、つまり18ヶ月後に発表されました。
ドワンゴ 第20期 決算公告(2016年6月24日発表)

売上高が323億円で、営業利益が11億円(純利益2億円)。
売上がガクンと落ちているし、営業利益はたったの11億円になってしまいました。前年が良すぎただけかもしれませんが、ちょっと嫌な感じですね…


さらに一年後。
ドワンゴ 第21期 決算公告(2017年7月3日発表)

売上高が307億円で、営業損失が2億円(純損失11億円)。
損失…? そうです、損失です。売上がさらに減って、少額とはいえ損失が出ています。たまにはこんな年もありますよね。ま、まだ慌てるような時間じゃない…


さらに一年後。これが最新の決算、つまり、去年度(2017年4月1日~2018年3月31日)の経営成績です。
第22期 決算公告(2018年7月3日発表)

売上高が280億円で、営業損失が29億円(純損失29億円)。
なんじゃこりゃあああああ!!! こ、この規模の会社で29億の赤字はやばい。売上も大きく減り続けています。
この勢いで損失を出し続けたら、この時点のドワンゴの純資産は106億円ですから、あと4年経たないうちに会社が消滅します。…というのは過度の単純化ですが、それくらいの危機。売上か利益率をただちに改善するか、何かのコストを削るか、とにかく出血を止めなくてはなりません。売上や利益率を急に上げるなんて普通は無理ですから、要するにコストカットしかない。リストラ待ったなしということです。


次にドワンゴの決算が公表されるのは2019年7月なので、いま現在(2018年11月)のドワンゴの経営状態はわかりません。傷口はふさがったのか、それとも血を流し続けているのか?

先々週に、親会社カドカワの中間決算が発表されましたから、そこから多少は読み取れるかもしれません。見てみましょう。
カドカワ 第2四半期決算短信(2018年11月8日発表)

「Webサービス事業」の項目に、「セグメント損失(営業損失)は1億円」と書いてあります。これは、ニコニコ動画とその周辺事業の収支が、今年度の前半(4月~9月)はほぼトントンまで持ち直したことを意味します(…といっても、去年もこのセグメントは中間決算の段階では黒字で、通期の段階になって大赤字を計上したので、今年もそのパターンかもしれません)。

去年、ドワンゴが29億円の大赤字を出したときは、この「Webサービス事業」というセグメントはどれくらいの赤字だったのでしょうか? 見てみましょう。
カドカワ 平成30年3月期 決算短信

「Webサービス事業」は「セグメント損失(営業損失)は10億67百万」と書いてあります。ドワンゴの去年の赤字29億円のうち、約11億円はここ(ニコニコ動画とその周辺)であったようです(カドカワの決算は子会社を横断してセグメント分けされているので、正確なところはよくわからないのですが)。このセグメントはその前の年は28億円の営業利益が出ていたのに、どうしてこれほどの損失が出てしまったのでしょうか。プレミアム会員数が減少に転じたところに「けもフレ騒動」が追い打ちをかけたとはいえ、プラス28億円からマイナス11億円への転落はひどすぎる。よくわからないですね。新たに他社と合弁で設立したバーチャルキャスト社への出資(二桁億円を費やしたらしい)とか、ニコニコの新プレイヤー開発費用とかが、すべてこのセグメントの赤字として計上されたのでしょうか。


他にもよくわからないのは、ドワンゴの大赤字29億円のうち、約11億円がwebサービス事業だったとして、あとの18億はどこで出たのかということです。先ほどのカドカワの決算を見ると、「その他事業」で約14億円の損失が出ていますから、ここかもしれません。しかしこの「その他事業」はその前年も約16億円の損失を出しているので、やっぱりよくわからない。そして、ドワンゴで大きなリストラがあったという噂は特に聞かないのに、どうしてニコニコ動画の出血は止まってしまったのでしょうか。そこも謎です。もしかしたら、ニコニコ動画でも、他の何かの事業でも、たまたま大きな支出があっただけで、29億の赤字といっても大したことはなかったのでしょうか? 教育事業への大規模投資が赤字として計上された、とかかなあ? よくわかりませんね…



さて、結論です。去年は29億円の赤字というひどい決算だったドワンゴですが、今年に関しては、中間決算の段階でニコニコ動画の出血が止まっているので、去年ほどの赤字は考えづらい。しかし、期末に計上される支出があるかもしれないし、他の事業でも損するかもしれない。結局は、来年7月に発表される決算を見るまではわかりません。でもまあ、あてずっぽうですが、2年連続で大赤字というのはとても格好が悪いので、がんばってトントンに近い決算を出すのではないかと私は予想します。しかし、たとえ赤字を止めたとしても、売上高の減少は止められないのではないか。心配です。

しかしその一方で、売上げ規模はまだ小さいとはいえ教育事業(N高など)はとんでもない勢いで拡大していますし、株式会社バーチャルキャストも非常に元気です。ですから、たとえニコニコ動画が縮小しても、ドワンゴ全体(あるいは、カドカワ全体)ではそれほど悲壮感はないかもしれません。それにしても、せめてドワンゴ全体としての売上げ高が再上昇を始めてくれないと、「おっ今は儲かってなくても事業が成長してるんだな」という感じになりません。新事業の成否が正念場にさしかかっていると言ってよいと思います。

私のまとめは以上です。「よくわからない」を連発して申し訳ありませんでしたが、これはカドカワも悪い。投資家から「もっと利益の出る経営をしろ!」と叩かれるのが嫌で、わざと大雑把なセグメント分けをしているのではないか? とはいえ、私の読解力ではこれくらいしかわからなかっただけで、決算書を読むのが得意な人はもっと色々なことがわかるはずです。

ドワンゴの経営というと、ニコニコのプレミアム会員数の推移が一般的には最も注目されますが、これにかんしては他の方々の書いた記事があるので私はあえて触れませんでした。でも一言だけいわせていただくと、プレミアム会員数の減少はもはや決定的であり、ここから盛り返すのは厳しい。運営の新責任者・栗田氏はがんばっていると思いますが、ニコニコはまだまだ信じられないくらい使い勝手が悪いです(たとえばこのブロマガもiPadでは書けない。PCでしか記事を書いたり修正したりできないというのは一体どんな罰ゲームですか!?)。古参ユーザーは残ってくれても、新規のライトユーザーを再び獲得することは非常な難題です。

(追記)
うかつにもいま気が付きましたが、カドカワが「決算説明会概要」という資料を公開していますね(2018年11月8日発表)。これは今までになかったことです! 川上量生社長(自ら創業したドワンゴのトップを退きましたが、親会社カドカワの社長はしています)ら経営幹部が口頭で経営状況を説明していて、質疑応答もあり、とても読みやすい。
しかしこれは逆にいうと、アナリストや機関投資家向けに丁寧な説明をしないと資金調達面で窮地に陥る局面があるかもしれない、と意識せざるを得ないくらいの経営危機ということかもしれません。だって川上社長は、「株価を気にする経営はぬるい」とまで言っていた人ですからね。投資家たちに気を使い始めたというのは相当のことだと思います。もちろん、新規事業への大規模投資のための布石という面もあるかもしれませんが。

今回の私の記事は資料をあまり読み込まずに書いてしまいましたので、この「説明会概要」などを精読したら、もう一度記事を書きたいと思います。



広告
×
買いました。
18ヶ月前
×
www
18ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。