ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

株で兆った男――現代語訳・鈴木久五郎の告白記三編 その2の後半
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

株で兆った男――現代語訳・鈴木久五郎の告白記三編 その2の後半

2014-08-20 23:00

     鈴木久五郎の告白記、第二弾の後半です。

     明治四十二年五月号p94-97「余が失敗時代の回顧と楽天主義」
          同六月号p6-12「嘗て余が一千万円を勝ち得たる経路」 ← 今回は後半を掲載
          同七月号p45-52「古今未曽有と称せられたる予が全盛当時の活劇」←次回掲載

     ここから、いよいよ鈴久が株を買い始めます。いまだ二十九歳。生まれて初めて株を買い、何度か苦境に陥りつつも勝ちに勝ちを重ねます。その頂点まで二年足らず。そこから破産まで僅か百日。

    =============================


    ◎日比谷公園の焼き討ちと、株式の暴落

     前に言った通り、私が上海から帰ったのは三十七〔1904〕年の十二月十三日で、株を買い出したのは三十八年の春からである。そのとき、鈴木銀行の預金は八〇万円であった。それに鈴木家個人の金を合わせて、資本はおよそ百万円あった。そこで第一番に買ったのは製糖株であった。製糖株を買ったことには理由がある。それは後で〔来月号で〕話す。たしか、五十円払い込みで、相場は三十二、三円。五百株買ったように記憶している。次に郵船株を五百株買った。相場は七十円前後であった。しかし、面白くない株はよしてしまえというので、郵船株は間もなく売ったが、製糖株はウンと買って、ついに一万株以上を買った。それから鐘紡〔鐘ヶ淵紡績。当時、繊維は日本の基幹産業であり、鐘紡は国内企業売上首位〕も買った。製糖と鐘紡のみでも二万株以上となった。これは呉錦堂〔ご きんどう、神戸の華商〕と対戦する前のことである。その他に東鉄〔東京電車鉄道〕も東株〔東京株式取引所株〕も買った。

     ところが、私の予想は当たって戦争は勝ったが、株式界の景気はすこぶる悪い。「ポーツマスの談判〔講和会議〕で賠償金は一文も取れない、樺太は僅かにその半分を得たのみだ、つまり屈辱的講話をした」ということで国民が激高して、ついに日比谷公園の焼き討ち事件となった。こっちの交番から火が出る、あっちの交番から火が出る、火炎は天にみなぎり、向こうで麹町の警察が焼かれたといえば、こっちで内務大臣の官舎が焼かれたという。戒厳令が敷かれ、橋のたもとには武装した兵士が立っている。内閣は瓦解せんとし、日本は今にも潰れそうなありさまである。

     このような形勢であるから、株式は暴落また暴落、市場は一人として買い手がない。六十何軒かの仲買人のうち、このとき買った者は私――私は仲買ではないけれど――と半田庸太郎〔東京の相場師。隻眼で独眼龍将軍とも呼ばれた〕のみであった。

     今日も十円安、次の日も十円安というふうで、十日ほどのあいだ追敷〔おいじき、追加証拠金〕に攻めて攻め抜かれた。「追敷をくれなければ切ってしまう」という〔追加の現金を仲買人に渡さないと、強制的に株を売られてしまう〕。切られたら百万円の資本が消えて、そのうえ借金が残る。私が「マアマア、待ってくれ」と言うと、「私の方でもやかましく言いたくないが、あなたの株を維持するためには是非もない。下さらなければ切ってしまう。それより外に方法がない」と言う。しかし、どうしてもここを踏み耐えねばならぬので、私は、「マアマア、待ってくれ」と追敷を二万円やり、三万円やり、辛くも繋ぎとめていると、さらに他の一方から大きな災難が振りかかってきた。それは他でもない、鈴木銀行の取付〔とりつけ。預金引き出しが殺到すること〕である。


    ◎私を救済してくれた馬場氏の義俠

     これよりも以前のこと、鈴木銀行が東京に支店を設けて発展したのを妬んでいる同業者があって、私の苦境に乗じてこれを新聞に話し、「鈴木銀行は株式に失敗し破産する」という号外を出させた。そこで急に取付が起こった。

     このように、一方には取付が起こる、一方には追敷に攻められる。ほとんど進退に窮したが、さいわいに横浜の平沼専蔵〔横浜の貿易商、銀行家〕の甥に、馬場金助(ばば きんすけ)という人がいて、この人の義気に訴えて二十万円を借り、中村清蔵〔実業家、相場師。鈴久の奉公先の主人〕から十万円を借り、続いてまた十万円、それから二万、三万と弁慶の七所借〔弁慶の七つ道具のもじりか〕をして二十万円を工面し、合計八十万円をもってようやくこの難関を切り抜けた。

     私は今でも、馬場金助氏に感謝している。いや、氏の恩は永久に忘れぬ。氏は私とは一面識もない人である。私の友人に前田二平〔のちに新光証券となる山叶商会社長〕という男がいる。この男は、いまは□島商会の出資者の一人であるが、その当時、諸井ビルブローカーの顧問をしていた。私と一緒に洋行しようと出かけた男である。前田君に窮状を訴えて金策を頼むと、「自分には金がないから、適当な人を紹介してやる」と言って紹介してくれたのが、すなわち馬場金助氏である。

     私が会ったのは、このときが初めてである。肥ってまるで上野にある□西郷隆盛のような人である。「ヤヤ、君が鈴木久五郎君か。噂に聞いていたが、あまりに若くてビックリした」と言う。百万円もの金を打ち込んで激しい戦争をしているのだから、相当の年配であろうと思っていたらしい。ところが会ってみると案外若い。「何歳だ」と聞かれる。「二十九歳です」と答えると、「フフン、よろしい助けてやろう」とのことである。私の若いのを痛く買ってくれたらしい。私が「担保はないのですが」と言うと、「担保はなくてもよろしい。その代わり迷惑をかけてはならぬ」と言う。「たとえ一敗地に塗れても、私の目の黒いうちは決して貴下にご迷惑はかけませぬ」と誓うと、「大いにやれ」と励まして、さっそく四十五日の期限で二十万円を貸してくれた。

     私は実に嬉しかった。天下の銀行のすべてが私を危険視しているときに、馬場氏一人が、まったく一片の義侠心をもって私を救済してくれたのである。氏は私の永久に記憶すべき人である。


    ◎鈴木銀行の大取付

     鈴木銀行は越ヶ谷に本店があり、東京、程ヶ谷、草加の三ヶ所に支店がある。この田舎の方では、「銀行が取付に遭っているのに、鈴木家の者は一人として影も形も見せない。これはつまり、東京の相場が忙しくて来られないのだろう」と言ってますます疑いを深くしているのだという。そこで、どうしても私らが行かねばならぬことになった。すなわち兄貴は越ヶ谷の本店に、叔父の鈴木善五郎は程ヶ谷に、私は草加と、三人手分けをして各々二十万円づつの現金を鞄に詰めて田舎に行き、『夜中でもお支払いいたします』と書いて『高張(たかはり)』〔大きな提灯〕に掲げ、「どうもいろいろご心配をかけて済みません、鈴木久五郎が出張しておりますから」と言ってドシドシ払った。ところが預金者はそれで大いに安心したものと見えて、取付は四日目にピッタリ止まってしまった。

     それはよろしいが、東京の方はどうなっているか心配でたまらない。電報を打って問い合わせるわけにもいかぬ。もし電信局から漏れでもしようものなら、せっかく鎮まりかかった取付がまた激しくなる。実に気が気でなかった。

     それから、とにかく取付を鎮めたあと、私は兄貴に向かって言った。「今後はいっそう奮発して、どこまでも我々の方針を維持して行かねばならぬ。預金もこれで七割くらい返したから、預金者に迷惑をかけるようなことはない。これからは気楽にやれる。もし不幸にして我々の目的が達せられなかったならば、貴兄(あなた)はアメリカへでもお出なさい。私がしたことですから後始末が私がする」と、互いに深く決心した。

     ところが、二、三日すると、株が少し上がってきた。つまり、焼き討ち騒動は鎮まる。戒厳令は解かれる。なるほどロシアから賠償金こそ取れなかったが、この戦争に勝ったということは何十億円の価値があるかわからない。「もしかしたら、この戦勝のおかげでヨーロッパ各国が日本を信用し、従来の日英同盟に次いで日仏同盟ができ、日米協約もできるかも知れない。その暁には、低利の外資が輸入されることになるだろう。するとこれは何十億、何百億の利益に値するものである」というような説が銀行家によって唱え出されると、景気はたちまちにして回復し、株の値はグッと上がりだした。同時に鈴木銀行も信用を回復して、取付後わずか二ヶ月間において預金は何万円という高になり、以前より二十万円増えた。

     世の中というのは面白いものである。いちど難関に遭遇しても、奮闘してこれを切り抜ければ信用は非常に増す。すなわち、難関に遭遇すればあくまで苦しみ抜いて努力し、これを踏破せねばならぬ。これが成功の金科玉条である。私は第一の難関はこのようにして踏破したが、のちに起こった第二の難関を踏破できず、ついに没落したのは、返す返すも遺憾である。ただし、いまだ前途は長い。再び起つべき時期があることを、心ひそかに確信している。


    ◎医者の忠告を聞かずに病中に活動

     難関を切り抜けてホッと一息つくと、身体は実に綿のように〔立っていられないほどくたくたに〕疲れている。そこで、少し静養することにして、一週間ばかり暇をもらい、日光を訪れ、日本希代の豪傑である徳川家康公の御廟に参拝して鈴木家の幸福を祈り、そこで四、五日遊んで崇高なる天然の風色に浴した。

     ところが、日光から帰ると間もなく、今度は腸チフスに罹り、順天堂病院に入院した〔順天堂病院はこのころ最新の設備を備えた新病棟を建設。竣工は39年なので前後してしまうが、鈴久が入院したのは完工間際の新病棟だろうか〕。これが三十八〔1905〕年の十一月二十七日である。病中、熱が高くときどきうわごとを言う。それでも株の方が心配でたまらず、依然として相場をやっている。それであまり電話を使うので、『横浜および相場の電話は固くお断り申し候』という札を貼られた。この札は今でも貼ってあるはずである。そんなことには驚かない。電話係を百円ほどで買収してしまった。

     すると今度は斉藤院長が、「あなたは、そう相場をやっていては命が切れる。相場というものは健康な人でも、非常に頭を使うせいで一年中、澄んだ小便が出ないというくらいである。ましてや、四十度以上も熱のある病人がそういうことをやっては、とても助からぬ。あなたはそれでもよいかもしれぬが、たかが腸チフスの病人が順天堂病院で死んだと言われては私の名誉に関わるから、ぜひ相場をやめてもらわねばならない。それが嫌なら転院してもらわねばならぬ」と言うのである。「いや転院はしない」と私が力むと、佐藤院長は重ねて「死にますぞ」と言う。「いや死なない。腸チフスくらいの病気で鈴木久五郎は決して死なない」と私はあくまでふんばる。「それでは病室に『面会謝絶』の札を貼ってくれ」と言う。私は、「よろしい、病院の規則ならそれは貼ります。しかし私は面会せねばならぬ人なら面会します」と言って、どうしても佐藤さんの忠告を聞かず、次の間を応接室にして、来る人々に会っていた。

     とにかく十二月の大晦日に退院した。そのとき医者は、「退院するにはまだ早い」と言って引き止めたけれども、「お正月を病院で送るなんて、第一、見舞いに来る人が縁起を悪がって来ないから」と言って無理に退院し、それからは自宅で治療した。

     いったい、腸チフスなどという病気は、三週間かかれば綺麗に治るものだそうである。第一期が一週間、第二期が一週間、第三期が一週間、つごう三週間かかれば立派に退院できるものだそうだが、私は十一月の二十七日に入院して十二月の晦日になってもまだ全治しないのである。それというのも激しく頭を使うからで、昏々と眠っていても相場のうわごとを言っている。「どうしても来年は七十万円儲けねばならぬ、儲けねばならぬ」としきりにうわごとを言っていたそうである。そして目が覚めれば手形の署名をしたり、人に会って用談をしたりする。自分でも無理とは思っているが、行きがかり上やらざるを得ない。鈴木家の百万円の財産が、起こるか潰れるかという危機一髪の場合である。体が動かなくとも気は立っている。佐藤さんに叱られながらもとうとうやり通したのは、今となって思えば苦心の限りであった。


    ◎あまりの心配に、ウィスキーを飲んでも酔わない

     話は少し前に戻るが、例の追敷攻めに遭ったとき、「閑静なところへでも行ったら、少しは良い考えが出るだろう」ということで、向島の花月花壇〔遊園地と西洋料理を売り物にした大規模観光施設。明治39年に鈴久が別荘として買収〕に行って、額を寄せ合って相談した。しかし、いくら考えても結局、金がなければ何にもならぬ。それならどうやって金を作るかと考えても、いっこうに名案は浮かばぬ。苦しいから酒を飲む。酔わない。今度はウィスキーを飲む。やはり酔わない。いくら飲んでも酔わない、面白くない、癪に障る。「こいつ、酔わないウィスキーを飲ませて怪しからぬ奴だ」と言って、女中を殴ったことがある。それから花月〔花月花壇を開設した割烹屋〕の親爺を呼んで談判する。「お前たちは客を遊ばせるのが商売ではないか。それなのに、いくら遊んでも面白くない。どうか面白いように遊ばせてくれ」などと、だだを捏ねたことがある。はたから見たらまるで気狂いのような者であったろう。

     心配するときは実に酷いものである。夜などは、一度目が覚めるとモウ眠られない。明石町の自宅にいたとき、こんな滑稽を演じたことがある。夜中にフト眼を覚ますと、いろんな想いで胸がいっぱいになって、どうしても再び眼を塞げない。喉が渇いてきた。暗闇に起きて、コツコツと平野水〔炭酸水〕の栓抜きを探していると、その音を聞きつけた女中どもは「泥棒が入った」と騒ぎだした。そして電灯を点けてみると「ア、旦那様であったか」と大笑いしたことがある。こんな場合の苦しみは、大相場をした人でなければ分からぬことである。

     私の全盛時代において、よく人が「鈴木久五郎は幸運児だ」などと噂をしていた。なるほどそれには運もあっただろう。けれども、あれだけの難関を切り抜けた私の苦心というのは、実に一通りや二通りのものではなかった。そのとき相談相手をしていた人は、前の三井銀行貸付課長をしていた佐藤定次郎君であったが、佐藤君もやはり、「いくら酒を飲んでも酔わない」と言っていた。(次号ますます佳境に入り完結)

    ==============================

    次回は、完結編「古今未曽有と言われた私の全盛当時の活劇」の前半を掲載します。



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。