さよならわたしのピアノ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

さよならわたしのピアノ

2015-02-02 18:37
    私は子供の頃、自分で「ピアノを習いたい」と言ったそうな。
    恐らく保育園で周りのお友達が習っているのを聞いて適当に言ったのだろう。
    それを聞いた親は近所の音楽教室に私を放り込み、オルガンを用意した。
    だけどやはりピアノが必要だろうという事で祖父がアップライトピアノを買ってくれたのだ。
    当時(1980年代初期)で小型GPが買えちゃう値段のピアノだった。
    あれよあれよとピアノ漬けの日々を送り、ひたすら練習とレッスンに通う青春の日々。
    いつしか私はピアノが嫌いになり、大学を卒業後「もうピアノは一生弾かない」と宣言し、
    ピアノの上は物置を化したのでした。

    そして月日は流れ10年以上が経過した頃、私は子育てと仕事に追われすっかりピアノの事など忘れ、ニコニコ生放送のゲーム配信に夢中になっていましたw
    そこでたまたま「演奏してみた」カテゴリを知り、皆が一生懸命練習している姿を見て「こんな風にもう1度弾けたら‥」と夢見、実家にあった電子ピアノをガタゴトと弟と母とで運んできたのですw

    そこで色んな縁があり新しい先生が見つかり、一軒家に引っ越しすると共に実家から祖父に買ってもらったアップライトピアノを運んできて‥と、またまた第2のピアノ人生がスタートしたのです。
    電ピにすっかり慣れていた私は自分の出すピアノの音にビビリまくり(近所迷惑的な意味で)、レッスンではGPの音に驚いて椅子から落ちそうになったり散々でしたw

    そしてアップライトピアノでの練習に限界を感じつつも、なかなか買い替えするというと色んな意味で勇気もでず、
    だけど先生や調律師さんには「もういい加減GPを買った方が絶対にいい」と言われ続け‥
    今年の調律の時期を迎えて軽い気持ちで「買い換えようかな~♪」と先生に話した翌日‥
    祖父に買ってもらったピアノは「もう自分の役目は終わった」と言わんばかりに壊れました。
    娘は「ピアノを売らないで!このピアノも置いておいて」と泣いて泣いて大変でしたが、最早オーバーホールをしないといけないレベルなのでそこまでの余裕もなく‥
    勝手な想像ですが、またおじいちゃんもこのピアノを元手に新しいピアノを買って大事にしても怒らないんじゃないかな?と私は思ったり。
    私の母は「勿体無い!(ローズウッド一枚張りで外装がとても高級です)」と騒ぐので買い替えは内緒ですw

    そんなこんなで先日新しいピアノを選定に行ってまいりましたが、
    正直次の相棒選びにはとても不安があり、私に選び切れるのだろうか?という心配もありましたが、
    10分で即決でしたww
    実際そのピアノを触ってものの1分で「これ!」って決めましたがw
    「これ!!!」というピッタリ感はそこまでなかったものの「まぁこのピアノなら大丈夫だろう」と言うくらいのレベルですが‥

    という訳で、新しいピアノが納品されるまでのあとすこしの間、
    D音が既に鳴らず音程も狂いまくりのピアノですが、今まで習ったり弾いてきた曲を放送で弾いていきたいと思っています。

    次のブログでは弾けるもの(以前弾いた事があるが今となってはかなり微妙なものも含む)をリストにしたいと思います。
    もし、リクエスト等があればお気軽に声をかけてくださいね。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。