自転車集団走行について
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

自転車集団走行について

2017-12-02 10:52

     自分は自転車の集団走行について、

    A.TPOをわきまえるべき
    B.関係者が何らかのガイドラインを公開すべき

    と主張してきました。

     微細だろうとは言え、ある程度他人に対して迷惑や危険を及ぼす可能性があるので、ある日、理解の無い方から一方的な批判を受けても大丈夫な準備をすべきだと思っていました。

     その予言(?)が的中しまして、数万再生されている某youtube動画(https://youtu.be/x8LnMz4bVwM)にて、山道での大型車とロードバイクとの危険性や迷惑について語られていました。


     その動画に関しては、投稿主さんの自転車に対する圧倒的な知識不足と、実害の無い被害による無茶な要求があり、
     また、要求する側こそが社会(山道周辺)に対してとてつもなく大きな迷惑をかけている可能性が極めて高い為、「絶対やめて」に従う必要は一切ありません。


     自転車集団走行について自分の意見を詳しく説明する前に、その動画の問題点を指摘しておきます。


    1.サムネイルが不適切
     動画の内容とは無関係のレース写真の特定選手に矢印を付けて「大迷惑」と書かれています。
     これは第三者への誹謗中傷であり、自転車レース観戦を趣味とする自分としては大きな怒りを感じました。(以下問題点とコレは無関係です)

    2.自転車集団走行に対する知識不足
     某動画内で「自転車集団走行にメリットが無い」と言われていましたが、空気抵抗の減少については触れられていませんでした。
    自転車はある一定以上の速度になると空気抵抗が圧倒的になってきます。
    なので、空気抵抗を軽減させる事は移動エネルギーの減少+速度アップという大きなメリットがあります。
     また、自転車が「路肩」を走行と何度か言っていますが、路肩では無く車道です。(用語の間違いなので主張とは無関係ですが)
     一大型ドライバーさんならこれらの知識を持つ必要はありませんが、批判+要求する際には最低限調べてからにすべきでしょう。

    3.被害・迷惑が過敏
     自転車集団走行により、多少は大型車に対して危険があると思いますし、抜くのが大変なので迷惑を感じるのもその通りだと思います。
     しかし、その危険がどの程度なのかについて言及がなく、迷惑に関しても時間的がほぼ出ないのは明白です。
     自転車集団走行と大型車の事故は母数が少ないので数は殆ど無く、どの程度危険なのかを推し量るのは困難ですが、危険=事故率×試行回数と考えるのであれば、母数が少ないし、場所を選べば問題無く抜けるので、殊更大きな危険を主張する必要が無いのかと思います。


    4.大型車側の問題
     某動画では「山道」「カーブ」「狭い」「対向車」という道路条件がいくつか掲げられています。
     このような道を大型車が走らなくてはいけないのはそもそも大変でしょうし、そんな中で抜きにくい自転車集団に遭遇すれば文句の一つも言いたくなるのはわからなくは無いのですが、
    このような道の場合、並行する高速道路がある場合が多いのではないでしょうか?
     某動画を閲覧後、地図を見たり色々考慮してみると、レースの為のチーム練習以外の集団走行は、人が多い所から人が多い所or観光地に移動する場合が多いです。
     そして、対向車があるという事は車の往来もそれなりにある道となると、多くの場合は高速道路が整備されています。
     このような道路の場合、大型車が通る事で周辺住民に事故・騒音・排気ガス・道路の損傷等々大きな迷惑が掛かっています。

     このような道路でも大型車が通らなくてはいけない事情はあるとは思いますが、
    その際にも「自分の走りたい速度で何の障害も無く走れて当然」と考えているならば、それは大間違いです。

     このような道路をなるべく通らないという努力を大型車側がしているというアピール無しに、他者に対して要求するのは筋違いだと思います。


    5.「絶対やめて」という無茶な要求
     以上の問題点が仮に無かったとしたら「やめて下さい」といった要求は適正かもしれませんが、今回の場合は要求するのにあたっての要件を全く備えていません。
     ただ単純に「大型車から見た自転車集団走行の危険」を周知して下さったり、それに対する疑問を投げかけて下さるだけならば素晴らしい動画だったと思います。


     今後、大型車側から具体的な危険や時間的損失、その道路を多く使わなくてはいけない事情がきちんと提示された場合には別ですが、そうでない限り、自転車集団走行される方々は「大型車からは迷惑に感じてるみたいだ」と知っているだけで良いと思います。



     さて、某動画の話はここまでにして自分が考える自転車集団走行の事を書いていこうと思います。

     自分の自転車集団走行に関する考え方は少なくとも5年前から一緒で、ツイログ(http://twilog.org/niconicoradio/date-121106)に端的に書かれている通りです。


     自分は自転車集団走行に2~3度危ない思いをさせられました。

     それは車に乗っている時ではなく、交通量の多い広くない道路で自転車に乗っている時です。

     速度が速いだけなら良いのですが、それが長く連なっているのに、長く連なっているとは自転車で抜かれる時に気付けないからです。

     自転車に乗っていると、当然障害物や道路状況によって多少の横移動をする事がありえます。

     抜いていく物が大型車なら大体どの程度で抜かれるかわかりませんが、自転車集団の場合は最初1台に抜かれるだけと思いきやそれが10台にもなると色々想定できなくなります。

     一般道では様々な危険を避ける為に車間距離を開けるべきだとされていますが、それを否定した走り方には多少の危険が増すのでしょう。

     普通車に乗っている時に、自転車集団走行に対して危険だとか迷惑だとかを明確に思った事はありませんが、都市部で自転車に乗っている時に恐怖を感じました。(危険かわからない)

     それ以外にも(某動画含め)自転車集団走行に対するネガティブな話はあると思います。


     当然、集団走行には大きなメリットがありますので、他者に与える迷惑と自分達が得られるメリットとのバランスになるのでしょう。

     ここについて、集団走行をやりたい側がある程度発信して理解を得るべきなのかと自分は思います。

     例えば、何人以下にするとか、どのような場所ではなるべくやらないとか、どのような地形だと大型車に配慮するだとか、

     対車に関しては、相手側の移動時間をロスさせる事がほぼありえないので、その事を相手側に理解して貰う事には大きな意義がありそうに思います。

     車(大型車)で移動する際に必要なのは

    1.目的地に着く事
    2.安全である事
    3.時間が短い事

     ですが、自転車が集団で走ったとしてもTPOをわきまえれば、これらに悪影響を与える事はほぼ有り得ません。

     残念ながら、そういう考えに至らない車ユーザーが多くいらっしゃる現状、一方的で悪質な自転車批判が起きてしまうのは当然に思います。

     なので、冒頭に書いた通りです

    A.TPOをわきまえるべき
    B.関係者が何らかのガイドラインを公開すべき


     

     自転車に携わり、広く発言されている中には集団走行を頻繁にされる方もかなりの割合でいるようにお見受けしています。

     いつまでもこれを放置して良いとは思いません。



    ※補足
     プロや大学、チーム等で競技の練習として特定の場所で集団走行されている方々については、上記したのとは全く別個に、そのチームと周辺との良好な関係が必要で、それはある程度されていると思っています。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。