横浜市の自転車対策どうあるべき?
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

横浜市の自転車対策どうあるべき?

2014-11-17 12:17
    我が横浜市が自転車対策に本腰を見せ始めています。

    http://www.townnews.co.jp/0117/2014/11/13/259448.html

    様々な記事がありましたが、神奈川区のタウンニュースの記事が主旨がわかり易いので紹介します。

    「まもる・はしる・とめる・いかす」

    という基本方針があり、自転車ユーザーに「守らせる」というのを第一にしたいのでしょうか?記事の中では
    -----------------------------
    「原則車道通行」と知りながらも守らないことがある人が半数近く。
    -----------------------------

    と紹介されています。

    2011年の聞き取り調査らしいのですが、車道走行をしなさいと言っているようにも見えて、暴力的な気がしました。

    続いて「走る」ですが、自転車レーンの推進を考えているようです。
    その前段階として、市が管理する道路の2割程度にしか歩道が無いという事と、レーンの整備計画が263kmという事、現在整備されているのがその11%という事が紹介されています。

    横浜市は物凄く広いし、人口も多いのだが、現状30km程度しか自転車レーンが無いというのは驚きです。

    となると、自転車レーンを優先的にどこに設置するのか?というのが自転車政策の中でも最も重要なテーマになりそうな気がします。

    ---------------------------------
    自転車ネットワークでの整備の対象はレクリエーション施設などを結ぶ路線が多いことから、今後駅周辺など、利用者が多い場所を中心に計画を修正することも視野に入れているという。
    ---------------------------------

    記事ではこのように紹介されていますが、果たしてこれが最善でしょうか?

    自転車レーンを広めて下さった諸先輩方のお陰で横浜市もやっと自転車レーン政策に向かいつつある訳ですが、「どこに?」「優先順位は?」という最大の問題についてはどの程度関心を持っていたのか?と、自転車市民側にも大きく突きつけられる問題な気がします。

    そこで自分が提案したいのは

    「自転車通学の学校付近を最優先で」

    と言う事です。

    これは静岡県の方針を参考にした物です。(http://cyclist.sanspo.com/122022)

    静岡県では最近自転車絡みの交通事故が激減していますが、自転車通学に目を向けた事の効果もそれなりにあるのではないかと思います。

    静岡県(もしくは他の地域で自転車事故を減らした所)がどういう方法でどの程度の成果を挙げているのかを、横浜市の自転車政策に携わる方々は調査して頂きたいなと切に願います。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。