石川公演の感想
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

石川公演の感想

2017-05-31 12:43
  • 1

「チケットをご用意することができませんでした。」

様々なイベントのチケットを取り扱う某サイトを使っていて、この文字の羅列を見たことがない人は存在しないのではないでしょうか。

どうも、こんにちは。にどみと申します。
最近は暑い日が続いていますが皆様はいかがお過ごしでしょうか。
僕はこの数日間便秘に苦しめられお腹の痛い毎日を過ごしています。くたばれ。

何でまたブロマガなんて始めたかと言うと理由は簡単です。

先日現地で参加した「THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 5thLIVE TOUR Serendipity Parade!!! -石川公演-」の熱が冷め切らず生放送とかでは無く形に残して感想とかをつづれたら良いなぁと思ったからです。

多分、長続きはしません。
こういうの続いた試しが無いんでね、仕方ないですよね。

まぁ、前座はさておき本題にすぱぱっと入っていきましょうや。
僕のお腹事情とか興味のない人が多数だと思うので。


前述した「THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 5thLIVE TOUR Serendipity Parade!!!」。今回は宮城公演から始まり、石川、大阪、静岡、幕張、福岡、そして埼玉と全国を巡るツアーとして展開されています。
7つの公演の中で、石川公演だけは是が非でも参加をする必要がありました。

僕が大好きな新田美波ちゃん(CV.洲崎綾さん)が出演するからです。

加えて今回会場となった石川県金沢市はあやっぺこと洲崎綾さんが生まれ育った地。
いわば凱旋公演となる今回のライブ。見ないわけには行かない、否、必ずや見届けなければならない。
また、何故かその時の僕はよく分からない自信に満ち溢れており「行ける行ける!石川公演には絶対行ける気がすんねん!!」と放送でも声を大にして言いふらしていました。

しかし現実は非常なものでした。

計6枚買ったCDの抽選はすべて外れ、その後のWEB抽選にも当たることなく、一般販売なんて買えるわけもなく…。

どん底。

見れると思っていた(そもそも、見れると思っていたことが意味不明なのだが)あやっぺが生で見れない。
僕は担当のアイドルの晴れ舞台に立ち会うことも出来ないのか。
失意に駆られながらも、時間は残酷に進んでいきます。
運よくLVはチケットを用意することができ、僕自身もそれで良いと思っていました。
会場に居ずとも声援は送れるんだ。この声は石川県にまで届くんだ。

「だけど本当は現地で生洲崎を見たかったなぁ…。」
込み上げる思いを必死に誤魔化しながら毎日を過ごす僕。

だがしかしbut。
そんな僕に友人からあるお誘いが舞い込んできました。

友「2日目だけなんだけど、チケットが一枚余ったから来ない?」

神様でした。
僕が今まで友人だと思っていたその人は多分神様か何かなんでしょう。
そんな神様に間髪入れず「い゛き゛た゛い゛」と思いをぶつける僕。

こうして絶対に無理だと思っていた石川公演に現地参加をすることが出来ました。
神様、本当にありがとう。

ここから先はライブの感想になります。
とは言っても、稚拙な文章力の僕ではこう…伝えたいことを文章にして伝えるってのが凄く難しいなぁと思う訳ですよ。
今、これを書いてるのも凄く楽しいのですが、後々見返したら何を言ってるんじゃこいつはとか思うんだろうなぁ、とか考えながらタイピングしてます。
文章で伝えきれないところは生放送とかでね。やりたいと思います。

1日目はLV、2日目は現地で見てきたのですが、実はライブに参加すること自体今回が久し振りでした。
シンデレラに関しては1st、2ndは参加をしましたが3rd、4thは参加をすることなく今回に至った訳です。当然、参加をしなかった期間にもアイドルに声帯が実装され、色々な声優さんが起用されてきた訳です。
今回は佐藤心役の花守ゆみりさん、森久保乃々役の高橋花林さんがライブに初参加でしたが、僕自身はこの二人以上に初めて見る方が居て何だか新鮮な気持ちになりました。

中でも今回一番印象に残ったのが龍崎薫役の春瀬なつみさんでした。
私色ギフトの時の元気な振付けは、ライブをひたむきに楽しむ薫ちゃんそのものの様に見えました。何か本当に凄かった。

そしてすみません、ここからは新田美波役の洲崎綾さんについて語らせて下さい。
何でもしますから。

1st以来となった『ヴィーナスシンドローム』。
当時の会場だった舞浜アンフィシアターでそのパフォーマンスに見惚れ、サイリウムを振らずただ涙を流しながら見届けていたのを良く覚えています。
今回も本当に本当に聞くのが楽しみな楽曲でした。
曲の出だし「Do you know venus?」を聞いた瞬間に口から「あっ…」って声が漏れてしまいました。この曲は本当に盛り上がるんですよね、会場全体が湧いたのを今でも覚えています。
ご本人も仰っていましたが、1stの時はショートボブだった髪も今は伸び、より美波らしくなったように感じました。
窓ふきと称される振付けはサイリウムを同じように動かすとテンションが上がるので皆様も是非試してみて下さい。
いつも驚かされるのですが、あやっぺは本当に歌が上手いんですよ。
今回は石川という場所も呼応してか、いつもより気合の入ったパフォーマンスに見えました。
本当に美波に見えるしヴィーナスだし、凄かったです。
ここで一度目の号泣でした。

そして、クール曲の『オルゴールの小箱』。
「新しい自分になろう」
Dメロにこんな歌詞があるのですが、この部分を歌ったのがあやっぺでした。
僕の中で、新田ちゃんは常に挑戦をしているイメージがあります。
彼女の趣味である資格取得もそうですが、アイドルになって新しい自分を色んな人に見てもらいたいという強い気持ち。
そんな彼女に凄くぴったりな歌詞だと感じました。
オルゴールの小箱は元々好きな曲だったので、今回聞けて嬉しかったです。

次が『Nocturne』。
イベントで新田ちゃんと奏が参加しているので、もしかしたらと思っていましたが予感的中でした。オリジナルメンバーである、楓さんと川島さんが居ない中で新しい『Nocturne』の形が見えた様に感じました。上条春奈役のみつやすさんもいつもとは違う雰囲気で…。
あと、あやっぺがマイク握りながら楽しそうに笑ってるのが印象的でしたね。
ステージの見せ方?何て言うんでしょう、演出って言うんですかね?
画面を三分割してそれぞれの表情を映し出しているのが良かったです。
『Nocturne』も大好きな曲なので聞くことが出来て嬉しかったです。

そして、『生存本能ヴァルキュリア」。
漸くセンターに新田ちゃんが来てくれた!と感じるこの曲。
「生き残れぇええ」の所のあやっぺがやばかった。本当に。
朝に物販並んでる時にこの曲が会場で流れてたんですけど、商品がどんどん完売していく中で「生き残れぇええ」と力強い言葉が聞こえて来たときは思わず苦笑いをしてしまいました。
因みに物販に関してはお目当ての物はすべて完売し、生き残れませんでした。ガッデム!!

最後にね、演者の方たちからのご挨拶があるんですけど。
あやっぺがこう…涙をこらえてて。
そこでまた涙腺が崩壊して。
石川公演を本当に楽しみにしてたんだなって伝わりまして…。
本当に本当に頑張ってたなぁ…って物凄く感じました。

新田ちゃんを演じるのがあやっぺで良かったと、本当に心から感じる素敵な石川公演でした。
これからも応援し続けます、はい。

次は福岡公演に現地参戦してきます。
またその時にでも更新出来たら良いですな。

稚拙な文章でごめんなさ~い。
生放送とかでも色々と言いたいことはあるので興味のある方は是非とも!!

以上、石川公演の感想でした~~。

広告
×
かこつです~!
石川公演の感想楽しみにしてました(*^◯^*)!
にどみんが石川にたどり着いたときのツイート見て「えっ、チケットは、、、?」って思ってたんですがそういうことだったんですね!笑
ご友人さんは神様ですね
32ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。