ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

風見レイス、四戦目は中4日でエース再登板!「やられた分やり返す」決意のマウンドへ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

風見レイス、四戦目は中4日でエース再登板!「やられた分やり返す」決意のマウンドへ

2018-12-26 17:33
    風見レイスが第四戦目をエース芳乃清隆へ託すことがわかった。
    前回の試合ではスターズ打線に捕まり、6失点大炎上。調整不足ではなかったものの、自分のストレートに過信しスターズに狙い打ちされてしまった。清隆は「前回登板時のデータはすべてインプットしているので同じ轍を踏むことはない。前回やられた分倍返しでやり返す」と決意を込めて話した。
    直前の第三戦は由夢が投げる。この試合を落とせば自分の試合は絶対に落とせない試合となる。「そういった意味でもエースに任せる。直前に勝ってれば連勝して追いつく。負けてもエースで止める。絶対に負けられないんだからこそのエースだよ」と指揮官も信頼は変わらない様子だ。

    予告先発を見て実況担当の砂利ガニ氏は「レイスはもう負けられないですからね。登板間隔を詰めてでも清隆やさくらを投げさせざるを得ないでしょう。例え打ち込まれても2人が最も信頼できる投手に変わりはないですから。前回登板で好投した由夢には当然頑張ってもらうとして、できることなら今週でイーブンにしてしまいたいですしね」と話している。
    一方でh@ru氏は「エースの再登板でチームが焦っているのが丸見えなんですよね。ジェイド監督は思惑通りに動いてくれてニッコリだと思いますよ。ここは谷間を埋めるためにエリカやことりを運用して、清隆・さくらにはゆっくり休んでもらいリフレッシュしてもらわないと同じことを繰り返すことになります。むしろそれでのらりくらりやられて万全の状態でエースやさくらが出てくるのが一番相手チームが嫌がることなんです。試合さえ作ってくれればなんとかできるのがレイスのいいところ。今週はさくらを前倒しする必要がないくらいの試合をしてくれることを祈るしかなさそうですね」と話した。

    2連敗でかなり追い込まれている風見レイス。焦りのエース前倒しが裏目に出なければいいが・・・・・・
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。