ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

レイス、指揮官「データでくるならデータのない投手でしょ」命運は白河ことりへ託す!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

レイス、指揮官「データでくるならデータのない投手でしょ」命運は白河ことりへ託す!

2018-12-31 22:10
    風見レイスが次回の試合に白河ことりが登板することがわかった。1つでも負けたら終わりの試合をここまで登板の機会がなく、スターズにとっては1つのデータのない右腕に託す。

    データ野球でレイスを攻略してくるスターズに対して白河ことりに白羽の矢が立った。アイドル甲子園以来、先発投手として控えながらも登板の機会がなかった右腕はこの日、年内最後のブルペンに入り、入念な調整。
    「いつも試合を眺めながら私が登板だったらこうするな、ああするなとか考えていました。こういう重要な場面での登板を待っていたんです。結果を残してチームをクライマックス制覇に導けるよう頑張ります」と力強く話した。チームは2勝3敗と波に乗れずに苦しんでいる。妹分であるななかも不調を抜け出せず、勝ちパターンの朝倉兄妹に繋げないでいる。
    「スターズはデータに忠実な野球をしてくるってのがここ3試合でよくわかったからね。だったらデータのない白河さんなら行けるって思った。これもまた博打になるとは思うけど、こういった危ない橋を渡ってでも勝ちに行かないといけない。うちにも維持があるからね」と指揮官も話している。
    スターズはここまで攻撃を始めると手を緩めることなく連打する傾向がある。捕まり出すと止まらないことりを当てるのは本当の大博打になるだろう。ましてや相手はエースのミラ・マクスウェル。調子のいい相手打線にことりがどれだけ好投できるかがキーになりそうだ。

    土壇場で大博打に出たレイス。本来の打線の姿を取り戻し、型にはまらないチームとして復活できるかに期待したい。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。