なのはがフェイトがはやてが打つ。リリカルパワフルズ、理想形に近づくリーダーズ3人猛打!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

なのはがフェイトがはやてが打つ。リリカルパワフルズ、理想形に近づくリーダーズ3人猛打!

2019-11-14 17:15
    パワフルズのリーダーズ3人の打撃が止まらない。

    なのはとフェイトとはやてで14打数10安打の打率.714。パワフルズのあるべき姿へと近づいている。

    特に4番のなのはは前期で他チームの徹底した高め攻めに苦しんだが、これを後期にはしっかり修正して4番としての役割を果たしている。
    高町なのはの脅威な点は、状況に応じた打撃技術。長打も単打も思うがままといったところだ。1打席目はスレイの高めのストレートを簡単にレフト前に弾き返すと、2打席目にはシンカーを詰まらされながらサードにあえて転がした。これが内野安打をもぎ取り、ノーヴェの同点2ランへと繋がっている。3打席目には高めはもうわかっていると言わんばかりにインハイをサードの頭上を越すタイムリーツーベースとした。
    卓越した打撃技術を前にしたジュードは「完全に舐めていました。なのはさんの修正力はやはりチームで一番高いということを改めてわからされました」と脱帽した。

    フェイトの長打力の向上で下位打線の破壊力がレイスやフェザーズにも見劣りしない。それに加えて、八神はやての4安打だ。これがDH有だった場合、ノーヴェ・フェイト・はやてで789だと考えると恐ろしい。
    球団発達当初、この3人はクリーンナップトリオだった。3番フェイト、4番なのは、5番はやてで一時代を築いたほどの打撃力の持ち主。現在はシグナムやシュテルの台頭で中軸を譲っているが、それに負けず劣らない打撃技術を持っているのだ。

    リーダーズが牽引し始めたパワフルズ。今シーズンはもしかしなくてもぶっちぎり優勝を決めてしまうかもしれない。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。