高速移動バトン前提グレイシア
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

高速移動バトン前提グレイシア

2019-12-18 15:44
    https://ch.nicovideo.jp/nikozakaNEWS/blomaga/ar1842797
    で紹介したじゃくてんほけんグレイシアの調整版で、Cを削ってその分Sに回し、高速移動バトンをして上から殴りまくることを前提に考えたグレイシアです。

    性格:おくびょう
    持ち物:じゃくてんほけん
    努力値配分
    H244 B84 C42 S140

    技構成:ふぶき フリーズドライ シャドーボール こおりのつぶて

    物理方面の調整は最初期に使っていたチョッキグレイシアの調整が最良です。環境にずっとトップでいるドラパルト・ドリュウズ・ミミッキュ・ウオノラゴンなど物理で強力なポケモンに受け出しとまではいかないものの、急所がなければ1回行動できるという保証があります。

    最初は高速移動バトンじゃ火力に振って1確ライン伸ばしたほうがいいのでは?とは思いましたが、吹雪採用の時点で命中率に難があるものの打点が高いので気になりませんでした。
    そもそも高速移動バトンからダイマックスしてゴリ押しすることを考えたので、ダイマックス中に倒れず居座っていればそもそも吹雪が必中になるからどうでも良かった感はある。

    今作は高速アタッカーや高耐久格闘が環境に少ないことから、高速移動バトンさえ決まれば全抜きする性能を秘めています。相棒にはもちろんサンダースがおすすめ。放電光の壁高速移動バトン@襷で使っていますがなかなか面白い。
    バトン先はグレイシアだけではなく、同じく鈍足なニンフィアやブースターなども選択肢に上がります。もちろん、いずれも上から殴れるようになれば弱点を克服したようなものです。
    特にブースターはダイマックスを切っても上から殴れる範囲が広がることから、ブースター無双なども見受けられるようになりました。
    物理受けにはリーフィアがいますから、特殊をこれらのポケモンで処してリーフィアで受け殺すが基本軸になります。
    しかし、サンダースを先頭で繰り出すべきじゃないパーティやサンダースの役割が薄いパーティに当たってしまうとやりたいことができずに終わることもあるので、移動バトンせずとも動けるブラッキーやリーフィアの選出回数が増えます。
    結果この2匹が過労死するケースもあるので、シャワーズ抜きよりもブースターやニンフィアとの選択肢を取ったほうがもっと勝率があがるかもしれません。(ブースターがスカーフなのもその所以)

    使用PT(努力値調整省略)

    グレイシア@弱点保険
    本記事の調整

    ニンフィア@混乱実
    ハイパーボイス マジカルフレイム サイコショック めいそう

    ブースター@スカーフ
    フレアドライブ あなをほる ばかぢから 鬼火

    サンダース@きあいのタスキ
    ほうでん ひかりのかべ こうそくいどう バトンタッチ

    リーフィア@ゴツゴツメット
    タネマシンガン アイアンテール あまえる 光合成

    ブラッキー@ロゼルのみ
    イカサマ あくび ねがいごと まもる
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。