フェザーズが工藤叶と一回目のFA交渉。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

フェザーズが工藤叶と一回目のFA交渉。

2020-06-07 12:39
    フェザーズがレイスからFA宣言した工藤叶内野手と1回目のFA交渉を行った。

    背番号1桁(詳細番号は不明)とクリーンナップ確約の契約を提示した模様。
    工藤からは「私のどこを評価して必要だと思われていますか?」と質問され、「常勝を命じられているレイスという球団の中で中軸を打ち続けた打力・精神力とレイスで4連覇した経験」と詳しく説明したという。
    交渉後オーナーは「ILLの時からずっとなんでクリーンナップを打てるのに6番はもったいないと思っていた。ウチならばそれを間違いなく叶えてあげられると説明できた」と交渉に手応えを感じているようだ。

    工藤叶は白河ななかと同様、今回のFAの目玉野手。フェザーズの他にもスターズやパワフルズなどが興味を示していると報道されている。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。