ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

IBL 4カード目終了時点の順位と個人打撃成績
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

IBL 4カード目終了時点の順位と個人打撃成績

2021-04-21 22:49
    アイドルベースボールリーグ4カード目が終了しました。
    この時点での順位と個人打撃成績の公開です。
    投手の成績は前回も言った通り、5カード目終了後に再び公開します。


    順位



    バルカンズが怒涛の快進撃で首位に並びました。フェアリーズは現状レイス以外の全チームに勝ち越しており、残っているのは不調なフラワーズのため4チームに勝ち越せる可能性が高いです。
    ファインズとバルカンズはこの次が直接対決となり、2位攻防戦となりそうです。勝ち越したチームがフェアリーズとの一騎打ちになりそうな予感がします。
    フラワーズは現状全カードで負け越しており、厳しい状態が続きます。


    個人打撃成績
    ※規定打席は36打席

    打率

    1位 .400 45-19
    ホロライブフラワーズ
    大神ミオ

    2位 .377 53-20
    リリカルバルカンズ
    イリス

    3位 .375 48-18
    ラブライブファインズ
    南ことり


    フラワーズのミオが安定してヒットを打ち続け首位打者を維持。チームは低迷していますが、4番としてしっかりと結果を残し続けています。
    バルカンズ快進撃を支える1番打者イリスが2位に浮上し、3位に2番に戻ったファインズの南ことりが上がってきました。いずれの2人もチームの得点源として出塁率で貢献しています。


    本塁打

    1位 9本
    765フェアリーズ
    三浦あずさ

    2位 6本
    765フェアリーズ
    高槻やよい

    テイルズスターズ
    ベルベット・クラウ


    あずさがこのカードで1本もホームランを打てませんでしたが、序盤の分で1位を維持。
    やよいが4カード最終戦で2本塁打と2位を維持しました。ベルベットがホームラン王争いに食い込んできているのがスターズの孔明かもしれません。


    打点

    1位 17打点
    ラブライブファインズ
    東條希

    2位 12打点
    テイルズスターズ
    ベルベット・クラウ

    3位 11打点
    テイルズスターズ
    リッド・ハーシェル


    打点王争いは希が首位。希の打点を支える2番・南ことり+3番・白河ななかが好調を維持する限り、希の打点王は安泰かもしれません。
    スターズはソフィ+ロイドの出塁率で打点を稼げていますが、投手が抑えきれずに負けが続いています。


    盗塁

    1位 9個
    風見レイス
    天枷美夏

    2位 5個
    ラブライブファインズ
    絢瀬絵里

    ラブライブファインズ
    国木田花丸


    ファインズが水を得た魚のように盗塁を増やし、レイス美夏を追従します。
    フラワーズには思うように走らせてもらえませんでしたが、レイス戦では積極的に盗塁を仕掛け勝ち越しに成功しています。


    ※パワプロ2020を使用した企画の記事になります。

    ルールなどはこちらにて
    ar1993652

    対戦日程はこちら
    ar1998763

    企画本戦放映コミュニティ
    co224022
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。