ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

ファインズ、黒澤ダイヤ中5回避へ。絶好調スターズも要警戒とプラン変更
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ファインズ、黒澤ダイヤ中5回避へ。絶好調スターズも要警戒とプラン変更

2021-05-04 12:00
    ファインズがバルカンズ戦で2連続中5を回避し、黒澤ダイヤをローテーション通りに6カード目のスターズ戦頭で先発させることが発表された。バルカンズ3戦目には桜坂しずくが予告先発投手として公表されている。中5で先発した澁谷かのんが登録抹消される見込み。

    熾烈なシーソーゲームを制した第2戦。ファインズは次のカードへ標準を定めた。
    スターズはここまでレイスを圧倒し、クリーンナップが調子を取り戻している。前回のようにはいかないだろう。しかし、目先のバルカンズ戦も落とすわけにはいかない。そんな中指揮官は悩み抜いてしずくにもう一度チャンスを与えることを決意したという。

    『前回桜坂さんは不本意な結果で終わりました。2軍監督からも「悔しい」と言っていたと聞いています。虹ヶ咲のメンバーはみんな自分の意思が強く、人一倍努力できる力を持っています。彼女がこのまま終わるわけがありません。思いの丈をすべてバルカンズにぶつけてほしいと送り出します』南監督はこう取材に応じたという。
    前回バッテリーを組んだ園田海未捕手も『私のリードが至らなかっただけで、しずくに非はありません。今回は彼女と相談してより良い結果を出せるよう、コンビで頑張りたいと思っています。リベンジの機会を与えてくれた監督に感謝します』と意気込んでいる。

    さらに、今日の試合では聖良と彼方の遊撃手コンビが不調であることと、千砂都が前回結果を残したことからななかが遊撃手に回り、上原歩夢が指名打者で先発するのではないかと噂だ。
    バルカンズ戦に勝ち越しを決めれば再び首位に返り咲く。この大事な試合を虹ヶ咲学園パワーで勝ち越しできるのだろうか。


    ※パワプロ2020を使用した企画の記事になります。

    ルールなどはこちらにて
    ar1993652

    対戦日程はこちら
    ar1998763

    企画本戦放映コミュニティ
    co224022


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。