ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

IBL・ショートペナントレース5カード目が終了
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

IBL・ショートペナントレース5カード目が終了

2021-05-05 17:16

    IBLショートペナントレースは4/27(火)で5カード第1戦が終了した。

    リリカルバルカンズ 1-2× ラブライブファインズ
    (東京ドーム)


    ファインズ連夜のサヨナラでついに同率首位浮上!
    バルカンズ2回、一死からシグナムのライト前ヒットを放つと、すかさず盗塁を成功。7番ヴィータのショートゴロをななかが暴投。これを逃さず8番杏奈のタイムリーで先制。
    ファインズは6回に現在絶好調の9番嵐千砂都がツーベースヒットで出塁すると、ここまで絶不調の渡辺曜がタイムリーツーベースヒットを放って同点とする。
    その後は両軍投手が粘って延長戦へと突入。延長11回にファインズは希のヒット、絵里の四球からチャンスを広げると最後は花丸がレフト線へとサヨナラタイムリーを放った。
    勝ったファインズは前回爆発大炎上した桜坂しずくが決死の7回1失点の好投。バルカンズは投手陣が粘ったものの、打線が援護できなかった。


    ホロライブフラワーズ 4-5 765フェアリー

    (PayPayドーム)


    朝霧麻衣が力投7回2失点で今季初先発勝利!4番三浦あずさに久々の1発も
    フェアリーズが意地の1勝で3連敗を阻止し、再び首位に浮上した。
    初回に幸先よく星井美希のツーランで2点を先制すると、1点を奪われた4回に4番三浦あずさのソロで突き放し、更に1点追い上げられた5回にも1点を追加して突き放し、8回にも追い上げられた直後に1点を取り突き放した。
    フラワーズは打線が何度も追い上げをしたが、今度は投手陣が粘れず敗戦を喫した。


    風見レイス 3-3 テイルズスターズ
    (メットライフドーム)


    延長12回の死闘はこのリーグ初の引き分け!
    レイスは2回にシャルルのソロで先制するも、スターズが直後にすぐ追いつく。
    4回にレイスが勝ち越しに成功するも、6回にはスターズ4番リッドがリーグ最速20打点となるソロホームランで同点とする。
    延長10回にはレイスの杉並がソロを放ち、勝ち越しに成功するが、裏に純一がまさかの失点。そのまま試合は規定により引き分けに終わった。


    ※パワプロ2020を使用した企画の記事になります。

    ルールなどはこちらにて
    ar1993652

    対戦日程はこちら
    ar1998763

    企画本戦放映コミュニティ
    co224022


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。