ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

IBL 8カード目終了時点の順位と打撃個人成績
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

IBL 8カード目終了時点の順位と打撃個人成績

2021-06-22 14:28
    アイドルベースボールリーグ8カード目が終了しました。
    この時点での順位と個人成績の公開です。
    投手成績は最終30試合目終了での結果発表とします。
    次回も打撃個人成績のみの公開となりますが、ご了承ください。

    順位



    首位フェアリーズがついにマジック6を点灯。脅威的な打撃力と投手力で下位チームを圧倒します(これに関しては自分の調整ミスで申し訳ない)。
    しかし、3位チームまで2.5ゲーム差と3連勝3連敗でひっくり返る状態はそのまま。フェアリーズは自身が勝利してマジックを減らしていくことに集中しなければなりません。
    対象チームは順位が入れ替わるごとに変動することとなりそうです(現状はファインズ)
    バルカンズが連敗脱出しましたが、痛手の7連敗。首位はほぼなくなったと言えるでしょう。
    逆にフラワーズはここまで4カード連続勝ち越しとCS出場へ進撃を続けます。


    個人打撃成績
    ※規定打席は74打席

    打率

    1位 .379 95-36
    ホロライブフラワーズ
    大神ミオ

    2位 .348 92-32
    テイルズスターズ
    ジュード・マティス

    3位 .347 101-35
    ラブライブファインズ
    南ことり

    首位大神ミオは不動かつ最多安打打者になり、最強の首位打者として君臨。
    そしてついにジュードがことりを抜かして2位浮上。ことりはここ最近不調気味。
    首位打者はほぼ大神ミオで決まったように見えますが、実は戌神ころねが規定打席ギリギリ足りない位置で『.393 61-24(打席数は63)』と首位打者になる可能性がまだあります。
    30試合で91打席必要なので、残り6試合で28打席(1試合約4.7打席)とかなり厳しいですが現在2番打者であることを考えると可能性はなくはありません。
    ミオの失速は現状ほぼ考えられないので、首位打者はこの2人の争いになりそうな予感です。


    本塁打

    1位 17本
    765フェアリーズ
    三浦あずさ

    2位 14本
    765フェアリーズ
    高槻やよい

    4位 12本
    テイルズスターズ
    リッド・ハーシェル

    ホームランダービーはほぼあずさかやよいで決まりでしょう。
    何も言うことはありません。


    打点

    1位 29打点
    ラブライブファインズ
    東條希

    2位 27打点
    テイルズスターズ
    ベルベット・クラウ

    3位 25打点
    テイルズスターズ
    リッド・ハーシェル

    打点王争いは希がまだ1歩リードとしていますが、一気に打率が落ちるなどチームの状態に引っ張られるように不調が続きます。
    この間にベルベットが2打点差と猛追、リッドも4打点差と射程圏内にいます。
    スターズはCSへファインズを蹴落とさん勢いで突き進んでいますので、打点王争いは最後まで行方がわからなくなりそうです。


    盗塁

    1位 13個
    風見レイス
    天枷美夏

    2位 8個
    風見レイス
    森園立夏


    4位 7個
    ラブライブファインズ
    国木田花丸

    リリカルバルカンズ
    シグナム

    盗塁王争いは美夏が更に突き放し決定的か。
    レイスはチーム状況が不安定ですが、足を効果的に使って点を奪いに行けています。
    投手力の無さを打撃と足でカバーできるいいチームですね。
    ファインズは警戒されすぎて盗塁死が増えている印象です。バルカンズはシグナムが一人で走りまくり、チームを支えています。



    ※パワプロ2020を使用した企画の記事になります。

    ルールなどはこちらにて
    ar1993652

    対戦日程はこちら
    ar1998763

    企画本戦放映コミュニティ
    co224022
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。