イナズマイレブン3 イナズマジャパンの選手たちの運用方法 その1
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

イナズマイレブン3 イナズマジャパンの選手たちの運用方法 その1

2018-11-27 00:15
  • 11
古い記事のコメントに返信が付いてない場合は教えてください。
見逃してしまっていると思われます。

■趣旨
 「この選手をチームに加えたい!」という選手が多いであろうイナズマジャパンの選手の運用方法を考えていく。
 その際、極力「劣化○○」と評価されないようにする。

■えんどう

キャプテン。習得技的にGK以外の選択肢はない。
実はキーマンDFよりキーマンFWの方が火力が出るが+1という誤差レベルの差なのでキーマンはDFを想定。


円堂最大のライバルになるのがこの「トレード育成実施ピエローヌ」。
(ポセイドンはDE杉森の前でDFをやるという大仕事がある。GK採用されることはほぼ無い。)
最強技でのトータルテクニックは互角なので他に差別化要素を見出さなくてはならない。
差別化要素は準最強技の使い勝手になるだろうか。
円堂はシュートブロックに成功してパワーダウンとなったシュートをいかりのてっついで3回止められる。
対してピエローヌは2回しか止められない上にパンチングのちゃぶだいがえしか、3回止められるがかなりの低威力となるスラッシュネイルかの二択となる。
ここに円堂を採用する意義を見出そう。

■ごうえんじ

こっちを参照のこと。

■きどう

属性有利時のこうていペンギン3ごうの火力は426~511。
これは多くの山GKに対して有利がつく数字だ。(お色気UP!を持つピエローヌには微不利。)
また、TP量が多めなのでキラーフィールズ使用後に、こうていペンギン3ごうを放てる。
距離を詰めることができれば山DF+無属性型DE杉森という編成の相手とも戦えるだろう。
ガゼルよりシュートパワーはないが、ガゼルと違いTPを補う手段を必要としない。
まぁ、距離補正をかけること前提だし、ドリブル技に必勝はないので過信は禁物だが。

■ふぶき

実はFWとしてはきどうより火力がない。
ふぶきの差別化要素はスノーエンジェルにある。
パスカットされた際に、DFからスノーエンジェルでボールを奪うことができる、プレイヤーのミスをカバーしてくれるFWなのだ。
こういう選手は理想的な試合運びを前提としたチーム作りではどうしても評価されない傾向にある。


ふぶきの対立候補はエカデルになる。
ドリブル、ブロックではエカデルが勝るが、シュートに関してはふぶきが勝る。


カッパも強力なライバル。
シュートに関してはカッパが勝るが、ドリブル、ブロックに関してはふぶきが勝る。

■ヒロト

ストライカーの人材が豊富な火属性FWとしてはシュートパワーが不足気味に見えるし、実際その通りなのだが、てんくうおとしは優秀なシュートチェイン技。チェイン、チェインキャンセルで活躍してくれる。
そして、フォトンフラッシュとはいえブロック技を持っているのもえらい。
無印3の強豪DFは強力なドリブル技を持つ余裕がない。そのため、フォトンフラッシュが割とバンバン決まってしまうのだ。

■とらまる

なーんのとりえもないと思われがちだが、なんとかなる。
キーマンFWかつガッツ振りの育成であれば、タイガーストームが風GK相手になら微有利が付く火力となる。
そしてタイガーストームを2回使用可能。



同程度の火力でシュートを2回使用可能な選手にフィディオがいる。
フィディオはシュートチェインが可能だが、同程度の火力を確保するためにとらまる以上にボディを犠牲にしている。
このボディ値は低確率ながら、トラップミス(しまった!)が発生しかねないので注意が必要。

■さくま

こっちの記事より、さくまもとらまると同じような運用が可能だ。
というかさくまの方が火力もある。
さくまの場合はさらにオフェンスフォース要員も兼ねる。
つまり、さくまは常にフィールドに置いておきたい選手ということ。
とらまるはオフェンスフォース要員ではない。特にリスクを考えずに交代できる。
とらまるのチームにかける負担は比較的少ない。
まぁとらまるは爆熱ストーム習得者が必須なのだが。(これはバグ利用でなんとかなる。)

■とらまる その2

とらまるには属性強化ロングシューターになる道も存在する。
ロングシュートのグラディウスアーチを2回使用可能。


ロングシューター型とらまるの最大のライバルとなるのは林属性のロングシューターであるボニトナだろう。
ボニトナならドリブル、ブロック、ロングシュート全てをこなせる。
とらまるよりTPも多いが、グングニルの消費TP量の問題でロングシュートは1発限り。

次回に続く。続いた。
広告
他1件のコメントを表示
×
>>1
この間、ボディ23のフィディオでトラップミスが発生しました。
ただ、ボディ16以上ならトラップミス発生率はかなり下がるのも事実のようです。
検証された方が不運ではなかったのだと考えられます。
22ヶ月前
×
なんと、そうでしたか
スタミナの消費量変化と同じ境目的なやつですかね
何はともあれ、御解答感謝致します
22ヶ月前
×
niku-qさんに前に質問させていただいた者です。
2つほど質問させていただきたいのですが

①いまniku-qさんがキーマンDFでキーパーを育成するとしたらコントロールとスピードを最大まで上げますか?もしくはBカテに150振る育成をしますか?

②キーマンFWで極端な育成をする時とらまるやフィディオのようなドリブル持ちのキャラからガードではなくボディを削るのはなぜですか?

お答えいただけると幸いです。
22ヶ月前
×
>>4
①それらのステータスにおける優先順位は、私の場合は「スピード>コントロール>ガッツ」です。
 Bカテ+150育成に労力に見合う強さはないと思っています。
 なんらかの新発見が無い限り、私の中でこの評価は変わらないでしょう。

②ドリブル技とはいえひとりワンツーのような低威力技はDFを突破できる技とは言えないからです。
 ブロック技を持たないDFはいませんが、ドリブル技を持たないDFはそれなりにいます。
 (ポセイドンのようなシュートブロック特化型選手はドリブル技を持つ余裕がありません。)
 そんなドリブル技を持たないDFからボールを奪えるよう、とらまるやフィディオはボディよりもガードを優先しています。
22ヶ月前
×
>>5
距離補正の前では誤差ですもんね…(笑)

イナズマジャパン縛りでチームを作ろうと思ってたので運用方法その2も楽しみにしてます‼︎

ご回答ありがとうございました‼︎
22ヶ月前
×
トレード育成の方法を教えていただきたいのですが…
ピエローヌを育成したいのですが、どのサイトにもわかりやすく載ってないので
21ヶ月前
×
>>7
1.最後のノートを使用済みのソフトAと最後のノート未使用のソフトBを用意します。
2.ソフトAでのうりょく+αMAXになるまでピエローヌを育てます。
3.ソフトBにピエローヌをトレードします。
4.トレード時にのうりょく+αMAXがのうりょくMAXになることで、ピエローヌのステータスが-20されます。
5.2~4を繰り替えすことで、特定の能力を伸ばしなおします。
21ヶ月前
×
>>8
ありがとうございました!挑戦してみます。
21ヶ月前
×
プライムレジェンドの秘伝書が欲しくてランク16のトーナメントを周回してるんですけどトーナメントに関してドロップ率のような詳細な解析情報って出てますか?
20ヶ月前
×
>>10
トーナメントについての情報はこの方の解析くらいですね。
https://gist.github.com/oupo/782768
基本的にプライムレジェンドのような高レアアイテムは回復なしでないと出ません。
20ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。