OBS Studio録画設定のテンプレ的なもの
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

OBS Studio録画設定のテンプレ的なもの

2017-10-02 15:07
  • 2
注意
 覚え書きですので解説もほとんどないですとりあえず細かいことはいいから録画したい!! っていう方向け
 配信と同時に録画する場合などCPUに余裕がなく重いのであれば、適度に画質を下げましょう。
 環境により多少の差異があります。また、AMDグラフィックボードをご利用の場合、本記事では解説しきれていないので別のサイトを探すことをお勧めします。


OBS Studio起動>右下の設定>出力>録画タブ

種別:標準
(ひょーじゅん(*'▽'))
録画ファイルのパス:動画ファイルの保存場所を指定
(空き容量に余裕があるとこにしよう! 余裕がある人間になりたい!!)
録画フォーマット:flvかmp4
(flvだと動画編集ソフトとかで無理やり開かないと見れなかったりするかも。オレンジ色の警告出てきても無視!)
音声トラック:基本的には1だけにチェック
(特別な理由がないなら複数チェックはやめたほうがいいかも。実は試したことない! 記事にするなら試せよ!!)
エンコーダー:
使用できない場合、選択肢に出てきません。ただ、Nvidia搭載ノートパソコンでは表示されても使用できないのでご注意ください。
NVENC H.264>QuickSync H.264>H.264
上の順番で各自で使えるものを選びましょう。
(左が優先度高。負荷のことしか考えていない! ちゃんと知りたいなら、ちゃんとしたところを見に行くんだな!!)
出力をリスケールする:チェックしない
(リスケール……リスは蹴るな!!)
カスタムマルチプレクサーの設定:特になし
(KMP!!! ぷれくさー!(^^)!)

以下はエンコーダーによって違うので、自分が選んだものを見よう!!

〇NVENC H.264
レート制御:CQP
(俗にいうビットレートの制御方法らしいぞ! 無損失だとファイルサイズが超ビッグ!!)
CQP:25
(数値が低いと画質が上がる! あまのじゃくだ!! 素直になれ!!!)
キーフレーム間隔:0
(早送り、巻き戻しのスムーズさに関係したりするらしいぞ! 自動で決めてくれ!! 自由に動いていいんだ!)
プリセット:高品質
(この記事は低品質! 無駄な文章のせいで読みにくさがMAXだぜ!!!)
Profile:main
(I like yakiniku! Sorehodo Sukija Nakatta!! )
レベル:auto
(次のレベルまであとどのくらい経験値が必要?? 教会にお告げを聞きに行こう!!)
2パスエンコードを使用:チェックいれる
(もう覚えられてるから顔パスでは入れるぜ! シマウマのマスクかぶってるけど!!)
GPU:0
(複数のGPUを積んでいる場合これで選べる! チョイス!!)
B-フレーム:2
(進化キャンセルだ! BBBBBB)

〇QuickSync H.264
(私の環境では使えなかったから細かいことはわかんねぇ( ・´ー・`)ドヤァ)
ターゲットの使用法:quality
プロファイル:main
キーフレーム間隔:3
非同期深度:4
レート制御:CQP
QPI:23
QPP:23
QPB:23

〇H.264
レート制御:CRF
(クリティカルランダムフライ! C・R・F!! )
CRF:23
(数値が低いほど画質よくなるぜ! 大は小を兼ねない!!)
キーフレーム間隔:0
(心の鍵はどこにある?)
CPU使用のプリセット:veryfast
(サラマンダーより、ずっと早い!!)
プロファイル:main
(まいん)
チューン:(なし)
(なし)
可変フレームレート:チェックしない
(変わらない魅力、変わらない景色、変わったのは自分だけだった)
x264オプション:特になし
(何も書いていないのではない。そこに無を書いているのだ)

広告
×
助かりました。これで録画の際かくつかなくて済みました
18ヶ月前
×
記事のテンションワロタ
7ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。