新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

アリスとキャロル、そして人形兵

2020-01-31 00:07
    ##アリスについて##

    恐らく、アリス・マーガトロイドは本作の一番の被害者だと思います。
    本作設定だと、自律人形を造りたいという願いを月人に付け込まれ、暴走させられました。
    それゆえに、神綺に与えられた人形兵(みどりちゃん)を虐待した訳です。
    当然、そんなことすれば反逆されますね。だから碌に魔力を与えず放置します。
    そのうえで禁呪で量産型を造りまくった訳です。
    けれど、彼女らは、元がみどりちゃんなので、やっぱり反逆します。
    逃亡した個体が溢れて色々なところで保護された。だから本作には人形兵が多数登場します。
    かなりやりすぎた感はありますが。ええ、恐らく原作スキーを多数敵に回したでしょう。
    前半では、紅魔館に単騎で突撃して、主人公にバスター砲を叩き込まれます。
    後半では復活して、復活の『A』という異変を起こしますね。
    最終的には、狂化が解消されたせいで自我が崩壊し、幼児退行させられて退場です。

    ##キャロル(旧作アリス)##

    お次は旧作アリス(俗にロリス)ですね。
    旧作は設定が曖昧で、色々設定を付け足し放題なので、彼女にアリスの役割をさせます。
    一応本作のヒロインですが、主人公が朴念仁なので絶賛苦戦中です。
    重要キャラなので、多分後々活躍するかと思われます。追記はそのときに。

    ##人形兵##

    人形兵が基本みどりちゃんの量産型なので、まずはみどりちゃんから語りましょう。
    立ち向かっただけで、その愚かさと蛮勇で歴史に恥の意味で名を残すと言われた最強人形。
    神綺が初期に創った試作型で、マスターの性能に能力が左右されすぎる欠陥持ちです。
    ただし、兵器としては欠陥ですが、マスターが強いと理不尽に強くなります。
    逆にマスターがへっぽこだと、クソザコですが、元マスターが神綺なので問題無かった。
    その後、デチューンされてアリスに与えられました。そこで虐待される訳ですが。
    基本東方キャラって、気に入らない奴が居れば、直接殴り込むのが多いというのが私の解釈。
    みどりちゃんみたいな強い使い魔ってあんまし需要無いんです。
    けれど、うちの主人公みたいな魔力だけアホな砲台だと、しっかり型にはまる訳ですね。
    恐怖の代名詞の再来とでも言いましょうか。

    それで、量産型で多数居る人形兵ですが、若干マイルドになったとはいえ特徴は健在です。
    その多くが魔女に保護されたせいで、(悪戯者として)悪い意味で有名ですが。
    仲間意識が極めて強いので、虐めると群れて復讐しにきます。
    それも、全員が覚悟完了した兵士であり、下手な妖怪より強い訳ですから大変ですね。

    ##りぼんひっぱり駄目絶対##
    それで、人形兵のつけてるりぼんは基本的に物凄く大事なものです。
    士官するときにマスターから最初に貰うもの。それを侮辱することは宣戦布告と同義。
    ふざけてひっぱったりしたら、がちで叩きのめされることになります。
    中には、りぼんひっぱりを生きがいとする、ひっぱらーなる連中が居る訳ですが。

    トップに戻る
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。