ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

うp主への要望はコチラから
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

うp主への要望はコチラから

2020-02-03 01:19
  • 20
幻想入りざ・かおすの設定とかで知りたいことがあればコメどうぞ。
動画作成の合間に記事を造ります。
無茶苦茶な動画進行ですが、応援してくれる皆さんへの恩返しというやつです。
ただし、ネタバレが多く含まれますので、初めての方は動画を見てからにして下さいね?
全部は無理ですが、出来そうなことからやっていきます。

トップに戻る

##以下、質問と解答##

Q:そういえば劇中でめぐみ君が妖怪の食料班を処分していました。
社会にいなくても困らない人間を妖怪の食料班が拉致るのは、幻想郷の摂理。
幻想郷に暮らす妖怪達に食料を提供する為に必要な事。
何故めぐみ君やイシュタル様は食料班を排除しようとするのでしょうか?
めぐみ君達も妖怪は人間を襲うのが仕事みたいなものだと分かっている筈なのに。

A:ぶっちゃけると、価値観(≒正義)の違いです。
生きる価値の無い人間の基準を決めるのは、一体誰でしょうか?
例えそれが正しかったとても、拉致られたのが誰かにとって大事な人だった場合は?
イシュタルやめぐみは人間側のガンダムです。
食糧班を排除するのは、食料版が人間にとって有害だから。
広告
他10件のコメントを表示
×
>>11
そんな感じですね。流行り物を貶めるのは、いつの時代もこの手の悪い子ちゃんです。
13ヶ月前
×
魅魔様→幻想入り→現代入り→そっくりさん(9話迄)で視聴してきました。(動画のコメだとややこしいのでこちらに)
疑問というかネタに使えるか微妙な物を幾つか
①幻想入り26話5:30の建築士が幻想入りした辺りでの“ペンキやコンクリート等のが使えない“
について少々(元塗料製造業)
恐らく石油系のペンキがアウトだと思いますが、明治~昭和敗戦前までの日本の塗料(ワニス)の主原料は桐油、大豆油、亜麻仁油など、溶剤はテレピン油(松など)が使われていました。
これらは大陸から安価で入手出来ていたのですが敗戦後に入手経路の断絶と石油系統の樹脂の入手が容易になった為に、この種の原料は平成辺りで激減しました。
(今の大手塗料メーカーは戦前から石油系統の塗料開発をしいてた所。)
顔料や染料は白→亜鉛華(白亜鉛)黒→炭、黄色と赤(厳密には黄土と赤錆色)→酸化鉄、青→藍蓼で再現できると思います。
塗料技術を含む化学は錬金術の延長線上の物なので魔女の方々なら再現は出来そうですが…
(れ「紅魔館2世を赤く塗りたい」ぱ「妖怪の山と太陽の畑から草木が無くなるけどいいの?」
れ「やっぱりやめとく」辺りの表現位だと思います(そこまでにはならないとは思いますが))
追記:空襲で焼失した工場があるので、もしかしたら工場が丸々幻想入りしているかもしれませんね。
②日輪と霊夢
“分家が本家の肩代わりしたんだから本家と分家をくっ付けてしまえば大義名分は出来るだろう”という建前の元に日輪と霊夢をカップル化させてしまったら面白いのではないかと…
本人同士はツンケンしているつもりでも傍から見るとバカップルと言う感じで。
朴念仁Sに対する当てつけにでも使えるだろうか?

本編、ゆっくり待ってます。
9ヶ月前
×
>>16
まさかの本職さんから。コメありがとうございます。
9ヶ月前
×
とある人たちへの制裁でタイキックやハイポなどをが使われていますが変化球として…
“爆裂カップ麺”を提案します。
詳細は下記URLにて・・・(タイトル;ゆうゆうのゴハンでGOGO!!)
https://www.nicovideo.jp/watch/sm23881262?ref=search_tag_video&playlist=eyJpZCI6InZpZGVvX3dhdGNoX3BsYXlsaXN0X3NlYXJjaCIsInNlYXJjaFF1ZXJ5Ijp7InR5cGUiOiJ0YWciLCJxdWVyeSI6IuOBhu-9kOS4u-iyt-WPjuOCt-ODquODvOOCuiIsInBhZ2UiOjEsInBlclBhZ2UiOjMyLCJzb3J0IjoiK24ifX0&ss_pos=11&ss_id=99463539-d560-47e8-8a66-3cc400828271
ある意味、本物です。
8ヶ月前
×
コメントを読んで頂いた様なので、幻想郷で入手出来そうな塗料の原料を塗料に加工してゆく過程を大雑把に書いてみたいと思います。
(1)植物原料からワニスへ
下手に書くと長くなりそうなので、
J-オイルミズの植物油ができるまで
https://www.j-oil.com/oil/manual/can/
亜麻仁油 製造方法による選び方
https://amani-yu.blogspot.com/2015/12/blog-post_22.html
とハリマ化成グループの松から化学製品になるまで
https://www.harima.co.jp/pine_chemicals/rosin2.html
を参照して頂くとして、この後に植物油と過熱しその中へロジンを入れて煮詰めてゆきます。
古い方法の方で書きますが、植物油を大体2~3時間ぐらいかけて200℃程に加熱してその中にロジンを徐々に入れてゆきます。(細かい温度制御やロジンの投入タイミングは企業秘密扱いになるので割愛)
大きな釜で直火で攪拌しながら作る方法なので、現在の消防法では新規に直火の設備を作ることは不可能だったりします。(これが幻想入りになるであろう理由。)
そして植物油とロジンの混合物が一定の粘り気に達した後に、火から降ろして冷却後に溶剤や添加剤を加えてワニスになります。
直火で加熱しているんで電気を使わずに蒸気機関を使って攪拌する方法が幻想郷向きの方法だと思います。
8ヶ月前
×

(2)顔料など
ワニスは出来たけれども色を付ける顔料の原料(炭や酸化鉄など)は当然塊のままでは使えないので砕いてゆきます。
ただ砕くといっても人力(妖怪も居るから妖力?)で砕いてゆくのも大変なので水車や蒸気機関などを使ってハンマーである程度砕き、その後石臼の様なもので細かくしてゆきます。
(実際の顔料メーカーの工場はダムの近辺で水車や水力発電の力で砕いていたりしました。)
一応、顔料を砕いたり取り出す際にはマスク着用でお願いします。(塵肺になるんで)
取り出しが終わった後、作業者は風呂に入る事をお勧めします。
(衛生対策と環境対策です。風呂の水や洗濯した水は出来れば濾過してから排水しないと虹色の川なんかが生まれてしまうので注意。)

ここまで書くと幻想郷で塗料の製造に一番適しているのは地霊殿になりそうです。

追伸:さくらちゃんねるの”自由の表現”ですが多くの日本人はフリーダムとリバティを自分の都合のいい様に混同していると思います。
8ヶ月前
×
>>20
いやはや、かたじけない。
このコメント、是非活用させて戴きます。
8ヶ月前
×
オマケ:ペンキの塗方(昭和迄の職人)
一応塗料メーカ的には希釈率として石油缶(18L缶または一斗缶)1に対して柄杓1杯(大体2L)なのですが、職人は3杯(6L)は入るのが“いい塗料”と言ってました。
塗料(1缶)の値段が20として溶剤(1杯)の値段を1としますと、メーカー規定は合計21のコストになりますが、職人の方だと1缶と3杯で23のコストになります。
一見すると職人の方がコストをかけているように見えますが、塗料と溶剤を足した体積がメーカーで20に対して職人が24になります。
メーカー指定の価格/体積だと1.05ですが職人の価格/体積だと0.96になります。
1度塗りで塗れる分がメーカー指定で20、職人だと24で、職人が計算上でコストを3.84程減らして塗るという事があります。(この差を“職人の取り分”という言い方もします。)
メーカー指定の比率で塗った部分は3年保つ様に作られていますが、職人の塗り方だと2年保たない塗り方になる事が多いので職人は塗る機会を1.5倍に増やす事になります。
(本当に良い職人はメーカーの指定通りの希釈で塗るか、職人希釈で塗っても粗塗り→仕上げ塗りでメーカー規定と同じような状態にして3年持つ様に塗ります。)
がめつい職人は前に塗った塗料の残りを次に使いますが、塗料も“生き物”だったりしますので当然劣化してゆきます。
ただし、それが2年保ったものが1年保たなくなっている可能性があるのでそういう事ばかりやっている職人は淘汰されますね。
8ヶ月前
×
都市神イシュタルちゃんの胃が痛くなる前に…
幻想郷に塗料製造の技術を持ち込んだ者としての責任として
(一応、今まで書いた事は自分の知ってる範囲で幻想郷の技術レベルに合わせて書いてます)
(1)やっちゃ駄目な事等
① 塗料製造および塗装を行っている場所で火を使ってはいけない。(火事)
② 植物油を拭いた布や紙をそのまま放置してはいけない。(自然発火して燃えます)
③ 塗料、ワニス、溶剤(テレピン油)の蓋を閉じておかなくてはならない。(溶剤中毒になる上に溶剤蒸気で火事が起きやすくなる)
④ 塗料、ワニス、溶剤(テレピン油)を不法投棄してはならない。(環境汚染とヘテロダイン発生防止)
流石にウルク式の罰則規定は思いつかないのでお任せします。

(2)やった方が良い事
① 塗料製造および塗装を行う者に安全教育をし、免許制にする事。
(幻想郷だと特殊技能扱いで良いと思います。)
② 塗料製造および塗装を行う場所に定期的に散水を行う事。
(静電気対策:散水しておくと一応静電気は逃げてくれます。)
③ 塗料製造および塗装を行っている場所は必ず換気する事。
(2)の②と③を怠ると静電気火災で火事及び人死にが出ます。
(実際に火災になったり大火傷で3か月入院した知人がいます。)
④ 街中に一定間隔で水桶(酒樽サイズ以上の物)を置き、水を溜めておく事。水は10日に1回程度は水を入れ替える事。(消火器等は無理そうなんで代替。水の交換はボウフラが湧かない様に。)
⑤ 消防隊を組織する事。(一定期間で持ち回りの当番をさせるのと専門の隊を別で編成させる事。)
専属消防隊にチルノを入れておくとベターだと思います。
消防監督者は慧音で良い様な気が…(人里でこれ以外の適任者を思いつけない…)
8ヶ月前
×
塗料関係の最後(多分)
https://www.nippon-kako.co.jp/column/C-1.html
日本の特許第1号の塗料を登録してからちょうど百年後に
https://www.nippon-kako.co.jp/column/18.html
製造終了となりました。
これで幻想入りになりました…
8ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。