ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

ワルダスターと岡崎夢美
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ワルダスターと岡崎夢美

2020-02-03 01:50
  • 7
悪党宇宙人ワルダスター。
本作では、岡崎夢美が月人に贈った蔑称。
悪い、ごみくず(ダスト)、星の単語を合わせた造語です。
が・・・奇しくも何某アニメに出てくる敵勢力の名前とカブっちゃいました。
宇宙の騎士テッカマン。タツノコプロの作品なんですが、聞いたことあるかな?

なので、岡崎夢美はテッカマンだということにしました。
元々テッカマンというのはテクノロジー(技術)と鉄仮面を合わせた掛詞ですし。
科学技術を鎧として身につけた人間というのが、相応しい表現でしょうか。

そして(原作設定だと)、岡崎夢美はムッチャ凄い科学者。
なので、月人より優れた科学技術を持つ変態だということにしました。
そしてヘカーティアを盟友とする魔女である。
普通の人間だと、寿命とか色々あって面倒なので改悪しました。
悪の月人を倒す科学者。幻想入りざ・かおすの物語に於いて、本来の主人公は夢美なんです。

それで、月人なんですけどこれも設定を変えました。本作における諸悪の根源です。
進化を促進するとか言って戦争を煽って月で偉そうにしている(公式設定)。
なのでもっと悪いことさせました。
地上の科学者を拉致って脳みそから情報を取り出すわ、人をさらって改造するわ。
人間は悪だから管理してやているという思考パターン。つまりは自分が正しい。
だから地上の妖怪や人間とは到底仲良くできません。
因みに、月人は本作だと過去に仲間を見捨てて月に逃げた人間の成れの果てです。
エゴだけを強化したら人間がどうなるかといういい見本でしょうか。
過去に移住した際、先住民族の玉兎を虐殺して支配下に置いてます。
現在では玉兎も月人も月にいますが、月人にはケガレに極端に弱いという弱点があります。

それで、綿月姉妹ですが、月人の中で変態だという扱いです。つまりはまとも。
一部の良識派とともに派閥を作ってます。こんなところでしょうか。

だいぶ先になりますが、紺珠伝異変は成功させます。解決させません。
というか、主人公が異変側です。この意味、視聴者さんならお解り頂けるかと思います。

トップに戻る
広告
×
最初に用語で混乱しましたが、今作のワルダスターにはメガのイドの一部が入ってる感じですね。
そして本来の主人公の岡崎夢実についての考察。
Drスランプの則巻千兵衛か…
姉である分、めぐみ君より先にあれこれされてるだろうと予想して、彼女のメンタルは合金は合金でも合金Zくらいだったのではないかと思います。
親の洗脳の影響でああなった部分もあるんだろうか?
色とか見るとテッカマンはテッカマンでもブレードの方のイメージかなぁ…
(アッチは強化と引き換えに記憶を失っていったけど)
「私のご飯を作りなさい」も味覚障害とかで料理がダメなんだろうか?
(元料理人で味覚障害で車載動画を上げてる人も居ますが)
個人的には助手と教授と物理学とかAre you ready?の方を先に見てたので、岡崎夢実にはあんまり悪い印象は無かったですね。
マレフィ同様にちょっとした活躍で印象が変わると思います…
8ヶ月前
×
>>1
なるほど。ちょっとやってみますわ~。
8ヶ月前
×
52.1話Plus観ました。
ウルクの都市神様が頭抱えてるみたいなんで夢美教授には理系の講師と塗料関連の免許の監督官の仕事を依頼してみたらどうでしょうか?
給料の一部としてWBのクーポン券出して客の立場で来るのもアリかなぁと思ってたりします。

考え方のベクトルが違うだけで似た者姉弟に見えましたね。

幻想郷の人里で現代を超えたテクノロジーを理解しているウルク市民って素敵じゃない?
8ヶ月前
×
>>3
夢美は絶対無理な事情があるので、他のキャラにやらせようと思います。
コメントありがとう!!
7ヶ月前
×
お返事どうも。
夢美無理は残念ですけれども、うP主のお話なので存分にやってください。
講師は魔女関連の方が適任かな?
(化学の歴史的にその前の段階が錬金術でもあるんで)

追伸
塗料関連の話は個人的にはちょっと足りないと思いましたが、話のテンポとしては良かったと思います。
(投コメで足したい部分は書きましたが)
6ヶ月前
×
>>5
コメありがとうございます。実はもっと適役いるんですよ。
ダ・ヴィンチちゃん。彼女なら無理なくやれますね。
講師はやっぱり魔女の皆さんになりますね。
6ヶ月前
×
ダビンチ氏(?)だと主分野が機械より(今でいうとコンセプトデザイナー)なんで化学関連には魔女たちに一歩及ばないかもしれませんね。
6ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。