ホワイト国除外は、韓国起源
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ホワイト国除外は、韓国起源

2020-03-28 23:24
    ##ホワイト国除外は、韓国起源##

    韓国は、今までホワイト国でした。
    ホワイト国は、戦略物資という大事なものを、簡単な書類審査で融通してもらえます。
    本来、戦略物資というのは、危険なものだから、きちんと管理されてなきゃいけません。
    大量殺戮兵器の材料になりかねないので、悪用されたら超マズイですから。
    けれど、韓国は管理が超杜撰で、使った量と輸入した量の帳尻が合いません。

    ここで疑惑が上がります。韓国は戦略物資を横流ししてるんじゃないかと。
    だから日本は言います。『書類出せやゴルラァ!!』
    そうです。韓国は今まで、審査に必要な書類をきちんと出してなかったんです。
    それで、肝心の韓国さんの答えは『日本は韓国の機密情報の提出を強要している』。

    はい、話が平行線ですね。というか、全然違う問題にすり替えられています。

    もう一度言いますが、日本は書類を出せと言ってるだけ。
    それは、決して機密情報なんかじゃありません。
    けれど、何度言われても韓国は自分の非を認めない。
    そもそも、ホワイト国っていうのは、信頼できる相手だというのが大前提です。
    けれど、韓国は日本の信頼を裏切り続けた。
    だから、とうとうホワイト国を除外されてしまいました。
    注意されたときに襟元を正していれば、その問題はどうにかなっていたんです。

    それで、ホワイト国を除外されて、韓国に戦略物資が入って来なくなりました。
    今までは、信頼を担保とした簡単な書類だけで済んでいたんですが、次からは違います。
    通常通りの、厳正な審査を受けなければなりません。

    すると、今度は韓国はそれを『不当な輸出規制だ』と言います。
    日本からすると、襟元を正しただけです。
    輸出規制ではなく、輸出管理。
    今まで優遇してたのを、態度が悪かったから元に戻した。それだけです。
    通常の審査を受ければ融通して貰えるのだから、規制でも何でもありません。

    正直な話、日本にとって、韓国の戦略物資の管理の杜撰さは、超のつく大問題です。
    日本は、輸出管理レジームという、国家間の取り決めに参加しています。
    これは、武器の材料になるような危ないものが、拡散しないように約束事です。
    『怪しい国に材料売るならきちんと管理しろ。違反したらシバき上げるぞ』というお話。
    この管理が徹底されている国を、通称で、ホワイト国って言う訳です。
    輸入量と使用量の辻褄が合わなかったり、書類を出さない韓国が除外されるのは当然です。

    日本が平和の国と言われているのは、輸出管理レジームを徹底して履行しているからです。
    ぶっちゃけ、世界平和なんか、言うだけなら誰でもできます。
    実際に厳しい管理と刑罰を徹底し、行動で示してるから、日本は信頼されてる訳です。
    日本は2004年に、韓国をホワイト国に入れましたが、
    世界中で韓国をホワイト扱いしているのは何処もありません。信頼無いですから。
    ブラックリストにいる北朝鮮に近すぎて密輸が簡単ですし。

    そんな韓国が色々やらかしてることが判明すると、日本はとっても立場が悪くなります。
    ぶっちゃけ、輸出管理レジームの参加国からシバかれ、優良国の立場を失う訳。
    こうなると、今までウン十年と日本がやってきた努力が、全部水の泡。
    日本が韓国をホワイト国から外したのは、当たり前のことだったんです。

    読者の皆さんはどう思いますか?
    筆者は、自分に問題があったのにも関わらず、
    韓国がそれを相手のせいばかりにしているように思います。
    戦略物資関連の書類を出さなかったのを、ゴネまくった結果のホワイト国除外。
    どう考えても韓国の自業自得。
    そのうえで、日本の信頼を全力で裏切って、超絶レベルで迷惑かけてますし。
    日本が意地悪でホワイト国除外した訳ではなく、そうしなければ超ヤバかったんです。

    それで、ホワイト国を外された国というのは前代未聞です。
    ホワイト国除外は、名実ともに韓国起源です。

    戻る

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。