ホワイト国除外は、不当な輸出規制
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ホワイト国除外は、不当な輸出規制

2020-03-29 00:46
  • 1
##ホワイト国除外は、不当な輸出規制##

この記事は、韓国の正義をベースにして執筆しています。
韓国の考え方に沿って記事を作っていますが、もし違ったら指摘して下さると幸いです。
それでは始めます。

韓国は、ホワイト国除外による輸出管理で、戦略物資が入ってこずに超困ってます。
困るということは、失敗しているということです。
けれど、韓国は失敗を認めることが出来ません。認めてしまったらアウトです。

実際、韓国のホワイト国除外は自業自得です。
ホワイト国である為の決まりを守らず、言い逃ればかりしていた為です。
けれど、それを認めてしまったら、韓国が劣等だということになってしまいます。

じゃあどうするか。
全部日本のせいにしてしまいます。
韓国は常に正しいから、失敗することは有り得ない。
だから、困っているのは、日本の不当な輸出規制のせいだ。

自分が悪いと認められないから、そういう事実が無くても、そういうことにするんです。
この場合、『ホワイト国除外』に対する『不当な輸出規制』が劣等性です。
それを指摘したことで、(韓国にとって)問題は日本のものにすり替わる訳です。

日本に謝りたくない。けど戦略物資は欲しいというわがまま感情。
まさに、その場の感情が正しい訳です。
だからこそ、韓国は輸出規制を撤回しろとうるさく言ってくる訳。

けれど、実際そんな暴論が通る訳が有りません。
じゃあどうするか。公の場で日本が悪いと告げ口をして回る。これが所謂告げ口外交です。
今まで日本はそれに”大人の対応”をして損をしてきましたが、今回はそうはいきません。
韓国はWTO(世界貿易機関)に問題を持ち込みましたが、案の定失敗します。
今までとは違い、日本は大人の対応を一切しなかった。
その結果、韓国は、自身の正義の異常性を世界に露呈させます。所謂自爆です。

韓国は負けや非を認めることができません。
だから、問題を解決したことにします。
戦略物資の自給自足手段の確保に成功したから、日本は不要。
これが、所謂精神勝利です。

実際、そんな簡単に事が運ぶなら、韓国はとうの昔に量産できいてるハズです。
けれど、韓国は正しいのだから、成功したことにしなければなりません。
さらに、日本に不当な輸出規制をされたと言って、日本製品の不買運動を始めます。

敢えて言いますが、韓国は輸出に頼っている国です。
輸入した原材料を加工して輸出する。それで利益を得ています。
だから、不買運動なんかすれば、不利益を被るのは当たり前です。

けれど、自分が正しい前提で、変わることができないから、そうし続けるしかない訳。
その結果が悲惨なことであろうとも。

戻る

広告
×
ちょっと訂正
2ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。