ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

【競馬】4/21大井 11R 第30回 東京プリンセス賞(SI) 考察と買い目
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【競馬】4/21大井 11R 第30回 東京プリンセス賞(SI) 考察と買い目

2016-04-21 16:36
    久しぶりの競馬ネタです。

    [考察]
    本命というか、1着だと予想するのは
    ⑧モダンウーマン でしょう。
    東京2歳優駿、ユングフラウ、桜花賞と2,3歳南関重賞を次々と勝ち進んでいますが、
    夢の南関東3歳牝馬三冠を狙える存在となっています。
    そんぐらい強い。
    単勝も1.5倍を切っている(4/21 16:30現在)ため、このレースも堅いでしょう。
    多分出遅れなどなければ9分9厘勝つと思われます。


    そんなレース単勝でモダンウーマンをかけてもおいしくねえよ!
    という方は少し冒険してもらいたいのが、④タケショウメーカー
    重賞制覇はまだですが複勝圏に食い込む力はあるようです。
    ただ大井では千二の経験しかなく、長距離は初めて。
    地方競馬最大のコースで吉と出るか凶と出るか。
    とはいえ、このレース大井千八経験馬はいませんので、実力と騎手の力配分によると思われます。タケショウメーカーの騎手は笹川翼。正直ヨイショしている部分が強いと思われますが、昨年の勝島王冠でムサシキングオーで重賞初制覇という大井の若手のホープといっても過言ではありません。勝島王冠のレース距離は同じ外千八。ムサシキングオーほどの力がタケショウメーカーにあるかは微妙ですが、幾度か乗っているため期待してもいいと思います。



    [買い目]
    • 単勝 ⑧モダンウーマン    1.3倍 (1番人気)
    • 複勝 ④タケショウメーカー  2.6倍-6.9倍(6番人気) ←たぶん
    当日16:30現在 オッズ
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。