ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

第Ⅴ回 テキトーに見た映画評論
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

第Ⅴ回 テキトーに見た映画評論

2017-10-01 02:41
    ブエナスノーチェス アミーゴス!
    この映画評論を2年前に始めましたが、前回から2年たってしまいました。
    でも映画を書くと言ったらこのブロマガがしっくりきてしまうのが困ります。
    さて、今回の映画はこちら
    ターミネーター:新起動/ジェニシス (字幕版)
    シュワちゃんが州知事を満了したので復帰して初のターミネーターシリーズ
    結果を言えば僕は面白いと思ったです。
    でも実際は大コケしたらしいという話を聞くと、まあ納得する要素はそれなりにあります。
    一つ目が、かつてからの主役ジョンコナーがターミネーターとして敵役だという事。
    審判の日からターミネーター軍を殲滅した英雄という大前提を覆してしまったことじゃないかと推察しました。
    二つ目が、新たな主人公とジョンコナーの母であるサラコナーとの間でジョンを出産するということ、未来からやってくるという原理を暴力的に使ってしまってると感じました。

    それでも面白いと思った理由、それはかつてのターミネーターシリーズの敵キャラを
    踏襲した要素がふんだんに組み込まれていました。T-1000役としてイビョンホンが出演していたのですが、偉くしっくりきています。またストーリーとしての構成はこれからの興味をわかせてくれるような内容だったので見ごたえがありました。
    そしてやっぱり年老いてもシュワちゃんのかっこよさが光っています。
    お決まりのあのセリフも・・・



    この作品はAmazonプライムビデオ対象作品です。
    プライム会員でしたらいつ何時でも視聴が可能です。
    大学生はAmazon Studentで年2000円弱(映画以外にも特典多々あり)
    招待コードは・・・


    トランキーロ!!!


    あっっっせんなよ。(ありません)
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。