• 漫画の話~『私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!』喪165 の感想~

    2019-09-19 13:27
    こんにちわっす。

    今日も仕事キャンセルだヒャッハー!
    という事で、夕方まで暇になったので今の内に

    私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!』喪165

    コチラの感想でも書いておきます。

    ・・・が今回は語る事が1つになりそうなので、少し漫画についての話メインです。

    ■漫画家の望む方向性とファンの望む方向と編集部の意向■
    さて、漫画の話になりますが

    編集部、作者、ファンの望む方向性が一致するとそのマンガは強い

    と思うのですが、まぁ、売れる漫画というのは正直ここがうまくいってるから・・・と言えます。

    ただ、最初から方向性が1本道として決められている作品なら、解りやすく、その1本道について行くかにファンはなってくると思うのですが、ギャグ漫画よりの作品というのはギャグにどの方向性を持たせるかによって、まったく道が変わり、そしてその道に付いてきてくれるファンも、どうなるか先が見えなくなると、ついて来てくれなくなる事も(´・ω・`)

    かなり昔の漫画になりますが(今も継続はしてますが)キン肉マンという漫画は当初、かなりのギャグよりの作品で、途中でバトルになる事があっても、基本ギャグで終わる…というのがメインでした(勝ち方もギャグが多かった)
    ですが、誰の望む方向性だったのかは、読者からは解らない部分ですが、超人オリンピックが終わってからは、かなりシリアスよりのバトル漫画になってきて、結果そのバトルが面白く、当時大人気になってたと思われます。
    これもファンがその方向性が面白いと思い、いち早くそっち方面へ切り替えれたのが勝因でしょう。

    このわたモテという作品は、当初はボッチの主人公の痛い日常を描く作品で、時より、その痛い部分に救いを入れる作品でした。

    ただ、そこから方向性の分かれ道が。

    ボッチ生活のから友達が出来る予感の展開

    という状況が用意されます。
    そこでこれまでモブとしてしか描かれていないキャラや、新しいキャラを出し、主人公以外に個性のあるキャラクターが登場する事となります。

    そして徐々に高校生活の中で、ボッチではなく友人として一緒にいる事を楽しく感じる主人公を描く作品に。

    この方向性のチェンジが、正直ファンの望む方向によってきた・・・と思われます。
    正直そこで登場したキャラクターが人気が出てきて、これまでにない、わたモテのファンアートが多く投稿される様にもなってきました。

    そして、問題はここから

    問題
    では、ここからこの漫画のファンが望む今後の方向性は?

    という難題が突き付けられた・・・と思います。

    失敗する漫画というのは、この問題で方向性違いをおこして、打ち切りになる・・・事があるんですよね。

    昔ジャンプ作品で、溺れかけている子供を助け死んだ学校の先生が、その助けた子供に転生(な感じ)して、恋人だった同僚の女性に恋のアタックをするラブコメ的な話の作品がありました。
    今でいうと、オネショタ作品に位置されそうな設定です。
    個人的にはこのままオネショタな展開で行くのが希望でしたが、誰が望んだのか(まぁ編集部移行のはずですが)、元の身体にもどる&零体によるバトル漫画への方向に切り替わりました。
    |-`).。oO(え?

    と、当時自分は思いましたよ。
    なお、その安易なバトルへの移行の結果か、その展開になってからはすぐ打ち切りとなりました。
    閑話休題。

    さて、話をわたモテに戻すと、この漫画はまず、ボッチの生活だけを描く作品で進んで行ってたら、打ち切りもあったでしょう。
    そこで、方向修正をし、友達を登場させました。
    ここで、V字回復を見せる結果に。

    ここから維持させる為に必要と考えた答えが、今回の話でしょうか?
    それが




    ( ^ω^)<女子高生が水で濡れ濡れか・・・

    という展開に。

    ■まぁ自分の望む方向性じゃないんですけどね■
    さて、という事で今のわたモテは

    百合な展開

    が海外勢やファンアートを見ると望まれる展開かなぁ?と思われます。
    それを察知してるのかの如く、最近のこの作品は、ファンの期待に沿ってる感じの内容が多いとも思われます。

    ただ自分は特に百合関係は興味ないのですよね(´・ω・`)

    もこっちの痛い生活が、普通に戻り、その生活を面白おかしく漫画にしてくれるだけで満足な人だったのでw

    という事で、こういう話も良いとは思うのですが、これがメインだけになってくると、ちょっと個人的には残念かなぁ?という感想になる今回の感想でした。

    ■一応見所■
    ただ、今回も細かい部分で漫画としてネタも多く書かれていたと思います。

    ・前回悟ったと思われる加藤さんが、もこっちに対して課題的に約束をさせる
    ・相変わらず二木さんはゲーム好き&男子生徒と仲が良い
    ・うっちーは普通な時は普通に友達と会話&帰る
    ・やはり、昔の笑ってる事が普通な時代のゆりちゃんが良い
    ・吉田さんとまこはなんか怪しい・・・?

    と、この漫画は色々と想像、妄想させそうな要素をさらっと組み込んでもくるんですよねー。

    だからこそ、面白い漫画と言えるのですがw

    では今回はここらで。
    あまり本編の感想になってなくて、申し訳ない。




















  • 広告
  • アイマスの話~『MSC2019Re:』カーテンコールからみる総括とデータ~

    2019-09-16 09:462
    こんばんわっす(おはようございます?)



    コチラが公開となり、予選、本選、決勝の投票数の結果が分かりましたので、せっかくですし、そのまとめと総括的な話もしておきます。

    ■今回のシステムの良かった所■
    さて、今回のシステムでよかった所は

    全部の予選ブロックに投票しないと、投票完了できない

    という部分。
    つまり、全ブロックから1作品をちゃんと選ばないといけなかったので、たとえばAブロックだけいれて、他のブロックはいれなくていいな・・・というブロック毎に投票率が変わるという事がなかった事がよかったと思います。

    という事で投票総数=投票してくれた人の数 というデータになると思いますのでその結果は・・・

    予選448

    でした。
    つまり、448人の人が今のニコマス的には投票してくれる人数になる感じでしょうか?
    これを多いか、多くないか、今のニコマスからすればどう感じ取ればいいのか、今後の議題かな・・・。

    ■448からの票の割合が勝敗をきめる■
    予選は6作品から3作品が通過するシステムでした。
    448を6等分すると約74票。
    単純に票が均等に割れると70票近くは必要になってくる・・・と、なりそうな所ですが、ここからがMSCの面白い所といいますか、選挙でもいえる事ですが

    ダントツに強い1、2位があると、少ない票でも3位に滑りこめる

    という事が起こりうるんですよね。

    その結果が面白い事になっているので票数と共に感想を


    A-1 109票(2位)A-2 58票(3位)A-3 160票(1位)A-4 50票(4位)A-5 45票(5位)A-6 26票(6位)

    A枠は1位がダントツ、2位も100票越えと、トップ2がつよかった為、3位の争いが厳しかったもよう。

    B-1 16票(6位)B-2 165票(1位)B-3 69票(3位)B-4 24票(5位)B-5 117票(2位)B-6 58票(4位)

    B枠も1,2位が100超えだった為コチラも3位争いがきびしい。

    C-1 163票(1位) C-2 85票(2位) C-3 49票(5位) C-4 48票(6位) C-5 52票(3位) C-6 51票(4位)

    この枠は1位(千早優勝作品)が抜きにでていると思われていた上にどれも個性はぞろいだった為か、3~6位の票差がわずか4票しかなかった激戦区。正直投票忘れてた人が5人ぐらい入れてくれていたら、順位はがらっと変わっていたかも?(おかげで自分は予選突破w)

    D-1 79票(3位) D-2 88票(1位)D-3 73票(5位)D-4 76票(4位)D-5 84票(2位) D-6 49票(6位)

    この枠は唯一100票を超える作品がなかったのですが、それだけ、皆の投票を悩ます作品が多かったとも言える。1位と2位との差がわずか4票。3位と4位の差もわずか3票と、こちらの枠も数人投票が増えていれば結果も変わっていた。

    E-1 53票(5位) E-2 54票(4位)E-3 61票(3位)E-4 122票(1位)E-5 109票(2位) E-6 50票(6位)

    この枠も1,2位が票を集めた結果6位でも50票と、どの作品にもチャンスがあった。

    F-1 115票(1位)F-2 55票(4位)F-3 95票(2位)F-4 84票(3位)F-5 54票(5位)F-6 45票(6位)

    この枠は3位までは順当に票を集めてました。

    G-1 70票(4位)G-2 143票(1位)G-3 48票(5位)G-4 80票(3位)G-5 88票(2位)G-6 21票(6位)

    この枠も3位までが順当か。

    H-1 118票(1位)H-2 92票(2位)H-3 74票(4位)H-4 89票(3位)H-5 42票(5位)H-6 34票(6位)

    この枠も(ry

    I-1 54票(5位)I-2 65票(3位)I-3 75票(2位)I-4 141票(1位)I-5 51票(6位)I-6 59票(4位)

    この枠は1位が票をかなり集めた結果、2位以下は接戦になっており、6位でも51票を集めている。

    J-1 70票(3位)J-2 60票(4位)J-3 110票(2位)J-4 128票(1位)J-5 33票(6位)J-6 50票(5位)

    この枠は1,2位が100票超えだった為、3、4位争いが激しかったか。

    K-1 68票(4位)K-2 103票(1位)K-3 92票(2位)K-4 61票(5位)K-5 80票(3位)K-6 43票(6位)

    この枠は3位まで順当な感じか

    L-1 36票(6位)L-2 188票(1位)L-3 86票(2位)L-4 46票(4位)L-5 41票(5位)
    L-6 51票(3位)

    この枠は2位に入った作品(シャニマス)がダントツの1位で、さらにこれが予選の最高投票数です。

    M-1 105票(2位)M-2 31票(5位)M-3 186票(1位)M-4 30票(6位)M-5 58票(3位)M-6 37票(4位)

    小鳥さんが強かった。


    という感じで予選は6の3は受かる事もあり、3位狙いが激しい枠が多かった印象。
    まさに、組み合わせ次第ではどの動画にもチャンスがあったかも。
    なお、今回の大会は予選では一桁投票はなかった。
    それだけ分散した結果になっている。

    ■本選調べるの面倒だった■
    参加者紹介動画にはSFの順位はかかれていましたが、どの番号だったかかかれてないので、調べるの面倒(おい

    という事で、SFは合計投票数だけ。

    562票

    が集まってました。
    予選よりもかなり増えている結果となっております。

    最初に良いとは書きましたが、ここが次回の反省点となるべきところか、予選は枠が多かっただけに、投票する人が

    ( ^ω^)・・・面倒

    となった可能性はあるかもです。
    |-`).。oO(正直自分も最初は好きな動画がある枠だけ投票するつもりだったんだが、全部いれないと行けない+あの枠の多さで、かなり時間かかったw

    その反面、本選からは枠がかなり減ったので、投票するのは楽でしたw

    追記:
    なお、あとから投票システムは全て投票しなくても問題ない感じにもなってたらしいです。
    |-`).。oO(知らなかったよ・・・w

    ■決勝■
    という事で決勝の最終順位はこんな感じです。
    1位 千早   194票
    2位 冬優子  74票
    3位 まゆ   65票
    3位 サイドM 65票
    5位 春香   62票
    6位 小鳥   45票
    7位 ロコ   42票
    8位 デレエフェクト 26票
    9位 U149   25票
    10位 北米   22票
    11位 真    17票
    12位 DS   12票
    13位 魔王   9票

    総投票数 658

    です。
    やはり1回で投票が済むというのが一番楽・・・という事になるのでしょうか?一番投票数が多い結果になりましたね。

    |-`).。oO(ツイッターみてると、決勝までイベント自体気が付いていない人がいたので、それも影響あるかなー?

    この結果をみると、面白いというか上位に共通していると思われる部分が

    愛にあふれている

    でしょうか(・∀・)?

    そしてここからみる少し厳しい話も。

    ■敗者復活枠が多すぎた■
    正直、15秒で魅力を伝えれるのは難しいです。
    ですが、その15秒で魅力を伝えれた作品だからこそ、勝ち残ってこれたわけで、予選から勝ち残って決勝まで行った作品は素晴らしい作品が多かったと思います。

    ですが、敗者復活からの作品となると、15秒で伝えれなかった作品がいきなり決勝の場に立つわけです。

    高校野球なら地方大会で落ちた学校が行き成り甲子園に出場する感覚でしょうか?

    その作品の評価は人それぞれあると思いますが、その結果は票数をみればあきらかかも。
    12位と13位のワーストをしめてるんですよね・・・(´・ω・`)

    15秒敗者復活を1枠にして、本選通過数を上位3作品までにしていたら・・・結果はどうなってたでしょうかね?気になる所。

    この部分が今回のMSCにて、個人的に気になった部分です。


    ただ、この部分も次回をやってくれると思っておりますので、より楽しいMSCを目指して改善してほしい意見として書いてみただけですので、ご了承を。


    ■総括■
    今回のMSC、参加者を見ると、古参Pが結構参加しており、昔からニコマスでやっている自分からすれば嬉しい限りでした。

    そしてPは古くとも(失礼)アイマスはどんどん進化していっており、その幅の広さはまだまだ大きくなっていきそうなので、これだからニコマスは楽しいのですよねー。

    そんな楽しいMSCは毎年の夏のイベントとしてやってくれたら・・・楽しいのだけど、さて?w


    という事で、今回のMSC,

    運営様
    視聴者様
    参加者様
    ネットで盛り上げてくれた皆様

    楽しい時間をありがとうございました( ^ω^)















  • アイマスの話~『MSC2019Re:』に参加してました&参加作品の話(AniPAFE2019にも参加します) ~

    2019-09-15 22:18

    こんばんわっす。



    コチラが公開となり、参加者が誰かと、単品作品が公開できるようになりました。
    という事で・・・


    参加してました!&偉そうに他の人の作品を解説しててごめんなさいでした!


    です( ゚∀゚):;*.':;ギャノヽノヽノヽノヽ!!

    という事で参加作品の話。

    ■予選C-5&SFC-4でした■
    参加してた作品は

    ゆるキャンOPっぽいりあむ→男子高校生の日常夢落ち→コナンの扉が閉まって→パンパカパンツ

    という謎の構成となっていた動画です。

    さて、色々な所での感想を読むと、反省部屋にいこう? と書かれてる方もいましたが、自分の中ではこれこそMSCならではの構成・・・だと自信をもっております。
    なぜならば

    予想通りの続きが流れるだけの動画ばかりじゃ、MSC感がでないじゃん( ^ω^)

    です。

    簡単に言うと役割分担といいますか。
    予想通りというのは、15秒で流れた動画の曲が1分決勝でも流れている、という意味です。
    完成された作品を3分割にして参加するのが基本だと思いますが、そうするのではなく、分割するからこそのMSCの特性をいかした、ちょっと変わった構成の動画があってもよくない?という考えであったりしました。

    ■ただし、こちらも一応テーマがあるんだ■
    自分のテーマは

    パロディ

    でした。
    という事で、全てパロディな内容になっているのですが、実はこの動画1分になるとまた違った部分がありまして・・・・実は

    参加作品はメドレー動画で、ゆるキャンの前にさらに違うパロディ動画が存在している

    という構成でした。
    つまり、もし決勝に残っていれば、未公開の部分が30秒ながれるのですが、この30秒がまったく予選本選で流れなかった映像が流れる事になっており、もしのこっていたら

    「こんな動画あったっけ?」

    というコメントで溢れかえってたはず・・・なんですよね(´・ω・`)

    しかし、策士策に溺れる でしょうか、30秒の変化で満足された、飽きられた可能性が高い結果となりました(´・ω・`)


    ■参加未公開部分動画は・・・■
    さて、今回参加した動画の未公開部分を含めた動画を公開したい所だったのですが、見えてないからこそ、それを紹介するとなんか勿体ない気もするので、今回の提出バージョンは運営の人だけが見れたという事にしておきます。

    ただその30秒のパロ部分も未公開だけじゃもったいないので、今年中には構成+新規映像を加えたパロディMADメドレーとして効果すると思いますので、その時はよろしく尾根t外します。

    ■とりあえずお詫びも■
    さて、今回の予選動画を見てもらえればわかるのですが・・・

    映像が小さい

    だったと思うのですが、実は・・・投稿した動画サイズを間違っていまして、その小さいままの動画で公開となってしまってましたw
    一応本選からは引き延ばしをお願いして、なんとか本選は動画サイズで公開となりましたがw

    あと、ゆるキャンパロと思って投票した方には本当申し訳ない事になりました(´・ω・`)

    ■けどMSC単品はあります■
    という事で今回は

    パンパカパンツ

    この部分を完全版として公開としております。
    コチラです。




    という事でコチラの作品の解説

    ■今の自分の力量ならできると思い■
    さて、昔の自分は手描きMAD系の作品を見ると

    |-`).。oO(こんなの自分で作れたら楽しいだろうなぁ・・・

    と指をくわえてみているだけの人でした。
    が、年月の経過とそれに合わせての経験値と共に、徐々にですが手描き系MADも自分で制作できるようになってきました。
    そこで、過去自分じゃできなかったネタを今こそ自分の手で制作する時では・・・?と最近思う様になっております(´・ω・`)
    その思いの一つに



    東方のパンパカパンツ

    コチラをアイマスキャラで再現したい・・・とありました。
    ちなみに、過去に別の曲バージョンを765メンバーで手描きで再現している動画はありましたが、この曲で、さらにデレステ系キャラでの再現はありませんでした。

    |-`).。oO(まぁ、このネタはやったのはかなり前ですからね・・・w

    で、再現するにしても、キャラをどうするか・・・そう思った時

    U149

    コチラの漫画に登場するキャラで制作してみたい・・・この気持ちが沸き上がり、制作となりました。

    ■製作期間■
    一応制作開始が6月の中旬でしたので、提出バージョンは約1ヶ月で制作となりました。

    ・・・ちなみに、MSCにはこの動画1本で当初参加する方向もあった為、この動画制作しつつ、ゆるきゃん+他の30秒ネタも制作となり、正直かなり忙しい1ヶ月になってましたw

    枚数は130枚ぐらいだったかなー?

    ■メインキャラ■
    今回メインは4人という事で、どうするか悩みましたが、独断と偏見で・・・w


    と、実は語る部分はあまりないかもなんですよねー。
    元ネタの東方版を完全にパロディにするという方向性でやっただけでしたのでw

    とりあえず、楽しんでもらえたら嬉しい限りです。

    ■イラスト■
    一応一瞬だけ出たイラスト






    千枝ちゃんファンの方すまん・・・w


    ■あにぱる■
    あと、この作品は

    AniPAFE2019参加作品

    となっております。

    参加作品マイリスト:mylist/65525700
    AniPAFE2019 詳細:ar1762180
    参加作品一覧:ar1762323

    興味ある方はこちらのイベントもチェックでお願いしますw


    では、とりあえずはこんな感じで。

    MSCの全体的な感想は時間ある時に書くかもですー。