漫画の話~趣味は違えど、理解してくれる人がいるって良いよね( ^ω^)(私モテ喪136話を読んで)~
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

漫画の話~趣味は違えど、理解してくれる人がいるって良いよね( ^ω^)(私モテ喪136話を読んで)~

2018-06-21 19:23
  • 4
こんばんわっす。

本日は

『私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!』喪136話




コチラガ公開となっておりました。

サブタイトルが

モテないし漫画を薦める

というタイトルでした。

いやー、漫画好きな人なら多少なり経験あるかもですが・・・

漫画をお薦めするのって難しいよね&失敗する事あるよね
(´・ω・`)



です。
それを少し頭に入れつつ本編感想でも。

■お礼ができるレベルになってる!■
以前少女漫画をまこっちから、借りてたもこっちでしたが、そのお返しとして本を貸す事としたのが今回の話の始まりでしたが、↑に書いた通り漫画って人に勧める場合結構難しいジャンルだと思うのですよ。

・絵柄
・ストーリー
・描写

等々。

例えばラブコメ一つとってもラブコメというジャンルは一緒でも、とことんエロはないラブコメがある一方で、普通に露出がメインもラブコメもあるわけで・・・。

では今回のもこっちはというと




まずゆうちゃんに読んでもらったみたいです。

|-`).。oO(もこっちも感動して泣いたと話してましたが、もこっちですら泣ける漫画か・・・気になるなぁw

と、自分も気になるぐらいですので、横にいるこみさんも気になるみたいでしたが




もこっちひどい(´・ω・`)

それはおいといて、ゆうちゃんが大丈夫だったという事で、まこっちにも貸す事としたもこっちでしたが、ここで少し判明した事が




|-`).。oO(実際に声かける時は、まこさんなんだ

さすがに、ガチ〇ズさんとは言わないのねw

そして、相変わらず緊張はするもこっちなんですなぁ・・・w

■不穏■
もこっちと友達状態になってからは、あまり音楽を聴いていたイメージがないのですが、ここ最近のカットでは一人音楽を聴くシーンが多く映ってる気がするゆりちゃん。
今回も



まこっちが本を読む後ろで音楽を聴いてました。
|-`).。oO(ただ、このカットだけみると本当美人っすなぁ。
ただ、また音楽を聴く→自分の殻に閉じこもっているという感じがして、なんかさみしい気分になります(´・ω・`)

■そこまでの漫画とは■
そして漫画を読んでいたまこっちが突然席を立ちどこかへ。
そして







この号泣である(´;ω;`)

結果漫画を読んで泣いている所を、吉田さんに見られただけでしたけどw
そして、この漫画の連鎖は吉田さんへ。
さて、吉田さんの結果はいかに・・・なんですが、また貸しされたもこっちの反応は




ひでえw
|-`).。oO(相変わらず吉田の評価はヤンキー基準なんですな・・・w

さて、この漫画を読んだ吉田さんも泣いたのでしょうか?

■違う世界の人でも漫画があれば仲良くなれる■




と、吉田さんも泣いていたみたいです。
と、ここでもこっちと吉田さんが、漫画という一つのアイテムで普通に会話ができているという部分。

余談なんですが
自分も高校時代、自分は本当普通な人ですが、自分の前の席の人が、ヤンキーというか、ロックな性格な人で、メタルな服装を普段きたりなど、結構自分とは住む世界が違う人だったのですが、たまたまなんですが、同じ漫画が好きだったのがのちに発覚し、結果、高校卒業まで同じクラスだったこともあり、仲良くしてた事がありました。

|-`).。oO(たぶん漫画がなかったらそういう友達になってたなかっただろうなぁ・・・。

閑話休題

■友達が全員だと気になるよね■
さて、友達皆が泣いていると聞いたなら、自分も読んでみたくなるみたいで、ゆりちゃんももこっちに漫画を貸してもらう事に。
さて、ゆりちゃんの感想は






( ^ω^)・・・

まぁ、実は自分もこれはわかる気がする。
漫画に限らず、人が死ぬ事前提の話とかだと、泣く以前に、死ぬこと前提の話を見て面白いのかなぁ?死んだ先に感動はあるのか?等考えてしまうのです。

|-`).。oO(まぁ今回の漫画はもこっちが解説してますが 安易な死ではない とか。

ただ、自分はやっぱり

笑顔とハッピーエンド

こちらになる作品がいいので、死んで終わる作品に果たして笑顔とハッピーエンドがあるのか?と悩む部分になります。

そんなゆりちゃんを前に、そのマンガが気に入り自分も購入したまこっちが、今度は南さんにそのマンガを読んでもらう事に。

現在、わたモテワールドの中で一番のkzキャラになりつつある南さん、ここで涙流せば、その評価も変わるぞ!さぁ!結果は!?








だめだこりゃ(´・ω・`)
そして





まこっちの努力はまだまだ続く結果になりそうですな(´・ω・`)
そんなダメな南さんですが、それを見たゆりちゃん





さらっとこれってwwwwww

まぁ、気に入らない人と同じ趣味、思考等かぶると嫌になりますよね・・・。
そして・・・

■闇落ちを救うのはやはり■




ああ、これはやばい方向に行きそう。
ただ、自分の事を理解してくれる人がいないと思ってても、案外それは自分の思い違いな場合もあるわけで・・・。
そして、何かに気が付いたもこっち登場





もこっちすげえ・・・
こう、人を見て相手に合わせれる行為ができるもこっち。
|-`).。oO(なんで高校2年の終わりまで友達できなかったんだ・・・とw

そして





ゆりちゃんは、漫画で涙するのではなく、自分を理解してくれる人が実は一番身近な人でいた・・・その事に涙するのであった。





という感じの今回の話でした。

■まずは相手を知る事が大事っすなぁ■
という事で、自分も漫画が大好きな人なんですが、自分ももこっちと同じな感じで、自分の好きな漫画を貸すのではなく、その貸す人にあった漫画を探して貸すのが漫画好きな人の、腕の見せ所だと思っております( ^ω^)

先日も、同じマンションに住んでいる方にちょっとした縁で漫画を貸す事になったのですが、まず、どの年代を生きてきたか、そしてどういう絵柄、どういうジャンルが好きかを聞いた上で、一応漫画を貸しておきましたw

|-`).。oO(たぶんしゅみにあったてたはずなんだけどなぁ・・・w

という事でうちの本棚(一部)がこちらです




|-`).。oO(ちなみに本棚に入りきれなくなり、本棚の前に収納ケースを置いてとりあえず、そこに避難中の漫画がありますw

なお、自分でいうのもなんですが、数が多すぎて自分でもどこの棚にしまってたか忘れる事がある模様でした( ゚∀゚):;*.':;ギャノヽノヽノヽノヽ!!

|-`).。oO(この画像からどんな作品があるか全部わかる人は・・・さすがにいないかw

ではここまで読んでくれた方に感謝

相変わらず誤字脱字間違った表現等多い文章です。
気が付き次第修正しますので、ご了承お願いします。










広告
×
>>まこっちは、漫画で涙するのではなく、自分を理解してくれる人が実は一番身近な人でいた・・・その事に涙するのであった。

「まこっち」じゃなく「ゆりちゃん」ではなかろうかと
21ヶ月前
×
>>1
コメありです。
そして指摘ありでした(´;ω;`)
修正しました。感謝です~
21ヶ月前
×
おw けっこう良い絨毯使ってますね(どこみとんねんw
漫画やアニメの貸し借りは、オタクにとってとても大事なイベントですな!
21ヶ月前
×
>>3
自分は相手の好みを把握してからその趣味にあった本を模索するのが好きですな・・・w
21ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。