アイマスの話~『MSC2019Re:』本選に勝ち残った作品リスト『予選IJKLMブロック編&感想』~
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

アイマスの話~『MSC2019Re:』本選に勝ち残った作品リスト『予選IJKLMブロック編&感想』~

2019-08-18 20:07
    こんばんわっす。
    コチラが公開となっております。






    という事で、予選ブロックからどの動画が勝ち残ったのか、それを説明していくと共に、勝ち残り、敗戦理由を考えた感想でも。
    ちなみに、各ブロック毎に上位3作品までが勝ち残りらしいです。
    勝ち残り作品には勝ち残った本選ブロック番号とリンクを張っております(番号クリックで動画に飛びます)

    ABCDブロック編
    https://ch.nicovideo.jp/nisedaiti/blomaga/ar1798620

    EFGHブロック編
    https://ch.nicovideo.jp/nisedaiti/blomaga/ar1801020


    ではIブロックいってみよう!

    I-1→予選落ち
    ミリシタのPV系MAD
    最近のゲーム映像を使用した作品であったが、売りがその部分というか、そこだけ評価され、肝心の作品部分を観てもらえてない可能性があったかも?
    もう少し、15秒の見所が欲しかった感じか。

    I-2→勝ち残りSF-B-10)
    シャニマス系作品。
    30秒は15秒の前から始まり、一瞬どの作品か分からない内容になっていた。
    実写に歌詞演出を組み込むなど、技術とセンスは素晴らしい。
    このセンスを1分でも見たいと思わせれるかが勝負。

    I-3→勝ち残りSF-D-8)
    千早でPV系作品。
    ノーマルな演出でくるのか・・・と思いきや30秒手前でアニメ素材等の演出カット入り。
    この演出カットから1分への期待度を勝ち取れたかが、票への分かれ道。

    I-4→勝ち残りSF-A-5)
    デレマス系でお洒落な作品。
    コチラも構成、演出、制作技術とみる限りずば抜けている感はある。
    ただ、構成自体は15秒と変わらない為、ここで満足される危険性はあり。
    このまま続きを観たいと思わせれたかが・・・勝負所。

    I-5→予選落ち
    アイマスアニメの複合MAD
    複合の場合、票がどこまで見込めるか難しく、今回はダメだった感じか。
    ただ、この作品の場合、たぶんですが、動画サイズを間違えて提出していて、その結果、画面が小さく表示されていた可能性があり、その部分では、不運だったかもです。

    I-6→予選落ち
    魔王エンジェル文字演出のみの動画。
    これぞMSCならではのギャンブルだったが、情報見せなさすぎが、仇となったか。
    できれば、イラスト等、何かしらの情報の断片は欲しかった。

    この枠は技術とセンスで抜きに出ている感の2作品を追いかける3作品目がどれになるか・・と予想していたのですが、それが千早となりました。

    です。


    ではJに。

    J-1→勝ち残り(SF-B-8)
    ミリシタでジュデマリ
    ひなたメインで完全に曲とシンクロで突破を狙った作品。
    15秒でその心はつかめたが、30秒での変化が少ない部分に、ファンがついてくるかが、勝負所。

    J-2→予選落ち
    シルエットと文字だけで15秒を見せる作品
    どうやら元ネタはあったらしいのだが、知らない人からすればただ展開の読めない動画という位置になってしまい、結果、票を入れるかどうかは、この枠の他作品次第で


    J-3→勝ち残りSF-D-3)
    シャニマス系作品。
    こちらも構成、センス、技術ともに、シャニマスで魅せており、30秒もその流れでそのままきていた感じに。
    このままシャニマスファンの心を掴めたか・・・?

    J-4→勝ち残りSF-C-5)
    ミリシタMV映像お洒落な作品
    15秒同様、エフェクトバリバリな、内容が30秒も続いて流れている作品に。
    このエフェクト系を最後までみたいと思わせれたかが、勝負所。

    J-5→予選落ち
    アイキャッチなMMD
    イッパツネタとしては面白かったが、やはり予選突破は難しかったか・・・。

    J-6→予選落ち
    電子ドラック的な映像のPV系作品。
    内容的には独創性はあったが、他の勝ち残り作品みたいに、固定ファン票の獲得が難しかったか・・・。

    この枠の技術とセンスの抜きにでている2作品を他がどう追うか・・・という感じの枠でしたが、ある意味安心感のあった、ひなたPVが入り込んだ感じになったでしょうか?
    ネタ系はこういう枠に入ると中々勝ち残りが難しいのがMSCか。

    ではK.


    K-1→予選落ち
    ナイロビ。
    冒頭のつなぎは面白かったが、そこで満足された可能性は高い。
    もう少しPV部分を見せるべきだったかが、悩む作品。

    K-2→勝ち残りSF-B-5)
    アニメ系複合作品
    と・・・思わせておいて、後半からはゲーム映像も盛り込まれておりアイマス全般の票狙いか。
    構成、演出のセンスは抜群だが、この全方位構成がどう転ぶかは未知数か。

    K-3→勝ち残り(SF-B-9)
    モザイク。
    モザイクからのタイトルがでて、そこからがまたモザイクという謎の構成。
    未完成のまま参加している可能性と、1分決勝ではさらに変化の可能性も?
    ここをどう評価されるかが、この作品の分かれ道。

    K-4→予選落ち
    千早アニメ系作品。
    予選感想でもかきましたが、この千早アニメシーンはこれまで幾度なくMADに使用されており、新鮮味という部分でははやり弱かったか。
    もう少し、物語に引き込む戦略が15秒であればあるいは・・・だったか。

    K-5→勝ち残り(SF-B-2)
    シャニマス系作品。
    エフェクトで構成されたお洒落な作風が30秒も続いている内容。
    元々シャニマスがアニメーション的な演出が多く、それに合わせる相乗効果は凄いが、今回のMSCは同じくシャニマスでお洒落な構成の作品が多く、シャニマス同士のつぶしあいになる可能性が高い。
    できれば30秒ではさらに見所が欲しい所だったが、判断は難しい。

    K-6→予選落ち
    ミリシタPV系作品。
    PVそのままではなく、エフェクトを重ねた作品ではあったが、曲被りと、この枠の他作品にくらべると、戦力的に厳しかったか。
    15秒でストレートに見せず、もう少し気にさせる要素が欲しかったかも?

    この枠もシャニマスと、エフェクトを多く使った作品が勝ち残る結果に。
    ここらへんも、組み合わせの問題で、他の作品も相手次第では勝ち残る可能性を秘めている作品だっと思う。

    では次の枠へ。

    L-1→予選落ち
    ミリシタのMVを使用したPV系作品。
    正統派でも今回のMSCは勝ち残っている作品は多く、この作品もその位置にはあったと思うが、枠の組み合わせが悪かった・・・としか言いようがない。
    残念。

    L-2→勝ち残りSF-A-6)
    シャニマス系セリフ系作品。
    ここからどう展開するのか・・・と思ったら、まさかのデレマス曲をバックにストーリーが進む形に。
    この予想外の組み合わせが、評価にどう加わるかが勝負所。

    L-3→勝ち残りSF-D-6)
    ミリオンライブのキャラを全員使用した作品。
    どうやら再現系らしくその過程なのか、30秒では中の人の映像も使用していた、まさかの構成。
    その部分が決勝への道に繋がるか。

    L-4→予選落ち
    響メインのPV系。
    洋楽合わせでしょうか?カット割りはカッコイイ作品でしたが、曲に合わせたシンクロ部分を楽しみたい人にはカッコよすぎて、判断が難しかった可能性も?

    L-5→予選落ち
    真PV+ロゴ
    構成的には面白く、気持ちよかったのだが、その部分だけで満足された可能性は高い。
    ロゴ演出を最後に少しだすだけだと、どう評価されただろうか?気になる。

    L-6→勝ち残り(SF-B-3)
    ミリシタMV系。
    メンバーがロりっ子構成で、シンプルな作品だが、まさにそのキャラ人気で票を集めた可能性が高い。
    何が票に繋がるかが読めないのがMSCの面白い所。


    相変わらずのシャニマス人気だが、ミリオン勢が維持を見せてくれた。
    このミリオンがどこまでシャニマスを打ち破り決勝まで行くか、見所。


    です。

    では最後の枠にいってみましょう。

    M-1→勝ち残り(SF-C-8)
    実写演出の春香。
    15秒では文字のみで魅せ、30秒ではメインとなるアイドルと音声の追加。
    MSCの構成をうまく利用した、これぞMSCの戦略的な作品かも?

    M-2→予選落ち
    ギャートルズEDパロ
    あとで思い出したらぎゃーとるずだったw
    そこを知ってる人からすると、展開が読める部分が、敗因か。

    M-3→勝ち残りSF-C-6)
    小鳥さん作品
    漫画のシーンをうまく利用しており、30秒でも魅力が増えている。
    個人的な予想では優勝候補の一角。

    M-4→予選落ち
    ミリシタのコミュ映像のみを使用した作品。
    はやり、コミュだけでは判断材料が難しかったか。
    もう少し、物語がわかりやすい構成なら、チャンスはあったかも?

    M-5→勝ち残りSF-C-10 )
    デレステ切り抜き作品。
    30秒になると、より演出が見え、そのエフェクト演出が楽しい作品となっている。
    このエフェクト演出を1分バージョンでも見たいと思わせれたか、ここまで方向性を観られ、満足されたか、ここが勝負の分かれ道。

    M-6→予選落ち
    デレステの立ち絵を使用した、紙芝居的な作品。
    続きはかなり気になるのだが、インパクト的にははやり、紙芝居系は辛いか。
    単品では楽しみたい作品ではある。


    という感じで、この枠は、エフェクト、演出構成がうまい作品が勝ち残った感じか。



    という感じで、全予選作品の勝ち残りと敗退作品の感想を書かせてもらいました。
    偉そうな事書いて申し訳ないですが、MSCの特性的に全部の評価をした方が面白いと思ったので、今回させてもらいました( ^ω^)

    なお、個人的な総合的感想は、また後日の記事にて。

    ではでは。






    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。