ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

アニメの話~この魔法少女に出会って人生が変わった~
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

アニメの話~この魔法少女に出会って人生が変わった~

2013-12-06 00:58
  • 6
こんばんわっす。

寝ようと思ったのですが、ブロマガのお題で『魔法少女について語れ』とあったので、これは語らずを得ない。

■今の魔法少女とはちょっと違う■
今の魔法少女といえば何故か

戦う事前提

の話が多くないでしょうか?
理由は色々あると思いますが、強いてあげるなら

大人向け

に最初から製作されている魔法少女になっているからだと思います。
そして今と違い昔の魔法少女作品は完全に

小さい女の子向け

として製作されていたので、バトルというよりは、女の子の変身願望を叶える内容となっていた気がします。

さて、そんな魔法少女作品ですが、一つの作品が確実に自分の人生を闇へ・・・ではなないかもですが、一方の方向に落としてくれたのは確かでした。
それがまずこの作品です。

■姫ちゃんのリボン■

当時自分はアニメから離れている時期でした。
誰しもがある時期かもしれませんが、まぁ、大人になるにつれアニメを観る機会と時間というのが減る事が多くなってきてました。
理由はコチラ

・昔のアニメは夕方に放送が多かった。
・学校や仕事でその夕方に家にいない事が多い。
・ネットがない時代は情報をゲットできない。

です。
自分もまさにそんな感じで、夕方にアニメを観る機会が減っている時でした。
そんな時、金曜の夕方、たまたま家に居た時に、TVをつけていると、流れてきた音楽、映像がコチラでした。

コチラの作品となります。



さて、まず、この作品を説明しないといけないでしょう。

姫ちゃんのリボン
少女漫画雑誌、りぼんに連載をされていた、水沢めぐみ先生原作の漫画作品。そのアニメ化作品。自分のそっくりさんがかならず存在する魔法の国。その国のお姫様は主人公『野々原姫子』と容姿が一緒。だが、おしとやかなお姫様と違って男の子みたいな姫子。そんな姫子に魔法の国から誰にでも変身が出来るリボンが手渡された。
こんな感じで話が進みます。

ここで、微妙にアニメと原作漫画とでは設定が違ってきます。
理由は

おもちゃを売る為

です。
漫画原作では、リボン一つで変身が出来たのに対してアニメの方が、腕に・・・なんだったか忘れましたがw装着しないといけなかったです。

まぁ、そこは余談ですが。

さて、当時、少女漫画を読む事が0な自分にとってはこの作品をまず知る機会はなかったです。
なので、たまたま観た放送がなければ一生出合う事がなかったアニメ作品とも言えます。
そして、そのたまたま観た話が

自分のラブコメ好きのツボにど真ん中ストレート

で入ってきました。
当時見た話が、姫ちゃんのリボンを奪おうと魔法の国から来た人から、主要キャラである男子生徒が、それを守り、そして、姫ちゃんが涙ながらお礼を言う・・・こんな感じの話でした。

もうね、その前の話は見てないのでさっぱりだったのですが、この回だけで、姫ちゃんとその男子生徒・・・小林大地というキャラなんですが、この二人の微妙な関係が伝わって来るといいますか、もう、言葉では言い表せないレベルです。

・・・というわけで、かなりツボに入り、当時アニメを余り観てなかった自分ですが、この姫ちゃんの為だけに、金曜日の夕方は家に帰ってきてました。

■初めて買ったCDが■
そして当時、CDを買う・・・という行為自体皆無だった自分が、初めて買ったCDが

姫ちゃんのリボンサントラ1

でした。
初のCDが、この姫ちゃんという・・・w

そして、アニメ放送が終わったのですが・・・それだけでは、収まらなく、まだ続いている漫画原作を買う事としました。

・・・なお、初めて購入した少女漫画もこの姫ちゃんのリボンという形になりました。

その後の自分のはじけっぷりは今考えると恐ろしいレベルかもですw
そこからは気兼ねなしに少女漫画、アニメ視聴、CD購入・・・とまぁ、ある意味では転落、ある意味では幸せの方向へ向かう結果となりましたw

■姫ちゃん余談■

なお、自分はネットでのハンドルネームは大抵

ニセだいち

と名乗っているのですが、このだいちという名は、この姫ちゃんのリボン登場人物の 小林大地 からつけております。
そして、なぜ「ニセ」をつけているのか?コチラの理由が

「ハンドルネームとはいえ、名前をそのまま利用するのは失礼に値する、所詮ニセモノなんだから、ニセと付けさせてもらいます」

という、自分ルール的な意味合いで、ニセがつく結果となりました。

なお、その後、この「ニセ」部分だけを色々な名前につけて、ゲームや、アイマスで動画投稿する際のP名に活かされる結果にもなっております。

そういう意味で、この姫ちゃんのリボンは色々な事に影響を与えてくれた作品です。

■姫ちゃん裏話■
この作品は、アニメと原作とでは微妙に設定や配役が違う部分もあったりします。

・誕生日が違う

原作では7月の終わりぐらいが誕生日であり、大地が8月生まれで、近い事が話のネタになってたのですが、アニメでは、リアルの放送時間に合わす為、2月の終わりぐらいが姫ちゃんの誕生日となっておりました。

・蘇らし方が違う

話の中で、姫ちゃんが変身後、その変身した人物のまま変身が解けなくなる話がありました。
「一生そのままの姿」
という設定だったのです。
一生・・・つまり一度死ぬと変身した姿が元に戻るという話でした。
そして、アニメ、原作とも姫ちゃんは一度死ぬのですがその後の展開が

・アニメ→魔法の国のお姫様の寿命を分け与えて姫ちゃん復活
・原作→得にそんな事はなく、姿は戻り、復活

でした。

あー他にも色々あるのですが語りだすと長くなるのでまたの機会にしますか(・∀・)

なお、アニメはアニメ、原作は原作で面白い、中々ない作品の一つだと思います。これ。




・・・だが、本当の地獄はここからだった・・・。

この姫ちゃんを越えるほど、好きな魔法少女作品に出合う事はもうないと思ってました、
特に

ラブコメ

この部分で。
ですが、それを同等、いやそれ以上か?なぐらいの作品が登場する事となりました。
それが

■カードキャプターさくら■

これです。
もう、大きなお友達の方、男女問わずはまった人が多い作品ではないでしょうか?

この作品内容についてはいまさら語る必要性もないと思うので割愛。

なお、この作品が放送された時期、自分は社会人になってたのですが、これがひどい。

・当時、BSもなくどういう作品か解らなかった為、BSが観れる会社の先輩に録画を依頼。
・3話まで録画してもらったのを観る。
・はにゃーん。
・その後、このアニメを観る為だけにBSアンテナ購入
・高画質で保存する為に当時で最高画質レベルのBS内臓ビデオデッキ購入
・録画を2台体制、時間を余裕を持って録画、撮り逃しなどなし(相撲で泣いてる人がいるなか自分は笑ってました)
・グッツ買う為に会社休む
・アニメイト祭りのポイント景品で、CCさくらのテレカをゲットする為だけに、関係のないゲームソフトを買いポイントを稼ぐ。
・CCさくらファンの為のHPを製作。
・そこでSSを書く
・映画の舞台挨拶に行く
・毎週変わるグッツの為に何度も映画館へ

・・・まぁ、今のアニメファンなら必ずやってそうなレベルを当時やってましたなぁ・・・。
今はもうそこまでするぐらいはまる作品もなければ、元気もないですが(´・ω・`)

と、狂ったぐらいにはまる結果になってました。
・・・こえーw

なお、小説はカプ的に

シャオラン×智世ちゃん というマニアックな組み合わせでやってたなぁ・・・w

それは余談ですが。



さて、このCCさくらのはまったのも、姫ちゃんのリボンのおかげで、少女漫画に対して恥ずかしい等の気持ちがなく、すんなり最初から観る決意を出来たから・・・だと思います。

■さらに余談■
・・・と、この間のもう一つ、好きな魔法少女作品がありました。
それは

ミラクル・ガールズ

という作品なんですが、知ってる人いるでしょうかねぇ?

・・・なんですが、これ魔法少女じゃないといえばないんですよねぇ、超能力が使える双子・・・という設定なんで。


■人生が変わった■

・・・といいますか、自分のラブコメ好きな原点が、この2作品だと思います。
たぶん、この2作品に、特に最初に姫ちゃんに出会ってなかったら、こうやってここでブログを書いている事もなかったんじゃないかなぁ?
そう思うと、すごい作品に出会ったと感謝したいところです(´・ω・`)
広告
×
私の中で魔法少女と言ったら『星くず☆うぃっちメルル』ですw

ちなみに水沢めぐみ先生の作品では「姫ちゃんのリボン」も好きですが、
「チャイム」や「空色のメロディ」が好きでした。
個人的な予想ですが、水沢先生の絵柄に影響を受けたのは
漫画家さんにも現在のおっさんオタクの中にも多いように思います。
まぁ私もその一人ですけどw
89ヶ月前
×
自分の記憶に残っているアニメは
「魔女っ子メグちゃん」「魔法使いサリー」です。
見ていた年齢を考えると、どちらのヒロインも
「魔法少女」ではなく「魔法使いのお姉さん」的存在でした。

それから数十年。魔法少女ものはサッパリ見なくなり、
気がつけば「まどマギ」までノータッチでしたww
89ヶ月前
×
>>1
>>2
コメントありがとうございます。
ある意味、見た事のある魔法少女作品で、年代がわかる感じもしますねぇw

メルル・・・何気に初めて名前みた気がします(´・ω・`)
いつぐらい放送されていたアニメなんだろうか。

メグちゃんはかなり小さい頃にみて、ドキドキしてた記憶がありますなぁw

水沢先生作品は、姫ちゃんで知ったあと、ほぼ全部の作品を集めましたw
いやー水沢作品はどれも読むと和みますなぁ・・・・w
89ヶ月前
×
『星くず☆うぃっちメルル』は、俺妹の中に出てくる
きりのが大好きなアニメですw

メルル役を田村ゆかりさんがやってるんですが、
主題歌の「めてお☆いんぱくと」は破壊力抜群です。
私はこの曲を2時間くらい平気で聞いていられますw
参考までに: sm13285669

水沢先生の作品はほんとに素晴しいですよね。
しかもいまだに現役というのが凄いです。
89ヶ月前
×
>>4
あーあの劇中内アニメってそんなタイトルだったんですかw
一応そのアニメシーンを見た事はあったのですが、はっきり観てないのでタイトルまでは知りませんでしたw

最近は水沢作品はおっかけられてないのですよねぇ(´・ω・`)
89ヶ月前
×
( ^ω^)
72ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。