ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

ランキング改変についての見解 ~その2:工作・広告対処とカスタマイズ化がもたらすもの~
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ランキング改変についての見解 ~その2:工作・広告対処とカスタマイズ化がもたらすもの~

2019-03-17 14:23
    先日3月11日、および3月13日の生放送でランキングが今後どう変わるかの解説生放送が行われていました。




    また、インフォで概要を、ブロマガで詳細内容がまとめられています。
    【告知】動画のランキングおよびカテゴリの仕様変更
    新ランキング(ジャンルランキング)の詳細


    それについて、自分なりに情報や他の人の意見を整理しつつ自分の意見をまとめました。

    その1では、反応がかなり見られたジャンルと代表的なタグについて書きました→
    その2では、直近のSlack議論でもあまり触れられなかった工作対策やカスタマイズ化について話しています。

    以下、赤字を運営からはっきりと公言されたもの、橙字は運営からの情報をもとに推測できる内容(自分の賛同・反対に問わず)、青字で自分の意見をまとめています。
    できるだけ事実と推測を混ぜないように書いているつもりですが、もし混同している箇所があればコメントください。


    目次
    1章-1:工作・広告対策とそれにともなう犠牲
    1章-2:工作・広告対策に対する見解
    2章-1:カスタマイズ化と話題ジャンル

    2章-2:カスタマイズ化と話題ジャンルに対する見解
    3章:まとめ



    長い文章読むの大変すぎるって人は3章まで各自スクロールしてください。



    1章-1:工作・広告対策とそれにともなう犠牲

    新ランキングでは、総合ポイントの集計方法が変更されます週刊ニコランでやっているような再生数・コメント数・マイリスト数だけではなく、アクセスの増分やIPなどといったデータも取得して計算をするのではないかなと思います

    具体的な内容としては、
    ニコニ広告は総合ポイントに加算されない。ニコニ広告のみのランキングが作成され、総合ポイントとのランキングとは別での表示枠が設けられる。

    総合ポイントの計算式や結果は隠蔽化され、ユーザーには相対的な順位のみが公開
    再生数・コメント数・マイリスト数そのもののランキングは工作者によってランキングの算出式を解析されるのを防ぐために廃止。pixivのランキングをイメージすると近いのではないでしょうか。

    ・過去の全デイリーランキングデータや再生・コメント・マイリストの差分値は何らかの方法で差分値を提供できないか検討中。

    ・ランキングの集計期間について、毎時・デイリー・週間・月間・合計(これまでの累計)は変わらず集計。ただし、合計ランキングのスコアは新ランキング開始時にリセットされ、新たな合計ランキングとしてスタート。過去の合計ランキングについては、特設ページで見られるようにすることを検討中。

    動画の再生数やコメント数、マイリスト数そのものをリセットするわけではない。また、ランキング上での動画の再生数・コメント数・マイリスト数は引き続き表示される。消えるのは総合ポイントと広告ポイント表示、期間内の再生・コメント・マイリストランキングのみ。

    ・総合ポイントが非表示になるということは、運営がランキングの順位を入れ替えたり、自分たちに都合のいい動画を上位にあげることがないかという懸念は、絶対に行わないと強く誓っていました



    1章-2:工作・広告対策に対する見解

    結論から言いますと、後述する合計ランキングについての1点以外は、概ね仕方のない変化ではあると受け入れています

    ニコニコ動画の盛り上がりとランキングは切っても切れない関係にあります。ランキングの大百科記事にも詳しく書かれていますが、再生数・コメント数・マイリスト数の数字そのものが可視化されていたこともあり、ユーザーや投稿者がランキングの動向を強く注視していて、それらが熱気になっていました。動画のコメントにもランキングの順位が話題としてよくも悪くも当たり前のように書かれていました。

    そもそも2009年10月以前には総合ポイントというものが存在せず、再生数・コメント数・マイリスト数単独でのランキングしか存在しませんでした。(なので各数値を計算した週刊ニコニコランキングが当時新奇性があった)

    陰陽師らきすた戦争というF5アタックによる再生数戦争は黎明期のユーザーが数多く工作活動に面白半分で参加していたという事実を表していますし、釣り工作という嫌がらせネタから人気ジャンルへと昇華されたレスリングシリーズや、黎明期でない時代の例としては原宿廃止古参祭りなども挙げられるでしょう。


    しかし、これほどまでに工作活動が大規模・組織化し、2.5か月で1000万再生積んだ動画週間マイリストランキングのうちTOP30が工作によって積まれたと(再生数の足しにしたくない・一般会員が閲覧できるようにニコランWEBリンク)いう事実がある以上、再生数・コメント数・マイリスト数の結果、および計算式を隠蔽化し相対的な順位のみを表示するというのは必要な犠牲だと思っています。

    工作対策の大変さや対策がいたちごっごという現実もよく認識しているので、今後も工作対策に手を抜かないというのは当然の前提としても、現状の工作がユーザーから見えなくするというのは妥当なものでしょう。つまらないと思われる方がデメリットが大きくなっています。

    ランキング企画担当も各数値のみのランキングを残せるか十分に検討した結果下した結論というのはよく伝わりましたし、ランキング動画を生成するための差分値データを提供していただけるのであれば各種ランキング制作者にとっても困ることはおそらくないと思います(もちろん提供データの中身にもよりますが…)。


    広告ポイントの別枠化についても待望していました。別枠で表示する枠を設けるというのも、ニコニ広告の存在価値の代案として十分でしょう。



    ただし、合計ランキングのリセットという1点のみは反対し、新集計による総合ポイントランキングを出さない代わりに2007年3月6日以降の再生・コメント・マイリストランキングのみを閲覧できるようにしてほしいと要望します。


    これには2つの理由があります。

    1. 工作対策に影響がない
    合計ランキングというのは、要はニコニコ動画全部の動画、あるいは各カテゴリを検索して再生数・コメント数・マイリスト数が多い順でソートしたものです。一定期間内を集計したものではなく全期間の集計であり、合計ランキングが廃止されても検索をすれば容易に確認ができるもので工作員の情報収集には関係のないものです。

    また、合計ランキングで新集計の結果を行わなければ再生数・コメント数・マイリスト数という生データと新集計のランキング結果を比較することはできないので、総合ポイントランキングとの順位のズレから工作された動画が判別しやすくなるという問題点も解決できます。

    2. 合計ランキングが途切れることで失われるものが大きい
    合計である以上、SMILEVIDEOが始まった2007年以降の通算結果が見れないと意味がありません。2019年6月からの積み上げ直しには何の意味もないと思います。
    具体的には
    ・新たにニコニコ動画を知った新規ユーザーがニコニコで何が人気か気軽に知る場所
    ・数年ぶりにアクセスした古参ユーザーが昔からどう変化したかを知る場所
    ・陰陽師やごちうさ・けもフレ1話など、今でも人が集まる動画のユーザーが盛り上がる話題
    ・人気動画を一発当てた投稿者が、自分の動画がニコ動全体でorカテゴリ内でいま何位にいるかを確認する場所

    これらを失うのが非常に致命的です。


    新集計のランキング順位はあくまでも期間内の人気な動画を表示するための手段と割り切り、合計ランキングだけは2007年以降のトータル再生数・コメント数・マイリスト数の結果を検索を用いず閲覧できるようしていただければと思います。
    合計ランキングは別物であるということを示すために、期間のプルダウン(毎時・24時間・週間・月間・合計と書かれている部分)から合計を取り除き、合計ランキングだけを別ページで表示をするというのはどうでしょうか
    再生コメントマイリスト(+過去に廃止されたニコニ広告の合計ランキングもあってもいい)、ジャンル合算および各ジャンル・代表的なタグ絞り込みができればと思います。
    差分や過去データは出さなくていいので、記録の蓄積による負荷もかからないですし、合計ランキングは言い方を変えればニコ動上での検索結果にショートカットが作られていて、順位というデザインを追加して表示しているだけとも言えますので。

    現在、そして未来のニコニコユーザーにとって本当に必要な合計ランキングのデータをわかりやすく閲覧できる場所を設けてほしいと強く要望します。




    2章-1:カスタマイズ化と話題ジャンル

    将棋盤ランキングがついにカスタマイズ可能になりました。具体的には、
    ・全体の将棋盤デザインは5列に変更し、サムネイルが大きく見るように変化する。

    ・一般会員は1列、プレミアム会員は最大4列変更することが可能。

    ・カスタマイズオプションのひとつとして、チャンネル動画のみやユーザー動画のみ表示というフィルタを提供。これにより、公式アニメのみを見たり、逆に公式アニメを除外したランキング結果の閲覧が可能に。

    ・突発的な流行は運営が手動で紹介できるように、運営専用の話題ジャンルを設ける。話題ジャンルは右端1列にあり、一般会員・プレミアム会員ともに固定となる。


    といった変更点があります。


    そして、自分が個人的に一番懸念事項としていたカテゴリ合算ランキングとランキングが持つニコ厨の一体感については、以下の回答がブロマガに記載されました。

    Q. ランキングのカスタマイズ機能によって、「みんながおなじランキングを見る」という一体感の醸成や、「他ジャンルの動画も自然に目に入る」といった偶然の出会いをを損なうのではないでしょうか?

    A.一般会員がカスタマイズできるのは1列だけです。プレミアム会員の場合は4列カスタマイズできますが、複数のジャンルを設定することになります。また、「話題」ジャンルは、全ユーザーに同じ内容が表示されます。

    このほか、すべてのジャンルを横断した「合算総合ランキング」も、引き続きご提供する予定です。
    これらによって、ランキング自体の価値を高めつつ、ある程度の一体感も実現できると考えています。

    また、生放送での尾崎さんの発言で「ランキングだけで動画の再生数が構成されてるわけではないですし、ランキングにランクインする前には何かしらの方法によって載らなければいけない。いままでのランキングカスタマイズでこの(一体感がなくなる)問題点が起こることは想定しているが、ユーザーさんの嗜好が多岐にわたっているので、すべてを見せられるのは難しいと思っています。ただ、そのために『話題』というジャンルを運営で固定させてもらっているので、それで目を横にそらして見てもらえるし、合算総合ランキングもそのまま残るからあまり心配してない」という言葉もいただきました。

    ランキング企画担当にとっては、ランキングは話題や人気の最後の結果が置かれたという認識なのでしょう。



    2章-1:カスタマイズ化と話題ジャンルに対する見解


    正直な感想を言うと、ついにきてしまったかという一言です。

    自分の要望を簡潔にまとめると、
    ・固定の1列は話題ジャンルではなく合算総合ランキングにする
    ・話題ジャンルを維持するにしても、せめて合算総合ランキングは初期の1列にある
    ・期間のデフォルトは毎時ランキングにする

    この3点になります。

    ●話題ジャンルタグについて
    概ね、人気になりつつあるトレンドタグを運営が手動でピックアップして紹介するという予想を立ててですが、運営の検閲があるという事実が大きな懸念事項になっています。

    ここ1~2年で挙げるとすれば、例えば「ペニーワイズがオススメするシリーズ」などは権利者とのやりとりを経ずに柔軟にすぐに入れられるのか、「ドスケベ音頭」や「キンタマを思いっきりしばかれるオッサン」のような性的な表現を含むもの、「syamu_game」や「あたまわるわる音頭」のような特定個人をネタにするようなものは出せるのでしょうか。

    もし運営が話題として挙げられず、無難なネタしかピックアップできないのであればほとんど意味がなく、ニコ厨からはすぐに見限られるでしょう。
    逆に何も気にせずピックアップした場合は「こんな公序良俗に反するもの、他人をコケにするようなネタを運営は公認するのか」という悪評がつくことが容易に想像がつきます。

    どちらに転んでも、運営が間に関わっている、それ自体がユーザーからすればネガティブにしか受け取られないということはわかると思います。
    もっと言うと、ニコニコユーザーにとっては運営がピックアップしているという事象自体がコンテンツをつまらなく思わせられかねないという事実を認識すべきです。このあたりはレスリングシリーズや淫夢などで特に言われていることなのですが、ユーザーが好き勝手やっているからこそ視聴者投稿者問わず楽しめる側面があって、運営側が存在を認めているというのを公認してしまうと、気持ちが冷めてしまうものです。例のアレに限らずとも、ニコニコ技術部やVOCALOID関連曲など権利的に真っ当なものであっても、運営が後ろ盾として「人気になりつつあるものを伸ばそうとしている」という印象を与えること自体がいい印象を持たれません。

    運営がピックアップするという仕組みがすべて悪いとは言いませんが、現行で行われているオススメコンテンツピックアップトレンドタグを動画TOPページのより目立つ場所に置くなどとして、ランキングはニコニコ動画ユーザーの動画をフィルターなしで反映すべきです。

    運営が関与すべきでないというのは、代表的なタグ選出では主張していたことですよね。


    ●将棋盤カスタマイズとニコ厨の一体感について
    カスタマイズできるようにというのは何年も前からずっと要望があり、実装されるのはもはや仕方のないことかとは思います。
    しかし、全ジャンル合算総合ランキングはデフォルトで置いてほしいとは強く要望します。

    少なくとも、各種フィルターも込みで実装されたことにより、今期放送アニメのMADや最近発売されたゲームのプレイ動画や実況などはこれまでより目立つことになるでしょう。

    しかし、技術部や生活一般カテゴリ、単発的なエンタメ動画など、検索をあまりされない動画は今後非常に伸びづらくなることが容易に予想されます。
    それこそ具体的な例では直近で伸びたその他カテゴリ投稿の遊戯vs.遊戯(まるで実写)といった動画は、もし新ランキングになりアニメゲームジャンルや音楽ジャンルをデフォルトにするユーザーばかりになった場合、Twitterなど外部サイトでバズらない限りはほとんどのニコニコユーザーの目に留まらずに、伸びるきっかけもなく埋もれることが想像に難くありません。そうした伸びるポテンシャルがあるが動線がほとんどのユーザーにないものを話題ジャンルに取り上げることが果たしてできるのかが、非常に疑問視しています。

    合算総合ランキングをこれまでどおり用意していただけるのはありがたいのですが、訓練された物好きな雑食ニコ厨しか動線として使わないのであればまったく意味がなく、その他大勢のニコニコユーザーのスタンダードであるからこそ価値があるのです。
    各ジャンルごとに、全体の中の0.1%~数%のニッチで熱心なユーザーがタグやカテゴリなどを熱心掘り起こしたちょっとした話題が、それ以外の流動的でミーハーな層にカテゴリ合算総合ランキングの下位~中位くらいに載って目につき、そこから視聴されることでランキング上位に伸びて新たな話題になる原動力になるのです。

    ランキング企画担当が言っていたランキングは人気や話題の最後の結果というのは、ニコニコ動画においてはまったく間違いというのは、2007年~08年の頃からランキングを利用しているのであればわかることだと思います(逆工作について触れていたことをはじめとしたことから、いまのランキング企画担当も当時のランキングのことはよく理解していると信じています)。

    特に、何年もネットにいてすでに嗜好が固まっているユーザーならともかくとして、ニコニコに入ったばかりの初心者にとってはニコニコ動画がどういうところなのかわからないのですから、カテゴリ合算ランキングがデフォルトであるということは非常に重要です。コメントも含め日本のネットユーザーが多くいて盛り上がっていること、自分一人ではなくみんなと観て盛り上がれるのが、他サイトではなくニコニコ動画で観ることの価値につながるのですから。


    毎時ランキングがデフォルトであってほしいという要望も似たような理由です。固定ファンがTwitterなどで一気に動画に群がったものが長期間上位にいるのではなく、「人が人を呼び次の毎時ランキングの結果につながる」「一部の固定層に人気になってとしても、大衆に興味を持たれなければすぐにランキング上から落ち、幅広い層に興味を持たれクリックし、コメントマイリスされた動画が残り続ける」というのを実現するためです。
    どのランキングがデフォルトかというのは、ランキング生放送に集まるほどのユーザーは意識されず、どうでもいいことだと思われますが、デフォルトから動かすことすらめんどくさがるようなライトユーザー、そして今後新たにニコニコ動画を見始めたユーザーには大きな影響があることをよく考えていただきたいと思います。



    熱心に深掘りして探すのであれば検索機能がが充実したニコニコ動画は優れていますが、なんとなく自分の好きな動画を見るのであれば関連動画サジェストが充実しているYouTubeでいいわけですし、もっと言うとGoogle動画検索でいいわけです。


    もしランキングが単なる結果置き場でしかなければ、検索やジャンルそのものが人気なものかすでに有名になっている投稿者が投稿した動画、あるいはTwitterや5ch、ヤフーニュースなどをはじめ外部サイトで話題になったものしか反映されないでしょう。
    各カテゴリやジャンル、タグで熱心な物好きが掘り起こした小規模なブームがニコニコ動画内で大衆の目に触れて新たなブームになるなんてことは未来永劫起こらず、単なる内輪止まりでしかないトピックスばかりになるでしょう。ブームを拡散させるのは外部サイトやニコニコ外で形成されたコミュニティしかなくなる、というなんともさみしいことになりかねません。

    ランキングはすでにある需要を反映した結果置き場ではなく、人が人を呼び新たなムーブメントや動画単体が広く大衆に認知させられる過程の場所、だからこそニコニコ動画はこれまで多くの人が常連ニコ厨になり「ニコニコで」動画を観る習慣が根付いていたというのを、今一度ランキング開発の方々と再確認したいです。



    3章:まとめ

    ●工作対策の新集計ランキングについて
    ・ランキングが新たな集計方法になることや、再生コメントマイリスト単体での集計が工作対策としてなくなることには反対はない
    ・ただ、合計ランキングに関してだけは工作対策の意味が薄く、かつリセットによる損失が大きいので、再生コメントマイリストのランキングのみを別で作ってほしい。新集計総合ランキングはあくまで期間内の人気動画を順位付けする手段という位置づけにしてほしい。


    ●ランキングカスタマイズ化と話題ジャンルについて
    話題ジャンルの有用性は懐疑的。ジャンル合算総合ランキングを代わりに残してほしい
    ・話題ジャンルを1列確保するのであれば、せめてジャンル合算総合ランキングがデフォルトで1列あるようにしてほしい(固定が理想ではあるが、一般会員がニコニコに慣れてきたらカスタマイズで変えられる1列でも構わないから)
    集計期間のデフォルトは毎時ランキングであってほしい



    ニコニコ動画のランキングがどういう形なのかは、現在と未来のニコニコユーザーの動画視聴に多大な影響をあたえるということを、今後ランキング企画担当とは共有していきたいです。

    最後まで読んでいただきありがとうございました。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。