• 迷惑な動画についての方法

    2020-08-11 01:24

    日頃から迷惑な動画について考え実践しているのだが今回、YouTubeの方に「海外の有名ネトゲ番組で『ガンオン』が紹介されてた!!」という動画を投稿し…低評価が五割をしめた。

    元々それほど再生数があるわけではないし…収益化してるわけではないので他愛のない出来事なのだが…反省すべき点は反省したい。

    私は作る過程ではいつも“あからさまな嘘”として作ってるのだが…。
    (派生として…その嘘のようなことを実現しようとする動画もある。)

    この動画の場合…タイトル絵(サムネイル)だけ見ると嘘だと判別できない。…現実的にガンオンが海外のネトゲ番組で紹介される可能性は十二分にある。そこに低評価の原因があると思われる。

    ↑【激やば】「
    海外の有名ネトゲ番組で『ガンオン』が紹介されてた!!」のサムネイル

    ※つり動画(モドキ)なので内容に低評価がついてる可能性は低いと思ってる。

    ■タイトルについて 「海外の有名ネトゲ番組で『ガンオン』が紹介されてた!!」
    【海外】という具体的ではない地域と【有名ネトゲ番組】という具体的とはいえない説明によって胡散臭さとつり動画風に作られたものだと理解してもらえると判断したのだが…。
    抽象的表現は嘘っぽくあるが…事実も含めて…すべて包みこんでしまうのである。つまり判別の材料になりにくい。

    ■また架空の「WORLD OF NETGAME NEWS」という番組も…でっちあげであるが…見ている方は本当か嘘かわからないのである。海外のネトゲの番組など私は知らないし…多くの人も知らないだろう。でっち上げ番組『
    WORLD OF NETGAME NEWS』をタイトルを聞いただけでは「そんなのあるわけねーじゃん」とはならないのである。


    ■低評価のつく瞬間(この動画の場合)
    タイトルと表紙絵(サムネイル)からはこの動画の情報が嘘なのか本当なのかわからない。(作ってる方は嘘として…つり動画のパロディとして作ってるつもりだった。)この動画を冒頭10秒も見れば…立ち絵の胡散臭い男がでてきて嘘だとわかるのだが…低評価がつくのはこの瞬間だと予測している。(粘着されていれば別である。)


    ■うーん。いまのところ結論としては完全に判別不能なサムネイルに問題
    があった気がする。

    いつもとちがう感じにしようとすると…そのための作業に力が向けられ…いろいろと配慮が足りない部分がでてくる。

    【激ヤバ】海外の有名ネトゲ番組で『ガンオン』が紹介されてた!!
    (YouTube投稿した動画と同じもの)






  • 広告
  • 【メモ】迷惑系ゆっくり動画を作るために気を付けた事

    2020-07-20 00:57


    ↓もう一本の動画:FXニートキタノさんはフリー素材という事で作っちゃいました。
    https://youtu.be/T2t_-ul8jZA


    一度失敗したんで反省点を踏まえ、新しく迷惑系ゆっくり動画を作った。これはその動画制作において注意した点である。

    ・キャラは真正面を向いた素材を使う。
    ・基本的に出落ち(内容に変化を与えると別物になってしまう)
    ・必要以上に成りすまさない。(本来、成りすまし動画は存在しえないジャンルなので…)
    ・なるべく迷惑をかけない。(成りすまし動画の存在自体が迷惑なので)
    ・うさんくさくする。(正当性がない事をわかってもらえるように)
    ・マイナス要素を扱わない。

    ↓失敗した「なりすましゆっくり動画」


  • 迷惑系ゆっくりガンオン動画

    2020-07-20 00:342
    以前に『なりすまし系ゆっくりガンオン動画』を作ったのだが…まあ失敗した。
    見ていて自分でもさぶーくなる動画であった。

    2020年7月11日、へずまりゅうが逮捕されて…7月15日に「迷惑YouTuber」という言葉がTwitterにトレンド入りしてるのを見かけた。私は一人でもYouTubeの登録者が増えればいいと思って、ハッシュタグをつけて↑の「なりすまし謝罪動画」をリツイートした。


    …すると空バズして4.5万回表示されたのだが…動画の内容や見せ方も稚拙で、それがYouTubeの登録者数に影響を与える事はなかった。
    それで7月19日日曜日のワイドショーなどでへずまりゅうが取り上げられ、再び「迷惑YouTuber」がトレンドすると予測し、それにあやかろうと「なりすまし結婚ガンオン動画」を二本作った。

    https://www.youtube.com/watch?v=T2t_-ul8jZA
    …自分的には満足のいく出来栄えであったが…再び「迷惑YouTuber」がトレンドすることはなかった。