• 【黒い砂漠】採集「樹液採取」の特徴

    2019-10-17 00:522時間前




    注射器を使い、木から樹液がとれる。
    それが採集「樹液採取」だ。

    今回は先に、実測データを提示する。


    基本採集物565091.07%基本内の割合金銭評価
    樹液565091.07%100.00%14,125,000.00
    0.00%0.00%0.00
    0.00%0.00%0.00
    希少採集物731.18%希少内の割合
    尖った10.02%1.37%3,500,000.00
    堅い20.03%2.74%3,200,000.00
    黒結晶欠片10.02%1.37%550,000.00
    カプラス30.05%4.11%9,000,000.00
    古代粉661.06%90.41%36,828,000.00
    特殊採集物4817.75%特殊内の割合
    蹄根10.02%0.21%1,500,000.00
    赤いコブ220.35%4.57%13,200.00
    木の皮691.11%14.35%155,250.00
    修道士枝610.98%12.68%36,600.00
    精霊の葉621.00%12.89%37,200.00
    血色の木260.42%5.41%124,800.00
    妖精羽00.00%0.00%0.00
    琥珀(貿易品370.60%7.69%1,369,962.00
    妖精粉2033.27%42.20%2,030,000.00
    総計6,204個100.00%
    総時間60分間
    全てカプラス系除外液・貿易品・妖精粉
    72,470,01226,642,01217,524,962


    ご覧になって分かると思うが、非常~~に「伐採」に酷似した結果が出ている。
    サンプル数が少ないため、やや確率が偏ってしまっているが、特徴が強めに現れる希少採集物は前に示したもの




    の認識で、悪くないと思う。
    ただ、尖った・堅い・カプラスはもう少し出現率が低いかも。
    代わりに古代粉に全振りすると、より実態に近くなるかもしれません。


    さて、以上のことから伐採との差はほぼ、基本採集物の差にあると言って良いだろう。

    というわけで、以降は基本採集物に焦点を絞って話します。


    【評価が難しい「樹液」】

    木から採れる樹液は、錬金でそれなりの量を使う。
    ただし、肉や血などとは違い、カテゴリごとに使いまわすということはできない。
    要するに、需要の高いものは高いけど、低いものは限りなく価格が低くなってしまう。
    あと、料理の肉ほどは大量に使わない。労働者で採ってこれるものもある。

    総じて、価格が高まる要素は少ないように見えるが…需要が高いものは高い、これが難しい。
    日常の採取としてこれを選択すると、かなり大量の樹液が採れることになると思うが…そのゴール地点(換金の仕方)によって樹液の金銭的価値もかなり変わるので…

    今回の表では、2,500とやや低めな数字を付けている
    なので、それが結果にモロに現れてしまっており、やや不公平な印象を受けるかもしれないが…これが最低値だと思っていただければ…

    錬金はあまり真剣に調べてないから、知らないんだよ!(開き直り)

    大量に使うとなると、やはり皇室納品がゴール地点になると思う。
    まずは倉庫の素材と相談し、何を納品対象に選ぶかというものを決めてから、それらの樹液が採れる木が群生している場所を探す、といった努力が必要になってくるだろう。
    屠殺+料理以上にシビアさが求められるが、その分ピタッとはまった時は、料理納品とは比べ物にならないほどの金銭効率をたたき出すかもしれない。(納品箱の買取価格が、それだけ高めの設定になっている)


    <伐採と比べて、どうなのよ>

    基本採集物の「樹液」は、伐採で採れる原木+丸太と比べてはるかに軽い
    …というか、伐採で出るものが重すぎるんだ。

    なので、僻地の木の群生地などに赴いても、うまくすれば1時間以上は倉庫に寄らずに採集も十分に可能だ。
    そういう意味で、伐採と比べて持続的に採集を行うのにとても適していると言える。




    【全てを踏まえた上での、採集としての評価】

    伐採以上に玄人向けと言えるだろう。
    錬金を行うための装備・道具の準備。レシピの知識。
    錬金皇室納品に対する深い理解と、素材が採れる場所を知っていること。
    これらが総動員されると、恐らく全ての採集のなかで最も高い金銭効率を生み出すポテンシャルは充分にある

    ただし、錬金皇室納品でどれほどの樹液を使うかは私も未知数なので、樹液がどれほどの価値になるかは予想も難しい。
    例えば屠殺は、理想的な処分方法で肉を処分すると肉@7,000↑になるが、このように樹液も処分(要するに皇室納品で消化)すると、いくらの価値になるか…
    …この倍くらいは…余裕でいくんでない…?(かなり適当)
    すると、上の表の樹液の評価が、一気に5~6倍にハネ上がるだろう。


    (以下は、やや机上論…駄文なので薄文字にしときます…)

    しかし、消費量的に肉ほどではないため、例えば高熟練度で20,000樹液とか採ってきても、とても1日では消化しきれないのではなかろうか…
    となると、納品の仕様上樹液採取だけに偏り続けるのは、消化しきれない在庫が増え続けるだけになるかもしれない。
    そうなると、皇室納品にたよらない採集(伐採・採鉱等)も併せて行っていったほうがいい…のか?


    とにかく、「伐採」以上に玄人向け。
    錬金も必要ない、丸太の稼ぎにも頼らない、カプラス一直線という人も、樹液採取をメインに据えてもいいかもしれない。(採れるものが軽くて長時間やりやすい)
  • 広告
  • 【黒い砂漠】採集「伐採」の特徴

    2019-10-16 20:246時間前



    伐採斧を使って木を切る採集「伐採」
    木材は家具や船など、様々な用途で使われる…

    っつっても、使われる先はそんなに、自由度高くないっつーかなんつーか…



    【出るものの評価】

    <基本採集物>

    丸太

    これが無ければ、伐採は息をしないってくらい重要なもの。
    プレイヤーが採集することでしか採れない(労働者じゃ採れない)うえに帆船等で大量に使うため、非常に人気が高い

    取引所の上限価格も高め(7,550)で、常に大量の買取予約が詰まっている。

    加工しなくてもガンガン売れる、間違いなくメイン収入になりうるもの。


    原木

    そのままだとほぼ何の価値もない困ったチャン。
    2回の加工を経て合板までいくと、労働者に箱詰めさせて貿易品にできる。

    ※一例


    お金に変えるまでたくさんの加工→労働者の箱詰め→数が揃ってから貿易と、すごく時間がかかる
    それでいてもらえるお金は、それほどでもない…
    でもそれをやんないと「伐採」の稼ぎはかなり落ちるので、やらざるを得ないというのが現状。

    これらふたつに加えて、ごく稀に1回加工された状態の「板」が出る場合もある。
    その3種、どれも非常に重量が重く(0.5)かなり重量を強化した状態でも20分倉庫に行かず採集し続けるのは難しい。




    <特殊採集物>

    伐採は、非常にたくさんの種類の特殊採集物が出る。

    赤い木のこぶ
    枯れた木の皮
    修道士の枝
    精霊の葉
    血色の木の節

    これらの中で、枯れた木の皮と血色の木の節が、今のところ人気が高いようだ。
    ・・・なんで?基本は錬金に使うものだけど、木の皮は何に使うんだっけ…
    ごめん、調べが足りなくてワカンネっす。

    それ以外にも、他の採集でも出る 蹄根(高いやつ) 琥珀(貿易品) 妖精の羽・粉等があるけど、今回は割愛。



    <希少採集物>

    実測データを出す前に、先に内部的にこういう確率じゃないかな?という予測をグラフにしてみた。
    あくまで予測なので、絶対に間違ってるから鵜呑みにしないように。



    予測の値です


    この予測の根拠になるのが、↓の実測データです。
    ※熟練865で魔力斧装備。カエデのみ狙い、やや枯れたので場所選ぶともう少し効率出せます。
    基本採集物831294.02%基本内の割合金銭評価
    原木544761.61%65.53%3,856,476.00
    丸太272430.81%32.77%20,566,200.00
    1411.59%1.70%199,656.00
    希少採集物720.81%希少内の割合
    尖った00.00%0.00%0.00
    堅い10.01%1.39%1,600,000.00
    黒結晶欠片00.00%0.00%0.00
    カプラス90.10%12.50%27,000,000.00
    古代粉620.70%86.11%34,596,000.00
    特殊採集物4575.17%特殊内の割合
    蹄根30.03%0.66%4,500,000.00
    赤いコブ200.23%4.38%12,000.00
    木の皮620.70%13.57%139,500.00
    修道士枝660.75%14.44%39,600.00
    精霊の葉580.66%12.69%34,800.00
    血色の木210.24%4.60%100,800.00
    妖精羽20.02%0.44%20,000.00
    琥珀(貿易品380.43%8.32%1,406,988.00
    妖精粉1872.12%40.92%1,870,000.00
    総計8,841個100.00%
    総時間60分間
    全てカプラス系除外木・貿易品・妖精粉木のみ
    95,942,02034,346,02027,899,32024,622,332.00

    1時間分のデータでカンベンしてクレメンス…(震え声)

    赤字で示した通り、完全にカプラス系に特化した採集になります。
    黒結晶欠片の出なさっぷりは、ある意味清々しい…



    【採集としてのやりやすさ】


    <手はつけやすい>

    木はそこらじゅうに生えてるため、イメージはしやすいでしょう。
    ただし中には、伐採できないダミーの木もかなり含まれることがあるので注意。
    それでも、木と木の間が狭い場所を探すのは、苦労しないでしょう。

    一回伐採した木は、見た目は変わらずとも再び伐採できるようになるまで10分+αの時間がかかります。
    なので、10分とすこしで回れるルートを、自分なりに構築するとよいでしょう。


    <続けるのは、難しい…>

    やるのは簡単ですが、続けるのは本当に大変。
    なんてったって、いちばん数が出る基本採集物がとても重い
    重量を強化していないと、あっというまに重量オーバーからの街に帰還となるでしょう。

    そして、採れたものの換金が難しい。
    特に原木は、加工と労働者と貿易(バフ)まで揃ってないと、まともに換金は難しいでしょう(合板の状態で売っちゃうってのもアリかと思いますが。そしたら加工のみでOK)

    総じてやや熟練者むけの採集と言えると思います。



    【全てを踏まえた総評】

    カプラスが大量に必要になる≒超ハイエンドユーザーといっても過言ではないと思うので、そういう人(ガチ勢)ほどオススメの採集になるのではないでしょうか。

    カプラス系の出方は本当に、脅威の量が出ます。
    カプラス強化で他人と差をつけたい!という人は、原木の換金とか知らねぇよ!と伐採するのも、アリかもしれません


  • 【黒い砂漠】肉の獲得数として「5個」が出ないナゾ

    2019-10-16 07:5119時間前



    昨日出したSSと同じものだけど、ここでは9個の肉が獲得できてる。

    でも、タイトルにもある通り…これが「5個」となることが決してないんだ…
    どの熟練度からか忘れたけど、獲れる肉の最低個数が「2」になって、最高個数が「12」になるんだ。
    間の数字、3個・4個・6個・7個・8個・・・と出る、けど「5個」獲れることは決して無い。
    ・・・そう思い返すと、「11個」もあったかなぁ…?無かったかも?

    とにかく、そこだけぽっかり空いてるのはなぜだろう?と考えてみたい。




    熟練度が実装される前、いわるゆる「素の獲れる数(確率)」は、前々から時々話題に出してる通り1~4個で各25%、1回あたりの期待値が2.5という数字だ。
    その数字を根拠に、今の狩場で全力羊狩りをした際に、素の状態でどんな結果になるかと予想したのが

    1時間平均:951.68回採集 の期待個数 2,379.2個

    だ。今回もこの数字を使う。

    つまり

    獲得肉期待値:
    1個…25%=0.25
    2個…25%=0.5
    3個…25%=0.75
    4個…25%=1   計2.5個

    1時間平均:951.68回採集

    屠殺1,000だと、ここに148.6%がかかる。
    屠殺1,250だと、最大が16になるとのもっぱらのウワサだ。
    屠殺1,250の、ここにかかる上昇率は 202.2%

    ・・・ということは、最低獲得個数が「2」、最大獲得個数が「12」になったのは、上昇率が102.1%の熟練750ということが予想できる。

    そうした理屈の上で。屠殺1,250がどんな感じになるか予想する。
    恐らく最低が「3」で、最高が「16」になるんだ…

    仮定:
    羊に屠殺ナイフ使用
     ↓
    「1個獲得」が選択
     ↓
    最終的に「1x3=3個」と獲得


    羊に屠殺ナイフ使用
     ↓
    「4個獲得」が選択
     ↓
    最終的に「4x4=16個」と獲得


    こんな感じでしょう、ゴールは。

    過程が大事。
    どのような計算がなされて、最終的にこの数字になるのか。
    そこに熟練度がかかっていて、一番大事なんだ。


    「1個獲得」のときの「3」
    「4個獲得」のときの「4」に、それぞれ202.2%が絡んでくる。


    <ダラダラ考える>
    1個獲得x(1+202.2%)=1x302.2%=3.022個=3個 か…?

    そうすると4個のときは…
    4個獲得x(4+2.202%)・・・違う




    4個獲得x(202.2%)^2=4x408.8484%=16.353936個 か…?

    そうすると1個のときは
    1個獲得x(202.2%)^2=1x4 ・・・違う


    そしたらまだ、最初のやつ(加算が含まれてる方)が合ってるっぽい。

    そしたら
    1個獲得x(1+202.2%) が合ってて、段階的に赤字部分が増えていくのかな。

    つまり、最後が 4個獲得x(2+202.2%)=4x402.2%=16.088個

    間を埋めると…

    1個獲得x(1+202.2%)=1x302.2%=3.022個
    2個獲得x(1.333333...+202.2%)=2x335.5%=6.71個
    3個獲得x(1.666666...+202.2%)=3x368.86%=11.066個
    4個獲得x(2+202.2%)=4x402.2%=16.088個


    すごくソレっぽい。
    ただ、実際に採集するときに出現する数字は、この限りではない。
    この倍くらいに、段階を細分化してみたら…?

    1個獲得x(1+202.2%)=1x302.2%=3.022個
    1.5個獲得x(1.16666...+202.2%)=1.5x318.87%=4.783個
    2個獲得x(1.333333...+202.2%)=2x335.5%=6.71個
    2.5個獲得x(1.5+202.2%)=2.5x352.2%=8.805個
    3個獲得x(1.666666...+202.2%)=3x368.86%=11.066個
    3.5個獲得(1.833333...+202.2%)=3.5x385.53%=13.49個
    4個獲得x(2+202.2%)=4x402.2%=16.088個


    面白そうだから、屠殺750の102.1%を当てはめてみる

    1個獲得x(1+102.1%)=1x202.1%=2.021個
    1.5個獲得x(1.16666...+102.1%)=1.5x218.77%=3.28155個
    2個獲得x(1.333333...+102.1%)=2x235.4%=4.71個
    2.5個獲得x(1.5+102.1%)=2.5x252.1%=6.3025個
    3個獲得x(1.666666...+102.1%)=3x268.76%=8.063個
    3.5個獲得(1.833333...+102.1%)=3.5x285.43%=9.99個
    4個獲得x(2+102.1%)=4x302.1%=12.084個


    うん、何となくそれっぽいけど

    考えるの飽きた…
    というか疲れた。

    ただこの理論でいくと、熟練が上がっていくと、数字の切り上げだろうが切り捨てだろうが「5個獲得」がどこかで出現するはずだ。

    つまり、違うってことだね。

    となると、もっとシンプルで、あらかじめ「○個獲得」のテーブルが並んでいて、そこに熟練度による率がかかってくるのではないかな。
    そのテーブルに、そもそも「5個獲得」が存在しない。それなら納得できる。

    今までの私のデータを見ても分かるように、熟練度が上がると確実に得られる基本採集物は増えている。
    1段階で10%~増えるって、かなり冒険してる数字だなぁと思ったけど、逆にそれくらい増えないと増えた感じがしないんだよ。
    だから、この増加率は英断だと思う。ほんとに。
    だって、熟練度伸ばすと目に見えて獲れるもの増えるからね、この成長感はすごく大事。
    実際、超たのしいもんw



    この記事で唯一分かった(というか、検証してみたい)ことは、熟練750を境に「12個獲得」が出現するかどうかだね。