【SMシーズン3使用】ポリゲンアシレwithカバリザ【最終2006】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【SMシーズン3使用】ポリゲンアシレwithカバリザ【最終2006】

2017-05-17 23:00
    こんにちは
    シーズン3放送内で使用した構築を書き留めておこうと思います。
    自分の考えとしてレート2000は環境を意識しないでも、それなりの構築とそれなりのプレイヤーそれなりの対戦数があれば乗せられるラインだと考えているので構築記事を書く気は無かったのですが、放送で書けと言われたので書きます。

    ・使用構築



    カバルドン@ゴツゴツメット
    わんぱく HBぶっぱ
    本構築の物理受け。技構成は無難な4つだが数値受けがきつかったので毒毒の方が正解だったかもしれない。このポケモン増えすぎたせいでメタが厳しくうまく使えてなかったと思う。リザードンと思考停止で組ませていたがそろそろ解雇するべきなのかもしれない。

    リザードン@リザードナイトX
    ようき S252 HA調整
    前シーズンでも使った竜舞羽休め型のリザードン。カプ・コケコやテッカグヤが重いのでそれらを見たら極力出すがゲンガーが強いので役割対象を見ても出さないことは多かった。こいつも増えすぎたせいか全く環境に刺さってなかったと思う。でも解雇はしたくない。選出率は最下位

    ポリゴン2@しんかのきせき
    なまいき ほぼHD若干B
    この構築の軸であり過労死枠。特殊方面を受けてもらうため再生。アシレーヌを上から動かせ、身代わり羽マンダに勝てるトリル。攻撃技を恩返し冷凍ビームとした。
    構築の組み始めなだけありこのポケモン+アシレーヌは非常に強かったと思う。
    しかしギルガルドをよく誘うためそのケアができていなかったのがよくない。
    ウルガモスに1回触っただけで燃えるのやめろ。

    ゲンガー@ゲンガナイト
    おくびょう S252 HD調整
    普通の鬼火ゲンガー。当てれば強い外せば負けたったそれだけ。
    受けループもこいつとあと2体でなんとか頑張れば勝てた。

    アシレーヌ@アシレーヌZ
    ひかえめ H252 BC調整
    この構築の軸。初手で適当に暴れてポリゴン2に引いてトリル下でもっかい暴れて勝ち
    ってことがやりたく実際うまくいった対戦も多かったがやっぱり遅いポケモンだけあって事故が多い。
    めざめるパワーはナットレイピンポの炎だがここはアクアジェットの方が活きる場面が多かったように感じた。(初手マンムー対面等)

    テッカグヤ@イアのみ
    のんき HBぶっぱ
    ゲンガーと相性のいい鋼ということで採用したがB補正なため普通にカプ・テテフ崩されたりするよくわからんポケイモン。
    攻撃技2つと数値受けを崩す毒毒と身代わりゲンガーと相性の良い宿り木にしたがヒードランがかなり重いので地震がほしかった。


    選出は大体ゲンガーポリゴン2アシレーヌ順不同
    無理な場合他から選出する感じで。

    重いポケモンはヒードランやギルガルド、キノガッサ、追い打ちバンギラスといったあたり
    特に遅いポケモンを採用しすぎなのが敗因だと思ってるので次のシーズンはS2の時のようにパーティ全体のSを意識して構築を考えたい。

    最終レート



    2000で敗走した負け犬です;;

    それではまたシーズンの終わりにお会いしましょう。またのー

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。