ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

雑記 : Brutal Doom を試してみた
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

雑記 : Brutal Doom を試してみた

2016-03-21 16:27
    さらなるゴア描写を求めて――Brutal DOOMで彩る『DOOM』の世界
    Doom @wiki Brutal Doom

     Doom はもっと過激になるらしい、というのは上の記事を読んで何となく知っていた。折角だから試してみましょう。気が早かったり Doom 本体を持っていない人は "unzip and play" の Brutal Doom: Hell on Earth Starter Pack なるものが存在する。

     現在、Doom はオープンソース化されている。オリジナルをもとにユーザーが作った Doom を動作させるプログラムが Doom エンジンという事になり、機能拡張などは Doom エンジンを使って実装する。Brutal Doom も同じく Doom エンジン経由で駆動させる事になる。早い話が MOD である。てゆうか現代PCゲームの原点のひとつである Doom とそのユーザーコミュニティが MOD を横目で眺めている訳が無いではないか。

    1.とりあえず GZDoom で Doom を動かす
     手元にあるのは Doom3 BFG Edition。インストールフォルダの中身を見ると「DOOM.WAD」「DOOM2.WAD」がある。落としてきて解凍した GZDoom のフォルダに WAD をコピーして exe を叩くと WAD を指定しろと言われたので、コピーした DOOM.WAD を指定してやると動いた。

    2.ランチャー
     Project Brutality に PDF で添付されているマニュアルを見ると、ランチャーには ZDL を使え的な事が書いてあったので落としてきて GZDoom のフォルダに突っ込む。Doom 界隈の MOD の場合、ランチャーからの読み込み順序などが書いてあるので添付の PDF は必読かも知れない。ランチャーはこういう具合になった。



     若干のエラーが検出されたが無事に Doooooom!!!!!

     ただしこの後、オプションから色々と設定しなければならない羽目になる。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。