ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

勉強したことメモ⑬
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

勉強したことメモ⑬

2021-07-29 14:39




    環境省によると、全国のクマ類(ヒグマ含む)による人身被害は、2018年度は51件、昨年度が140件、今年度は9月までの速報値で既に80件に上り、
    10月には秋田県の住宅街で、80代の女性がクマに襲われ死亡


    理由としてよく指摘されるのは「食料となるドングリの生るブナ類などが山で不作なのでは」

    08年に、ブナの大凶作によるクマの大量出没を森林総研が予測したが、結果は平穏


    かつては集落に近い里山は、炭焼きや草刈り場として人間の手が頻繁に入っていた。だからクマたちは、その奥にある奥山にしかいませんでした。
    ところが平成になって里山を管理する人が減り、里山が奥山のように繁茂すると、そこに若いクマやメスのクマ、親子グマ、が居つき始めた

    クマにとって最大の敵は、クマ。
    奥山には大きくて強いオスのクマがいますから、それを避けるために、彼らは里山へと逃げてきた

    里山にはシカやイノシシ、サルなども侵入していますが、クマがこれらを捕食し、肉食の傾向が強まっている

    里山では若いクマたちが密に棲息して、互いにエサをめぐり、常に葛藤。
    人間と接触しても、これをライバルのクマと見立てて攻撃、排除に及ぶ可能性が高い


    現役ハンターの高齢化に加えて、猟銃所持の規制強化も影響。クマより先にハンターが絶滅

    ヒグマ対策はヒグマが出没した自治体が単独で行っており、横の連携はほとんどない。
    現状では“道東のハンターが札幌の有害クマを駆除する”ことさえできない


    「ハバナ症候群」とは、キューバと中国で報告された謎の音波攻撃

    在キューバの米外交官が経験した「異常な聴覚や感覚を伴う複数症状」等の被害が、過去は国務省とCIA職員のみに限定されていたが、今や他機関である国土安全保障省内にも広がっている

    全米科学アカデミーは、最も妥当な原因は『指向性パルス無線周波数エネルギー』と結論づけた

    強烈で甲高い耳をつんざく音に始まり、原因不明の難聴、めまい、耳鳴り、平衡感覚の消失、疲労、集中力の低下、視力の変化等の医学的症状が続く
    神経学的な症状に集中しており、多くの場合、単純な頭部外傷後の症状に似ている


    エネルギーを小さな領域に集中させ、それをわずかに加熱することで、脳の軟組織に損傷を与える「熱弾性圧力波」の発生には大掛かりな装置は必要ない
    バンやSUVに搭載可能なシステムを、大きなスーツケース数個にまとめることは可能で、それを行うのに膨大なスペースや設備が必要ない


    熱弾性圧力波は、最初に音として対象者に伝わる
    ハバナ症候群の被害者である米国の外交官、スパイ、兵士、当局者の多くは、攻撃の開始時に奇妙な音が聞こえたと報告

    2004年に、先のウェーブバンド社が米海兵隊向けに熱弾性圧力波兵器プロトタイプを作成したという記録
    この兵器のコードネームは「メドゥーサ」で、車に収まるほど小さく、「人間を一時的に無力化する効果」

    灼熱感なしに脳機能を破壊することができるマイクロ波周波数


    旧ソビエト連邦で行われていた研究の一部が、ロシアとその周辺国によって再び取り上げられた
    中国はさまざまな材料の構造をテストするために、指向性エネルギー装置を開発



    JR東日本中央快速線の駅では「電車がまいります」「列車がまいります」2種類のパターンの案内表示・放送

    「電車が〜」の場合、E233系209系の快速・通勤快速・通勤特快・中央特快・青梅特快
    「列車が〜」の場合は特急列車や貨物列車(国立―高尾間)等

    山手線、京浜東北線、中央・総武線各駅停車、南武線、鶴見線、横浜線、青梅線、五日市線、武蔵野線は”電車”として案内

    常磐線は各駅停車と品川―取手間を走るE231系快速が”電車”であるのに対して、E531系の快速・特別快速は特急と同じ”列車”

    山手貨物線大崎―品川間でおなじ線路を走る埼京線は”電車”で、湘南新宿ラインは”列車”

    通勤形電車を使用している近距離列車が”電車”で、近郊形・急行形(現存しないが)・特急形電車を使用した中長距離列車を”列車”

    2019年に開業した相鉄直通線は埼京線の通勤型車両を使用しているにもかかわらず”列車”

    横須賀・総武快速線千葉以東は”電車”と案内

    JR東日本の最近の車両は通勤型と近郊型をまとめて一般形と区分


    電車は路面電車から普及。
    日本で鉄道線を走る電車が登場したのは1904年8月21日
    現在の中央本線の一部の前身となる甲武鉄道が飯田町―中野間を電化して電車の運行を開始

    車両は全長約10mの2軸車ではあったが、連結運転が可能で電車列車の始祖
    官報では「電車運転」と公示。

    当時この区間は客車列車や貨物列車も運転し、列車線上を”電車”と”列車”が混在しており、これを区別するために”電車”と称した

    1904年12月31日には飯田町から御茶ノ水まで路線を延伸。官報は「電車運輸」と公示
    飯田町―お茶ノ水間は貨物営業をしておらず、電車のみが運行していたため、この区間が最初の電車線

    甲武鉄道は1906年10月1日に鉄道国有法により国有化

    1909年12月16日に、東海道本線烏森(現・新橋)―品川間が電化開業
    新橋(後の汐留)―品川間にある非電化の複線とは別に電車線が敷設
    同日には東北本線上野―田端間も電化

    山手線の電車線は1925年3月28日に完成しており、それまでは列車線で電車を運行


    「電車線を走る列車=電車」というわけではなく、列車線と走る機関車列車と電車列車を区別するための”電車”という言葉


    横須賀線で電車運転が始まったのは1930年3月15日で、大阪地区で初めて電車の運転を開始した城東線(現・大阪環状線)・片町線四條畷―片町間よりも古い。
    横須賀線は当時の国鉄(正式には鉄道院)としては異例の長距離電車で、東京―横須賀間68kmを走破
    これまで電車の長距離運転の前例がなかったので、近距離電車と同じく”電車”にくくられた


    総武快速線の基となる総武本線での電車運転は1932年から始まり、1935年には千葉まで電化延伸
    この”電車”は現在の中央・総武線各駅停車の前身


    1972年6月4日に新小岩―津田沼間が複々線化され電車線と列車線を分離。
    同年7月15日に東京―錦糸町間の総武地下線が開通して、総武快速線の運転が始まった。

    当初総武快速線は“列車”だった。
    1980年10月1日から横須賀線との直通運転を開始したことに関連して横須賀線と同じく”電車”の扱いとなった

    総武快速線には千葉以東・以南に直通する列車が存在するが、総武本線千葉以東、内房線・外房線は“列車”の区間で、
    直通する総武快速もこの区間では“列車”と案内


    首都圏や関西圏には電車特定区間がある
    国鉄時代は国電区間と呼ばれていた区間で運賃の計算方法に特例

    首都圏では東海道本線東京―大船間、横須賀線、相鉄・JR直通線、鶴見線、南武線、横浜線、武蔵野線、
    中央本線東京―高尾間、青梅線、五日市線、東北本線東京―大宮間、赤羽線、常磐線日暮里―取手間、
    総武本線御茶ノ水・東京―千葉間、京葉線東京―千葉みなと間、山手線が該当

    基本的にこの区間内で完結すれば電車と言い切れればいい


    ”列車式”の列車番号は、種別、運転区間などのパターンに応じておおむね時系列に数字が増えるのが基本。
    例えば下りなら721M、723M、725M……という具合に下2桁が奇数で増えていく

    アルファベットは電車列車の場合、Mが基本だが、運行形態によってはEやS、Y等


    国鉄時代の”列車”は停車するすべての駅の発着時刻が指定されている列車のこと
    ”電車”は運転整理駅でのみ時刻を管理する列車




    オスマン帝国の末期に世界的な民族主義の波に乗って、アラブは覚醒
    トルコも排他的になり、アルメニア人を迫害


    イギリスがムハンマドの家系でメッカの支配者だったハーシム家を支援したものの
    聖地は教条主義的なサウジ・アラビアのものとなった

    ハーシム家はヨルダンとイラク(のちに追放)だけの国王になった。


    シリアはフランスの勢力圏だったが、キリスト教徒の多いレバノンが分離


    エジプトは、王制がナセルら自由将校団の革命で倒され、穏健な社会主義路線を進めソ連に接近

    ナイル川にアスワン・ハイ・ダムを建設するためスエズ運河を国有化して資金に充てようとし、
    英仏やイスラエルと第二次中東戦争を戦い勝利

    サウジの支持も得てアラブの盟主を狙い、イスラエルと第三次中東戦争を戦ったが6日で敗れた

    後任のサダトはアメリカの仲介によるキャンプ・デービッド合意でイスラエルと和解
    サダトは小池百合子東京都知事がもっとも尊敬する政治家


    イスラエルはオスロ合意でPLO(パレスティナ解放戦線)とパレスティナにおける暫定政府の樹立に合意
    しかし、右派政権は、パレスティナに引き渡されるべきだったヨルダン川左岸に入植者を送り込み、ガザ地区では残虐な反対派の弾圧


    イラクでは比較的近代的で世俗的な左翼政党であるバース党が政権。
    フセインが独裁者になって、人気取りのためにイラン・イラク戦争。このときはアメリカの支援を受けた

    イラク戦争後は、自由選挙をするとシーア派が勝ち、それをアメリカが支援


    サウジアラビアの王室は、スンニー派のなかのワッハーブ派という教条主義的会派
    初代イブン・サウド国王の男子が六人つづけて王座、現在のサルマーン国王が最後で,次代からは第三世代


    シリアでは1970年からバース党系のアサド一家が権力を握っている。
    アラウィー派というシーア派に近接した宗派に属しイランとの関係が密接。
    パレスティナのハマスやレバノン(キリスト教とイスラムが拮抗)のヒズボラと関係が深い


    トルコではケマル・パシャによる革命以来、世俗主義政党が政権
    現在のエルドゥアン大統領は穏健イスラム教政党


    クルド人は、トルコ、シリア、イラク、イランの国境地帯に住む人種で十字軍時代のサラディンも属していた。
    いちども国をもったことのない気の毒な民族


    イランでは、アケメネス朝ペルシャを継承すると称して欧米化を進めたパーレビ国王がイスラム革命で失脚してからシーア派教条主義の神権政治
    アメリカ大使館襲撃事件で外交官保護の条約を無視したことから、アメリカとは絶縁状態




    米国の国際政治学者G・ジョン・アイケンベリー『リベラルなリヴァイアサン』のなかで、
    「第二次世界大戦以降、国際社会は米国主導の下でリベラルな国際秩序を段階的に発展・拡大させてきた」

    冷戦期には米ソ対立の影響からほとんど機能していなかった世界貿易機関(WTO)や国際通貨基金(IMF)なども、その機能や影響力を徐々に拡大


    NGO「フリーダム・ハウス(FH)」によると、中東諸国22カ国中、「自由」に分類される国はわずか2カ国(イスラエル、チュニジア)
    「部分的自由」が3カ国(モロッコ、レバノン、クウェート)、残りの17カ国は「不自由」に分類

    英国の調査会社「エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)」が毎年出している「民主主義指数」においても、
    中東はサハラ以南アフリカを抑えて世界でもっとも非民主主義な地域

    こうした傾向は、これらの指標が最初に発表された年(FHは1972年、EIUは2006年)以降、まったく変化がない


    米国の対中東政策は基本的には次の3つの目標によって規定

    第1に石油・天然資源の確保、
    ペルシャ湾岸諸国、そこに眠る膨大な量の石油(世界全体の原油確認埋蔵量の約半分を占める)、
    そしてそれを運搬する海上輸送経路(シーレーン)の防衛は、冷戦期から現在に至るまで米国の核心的利益

    第2に敵対勢力の封じ込め、
    ソ連に代わってイランとイラクが米国にとっての新たな脅威として台頭したことで、
    ビル・クリントン政権は両国に対する「二重の封じ込め(dual containment)」を対中東政策の中心に据えた

    第3にイスラエルの安全保障
    スラエルは米国製最先端兵器の直接取引が可能
    イスラエルに提供される兵器は周辺アラブ諸国と比べて質的につねに優位 QME[qualitative military edge:軍事力の質的優位]の原則
    イスラエルは第二次大戦以降、現在に至るまで、米国にとっての「累計額で最大の援助受け入れ国」
    1980年代以降はすべての援助がグラント(贈与)となり、毎年一括で支払われる
    2016年には10年間におよぶ対イスラエル軍事支援が合意
    米国は2018年から10年間にわたり計380億ドルの軍事支援を行うことが決定


    米国が2019年に石油の純輸出国となり、ジョー・バイデン政権以降、脱炭素化社会の実現が叫ばれるなかで、
    いまや湾岸諸国に直接的・軍事的に関与し続けることのコストが石油の安定供給を担保することから得られる利益を明らかに上回っている


    米国防専門家のロバート・アート「イスラエルは米国にとっての戦略的価値をほとんど有していない。むしろ、様々な面において戦略的負債だ」
    米国を代表する国際政治学者であるジョン・ミアシャイマーとスティーブン・ウォルトが、
    その背後には米国政治におけるイスラエル・ロビーの強力な影響力が存在すると論じたことで、米国内外で賛否両論激しい議論


    オバマ政権期においてはシリアに対する軍事介入をめぐり政権内が真っ二つに割れていた


    1979年までの米国は、中東を重視しつつも同地域への直接的・軍事的関与が経済面で高くつくこと、
    同地域への過度の関与が反米主義を煽ることなどを警戒

    1970年代末に至るまで、中東政治に深入りすることは極力避けつつ、イスラエルに対しては外交的・金銭的支援を行うに留め、
    地域秩序の維持についてはパフレヴィー朝イランとサウジアラビアという同盟国に一任
    これがいわゆる「二柱戦略(Twin Pillars Policy)」、あるいは「水平線の外から(Over the Horizon)」政策


    1979年にルーホッラー・ホメイニー率いる反シャー勢力がイランで革命。パフレヴィー王朝が崩壊
    「米国にとって、世界でもっとも好ましく、もっとも重要で、かつもっとも誠実な友人」であった国家が一夜にして反米最強硬派


    1987年、湾岸地域に対して本格的に軍事力を展開させる決断を下したのはロナルド・レーガン大統領

    イラン・イラク戦争も終盤に差し掛かった1986年、クウェート船籍のタンカーがイランによって攻撃を受け(このときクウェートはイラクに対して多額の資金援助を行っていた)
    クウェートが米ソ両超大国に対して護衛を要請。ソ連がこの要請に即座に応えたために、米国もペルシャ湾に艦隊を送り込まざるを得ない 「タンカー戦争」


    サッダーム・フセイン政権下によるクウェート侵攻を「生まれつつある新世界秩序への挑戦」であると捉えたジョージ・H・W・ブッシュ政権は、
    1991年1月、「砂漠の嵐(Operation Desert Storm)」作戦に50万人もの戦力を湾岸地域に投入


    クリントン政権は市場経済と民主主義の世界的拡大を目指す「関与と拡大(Engagement and Enlargement)」を外交政策の柱
    危険な「修正主義国家」と認識されていたイランとイラクを政治・経済・軍事のあらゆる側面で同時に封じ込める「二重の封じ込め」政策

    クリントン政権ではイスラエルと深い関係にある高官たちが対中東政策を主導、歴代米政権の中でもとりわけイスラエル寄りの姿勢が顕著
    ヨルダン川西岸地区やガザ地区においてパレスチナ人に対して日常的に暴力を振るい、人権を侵害し、強引な入植地拡大を進めるイスラエルの行動を黙認


    ブッシュ(子)政権は「対テロ戦争」の名の下で、2001年10月、アル=カーイダ指導部の引き渡しに頑なに応じないアフガニスタンのターリバーン政権を粉砕

    イラク戦争。アル=カーイダとの繋がり、そして大量破壊兵器の保有という2つの開戦理由は、バグダード陥落直後にいずれも否定された
    アブー・グレイブやグアンタナモの捕虜収容所では「テロ容疑者」たちに対して違法な尋問・拷問――CIAはこれを「強化尋問法(EIT)」

    2006年1月のパレスチナ国民評議会選挙において民主的に勝利を収めたハマースを「テロ組織」と断じ、パレスチナに事実上の経済制裁


    リベラル派の国際政治学者(後にオバマ政権で国務省政策企画本部長を務めた)アン・マリー・スローターは2008年、
    「ブッシュ以後、もしネオコンが死滅し、リベラル国際主義の名が連座して汚されてしまったならば、
    イデオロギーや価値よりも秩序や安定を追求するようなリアリストがふたたび支配勢力となるだろう」


    2011年初頭にチュニジアで発生した「ジャスミン革命」に端を発し、アラブ諸国全体に広がっていった政変の連鎖「アラブの春」

    エジプトで暴動が始まった2011年1月の時点で、オバマ政権はあくまで同盟相手であるホスニー・ムバーラク政権を支持
    次第に反体制勢力の側が勢いを増すにつれ、2月1日、ムバーラク大統領に対して事実上の退任勧告

    民主的に誕生したはずのムスリム同胞団政権に対してクーデタが発生したときも、
    アブドゥルファッターフ・スィースィー国軍総司令官の下で新たな権威主義体制が成立したときにも、その現実をただ追認
    穏健なイスラーム主義勢力を代表するムスリム同胞団は、その後の軍事独裁政権による徹底的な弾圧

    シリアについても、オバマ政権は化学兵器の使用を「レッド・ライン」と設定していたにもかかわらず、
    2013年8〜9月、バッシャール・アサド政権側による化学兵器使用の疑いが報じられたが、軍事介入を見送った

    「アラブの春」の結果、リビアやシリア、イエメンは逆に破綻国家と化し、イスラーム過激主義勢力にとっての新たな「聖域」が生まれる


    2017年6月のサウジアラビア・UAE・バハレーン・エジプト4カ国によるカタルとの国交断絶
    米国の同盟国であり大規模な米軍基地を擁する湾岸諸国間の分裂

    ムハンマド・ビン・サルマーン皇太子に率いられるサウジアラビアはイエメン内戦へのさらなる軍事介入
    2018年10月にはサウジ王室に批判的なジャーナリスト、ジャマール・ハーショクジー氏の暗殺

    2020年後半にトランプ政権の仲介で成立したイスラエルとアラブ4カ国(UAE、バハレーン、スーダン、モロッコ)の和平

    2021年5月初頭より始まったイスラエル・パレスチナ間での軍事衝突に対し、
    バイデン政権は1週間以上も停戦および当事者間での交渉を要求せず、慎重なトーン
    国連安保理の場でも停戦を求める声明に対して度々拒否権を行使し、国連関係者や米国の友好国、民主党内の左派を幻滅





    信仰や信心は決して“思い出”にはならない。その都度その都度、非連続の連続的(@西田幾多郎)に生じる


    「南無阿弥陀仏」という言葉が、そのまま私を救ってくださる仏さま


    宗教聖典というのは、声を出して読むようにできている
    多くの宗教聖典では、対句が活用されていたり、韻を踏んだり、できるだけ調子良く読めるような単語を使った


    黙読というのは、近代になってから始まった


    キリスト教の教会はひとつの音響装置
    賛美歌や聖書の読誦や説教がいかに聖性を発揮させるか計算された設計


    お寺の本堂も、読経や声明や法談などが効果的に響くような工夫
    天井の高さや本堂の大きさに合わせた建具、高床式の構造や高座の設置など

    正座したときの眼の高さや、ローソクの明かりなど視覚的効果、お香による嗅覚効果なども意識


    「倍音」基本となる音の周波数の整数倍となる周波数の音
    倍音は可聴閾を超えるものも含む

    人間の聴覚で聞こえる周波数は、個人差があるものの、だいたい20Hzから20000Hzくらい

    お寺の鐘をゴ~ンと鳴らすと、ゴ~ンという基本の音以外にも、オンオンオンという振動。これも「倍音」


    チベットやモンゴルには「倍音声明(しょうみょう)」という読経技法
    自分の身体を鐘のように振動させてお経を唱え、瞑想。
    何人もの僧侶が、共に倍音声明で読経することで身心を共振させ、深い瞑想状態へ
    ホーミーと同様の発声技法


    五十音の枠を超えて、もっと心を延ばしていくと、それまで見えなかった世界が開ける


    ムスリムになる時、「シャハーダ」を唱える

    仏教では「三帰依文」“南無帰依仏・南無帰依法・南無帰依僧”を唱える




    第一次世界大戦後のアメリカは軍縮で財政再建をめざし、ワシントン会議で海軍軍備制限条約・九ヵ国条約・四ヵ国条約の三条約が成立
    中国の主権尊重・領土保全、太平洋の原状維持を決め、日英同盟は破棄

    幣原外相が対英米協調を貫き、中国にも柔軟
    蒋介石が北伐で政権を取ると、その結果起きたのが満州事変、満州国の建国

    石原完爾らは万里の長城以南への進出には消極的
    命令違反をした軍人が英雄になったので後輩たちは同じことを夢見た

    西安事件で共産党が蒋介石に対日強硬策を強制。その結果起きたのが日華事変


    太平洋戦争半数の以上の戦死者と民間人死者のほとんどが最後の一年



    康熙帝のころの北京には、イエズス会の宣教師たちが来て、孔子崇拝や先祖の祭祀を容認して布教
    ほかの修道会から異議が出て、教皇庁はイエズス会の布教方法を否定したので(1704年)、
    康煕帝は、イエズス会以外の宣教師の入国と伝道を禁止し(1706年)、雍正帝の1724年には布教が全面的に禁止


    明朝では原則禁止する「海禁政策」がとられ、清朝でも鄭成功の台湾からの反乱を排除するために継続
    日本の鎖国と反対に1684年に解除され、1685年には、上海、寧波、厦門、広州の四ヶ所を開放

    生糸・陶磁器・茶などが輸出され、銀が流入し経済が発展したが、乾隆帝の1757年に広州だけとなり、外国人の活動も厳しく制限


    イギリスから乾隆帝の80歳の祝いを名目にマカトニーを派遣
    「三跪九叩頭の礼」をするかで揉めたが、英国王への儀礼と同じということで許された
    乾隆帝は清は貿易など必要しないと言い放った。


    イギリスは中国に売る物がなく、貿易が拡大すると銀の流出がイギリスにとって辛くなった
    イギリスはインド産アヘンに目を付けた。
    清は対策が遅れ、1790年に禁令を出したものの効果がなく、1820年代には、銀が流出超過

    清朝では「国産化を進める」「公認して関税収入にする」といった容認論もあったが禁止

    イギリス政府は議会での大議論のすえに開戦を決めてアヘン戦争となり(1840年)
    南京条約で賠償金の支払いと香港の割譲、上海などの開港
    虎門寨追加条約で治外法権、関税自主権放棄、最恵国待遇条項承認


    銀の銅に対する交換比率が急騰し、銅で米代金を受け取り、銀で税を支払う農民は困窮


    エホバの啓示を受けたという洪秀全が、広西省で起こしたのが「太平天国の乱」(1851年)
    「滅満興漢」など雑多な主張を掲げて勢力を伸ばし、1853年には南京を占領して天京と改名

    満州族の八旗など正規軍は、周辺民族との戦いを念頭にしたもので、民衆蜂起の鎮圧は想定してなかった。
    漢民族でも支配層から、太平天国の思想が危険だとして、清朝を助ける。
    義勇兵を募集し「郷勇」といわれる私兵集団

    湖南省の曽国藩が組織したのが湘軍
    北京では曽国藩を両江総督(江蘇省・安徽省、江西省の長官)・欽差大臣として鎮圧に当たらせた


    清の官憲がイギリス船籍を名乗る中国船アロー号に臨検を行ったことでイギリスは、宣教師が殺された紛争を抱えていたフランスを誘い開戦(1860年)
    天津条約が結ばれ、公使の北京駐在、キリスト教布教、河川航行、アヘンの輸入などが認められた

    手違いから戦闘が再開され、咸豊帝(西太后の夫)は離宮がある北東の熱河に避難
    英仏連合軍は、乾隆帝がベルサイユ宮殿を模して建てた円明園を略奪し炎上させた


    ロシアの仲介で結ばれた北京条約では、 天津の開港、イギリスへの九竜半島の割譲、中国人の海外への渡航許可が決まり、
    ロシアも沿海州を譲渡されウラジオストックを建設
    清朝でも太平天国を鎮圧するために英仏の助力を借りたいという思惑

    太平天国の乱は治まったが、清は英仏などによる半植民地化、漢族官僚の力の増大、経済破綻、アヘンの蔓延という四重苦
    高杉晋作が上海にやってきて驚いたのはこのころ



    朝鮮では、皇太后が垂簾聴政という院政を行ったり、実家が我が世の春とばかり権力と富を得たり、陰惨な復讐劇の連続
    両班たちは、どうでもいい儀典上の問題を学者を動員して争い、それが国政を揺るがした


    父親が祖父と争い米櫃に入れられて餓死させられた正祖は、はじめは名君で実事求是と利用厚生をめざして、西洋科学文明を受け入れ


    両班たちは、南人と西人の派閥に分かれて争い、南人が大量に追放されると、西人が老論派と少論派に分裂して争い、
    政権が変わると徹底的に前の権力者を追い詰める「換局政治」


    19世紀のはじめごろ、外戚として栄華を極めた安東金氏を排除するために、憲宗の母である神貞王后は、
    策略家だが放蕩をして周囲を油断させていた王族の李昰応と組んで、その次男である高宗を、即位させた。

    李昰応は王の実父を意味する大院君となって、党派と身分を問わず人材を登用し、地方官吏の不正摘発や両班への課税強化
    独裁者になった大院君は、高宗の妃に自分の夫人である閔氏の実家から迎えさせた


    大院君は、ロシアに対抗するために、フランスの助力を得たいと頼んだが拒否されて、フランス人宣教師を処刑
    フランス艦隊は報復攻撃したが、これを撃退し数千人のキリシタンを処刑
    アメリカの商船を焼き討ちにした事件の報復にアメリカ艦隊が江華島へ来たときも撃退


    1871年に、伊達宗城大蔵卿が天津で交渉に臨み、対等の関係に基づく日清修好条規
    清国政府でも議論があったが、曾国藩や李鴻章などが、日本は中国を隣邦と呼び、元寇や倭寇をみても、中国に屈することのない国で、朝鮮などと同じ扱いは無理だと判断


    日本が琉球政府に、清国との交流差し止めや日本の制度の実施を求め、
    華僑系官僚の抵抗を抑え込んで、1879年に沖縄県の設置と国王一家の東京居住を命じた(琉球処分)


    朝鮮に、新政権樹立の通告と条約による近代的な国際関係を求める国書を持つ使者を送った
    大院君は日本の欧化政策を批判し、中国の皇帝のみが使える「皇」とか「勅」の文字が使われているのが許せない、受け取り拒否(書契問題)

    ここで西郷隆盛の征韓論が出るが、大久保利通らは欧米諸国の納得を重視
    西郷の下野後に、日本軍艦への朝鮮側から発砲があったのをきっかけにした江華島事件

    「日朝修好条規(江華島条約)」で、朝鮮に「自主の国 」として清国との特別の関係を否定させ、
    釜山、仁川、元山の開港、治外法権の承認、輸入品への無関税、日本貨幣の通用などを認めさせた


    1897年には朝鮮王国は大韓帝国に模様替え

    大韓皇帝となった高宗は、ロシアを引き入れて日本に対抗させようとし、それが日露戦争の原因


    桂・タフト協定によるアメリカの黙認により、韓国は保護国化
    高宗はこれを反故にする工作して退位させられ、伊藤博文暗殺ののち、1910年に日韓併合


    国歌「愛國歌」は1948年の李承晩大統領による大統領令により、安益泰が1935年に作曲した管弦楽曲「韓国幻想曲」の終曲のメロディーからとった。
    「満洲国建国10周年記念音楽会」で披露された「満洲国祝典音楽」そっくりな部分がある

    安益泰は平壌生まれで、1921年に渡日し正則中学校や東京高等音楽学院で学び、1936年渡欧してウィーンへ留学し、リヒャルト・シュトラウスに学んだ。
    ナチス支配下のドイツで活躍し、戦後はフランコ政権のスペインへ移住して現地の女性と結婚、スペイン国籍を取得


    漢語をアルタイ語系に似た文法の話し言葉のなかに挟み込む「書き下し文スタイル」は日本語からの転用
    井上角五郎が韓国語への応用を考え出したものだから、非常に似ていて、漢語部分はそのままに、仮名をハングルに置き換えただけに近い

    朝鮮総督府の文化事業で再建された仏教遺跡が多い

    朝鮮焼肉は、大阪で照り焼きソースに唐辛子を加えたホルモン焼が元祖
    キムチに使う唐辛子は秀吉の半島遠征のころに日本から伝わった





    ローマ帝国は一時期にはメソポタミアまで版図に入れたが、少し無理があるのでトラヤヌス帝は撤退。
    そのあとに三世紀になって強力な帝国を築いたのは、ゾロアスター教を国教とするササン朝ペルシャ

    ローマ帝国では313年にコンスタンティヌス帝がキリスト教を公認し、首都をコンスタンチノープルに移して東方対策を強化
    ササン朝ペルシャと死闘を繰り広げ、ローマ皇帝が捕虜になった

    六世紀にはササン朝ペルシャとローマ法大全をまとめたユスティニアヌス大帝を出した東ローマ帝国がいずれも全盛を迎えた

    ササン朝ペルシャでは、マニ教などの試みはあったが、古い宗教から脱皮できなかった

    この両帝国の対立でシルクロードが機能不全となるなかで栄えたアラビア半島からキリスト教の改良版というべき新宗教をもって現れたのがムハンマド
    622年にメディナに聖遷(ヒジュラ)し、実質上のイスラム国家を建国

    このイスラム帝国は651年にササン朝ペルシャを滅ぼし、あっという間に地中海の南側を進みイベリア半島まで手に入れた。

    東ローマ帝国はコンスタンチノープルを死守したが、イスラム教対策として偶像禁止など純化路線に傾かざるをえなかった
    西ヨーロッパの土俗信仰と融合しながら現実路線を歩んでフランク王国と協力しながら西ヨーロッパの秩序維持を進めていたローマ教会と相容れなく、教会の東西分裂

    スペインから北上するイスラム勢力を東ローマ帝国に頼ることなく撃退したカロリング家からカール大帝が出て西ヨーロッパの再建

    イベリア半島をイスラム勢力から取り戻そうというレコンキスタ(国土回復運動)の一環として、ポルトガルがアフリカに進出
    ポルトガルは1488年に喜望峰、1498年にはインドに達して貿易を独占

    スペインは、アフリカでおくれをとったので、西回りでインドを目指そうとしたところ、コロンブスがたまたまアメリカ大陸を発見
    多くの銀山を開発してヨーロッパ経済への支配を強めた。
    スペイン人は、新大陸の資源を手に入れただけでなく、新大陸の各地とほかのヨーロッパ諸国の貿易を禁止して交易も独占

    中央アジアから起こったテュルク族が1453年にコンスタンティノープルを陥落させてオスマン帝国を建国
    サラセン帝国と東ローマ帝国に代わる東地中海の支配者となった

    十字軍の活動を経済的に支え、ヨーロッパの金融を支え、毛織物など新しい産業も起きたイタリアでは、ルネサンスが興って宗教の束縛から逃れた精神活動も活発に

    ロシアは近代化は不十分だったがナポレオン戦争の勝利への貢献でヨーロッパ主要国としての認知を得た。

    オスマン帝国はフランスに支援されたエジプトの自立で帝国の枠組みが崩れ始め、最終的には、第1次世界大戦での敗戦によってオスマン帝国は滅びた




    「特定都道府県知事は、みだりに当該者の居宅又はこれに相当する場所から外出しないこと
    その他の新型インフルエンザ等の感染の防止に必要な協力を要請することができる」
    と新型インフル特措法45条で書かれているだけで、行政が命令する権限はない。

    ロックダウンは、憲法22条の「居住、移転及び職業選択の自由」を侵害するので、憲法を改正して非常事態条項を設ける必要がある

    憲法の条文と明らかに矛盾する法律は、内閣法制局の審査を通らない



    日本のコロナ死亡率(累計)はG7でも群を抜いて低く、イタリアの約1/20
    世界でもっとも厳格な行動制限を行ったイギリスの死亡率が、日本の15倍
    日本以上に清潔で几帳面なドイツの死亡率が、日本の10倍


    日本人に遺伝的に多いヒト白血球抗原(HLA-A24)がデルタ株の感染に影響しているという研究結果

    アメリカでは日系のコロナ死亡率は白人と同じ

    消去法で考えると、残るのは東アジア特有のコロナ系ウイルスに対する広い意味の自然免疫



    IPCCの第6次報告書(AR6)は「1.5℃上昇の危機」を強調した2018年の特別報告書に比べると、おさえたトーン


    何もしないで化石燃料の消費が加速度的に増えた場合、2100年に2m近い海面上昇の可能性
    2300年には海面が7m上昇する低い可能性があり、最大15m上昇する可能性もゼロではない

    そういう事態が発生するのは、地球の平均気温が氷点のような臨界点を超え、南極とグリーンランドの氷山が大量に溶けた場合だが、
    今の南極の年平均気温はマイナス10℃。

    そういう臨界点が存在するという科学的根拠はなく、大多数の科学者はその可能性を否定


    AR6も検討している気候工学

    成層圏エアロゾル注入(SAI)
    飛行機などを使って成層圏にエアロゾル(硫酸塩などの微粒子)を散布し、雲をつくって太陽光を遮断
    エアロゾルで地表の気温が下がる効果は、火山の噴火で実証されている。
    1991年のピナツボ山の噴火では、地球の平均気温が約 0.5℃下がった

    理論的には、SAIで20年以内に工業化以前の水準まで地球の平均気温を下げる
    これによってできる雲は上空約20kmの成層圏に滞留するので、地上に大気汚染は出ない

    散布する硫酸塩は工場で大量に出る廃棄物なので、Smith-Wagnerの推定によると、最初の15年間のコストは全世界で毎年22.5億ドル以下
    毎年2000億円程度ですむ

    その副作用はやってみないとわからない。始めたらずっと続けなければならない


    EUで盛り上がっているカーボンニュートラルは、全世界で毎年100兆円以上コストをかけて大気の組成を変えようとする無謀な実験
    ESG投資のほとんどはサンクコスト

    確率が低いが影響の大きいテールリスクにどう対応すべきかについては、経済学にスタンダードな答はない




    タリバンは、アメリカ軍の8月末までの完全撤退で生じた「力の空白」を一気に埋め、
    20年にわたって民主化の促進や軍の育成に取り組んだアメリカのアフガン政策は失敗に終わった。

    女性の人権侵害や石打ち刑、音楽の禁止など厳格なイスラム法による統治という2001年のアメリカ軍侵攻まで続いたタリバン政権の悪夢の再来
    女性の教育を認めなかったり、不貞行為に対して石打ち刑を科したりする

    タリバンの動きに触発されてパキスタンをはじめとした周辺国のイスラム勢力が勢いづく
    アルカイダなど欧米を標的とした過激派の「テロの温床」となる可能性

    バイデン大統領も「アフガンに軍事的な解決策はない」として前政権の路線を踏襲。
    タリバンの攻勢にもかかわらず、全面撤退を進めてきた

    アフガン政府の統治能力や国軍の能力が欧米の支援によっても向上しなかった
    政府側につく軍閥や部族が勝手に市民から税金と称して金銭を巻き上げたり

    タリバンは主要都市を激しい戦闘もなしに掌握
    部族や軍閥による支配が色濃いアフガンでは、アメリカ軍という後ろ盾を失ったガニ政権を支えてきた部族や軍閥が、日和見的にタリバンに従属

    アフガンの陸軍や空軍、治安部隊などは計30万人以上で、6万人の戦闘員を抱えるタリバンに対して数字面で圧倒
    しかし、国軍は寄せ集めで軍閥や部族への帰属意識が抜け切れず、国軍としての統一感に欠けて士気も乏しい

    タリバンは空軍パイロットを暗殺するなどゲリラ戦術で空軍力を弱体化させ、装備での劣勢を跳ね返した。
    パキスタンなどからの外国人義勇兵も加わっている

    タリバンは、カタール・ドーハに政治事務所を構え、アメリカ政府と交渉して和平合意を結ぶ

    アメリカ軍に協力してきた軍関係者や通訳、政府関係者のリストをタリバンは手にしている
    すでにタリバンは政権幹部や軍関係者、ジャーナリストなどを暗殺

    東西冷戦下、パキスタンは、アフガンに侵攻したソ連による共産化を阻止するため、
    アメリカから資金を得て、ソ連軍と戦うムジャヒディン(イスラム戦士)を支援、タリバンの生みの親となった

    パキスタンの情報機関、軍統合情報局(ISI)は、その後もタリバンと関係を保ってきた
    宿敵インドに対抗するため、タリバンを通じてアフガンに影響力を確保

    ガニ大統領らはパキスタンがタリバンを支援していると非難

    パキスタンのイスラム武装勢力「パキスタン・タリバン運動」(TTP)の活動活発化につながる

    7月下旬、タリバン代表団が中国を訪問し、王毅国務委員兼外相と会談している。
    タリバンと中国の間では、道路網整備などの投資案件も浮上

    現在、アフガンに潜伏するアルカイダ活動家の数は200〜300人




    臨床試験中の新型コロナウイルスワクチンは約100種類ありますが、そのうち7種類が鼻から吸引するタイプのワクチン(点鼻型ワクチン)
    点鼻型ワクチンは『針を使わない』『感染部位への抗原送達能力の高さ』などのメリット

    1960年代から使われているインフルエンザワクチンの1種である弱毒生インフルエンザワクチン(LAIV)も点鼻型

    LAIVは呼吸器における免疫機能を担う免疫グロブリンA(IgA)の気道と血清内での生成を誘発
    注射タイプのインフルエンザワクチンは主に血清内での免疫グロブリンG(IgG)の生成を誘発

    IgAは気道や鼻腔内でウイルスからの攻撃を効果的に防御
    IgGが気道や鼻腔を保護するためにはIgGの毛中濃度が十分に高い必要
    このため点鼻型ワクチンの方が筋肉注射ワクチンと比べてウイルスに対する防御効果が高い

    患者の気道で、B細胞やT細胞といった免疫細胞を素早く産生するためのメモリーB細胞・メモリーT細胞の産生が誘発されることも点鼻型ワクチンのメリット

    点鼻型ワクチンの材料には「弱毒化されたワクチン」が使われているため、mRNAワクチンでは生じない「ワクチン接種によるウイルスへの感染リスク」が生じる
    点鼻型ワクチンは筋肉注射ワクチンと比べて獲得できる免疫の持続期間が短い可能性




    Tik Tokには一定の条件をクリアした動画投稿者に報酬を与えるクリエーター・ファンドという仕組み

    インスタグラムでは「スワイプアップ」機能を使って企業のサイトにリンクを貼れる。
    フォロワーがサイトに飛んで商品を買えば、売上げの数パーセントが還元される

    021年に世界のインフルエンサー・マーケティングの市場規模は138億ドル




    1960年代初頭、無審査・自由出品をうたい文句とし、無秩序で反体制的な雰囲気のもと多くの若手アーティストが個性を競った読売アンデパンダン展を取り巻いていた、エネルギッシュな喧騒状態
    1960年の同展において、工藤哲巳はオブジェ作品『増殖性連鎖反応』を発表し賛否両論の物議をかもしたが、美術評論家東野芳明が『読売新聞』の展覧会評でこの作品を擁護する立場から「反芸術」という言葉を用いた
    ネオ・ダダイズム・オルガナイザーズやハイレッド・センター(高松次郎、赤瀬川原平、中西夏之)など当時頭角を現しつつあった若手アーティストの、ややもすると反社会的、挑発的な性格をもった作品

    「反絵画」「反彫刻」「反批評」などの呼称が相次いで登場、また演劇や文学の領域でも「アンチ・テアトル」「アンチ・ロマン(ヌーボー・ロマン)」

    読売アンデパンダン展は、63年の第15回展を最後に開催中止が決定、翌64年1月にはそれを受けてブリヂストン美術館ホールで東野が司会を務めた公開討論会「反芸術 是か非か」に多くの若手作家が参加


    「ハイレッド・センター」
    東京オリンピックの期間に白衣・マスク姿で銀座を清掃する《首都圏清掃整理促進運動》など社会性を持ったイベント


    日常に乱入して奇怪なパフォーマンスを繰り広げ、オブジェの増殖や逆に事物を覆い隠すことで平穏な日常を攪拌させ、
    「公的な私的空間」で「公」と「私」を、また「芸術のための場」と「日常」を幾重にも反転させ、ついにはまるで善意であるかのように装いつつ得体の知れない無目的な行為を町中で繰り広げ、
    不気味な存在感を示しつつ公共の中に溶け込んでいった。ほんのわずかな期間のあいだに、オフ・ミュージアム的な試みも、
    経済や政治に対する疑いも、「公」と「私」の境界への問いも、きわめてラディカルに展開


    郵便物を使った芸術の表現であるメール・アートも反芸術の一種。
    公式な美術の発表の場(展覧会など)から離れた場で発表され、しかも政府の郵便制度を利用したさまざまな実験は、芸術と社会との摩擦を巻き起こした



    「ダダイズム(Dadaism)」は、20世紀初頭のヨーロッパの前衛芸術運動。1916年にスイスのチューリヒにあるキャバレー・ヴォルテールで始まり、
    その後1915年にニューヨーク・ダダ、1920年にパリで開花、ほかに、ベルリン、ケルン、ハノーヴァーなど世界中の都市で流行

    現代資本主義の論理、理性、美学を否定し、無意味、不合理、反ブルジョア的な要素を含む表現をする芸術家たちが中心になって展開

    ドイツ人芸術家のリヒャルト・ヒュルゼンベックがペーパーナイフを辞書に無造作に挿入したときに現れた言葉が「ダダ(木馬のフランス口語)」だった
    「ダダ」という言葉は、子どもが最初に発する言葉のように思えるため、子どもらしさと不条理さを呼び起こす芸術性

    ルーツとなっているのは第一次世界大戦前の前衛芸術である。視覚芸術においては、キュビスムから発展したコラージュ技法やワシリー・カンディンスキーの抽象理論を融合させ、現実や既存の慣習の制約から逸脱

    「作者」の創造力や技術を否定し、作品のなかに日常生活の雑多な要素を持ち込み、芸術を特権的な地位から引きずりおろす
    言語芸術においては、フランスの詩やドイツ表現主義の文章を融合させて、言葉と意味の親密な相関性を破壊

    「反芸術(Anti-art)」という言葉は、1913年頃にマルセル・デュシャンが作った言葉で、この言葉をもって最初のレディ・メイド作品を制作

    アルフレッド・ジャリの演劇『ユビュ王』やエリック・サティのバレエ『パラード』は、ダダイズムの先駆体

    ダダ運動の信念は1916年にフーゴー・バルのダダ宣言に最初に集約

    後の前衛芸術やダウンタウン・ミュージック運動、シュルレアリスム、ヌーボー・リアリズム、ポップ・アート、フルクサスのなどのグループに影響を与えた





    現在の英国の感染者のほぼ全てがデルタ株で、残りは不明
    今年の4?5月まではアルファ株が圧倒的に優勢だった


    <過去6ヶ月における新型コロナ患者の致死率>

     アルファ株           デルタ株
      50歳以上   4.8% 50歳以上   2.0%
      50歳未満  0.06% 50歳未満  0.03%
    合計     1.1% 合計     0.2%

    ほぼ5分の1


    <ワクチン接種歴別致死率(デルタ株感染によって死亡したコロナ患者のうち)>

      接種済み           接種なし
      50歳以上   1.7% 50歳以上   5.9%
      50歳未満  0.02% 50歳未満  0.03%
    合計     0.4% 合計    0.16%

    若年層においてもワクチン接種によって致死率は0.03%から0.02%へ低下
    つまり若年感染者1万人に1人がワクチン接種によって命が助かる計算

    イギリスでは国民の半数以上がワクチンを2回接種した時点から感染爆発が発生




    米下院外交委員会の共和党スタッフがマイケル・マッコール筆頭委員の下で、これまで2回にわたって、新型コロナ問題に関する報告書を発表


    武漢ウイルス研究所は、新型コロナの感染が広がる前、廃棄物処理システムやお粗末な空調設備の改造に取り組んでいた

    石正麗は、本来なら「BSL-4」という高度な実験室で行うべきウイルスの遺伝子操作実験を、
    「BSL‐2」や「BSL-3」のような簡易な実験室で取り組んでいた。BSL-2は歯医者の診察室レベル


    「2019年9月12日の午前2時から午前3時にかけて、武漢ウイルス研究所のデータベースが突然、シャットダウンされ、現在に至るまで、外部から接続できない
    そこには、同研究所が収集した22000以上のコウモリとネズミの病原体サンプルと、その遺伝子情報が収録されていた
    このデータベースを参照すれば、どんな病原体がいつ、どこで収集され、ウイルスがうまく分離されたかどうか、が分かる

    石氏は、複数のメディアに対して「パンデミックの最中に受けたサイバー攻撃のためにダウンした」
    2019年9月時点でパンデミックは発生していない


    米外交官は国務省に技術者の訓練不足などを懸念する電報を送っていた。


    報告書は以上から「2019年9月12日以前のどこかで流出が起きた」と推測


    ボストン大学やハーバード大学の研究者たちは衛星画像を基に19年9月と10月、武漢にある6つの病院のうち、
    5つの病院の駐車場が他の平均的な日に比べて、非常に混雑していたことを突き止めた

    中国の検索エンジンである「バイドゥ」で「咳」と「下痢」が武漢でどれほど検索されていたか。その2語は、同じ9月と10月にピークに達していた


    2019年10月18日から武漢で第7回軍事スポーツ世界大会(MWGs)。これは「軍人のオリンピック」
    世界109カ国から9308人の選手が集まり、27種類の329競技で競った。中国政府は23万6000人のボランティアを募り、90のホテルを用意

    参加したカナダの選手は
    「街はロックダウン状態だった。私は到着後、12日間、熱と悪寒、吐き気、不眠に襲われ、帰国する機内では、60人のカナダ選手が機内後方に隔離された。私たちは咳や下痢などの症状が出ていた」とカナダ紙に証言

    報告書は、この大会が「新型コロナを世界に広げた原因」とみている。
    参加国のうち、イタリアとブラジル、スウェーデン、フランスの4カ国について、具体例を示しながら「2019年11月から12月にかけて、国内での感染発生を確認した」

    競技会場も、6つの病院も、さらには大会参加後に体調不良を訴えた選手がいた場所も、すべて武漢ウイルス研究所の周辺


    2019年秋に武漢ウイルス研究所の研究者が体調を崩した


    2013年からコロナウイルスを抽出する研究
    研究資金の一部は米国の国立衛生研究所(NIH)や国立アレルギー・感染症研究所(NIAID)から、ニューヨークの非営利団体であるエコヘルス・アライアンスを通じて、武漢ウイルス研究所に流れていた

    パンデミックが始まる前の2018年から19年にかけて、コロナウイルスを遺伝子的に操作し、ヒトの抗体システムに試す実験を盛んに行っていた
    米国納税者の資金が中国の生物兵器研究に使われていた


    石氏は、2020年1月20日に科学専門誌「ネイチャー」に発表した論文で
    「雲南省の洞窟にいるキクガシラコウモリから抽出された『RaTG13』というウイルスが、新型コロナウイルスの遺伝子配列と96.2%同じであり、もっとも近い」と主張
    つまり「RaTG13こそが、新型コロナは自然由来であることを示す証拠」と指摘

    RaTG13について、専門家から多くの疑問が指摘され、
    彼女は10カ月後の20年11月17日、同じネイチャー誌で
    「RaTG13は、実は2012年から13年にかけて採集した『ID4991』というウイルスだった。また、完全な遺伝子配列が得られたのは、最初の論文に書いた2020年1月ではなく、2018年だった」と修正

    彼女は「ウイルスのサンプルはすべて使い果たした」と主張
    2021年6月のニューヨーク・タイムズとのインタビューでは「私の研究所では、ウイルスの機能を高める『機能獲得』研究をしたことがない」と真っ赤な嘘

    RaTG13と新型コロナの最大の違いはスパイク・プロテインであり、それこそ武漢ウイルス研究所が何年もの間、さまざまなコロナウイルスを改変しようとしていた部分


    2005年以来16年間にわたって、石氏がダスザック氏とともに行ってきたコロナウイルスに関する研究
    少なくとも2015年以降、まさに機能獲得研究


    ダスザック氏を議会に召喚するよう要求
    ダスザック氏と連携していたNIAIDのアンソニー・ファウチ氏も共和党議員によって、司法省に犯罪照会


    バイデン大統領が米情報機関に指示した「武漢ウイルス研究所からの流出説」を含めた調査報告の提出期限は、8月24日



    菅氏は時事とNHKの世論調査を重視

    8月の時事世論調査(13日)
    内閣府が4-6月期GDP速報値を公表(16日)
    横浜市長選挙(22日)
    パラリンピック開会式(24日)
    自民党総裁選管理委員会が9月の総裁選日程を決定(26日)
    東京都など6都府県の緊急事態宣言の期限(31日)

    9月 デジタル庁が発足(1日)
    パラリンピック閉会式(5日)
    自民党総裁選告示(17日?)
    自民党総裁選挙(29日?)
    自民党総裁の任期切れ(30日)

    10月?衆議院議員の任期満了(21日)

    来年夏の参議院選挙

    自民党員は現在約113万人



    ○丙子椒林剣へいししようりんけん
     聖徳太子の佩刀と言われている。
     
    ○七星剣しちせいけん
     北斗七星が意匠された刀剣の呼称。破邪や鎮護の力が宿るとされ、法隆寺の七星剣は聖徳太子の幼少期の守り刀であったと伝わる。
     
    ○小烏丸こがらすまる
     桓武天皇の元に烏が伊勢神宮の使いとして降りてきて、刀を落としたという伝承がある。
     
    ○木枯こがらす
     この刀を大木の根元に立てかけておいたところ、翌朝には木が古木の如く枯れ果てていたことから名付けられた。
     
    ○童子切安綱どうじきりやすつな
     源頼光が酒呑童子を斬った太刀。他にも坂上田村麻呂が鈴鹿御前との戦いに使用した。
     
    ○髭切ひげきり
     罪人の首を切らせたところ、髭まで一緒に切り落としたことから髭切と名付けられた。後に渡辺綱が鬼の腕を切ったことから「鬼丸」、その後、夜に獅子の鳴くような声で吠えたので「獅子ノ子」と名前が変わる。
     
    ○膝丸ひざまる
     髭切とそろいの一組として作られた刀。源頼光が土蜘蛛退治に用いて「蜘蛛切」、その後、夜に蛇の泣くような声で吠えたので「吠丸」と名を改めた。源義経の手に渡わたった後は「薄緑」と呼ばれる。
     
    ○小狐丸こぎつねまる
     稲荷明神が刀工・宗近と共に太刀を打ったとされる。
     
    ○獅子王ししおう
     都を騒せた鵺を仕留めた恩賞として、天皇から源頼政に下賜されたもの。
     
    ○にっかり青江あおえ
     ある武士がにっかり笑う女の幽霊を切り捨てて、翌朝確認をしたら石塔が真っ二つになっていたという伝説による。
     
    ○へし切長谷部きりはせべ
     織田信長が茶坊主を成敗した際、台所の膳棚の下に隠れた坊主を棚ごと切り捨てた。
     
    ○骨喰藤四郎ほねばみとうしろう
     斬る真似をしただけで相手の骨を砕いてしまったという逸話がある。
     
    ○雷切らいきり
     元の名前は「千鳥」。立花道雪が落ちてきた雷(雷神)を切ったとされる。

    ○鬼人大王波平行安きじんだいおうなみひらゆきやす
     石川県能登の民間伝承では鬼が作ったといわれる。
     
    ○蜈蚣切むかできり
     藤原秀郷が大百足を退治した礼に龍神から送られた宝物。



    1897(明治30)年の「古社寺保存法」
    歴史的な社寺や、社寺が所有する宝物について、美術的に模範になるものを「国宝」として指定し、社寺に対して保存と公開のための補助金を交付

    1868(慶応4、明治元)年、新政府は神(神社)と仏(寺院)を切り分けよ、と(神仏分離令)、神社に祀られていた仏像・仏具などを強制的に排斥。
    僧侶に還俗を迫り、多くの寺院が廃寺

    廃仏毀釈が激しかった地域は、水戸・佐渡島・松本・富山・伊勢・奈良・土佐・隠岐島・宮崎・鹿児島

    木造仏は薪にされ、金銅仏は溶かされ武器にされ、石仏は橋や建造物の建材にされた

    廃仏毀釈のピークは1870年代前半


    お雇い外国人や外国人美術商たちが、放置された仏像を保護し、買い集め、海外へと「逃した」

    大森貝塚を発見した米国の動物学者エドワード・モース、
    米国の哲学者で美術史家アーネスト・フェノロサ(や、その弟子の岡倉天心)、
    米国の医師で日本の仏教史にも精通していたウィリアム・スタージス・ビゲローら

    「東洋美術の殿堂」米国ボストン美術館のコレクションになった。その点数は10万点以上。
    岡倉天心は後にボストン美術館の初代東洋美術部長に就任


    廃仏毀釈時、多くの寺宝が売却され、一部がその新宗教団体に流れた

    国宝「無著・世親像」は、あの美しき阿修羅像たちとともに、ゴミ同然の扱いで中金堂の隅に乱暴に捨て置かれていた。阿修羅像の右腕はポッキリと折れていた

    興福寺に安置されていた「乾漆十大弟子立像」。現在、同寺に残る十大弟子立像は6体のみ。いずれも国宝に指定されているが、残る4体は廃仏毀釈時に散逸
    2014年に、ニューヨークで開かれたクリスティーズのオークションで、それが出品




    十干(じっかん)と十二支を組み合わせる干支(えと)。
    今年の干支は「辛(かのと)丑」だが、一般的には十二支で「丑年」。
    干支は古代中国、殷の時代に考案され、朝鮮を通じて日本に伝わった



    木下藤吉郎の父親は、信長の父信秀の鉄砲足軽だった木下弥右衛門
    土屋知貞という江戸時代の旗本が藤吉郎の出身地である尾張国中村の代官・稲熊助右衛門の娘から聞いた話を書いた『太閤素性記』
    鉄砲足軽というのは、鉄砲伝来の時期からいってありえない

    秀吉も義母の「なか(大政所)」も秀吉の父親である弥右衛門の話になると口を濁す

    茶坊主として織田家に仕えていたこともある竹阿弥と一緒に暮らすようになり、生まれたのが大和大納言となる秀長と徳川家康の奥方となる旭
    秀吉や姉で秀次の母親であるともと、秀長や旭はあまり似ておりません

    秀吉は尾張国愛知郡中村郷、現在の名古屋駅の南側あたりに拡がる中村区の出身

    正確な場所としては、豊国神社のあたり、もっと南の「弥助屋敷跡」も含めた三か所の候補がある

    藤吉郎は、関白になるころ、なかの父は「萩の中納言」だが、政争に巻き込まれて尾張に逃れたが、なかは京へ上って宮仕えをして藤吉郎を孕んだのだといったり、
    天下統一後には、日輪がなかの胎内に入って生まれたとか、日吉権現の生まれ替わりともいい出した

    秀吉が太陽の子だとか云うのは、明や朝鮮など各国への書状に書いた



    薩摩の島津の初代は、秦の始皇帝の子孫と称する古代豪族秦氏の末裔で、平安時代の終わりごろに貧乏公家だった惟宗朝臣忠久
    母方の祖母が頼朝の乳母だったので武士となったが、室町時代になって子孫が頼朝の御落胤だったといい出した

    蓮如上人も、石山寺本尊の如意輪観音が生まれ替わったという伝説を流布



    中国は、昨年末から自国企業シノバックとシノファーム製のワクチンをASEANや中南米など50カ国以上へ供給

    アメリカはワクチンの公平分配を目指す国際枠組み「COVAX」を通じて5億回分(中国が世界に拠出するとみられる分とほぼ同数)の海外供給

    自国製ワクチンを有するロシアや生産設備を持つインドも供与に積極的



    「東京五輪は神宮の国立競技場を改築するがほとんど40年前の五輪施設をそのまま使うので世界一カネのかからない五輪なのです」
    東京オリンピック招致時の猪瀬直樹都知事の言葉


    日本で78%の人が2021年の開催に反対、イギリスで66%、IOCのバッハ会長の母国であるドイツで63%、世界平均で57%の人が反対

    1998年に開催された長野オリンピック開催は多額の負債を残した。これを返済するために10年以上もかかった

    1960年以降のオリンピック大会の総費用は、平均して予定額の2.7倍となる

    ロンドンオリンピック(2012年)と比べ、東京オリンピック(1964年)は53分の1の費用、商業主義の始まりとされるロサンゼルスオリンピック(1984年)でさえ20分の1の費用

    スポーツ法の早川吉尚立教大学教授によれば、オリンピック開催中止を日本が切り出せば、IOCが債務不履行として賠償を求める可能性が大きい



    パルスオキシメーターを配布し、身近な地域の診療所が、往診やオンライン診療などによって、丁寧に状況を把握できる
    家庭内感染のおそれがあるなどの事情がある方には、健康管理体制を強化したホテルを活用

    重症化リスクを7割減らす画期的な治療薬について、50代以上や基礎疾患のある方に積極的に投与し、在宅患者も含めた取組

    厚労省の指針でも「中等症Ⅰ」は「入院の上で慎重な観察が必要」とされており、自宅療養の対象ではない

    死者のほとんどは70歳以上で、60歳以下の重症者はほぼゼロ。東京都の入院患者の96%は、軽症・中等症
    重症患者の指標である人工呼吸器の利用率は、東京都でも34%

    コロナ病床は3.6万床で、今年1月から8000床しか増えていないが、一般病床は30万床があいたまま





    「うろうろ」
    漢字で「有漏」と書く。漏れるものが有るという意味で、煩悩のこと。
    「うろうろする」とは本能や欲求に翻弄されている様子ということ。煩悩がないことを「無漏(むろ)」と言う

    「頂戴」
    仏教の教えや経典などを、頭の上にのせ頂くことで、最高の敬意を表す行為のこと

    「我慢」
    自我の慢心という意味。慢心とは、うぬぼれて、他を軽んじる。要するに思い上がりの心。それが転じて、我を張ること、強情なことを「我慢」と言うようになった

    「布団」
    坐禅の時に敷く敷物のことで、中に蒲(がま)が詰められたもの。蒲の葉で編んだものもあるそう。もとは「蒲団」と書いた

    「退屈」
    「仏道修行の厳しさに屈し、逃げ出してしまうこと」を意味。仏道の世界で生きることを目指したが、志半ばで挫折し、逃げ出したはいいが、することがなくなりヒマ。

    「玄関」
    「玄妙な道に入る関門」、つまり悟りの道の入口。仏教用語

    「主人公」
    禅宗の思想から生まれた仏教用語、その意味は「本当(本来)の自己」

    「旦那」
    サンスクリット語の「ダーナ(檀那)」が語源で、布施、または布施をする人という意味。寺院や僧侶からすると、そういうことをしてくれる人たちのことが檀那。
    それが転じて、財産家や夫、パトロンのことをそのように呼ぶようになった。経済的にも精神的にも支えてくれる存在

    「ごたごた」
    鎌倉時代に宋から来日した僧、兀庵普寧(ごったんふねい)という禅師の言葉が理屈っぽく訳が分からないことから、
    理路整然としていないことを「ごったんごったん」と言うようになり、それが縮まって「ごたごた」となった
    ちなみに「ごった煮」の名前の由来も兀庵普寧から

    「なんたらかんたら」
    不動明王の御真言「うんたらたかんまん(真言宗系)」

    「億劫」
    「劫」はサンスクリット語の「kalpa」の音写で、古代インドの最長の時間の単位
    「一劫」は「100年に一度、天女が高い岩山に降りてきて、羽衣で頂上を撫で、その摩擦でその岩山が消滅するまでの時間」43億2000万年
    億劫は43億2000万年の1億倍


    「三密」とは、密教の宗派の教えで、身密(しんみつ)・口密(くみつ)・意密(いみつ)の総称。密教の修法の要素のひとつ。
    身密とは、仏の身体のはたらき。行者が印を結んで(両手の指をさまざまに組み合わせて宗教的理念を象徴的に表現すること)仏の身体と一体になること。
    口密とは、教典を読み、真言・陀羅尼を誦すること。
    意密とは、仏の心のはたらき。行者が心に本尊や菩薩心を観想(心を集中して深く観察すること。仏や浄土の様相を想起)すること、心密





    デルタ株の感染者のウイルス量は、従来株に感染した場合の1000倍
    入院患者の97%は未接種者


    接種を完了したにもかかわらず感染する「ブレークスルー(突破型)感染」
    たとえ無症状であったとしても、未接種の人々と同じくらい感染を広げる

    従来型のウイルスが免疫を突破することはまれだったことから、CDCは5月に、接種を済ませた人は屋内でマスクをしなくてもよいという指針を出した

    デルタ株の感染力は、中国の武漢で広がったもともとの新型コロナウイルスの2倍
    ある研究によると、デルタ株に感染した未接種者のウイルス量は、従来株に感染した場合の1000倍

    ウイルスを侵入口で止め、上気道で増殖しないようにするため、鼻腔内に噴霧する経鼻ワクチン




    スケートボードは1940年代に発祥
    2005年くらいからX-GAMESなどの大会が米国で人気になって、徐々にスポーツとして扱われるようになった。
    日本のスケート施設は、競技人口の1割もカバー出来てない
    スケートボードは「ストリート」と「パーク」の2種目。
    「ストリート」は街中の階段や手すり、縁石、スロープなどで練習する競技者が多い

    夏と冬の年2回開催される「X-GAMES」などの大会が、アメリカのケーブルテレビに大きく取り上げられるようになった2005年から、徐々にスポーツとしての認識が高まっていった。
    スケートボードは1940年代に発祥、
    これまでの80年あまりの歴史のうち、スポーツとして意識されているのは、たった16年


    日本のスケートパーク事情というのは、まだまだ後進国であり、施設は、競技人口の1割もカバー出来ていない
    スケートボードは、初期投資が安く、舗装されている道さえあれば、いつでも気軽に出来る

    スケートボードには「ストリート」と「パーク」の2種目がある。
    「ストリート」は街中にある階段や手すり、縁石、スロープなどを真似て作ったセクションで競技

    堀米選手は10代前半の頃には、国内トップ選手として活躍し、2019年に開催された世界最大級のスケートボードの世界大会Street Leagueにて3連覇を果たす

    西村選手は、7歳からスケートボードを始め、その数年後には全国大会で優勝。
    2016年には、エクストリームスポーツの最高峰である『X-GAMES』や、全世界のスケートボーダーの中から選ばれた8人しか出場できない『SUPER CROWN』に出場
    今年行われた「Street Skateboarding World Championships 2021 in ROME」では堀米選手と並んで金メダルという快挙。男女の表彰台に日本人選手が3人も立つ




    各会場で働く五輪スタッフには、最高で日当35万円という法外な賃金が税金から支払われ

    「本大会に向けての準備業務」のディレクターは1人当たり1日35万円、40日間で1人1,400万円
    「大会準備期間における会場運営計画策定業務」のディレクターは1人当たり1日25万円、40日間で1人1,000万円
    「大会期間中における会場運営業務」の運営統括やディレクターやスーパーバイザーらは日当20万円
    サブディレクターは日当13万5,000円、アシスタントディレクターは日当10万円、マネージャーは日当5万円、
    サービススタッフですら日当2万7,000円。
    募集人数は約800人、契約金額の合計は約6億2,300万円

    人材確保は、五輪組織委員会が、電通や博報堂やADKや東急エージェンシーなどの大手広告代理店に丸投げ

    最高額の日当35万円のディレクターの場合、代理店側は諸経費として15%、管理費として5%を上乗せし、
    五輪組織委には1日当たり42万円が請求されている。ようするに、東急エージェンシーは1日当たり7万円の利益を得る

    東京五輪に関する人材派遣は、すべてパソナが独占
    派遣スタッフのほとんどがパソナからの派遣

    パソナのHPの「東京五輪大会スタッフ」の募集概要を見てみると、責任者でも時給1,650円、日当にして約1万2,000円

    五輪スタッフ現場責任者には日当35万円で支払われてる。募集人数は約800人。
    組織委員会→某広告代理店→パソナという形で契約。だがパソナは五輪スタッフ現場責任者に日当1万2000円しか払ってない。
    差額の34万円がどこに消えているのかは謎。


    6月23日、ノルウェーの研究グループがイギリス・『ネイチャー・メディスン』に発表した研究では、
    16歳から30歳の若年者の52%で、感染後に、味覚障害や嗅覚障害、息切れ、さらに集中力や記憶力の低下などの症状


    日本でも、ファイザー製ワクチンの接種対象年齢が、5月に12歳以上に引き下げられている
    モデルナ製ワクチンについても、7月19日に厚労省の専門家部会が、12歳以上への引き下げを承認

    6月4日には、アメリカ疾病対策センター(CDC)が、「今年3~4月の流行で、12~17歳の入院が人口10万人当たり、それ以前の0.6人から1.3人に増加
    1~3月の小児入院患者の204人の病歴を調査したところ、31.4%が集中治療室に入院、5%が人工呼吸管理が必要だった」と発表


    013年のヒトパピローマウイルス(HPV)の副反応騒動
    厚労省は積極的接種勧奨を止め、70%を超えた定期接種率は1%を下回った

    イギリス・ロンドン大学の研究チームが世界149カ国から30万人を対象に、ワクチンの信頼度を調査した研究成果をイギリスの医学誌『ランセット』に発表
    日本は「世界で最もワクチンが信頼されていない国」と評された

    WHOは、2019年の世界の公衆衛生学的問題の10大リスクの1つにアンチワクチン運動を挙げている

    6月2日、バイデン大統領は「国を挙げて行動する月」を宣言し、ワクチン接種を受けた人に抽選で100万ドルが当たる「ワクチンくじ」を実施

    飲食産業がワクチン接種証明を提示した客には無料券を提供したり、
    野球のメジャーリーグも、球場周辺にワクチン接種会場を設け、接種を済ませた人は無料で観戦できる

    CDCによれば、ワクチン接種を完了した人は、病院や交通機関などを除きマスクを装着したり、ソーシャルディスタンスを維持したりする必要がないと表明

    7月5日、アメリカ国立アレルギー感染症研究所(NIAID)のアンソニー・ファウチ所長「先月の死亡者のうち99.2%がワクチンを接種していなかった」と発言

    「ワクチン」「コロナ」「危険」「政治家」でグーグル検索すれば、1180万件がヒット


    日本の感染率は10万人あたり1日5人で、G7では最少レベル
    感染率が日本の9倍にのぼるイギリスは、規制を解除

    デルタ株の感染率は高いが、重症化率は低い。
    東京では27日の重症者は4人、死者は2人。累計の重症者も82人で、人工呼吸器の使用率は28%

    ピーク時には週200万人以上が感染し、年間1万人以上が死亡したインフルのほうが危険な感染症






    ドローンは、2018年の平昌大会でも1200機以上が使われており、そのサポートはインテル。今回もインテルがサポート

    平均世帯視聴率は関東地区で56.4%、関西地区で49.6%だったことが26日、ビデオリサーチの調査(速報値)で分かった。夏季五輪の開会式としては過去最高の1964年東京大会(関東地区61.2%)に迫る高視聴率
    関東地区の瞬間最高視聴率は61.0%。開会式序盤で大工姿の俳優、真矢ミキさんやタップダンサーの熊谷和徳さんらがパフォーマンスをした場面と選手団の入場開始間もない場面


    昨年トランプなどが武漢研究所流出説を主張

    ピーター・ダザックら26人の科学者が連名で、医学誌『ランセット』に「流出説は陰謀論」と非難声明

    雲南省の銅鉱山で2012年に新型コロナの始祖ウイルスで3人死亡していた疑惑が浮上

    武漢研究所の石正麗は科学誌『サイエンティフィック・アメリカン』で、鉱山を調査したことは認めたが、新型コロナとは関連性がなく、洞窟の中のカビが原因だと主張

    昆明医科大学の院生と中国疾病対策予防センターの博士研究員の2つの論文が見つかり、鉱山労働者のうち4人が新型コロナの始祖ウイルスの抗体検査で陽性だったことや、検査結果は全て武漢研究所に報告されていたことなどが判明

    今年1月、米国で最も評価の高いウイルス学者であるワシントン大学のジェシー・ブルームが武漢研究所流出説に転換

    WHOは今年3月「より広範な調査が必要」との報告書

    5月17日、ハーバード大やMITなど、名だたる機関の研究者が武漢研究所の徹底調査をサイエンス誌で訴えた

    前CDC(米疾病対策センター)所長、ロバート・レッドフィールドが「WHOは中国に屈し、透明性がある新型コロナの起源調査ができなかった」と批判

    5月26日、バイデン大統領が研究所のせいで新型ウイルスが出現したのかどうか、報告書を出すよう就任直後に指示していたことが判明

    ダザックが石正麗と利害関係者だと判明

    『ランセット』が今年6月21日にダザックを除名

    武漢研究所流出説を陰謀論扱いしてきたCNN、ニューヨークタイムズ、ワシントンポストさえ姿勢を転換


    新興感染症の大規模な国際調査を行う非営利の研究機関、エコヘルス・アライアンス代表、ピーター・ダザック氏は他の26人の科学者と連名で、医学誌『ランセット』で下記の公開書簡を発表した。
    「新型コロナウイルス感染症が自然な発生源を持たないことを示唆する陰謀論を、私たちは断固として非難する」
    ダザック氏は、武漢ウイルス研究所の研究者、石正麗氏と長年にわたり共同研究を行い、エコヘルス・アライアンスを通じて多額の米政府助成金を提供

    『ランセット』はようやく今年6月21日になって、ダザック氏に対し、武漢ウイルス研究所との利害関係を公表しなかったと批判し、同誌の「COVID-19委員会」から除名

    武漢ウイルス研究所の所長は王延軼氏で、その夫の舒紅兵氏は、江沢民氏の息子である江綿恒氏(武漢大学副校長)の側近

    世界各地のネットユーザー20数人は、ネット検索で、武漢ウイルス研究所をめぐる埋もれた文書を掘り起こし、推理をめぐらし、ツイッターで発信
    そうして自然発生的に結成された見ず知らずの者どうしの集団は「DRASTIC」と名乗り、いまも活動

    武漢研究所流出説を陰謀論扱いしてきたCNN、ニューヨークタイムズ、ワシントンポストさえ姿勢を転換


    武漢ウイルス研究所は長年、コウモリのいる洞窟で危険な何種類ものコロナウイルスを収集
    ヒトへの感染力があるかどうかや、どのような変異によって感染力が強くなるのかを知るために「機能獲得実験」
    研究所や中国政府はこうした活動をひた隠しにしていた。

    収集したウイルスの多くは、雲南省墨江ハニ族自治県の銅鉱山で見つかったもの
    新型コロナの遺伝子配列と「96%一致する」と武漢ウイルス研究所のチームが発表した「RaTG13」という名のウイルスもそのなかに含まれる

    この鉱山では2012年、坑道でコウモリの糞を清掃した作業員3人がSARSのような症状を起こして死亡。
    これが、新型コロナの始祖ウイルス、おそらく「RaTG13」に感染した初めての症例

    石正麗氏は科学誌『サイエンティフィック・アメリカン』で、鉱山を調査したことは認めたが、作業員の死と「RaTG13」ウィルスには関連性がなく、洞窟の中のカビが原因だと主張


    DRASTICのメンバーは、中国の学術文献や論文を集めた巨大なデータベースを見つけた。
    昆明医科大学の院生と中国疾病対策予防センターの博士研究員の2つの論文は、書かれた事実がほぼ一致
    鉱山労働者のうち4人が「RaTG13」と思われるウイルスの抗体検査で陽性だったことや、検査結果は全て武漢ウイルス研究所に報告されていたことなどが判明

    今年1月、こうしたDRASTICの見解を認める大物研究者が現れた。
    米国で最も評価の高いウイルス学者であるワシントン大学のジェシー・ブルーム

    5月17日にはハーバード大やMITなど、名だたる機関の研究者がブルーム氏とともに武漢ウイルス研究所の徹底調査をサイエンス誌で訴えた

    集団感染が起きた華南海鮮市場を閉鎖した昨年1月1日の1か月も前に感染者が発生していた

    WHO(世界保健機関)は今年3月、「武漢ウイルス研究所から流出した可能性はきわめて低い。この説を決定的に排除するにはより広範な調査が必要」との報告書

    前CDC(米疾病対策センター)所長、ロバート・レッドフィールド氏は、6月15日に放映されたフォックスニュースのインタビューで、
    「WHOは中国に屈し、透明性がある新型コロナの起源調査ができなかった」と批判



    mRNAワクチンの開発者はハンガリーの生化学者カリコー・カタリン女史。
    1980年代から研究を続けてきた。mRNA技術の本命は癌治療。
    mRNAの抗ウイルス応答が癌ワクチンの腫瘍予防に有効であることが立証されてる。

    mRNAワクチンの本命は癌の治療だった
    これまでのワクチンとは全く異なる手法であるため、業界では、実用化はかなり先のことになると見られていた

    本命であったmRNAの癌治療への応用も一気に進む可能性があり、5年以内に実用化されても不思議ではない状況

    mRNAの存在を最初に指摘したのは、Jacques Monodとran?ois Jacobの二人で(二人ともフランス人)、二人とも1965年にノーベル医学賞を受賞
    彼らの功績は、DNAに書かれた情報がmRNAを介してタンパク質の合成にいたる分子レベルの仕組みを解析したこと、分子生物学の父と呼んでも良い存在

    ウィルスがmRNAの仕組みを利用して宿主に自分を複製させる点に注目し、それと同じ仕組みを医療に応用できるはずだと最初に考えたのが、
    ペンシルバニア大学の助教授だったKatalin Karikó(ハンガリー人)

    mRNAを細胞の中に送り込むことさえ出来れば、どんなタンパク質でも作らせることが出来るので、体が必要とするタンパク質を作らせたり、
    逆に、退治すべきもの(ウィルス、細菌、癌細胞)が持つタンパク質をあえて作らせることにより、そのタンパク質に対する免疫を作らせたりすることが可能

    1990年代は、あまりにも突飛なアイデアだったため、なかなか研究予算もつかず、とても苦労した

    Katalin Karikóが本格的に(十分な研究開発費で)mRNA医療の開発に関われるようになったのは2013年にドイツのBioNTechに引き抜かれてから
    その成果が、米国で接種が始まり、日本でも使われているPfizer-BioNTechワクチン

    BioNTechは、元々、免疫の力を利用して癌治療をする「免疫癌治療」の研究開発をする会社でしたが、Karikó氏が参加して以来、mRNAの医療への活用に力を入れる
    BioNTechは、2019年にビル・メリンダ・ゲイツ財団から$55 millionの資金を集め、その後Nasdaqに上場


    Modernaは、2010年にHarvard Medical Schoolで研究者をしていたDerrik Rossiによって作られた
    Karikó氏の2005年の論文を読んだ彼は「これはノーベル賞に値する」と直感

    Derrick RossiはMITのRobert Langerと組んで、Modernaを設立、Cambridgeのベンチャーキャピタル、Flagship Venturesから資金を集めた。
    Modernaは、BioNTechと違って、最初からmRNAの医療への応用に力を入れている


    mRNAの医学への応用は、今では実用化されてその有効性が理解されたが、当初はメディアから大きな疑いの目
    2016年にはSTATにより、「Modernaは第二のTheranosかも知れない」とする厳しい批判記事

    heranosは医療ベンチャーとして莫大な資金を投資家から集めたが、後に、投資家向けに提供していた情報が嘘だったことが判明し、経営者は刑務所に入る


    mRNAワクチンに関しては、ドイツのCureVacという会社も開発、まだ認可は降りていない。
    CureVacは2013年にJohnson & Johnson とmRNAを利用したインフルエンザワクチンの研究開発を開始

    CureVacは、BioNTechと同じく、上場前にビル・メリンダ・ゲイツ財団から資金の提供


    mRNAワクチンに共通する副反応として、数は少ないものの(789ケース)、若い人がワクチンを受けた後に心臓に痛みを感じるなどの報告
    CDCの報告によると、そのうち226ケースが「myocarditis(心筋炎)」と呼ばれる症状

    たとえワクチンが心筋炎の原因だとしても、その確率は、わずか0.0016%

    若い人が新型コロナウィルスに感染した場合、2.3%の人が心筋炎を起こす



    米国は有効性50%以下のワクチンは認可しない方針

    WHO=世界保健機関は、感染力が強まる、感染した際の重症度が上がる、ワクチンの効果が下がるおそれがある変異ウイルスを「懸念される変異株=VOC」に位置づけ、
    現在、「VOC」として警戒が強められている変異ウイルスは4種類

    英国由来の「アルファ株」 従来株より感染力が41%高い。スパイクたんぱく質が変異。

    南アフリカ由来の「ベータ株」&ブラジル由来の「ガンマ株」 従来株より感染力が50%高い。「N501Y」に加えて、抗体の攻撃から逃れる変異「L452R」

    インド由来の「デルタ株」 「アルファ株」と比べて感染力がさらに50%高い。「L452R」加えて、重症化を招く変異「P681R」

    上記の4種ともワクチン効果への大きな影響はない。

    ペルー由来の「ラムダ株」 感染力やワクチンへの影響などまだよく分かってない


    「アルファ株」
    イギリスで最初に見つかった感染力が強い変異ウイルス「アルファ株」は、2020年12月上旬に報告
    その後行われたウイルスの解析から2020年9月20日にはこのウイルスに感染した人がいた
    イギリスでは、2020年12月上旬には1日あたりの感染者数は1万人台だったのが、その後急増し、12月下旬には5万人台に、そして2021年1月に入ると6万人を超える日も
    2021年7月27日までにこの変異ウイルスが報告されている国や地域は182
    日本国内でも2021年5月下旬の段階では各地で全体の90%以上が従来のウイルスからこの変異ウイルスに置き換わった
    「スパイクたんぱく質」に「N501Y」と呼ばれる変異。
    これは「スパイクたんぱく質」の501番目のアミノ酸がアスパラギン(略号N)からチロシン(略号Y)に置き換わっているという意味
    従来のウイルスに比べて感染力が強く、入院や重症、それに亡くなるリスクも高くなっている
    1人の感染者から何人に感染が広がるかを示す「実効再生産数」が、従来のウイルスに比べ、41%高いと推定
    感染の広がりやすさを示す「実効再生産数」が従来のウイルスより平均で1.32倍、高くなっていた
    ワクチンの効果について、ファイザーやモデルナ、それにアストラゼネカのワクチンでは、大きな影響はない



    「ベータ株」
    南アフリカで最初に見つかった変異ウイルス「ベータ株」は、2020年5月に初めて報告、11月中旬に南アフリカで行われた解析では、ほとんどがこのタイプの変異ウイルスだった。
    2021年7月27日までにこの変異ウイルスが報告されている国や地域は131。
    日本国内では、2021年7月26日までに25人から検出
    「N501Y」の変異に加えて抗体の攻撃から逃れる「E484K」という変異もあることから、ワクチンの効果への影響が懸念。
    ファイザーのワクチンとモデルナのワクチンについては、影響は最小限にとどまるとする研究から相当程度低下するとした研究まで幅がある
    「N501Y」に加えて「E484K」と呼ばれる体の中で作られる抗体の攻撃から逃れる変異もあるため、再感染するリスクが上がる
    問題となる2つの変異を合わせ持つ
    従来のものと比べ感染力が50%高い。
    数理モデルを使った解析では、従来のウイルスに比べ、「実効再生産数」が36%高いと推定


    「ガンマ株」
    ブラジルで広がった変異ウイルス「ガンマ株」は、2021年1月6日、ブラジルから日本に到着した人で最初に検出
    2021年7月27日までにこの変異ウイルスが報告されている国や地域は、81
    ブラジルでは、北部のマナウスで2020年12月ごろまでに出現、ブラジルでは2021年3月・4月の時点では遺伝子を詳しく調べた検体のうち、83%に上った。
    日本国内では、2021年7月26日までに86人から検出
    「ベータ株」と同様に、「N501Y」に加えて「E484K」の変異。
    問題となる2つの変異を合わせ持つ
    ファイザーとモデルナ、アストラゼネカ、それぞれのワクチンについては、影響は、少なかったとする研究から中程度あったとする研究まである
    数理モデルを使った解析では、従来のウイルスに比べ、「実効再生産数」が11%高いと推定


    「デルタ株」
    インドで見つかった変異ウイルスのうち、最も感染が拡大しているタイプの「デルタ株」
    イギリスで行われた分析で、「アルファ株」と比べて感染力がさらに50%程度強く、従来のウイルスと比べるとおよそ2倍
    このウイルスが報告されている国や地域は、2021年7月27日現在で132
    インドでは、2021年4月ごろに爆発的に感染が拡大しましたが、多くの人が集まった宗教や文化の行事があったことと並んで変異ウイルスが拡大の原因の1つ
    東京都など首都圏では2021年7月下旬の段階でおよそ75%がデルタ株になっていて、2021年8月下旬にはほぼすべてが置き換わると推定
    インドで見つかった「L452R」という変異が入った3種類の変異ウイルスのうち、最も拡大しているタイプ
    ファイザーのワクチンではウイルスを中和する効果への影響は無いかもしくは最小限
    「L452R」のほか、「P681R」という変異
    ファイザーのワクチンを2回接種した後、アルファ株に対しては発症を防ぐ効果が93%だったのに対して、デルタ株に対しては88%
    アストラゼネカのワクチンを2回接種した後、アルファ株に対しては66%だったのに対して、デルタ株に対しては60%


    「シータ株」
    フィリピン由来。大幅な感染拡大ない。

    「カッパ株」
    インド由来。「L452R」の変異。大幅な感染拡大ない。

    「イータ株」
    イギリス由来。大幅な感染拡大ない。

    「イオタ株」
    ニューヨーク由来。大幅な感染拡大ない。

    「イプシロン株」
    アメリカ由来。大幅な感染拡大ない。


    「シータ株」
    2021年2月25日にフィリピンから日本国内に入国した人で確認された変異ウイルスで、感染力が高まる変異と、免疫の攻撃から逃れる変異がある。
    フィリピンでも大幅な増加傾向を示さず、フィリピン以外でも拡大傾向を示していない


    「イータ株」
    2020年12月にイギリスで最初に確認された変異ウイルス。

    「イオタ株」
    アメリカ・ニューヨークで見つかった変異ウイルス。

    「カッパ株」
    インドで見つかった変異ウイルスで、「デルタ株」と同様に「L452R」の変異。

    イプシロン株

    「ラムダ株」
    ペルーで最初に報告された変異ウイルス
    2021年6月15日時点で29の国や地域から報告されていて、特にペルーやチリなど南米で多く報告
    感染力やワクチンの効果への影響などについてはまだよく分かっていない


    関東や東北を中心に多く確認された「E484K」の変異があるウイルスについても独自に指定。
    この変異ウイルスは海外から入ってきたとみられていますが、詳しい起源は不明で、感染力は変わらない

    共通しているのは、ウイルスの「スパイクたんぱく質」という部分の遺伝情報に変異が起こっていること

    新型コロナウイルスでは2つ以上の変異が同時に起こるのは珍しいことではなく、感染力などの性質にどの程度影響のある変異かどうかが問題

    南アフリカで見つかった変異ウイルスとブラジルで広がった変異ウイルスでは、「N501Y」に加えて免疫の効果が低下する可能性のある「E484K」の変異もあり、
    インドで見つかった変異ウイルスと同様に問題となる2つの変異を合わせ持つウイルス


    変異株による感染は、特に子どもに多いということはなく、成人と子どもの感染者の割合は変異株の出現した前後で大きく変わっていません



    国は変異ウイルス対策として感染者の40%について、変異ウイルスの検査を行うことを目標

    次世代シーケンサーと呼ばれる最新の機器を使ってウイルスの遺伝情報を司るRNAの配列をすべて調べる方法
    検査結果が出るまでに数日かかる上、検査ができるのは、大学などの専門の研究機関以外では、国立感染症研究所や一部の自治体の地方衛生研究所など

    問題となっている3つのタイプの変異ウイルスに共通するRNAの配列があるかどうかをPCR検査で調べる方法。
    従来のPCR検査の設備がそのまま使えるため全国の地方衛生研究所で検査することができ、結果も数時間
    国はこの方法を使って全国で変異ウイルスの広がりを監視するスクリーニング検査を行う体制整備を進めている
    この方法では現在のところ、変異ウイルスがイギリスで確認されたタイプ、南アフリカで確認されたタイプ、それにブラジルで広がったタイプのどれに当たるかまでは調べることができない



    このペースの死者ならインフルエンザ関連死の1/10。年間2000人の死者の結核と同じレベル

    2月の第3波の重症者はこちらです。ビークは160人

    50代も重症化するけどその年代はすぐに回復。高齢者が全体の半数。
    NHKの報道によるといまの高齢者の感染者のうち「90%がワクチンを打っていない人」

    第1波はそもそもPCR検査が絞られていたのでとてつもなく高い陽性率、
    第2波は7.5%前後。
    第3波は15%弱。
    第4波は9%弱
    いまの陽性率は13.1%



    インド株を日本に持ち込ませないために水際対策を強化するよう分科会で主張。
    「インド等からの入国者の停留(検疫法が定める宿泊施設での待機)を豪州、NZと同じように十四日間にすべきだ」。
    これに対して厚労省は「三日間の停留のあとは、十一日間の自宅待機となっていて、合計十四日間は待機しているから大丈夫だ」と答えていた
    インド株感染者が次々に確認されるに及んで、5月28日から10日間の停留に延長されたが、遅きに失した



    古代オリンピックが始まったのは、紀元前9世紀ごろ。ギリシアを中心にしたヘレニズム文化圏の宗教行事。
    全能の神ゼウスをはじめ多くの神々を崇めるための、神域における体育や芸術の競技祭。
    当時のギリシアにはオリンピア地方で行われていた「オリンピア祭典競技」のほかに、
    コリント地方の「イストミアン・ゲームズ」、ネメア地方の「ネメアン・ゲームズ」、デルフォイ地方の「ピシアン・ゲ ームズ」などが4大祭典競技。


    現代、使われている太陽暦の8年が、古代ギリシア人が太陰歴を使っていた太陰暦の8年と3カ月にほぼ等しいことから、8年という周期は古代ギリシア人にとって重要な意味をもっていた
    暦を司るのは神官であり8年ごとに祭典が開かれるようになり、後に半分の4年周期となり。
    太陰暦では49カ月と50カ月間隔を交互にして開催されていた。

    古代オリンピックで最初に行われた競技は、1スタディオン(約191m)のコース を走る「競走」。
    オリンピアの聖地には、競走のための「スタディオン」が築かれた。

    スタディオンは長さ約215m、幅約30mの広場を高い盛り土がスタンドのように囲んだ施設(貴賓席として白い大理石のベンチも用意されていた)。
    1スタディオンという距離は、このスタディオンの競技場が基準となった単位。

    紀元前776年の第1回大会から紀元前728年の第13回大会まで、古代オリンピックで開かれていたのは競走1種目だけ。

    1スタディオンはゼウスの足裏600歩分に相当し、ヘラクレスがこの距離を実測したとも伝えられてる


    ディアロウス競走
    紀元前724年の第14回大会から、2スタディオンの距離を走る中距離競走。ちょうど現在の400mに相当し、スピードと持久力が必要な競技。

    ドリコス競走
    第15回大会からは長距離競走。スタディオンの直線路を10往復する競技。
    現在の陸上競技のようにタイムを計測するわけではないので、競技者はスローペースで駆け引きを繰り広げ、最後のスパートで勝負を決した。

    ペンタスロン
    紀元前708年の第18回大会から、ペンタスロンといわれる五種競技。
    短距離競走、幅跳び、円盤投げ、やり投げ、レスリングの5種目を一人の選手がこなす競技。3種目以上を制した者が優勝者。

    レスリング
    ペンタスロンで行われたレスリングが、紀元前668年の第23回大会から単独の競技。
    立ったままの姿勢から(投げるために片膝をつくことは認められていた)相手を持ち上げて投げる競技で、正しく美しいフォームで投げなくてはなりません
    時間制限はなく、勝敗が決するまでに長い時間がかかる過酷な競技

    ボクシング
    レスリングと同じ大会から。時間制限もインターバルもなく、たとえ倒されても敗北を認めない限り相手の攻撃は止まりません。
    体重別の階級はなく、グローブの代わりに敵へのダメージを大きくするための革ひも(のちに金属の鋲まで埋め込まれた)を拳に巻いての殴り合い

    戦車競走
    紀元前680年の第25回大会からは、48スタディオンの距離で争われる4頭立ての戦車競走。こうした競技はスタディオンの南に位置するヒッポドロモスで開催

    競馬競走
    第33回大会(紀元前648年)から。ヒッポドロモスで開催

    パンクラティオン
    第33回大会から。ギリシア語で「パン」とは「すべての」を、「クラティオン」は「力強い」を意味。
    素手ならどんな攻撃をしてもよいというルールで、間接技や首を絞めることも許され、ボクシングと同じようにどちらかが敗北を認めない限りは勝負が決することのない熾烈な競技


    古代オリンピックにはギリシア全土から競技者や観客が参加。
    当時のギリシアではいくつかのポリスが戦いを繰り広げていましたが、宗教的に大きな意味のあったオリンピアの祭典には、戦争を中断してでも参加 。これが「聖なる休戦」。

    オリンピアからアテネまでの距離は約360km、スパルタまでは130km。
    武器を捨て、ときには敵地を横切りながらオリンピアを目指して旅をするために、当初は1カ月だった聖なる休戦の期間は、最終的に3カ月ほどになった

    紀元前146年、ギリシアはローマ帝国に支配。古代オリンピックはギリシア人以外の参加を認めていませんでした、ローマが支配する地中海全域の国から競技者が参加、
    392年、ローマのテオドシウス帝がキリスト教をローマ帝国の国教と定めたことで、オリンピア信仰を維持することは困難。

    最後の古代オリンピックが開催されたのは393年の第293回オリンピック競技大祭。戦乱を乗り越え、1169年間も受け継がれた伝統は終焉


    古代オリンピックの火が途絶えて1500年の時が流れた1892年。
    ピエール・ド・クーベルタン男爵は、ソルボンヌ講堂で行った「ルネッサンス・オリンピック」と題する講演の中で、初めてオリンピック復興の構想

    第1回アテネ大会も開会式はアテネのパンアテナイ競技場に5万人の観衆。
    参加したのは欧米先進国の14ヶ国。選手は男子のみで280人。古代オリンピックと同じように女子禁制。

    競技は、陸上、水泳、体操、レスリング、フェンシング、射撃、自転車、テニスの8競技43種目。
    ヨットも予定されてたが、悪天候のため中止。ウエイトリフティングが行われていますが、このときは体操の一種目として実施。

    観衆に人気の陸上競技ではアメリカが圧倒的な強さを発揮し、全11種目のうち9種目において優勝。
    100メートルでは優勝したアメリカのトーマス・バーグがただ1人クラウチング・スタート

    ギリシャの故事にちなんで設定されたマラトンからパンアテナイ競技場までの約40キロのコースでのマラソンには、25人の選手が出場。
    25人のうち半分以上は地元ギリシャの選手、序盤から中盤にかけてギリシャの選手はトップに立つことができません。

    応援に詰めかけた観衆に失望の色が濃くなりかけたころ、残り7キロの地点でついにギリシャのスピリドン・ルイスがトップにおどりでた。
    ルイスはトップのまま競技場に入り、興奮して貴賓席から飛び出したコンスタンチノス皇太子、ジョージ親王らに伴走されながら、2時間58分50秒の記録で優勝
    羊飼いの仕事をしていたルイスは、この優勝で一躍ギリシャのヒーロー



    19日から、首都高速の6~22時1000円上乗せや五輪専用レーンの導入など交通規制がスタート
    東京五輪期間は「専用レーン」や「優先レーン」を走っていると、普通車は違反点数1点と6000円の反則金を課せられる可能性がある

    警視庁と県警を合わせて過去最大規模の約5万9900人を投入


    総工費308億円を投じて2019年夏に完成した海の森水上競技場は鉄道駅が車で15分以上離れており、路線バスの本数も極端に少なく、バス停まで徒歩20分もかるというロケーションの悪さ
    維持費が年間2億7100万円がかかり、大会後も年間1億5800万円というマイナス収支
    国内にはカヌー競技者が350人ほどしかおらず、ボート競技を含めても1000人に達しない状況だけに、競技会もそうそう開けない

    73億円の総工費をかけて2019年7月に完成したカヌー・スラロームセンター
    3億4900万円という年間維持費

    567億円もの費用をかけて昨年3月の完成の東京アクアティクスセンターは、年間9億8800万円と試算される維持費

    昨年6月にオープンした「有明ガーデン」
    同8月にオープンしたホテル「ヴィラフォンテーヌ グランド 東京有明」



    開会式と閉会式の演出企画チームの解散を決めたのは、昨年12月。
    開会式の統括は能楽師の野村萬斎が、電通出身のCMディレクター佐々木宏に交代して演出が縮小され、それまでの演出案が白紙撤回

    当初の演出案が高コストで、それを縮小するには電通が介入するしかなかった
    多くのスタッフが契約解除されたため、不満が噴出し、内部告発が続発
    当初案では音楽は椎名林檎

    演出スタッフが発表された今年7月14日

    今年3月には「オリンピッグ」騒動で、佐々木が辞任したあと統括の後任は置かず「無責任体制」

    実質的に統括になった日置貴之氏は、開会式のスローガンを英語で「Moving Forward」として日本語に訳さず、
    「復興五輪」という言葉も入れず、組織委員会の橋本聖子会長は記者会見で「驚いた」とコメント



    2021年6月下旬からカナダやアメリカを襲った熱波では数百人が死亡


    人間の代謝機能は約100W(1秒当たり1ジュール)のエネルギーを生成している
    生きていくには36~37度の体温を維持しつつ、100Wの熱エネルギーを周囲の環境に放出し続ける必要がある


    体温を保つ方法には物質の温度変化を伴う「顕熱伝達」と、物質の状態変化を伴う「潜熱伝達」の2つ

    顕熱伝達では、周囲の空気と体の温度勾配を利用した放熱が行われており、気温が体温より低い場合に体内の熱が空気へと放出
    気温が摂氏24度~27度だと体から空気に放出される熱エネルギーが100W程度に保たれるため、この範囲の気温は一般的に過ごしやすい

    気温が摂氏24度よりはるかに低い場合、体から放出される熱エネルギーが多くなりすぎるため、服を着込むなどして肌に触れる空気の温度を調節

    気温が摂氏30度ほどに上昇すると、通常の気流だけでは体から十分な熱を放出することができなくなる

    扇風機などで皮膚表面の空気の流れが増加すると、温度勾配が低くても100Wの熱エネルギーを放出することができる


    汗は蒸発する際に、「潜熱伝達」で大量の熱を奪い去る

    1gの汗が蒸発する際に奪われる熱エネルギーは2250ジュール。毎秒0.04g(毎分2.6g)の汗が蒸発すれば、100Wの熱エネルギーを放出

    乾燥した地域であれば、気温が48度を超えてもなんとか人間が生存できる

    湿度が100%だと汗が蒸発しないため潜熱伝達も使えない


    湿球黒球温度は、酷暑環境下での活動リスクを判断するためにアメリカ海兵隊が開発した指標であり、日本の環境省は暑さ指数(WBGT)と称している

    暑さ指数が「31」を超えると「危険」

    暑さ指数が20後半の値になるのはよくない。値が体温に近い35程度になると生き残るのが難しくなり、それ以上になると死んでしまう




    大韓体育会が選手村の食事に使われる福島県産の食材を食べないように指導

    日本に到着した取材陣は3日間、ホテルで隔離。近隣のコンビニに行くことはでき、必要な物を買うことだけは許可される。
    ただ、ホテルを出発して、15分以内に買い物を終えなければならない

    ホテルのロビーでは取材陣の隔離状況を点検するために、検疫保安要員が常時待機
    昼に2人、夜に2人の計4人が24時間体制で取材陣の外出時間をチェック
    違反者がいれば組織委員会に即時、報告

    入国手続きが終わり、空港を出たあとも新型コロナウイルス接触確認アプリの“COCOA”などが正常に稼働せず、依然として活動計画書も承認されない




    フラワーチルドレンやヒッピーはベトナム反戦で銃を手にするよりも花を植えよう、ラブ&ピース
    ロンドン・パンクは政府や王室、宗教に警察など権威や権力にまとめて噛みついた

    このようなパンク・シーンの内実は女性蔑視的要素を孕んだものだとして批判したのがライオットガール・ムーヴメント

    70?80年代サブカルの金字塔『ビックリハウス』誌で1984年にカートゥーン大賞を受賞した鮫肌文殊の投稿漫画は「サベツはいけない」



    イスラエルにおけるCOVID-19による死者数はワクチン接種回数が人口100人当たり50回を超えた2021年第7週にピークを迎えた
    第8週には、イスラエルでのCOVID-19による死者数は減少に転じた
    第28周には人口100万人当たりの死者数はほぼ0

    ブラジル・アルゼンチン・インド・ペルー・南アフリカといった発展途上国では死者数の多さにもかかわらずワクチン接種回数の増加が鈍く、死者数の減少も先進国と比べて鈍い


    イギリス、アメリカ、スペイン・イタリア・ドイツ・フランスといった国々でも、イスラエルと同様にワクチン接種回数が増えるに従って死者数が減少

    アメリカにおけるCOVID-19による死者の98~99%はワクチン未接種の患者だった
    イングランドにおける新型コロナウイルス・デルタ株による死者は、ワクチンを接種した50歳未満の患者からは1人も出ていない



    首都圏、北海道、福島県は無観客開催。観客を制限してでも入れるのは静岡県と宮城県
    900億円と見込んでいたチケット収入も、チケット445万枚の97%が払い戻されるため、わずか3%の27億円の収入

    その穴埋めは組織委では無理なので、開催都市の東京都。都ができないときは国。IOCは一円も出さない仕組み



    近代オリンピック(夏期)は、1896年に第一回大会がアテネで開かれた。フランスのピエール・ド・クーベルタン男爵の提唱で始まった
    2020年の東京大会は第27回、1916年の第6回、1940年の第12回、1944年の第13回は世界大戦のために中止されているので、実質的には第24回。
    2024年はパリ、28年はロスアンジェルスでの開催が決まっている。

    第1回:アテネ(ギリシャ、1896年)大会参加者は男子のみ。マラソンは、ギリシャのスピリドン・ルイスが優勝。この大会のために作曲された「オリンピック賛歌」は東京大会で復活

    第2回:パリ(フランス、1900年)ギリシャは恒久開催を主張したが持ち回りに。万国博覧会の付属行事として行われ、鳩を標的にした射撃、凧揚げ、魚釣りなども。

    第3回:セントルイス(アメリカ、1904年)も万国博覧会の付属行事。マラソンで途中、自動車に乗った「キセルマラソン」事件

    第4回:ロンドン(イギリス、1908年)マラソンでイタリア選手ドランド・ピエトリは競技場のゴール直前で倒れて役員の助けでゴールしたが失格

    第5回:ストックホルム(スウェーデン、1912年)日本から短距離の三島弥彦とマラソンの金栗四三が初参加。マラソンでポルトガルのフランシスコ・ラザロが倒れて翌日に死亡

    第6回:(1916年)ベルリン大会が予定されていたが第一次世界大戦で中止

    第7回:アントワープ(ベルギー、1920年)テニスの熊谷一弥がシングルスと柏尾誠一郎と組んだダブルスで銀メダル。フィンランドのパーヴォ・ヌルミは陸上の1500m走をはじめ二種目で金メダル

    第8回:パリ(フランス、1924年)ワイズミュラーが100m自由形、400m自由形、自由形リレーで金メダル、水球で銅メダル。映画でターザン役として活躍

    第9回:アムステルダム(オランダ、1928年)陸上競技と体操で女子選手の参加。織田幹雄が三段跳び、鶴田義行が平泳ぎで金メダルを獲得。初めて聖火が使用

    第10回:ロサンジェルス(米国、1932年)男子競泳で日本が400メートル自由形をのぞく5種目で金メダル。馬術のグランプリ障害飛越競技で西竹一中佐が愛馬のウラヌス号とともに勝利し『バロン・ニシ』は大スター

    第11回:ベルリン(ドイツ、1936年)「聖火リレー」が実施。アメリカの黒人であるオーエンスが、短距離と走り幅跳びで4冠。女子平泳ぎで前畑秀子が、ドイツのゲネンゲルの追い込みを押さえ制覇。ラジオ中継での河西三省アナウンサーの「前畑頑張れ」の連呼の実況が話題

    第12回:皇紀2600年に合わせて東京での開催が予定されていたが、戦争の激化のために辞退。代替のヘルシンキ開催がが予定されたが、これも取りやめ。

    第13回:(1940年) ロンドンでの開催が予定されたが中止

    第14回:ロンドン(イギリス、1948年年)日本とドイツの参加は認められなかった。ランダ女子のブランカース=クンが100m、200m、80m障害、400mリレーの四種目で金メダル

    第15回:ヘルシンキ(フィンランド、1952年)日本の参加も認められた。人間機関車と言われたチェコスロバキアのザトペックが、5000メートル、10000メートル、マラソンで金メダル。ソ連がオリンピック初参加。 レスリングの石井庄八が唯一金メダル

    第16回:メルボルン(オーストラリア、1956年)南半球であるために11月から12月にかけての開催。ハンガリー動乱の直後なので水球のハンガリー・ソ連戦は流血の騒ぎに。体操競技での活躍が目立ち、鉄棒で小野喬選手は、1960年のローマ大会も含めて二大会連続で金メダル

    第17回:ローマ(イタリア、1960年)マラソンで裸足で走ったエチオピアのアベベ選手が優勝。ボクシングのライト・ヘビー級では、アメリカのキャシアス・クレイが優勝。のちのモハメッド・アリ。日本は体操での男子団体、小野喬の鉄棒での二連覇など四個の金メダル

    第18回:東京(日本、1964年)柔道無差別級ではオランダのヘーシンクが優勝。体操の個人総合ではチェコスロバキアのチャフラフスカが金メダル。大松監督に率いられた日本の女子バレーの優勝

    第19回:メキシコシティー(メキシコ、1968年)高地での影響で米国のビーモン選手が桁違いの世界新記録。釜本邦茂らのサッカーが銅メダル

    第20回 :ミュンヘン(ドイツ、1972年)選手村でイスラエル選手団が人質となり救出作戦の失敗で9人の死者。水泳のスピッツ(米国)が七個の金メダル。日本の男子バレーが金メダル

    第21回:モントリオール(カナダ、1976年)ルーマニアのナディア・コマネチが史上初の10点満点を連発。日本では女子バレー、男子体操団体が金メダル。開催国カナダは金メダルなしに終わったが、これは夏期ではほかにない

    第22回:モスクワ(ソ連、1980年)アフガン戦争を理由にアメリカや日本などがボイコット。柔道の山下泰裕、マラソンの瀬古利彦などがメダル有力候補だった

    第23回:ロサンジェルス(アメリカ、1984年)カール・ルイスが100m、走り幅跳びなど四種目で金。体操の具志堅幸司、柔道の山下泰裕や斉藤仁が金メダル

    第24回:ソウル(韓国、1988年)テニスと卓球が競技に加えられた。陸上のカール・ルイスやジョイナー(アメリカ)、棒高跳のブフカが活躍。背泳ぎの鈴木大地が金メダルた。開会式で聖火台でハトが焼け死んだ

    第25回:バルセロナ(スペイン、1992年)プロ選手に解禁されバスケットではアメリカのドリームチームが優勝。中学生の岩崎恭子が平泳ぎで金メダル。柔道では吉田秀彦や古賀稔彦が金。柔道女子が正式種目となった

    第26回:アトランタ(アメリカ、1996年)グレコローマンレスリングの「霊長類最強の男」カレリン(ロシア)が金。カール・ルイスは走り幅跳びで連覇。恵本裕子が女性柔道で初めての金メダル。男子サッカーでブラジルを破る「マイアミの奇跡」

    第27回:シドニー(オーストラリア、2000年)競泳自由形のイアン・ソープが三個の金メダル。ギリシャのコンスタンティノス・ケンテリスが陸上男子200mで優勝。柔道の田村亮子が念願の金メダル

    第28回:アテネ(ギリシャ、2004年)準備遅れが心配されたが、結果的には大成功。モロッコのエルゲルージが1500mで金メダル。中国の劉翔が110メートルハードルでアジアで初のトラック競技での金。柔道の野村忠宏が3大会連続、谷亮子も2大会連続の金。男子ハンマー投でハンガリー選手がドーピング検査拒否で失格となって2位だった室伏広治が繰上げで金メダル

    第29回:北京(中国、2008年)ジャマイカのウサイン・ボルトが100mと200mに優勝。中国が51個の金メダルを獲得。北島康介が平泳ぎ二種目で優勝。レスリング女子で吉田沙保里と伊調馨が金。女子ソフトボールも制覇

    第30回:ロンドン(英国、2012年)開会式での「ジェームズ・ボンドにエスコートされた空飛ぶ女王陛下」の演出。南アフリカのキャスター・セメンヤが女子800mを制覇。ボクシングでは、村田諒太が東京五輪以来の金。体操男子個人総合で内村航平

    第31回:リオデジャネイロ(ブラジル、2016年)ブラジルはネイマールらのサッカー、男子バレー、女子柔道のシルバなど7個の金メダル。柔道では世界選手権七連覇のフランスのリネールが100kg超で二連覇。男子体操の団体と個人の内村航平、女子レスリングの登坂絵莉、伊調馨、川井梨紗子、土性沙羅などが金。桐生祥秀らが4×100mリレーで銀メダルを獲得し、88年ぶりのトラック競技での銀。水泳の400m個人メドレーでは萩野公介が平成生まれの初金メダリスト


    オリンピックで起用されるクリエイターのほとんどが、何かのコネ。ゼロからギャラだとか日程だとか交渉すれば、条件交渉がめんどくさくて長引くから
    、パッと決まるのが理想で、クリエイターの長年の友人みたいな方が『俺が頼んでおくから任せて』

    組織委にはたくさん力のある人々が絡んでいて、そこの人脈から起用された人物については、その起用に関わった人でないと部外者は口を出せない
    余計なことを言って、どこで誰の怒りを買うか分からない

    7月19日の時点でも組織委の高谷正哲スポークスパーソンは、小山田を「現在は高い倫理観を持って創作されているクリエイター」として留任を強調
    高谷氏が組織委の演出面の人脈からは遠い人物

    加藤勝信官房長官が「許されるものではない」と対応を促す会見のあとで組織委にいる広告代理店出身の人物が小山田本人に「自ら辞任という形にできないか」と決断を迫った
    報酬は予定どおり支払うから、その形をとって今回は納得してくれ、ということ

    カシマスタジアムでおこなわれる東京オリンピックのサッカーを観戦予定の茨城県鹿嶋市の市立校は、小中学生たちが会場に持ち込む飲み物について「コカ・コーラ社製の飲料に限る」と通知
    組織委の担当者が各校に「それ以外の商品はラベルをはがせ」と指示

    東京五輪の演出関係を請け負ったクリエイターの面々が数年前、そのまま別のイベントで顔を合わせている事例もあった
    昨年1月にパワハラで五輪開会式の演出担当を辞任した電通の菅野薫氏もまた小山田との仕事歴がある

    3月に「オリンピッグ」の案が批判されて開閉会式の演出を退任した佐々木宏氏が電通マン



    多くのスポーツ大会で導入されるバブル方式とは、「開催地を大きな泡で包むように囲い、選手やコーチ・関係者を隔離。外部の人達と接触を遮断する」方法
    入国前のPCR検査、入国後のPCR検査。そして大会期間中にも定期的に検査。
    移動制限・行動制限も厳しく「ホテルと練習会場・会場以外には原則移動できない」

    バブル方式を採用したのは、アメリカのNBA(プロバスケットボール)が最初。2020年7月、ディズニーワールドに約180億円を投じ、「バブル」と呼ばれる環境を作り上げた
    選手を含めた関係者にGPSで行動を監視したり、美容院やゴルフなどの気分転換ができる環境も用意


    日本でのバブル方式成功事例は、2020年11月に開催された体操の国際大会。
    海外からは「ロシア」「中国」「アメリカ」の4カ国・計30人が参加した大会で、観客は約2,000人に制限されて開催

    選手や関係者は、まず各国で来日の2週間前から隔離を求められ、専用のチャーター機で来日。日本国内での移動は専用バスに限定され、ホテルと大会会場の往復だけに制限。
    大会に参加する選手たちは毎日PCR検査を実施。更に全身を除菌するミストシャワーを設置したり、大型の空気清浄機なども設置されて新型コロナの感染対策が実施された

    コロナ関係の費用だけで約3,500万円かかった
    内村航平選手が陽性と判定され隔離されましたが、その後の検査で陰性とわかり「偽陽性だった」という事例


    バブル方式で開催された大会

    ・NBA(2020年7月~10月)
    ・テニス全米オープン(2020年8月~9月)
    ・競泳 国際リーグ(ISL)(2020年10月~11月)
    ・柔道 マスターズ大会(20201年1月)
    ・バドミントン タイ・オープン(2021年1月)
    ・ハンドボール男子 世界選手権(エジプト)(2021年1月)
    ・フィギュアスケート世界選手権(スウェーデン)(2021年3月)
    ・サッカー W杯アジア2次予選、国際親善試合(日本)(2021年3月)


    2021年7月19日の報道で、日本男子サッカーの第1試合で戦う予定の南アフリカ代表の選手やスタッフから感染者が出ており、19日には21人の濃厚接触者が出た。
    濃厚接触者として認定された選手達は毎日PCR検査を受ける事になっており、試合の参加可否については大会のガイドラインに沿って決められる。

    ※試合開始6時間前の検査で陰性が確認できれば参加できる

    事前合宿で成田空港に到着したウガンダ選手団の1人が、空港で受けたPCR検査で新型コロナウイルスの感染が確認され、国が指定する施設に。(2021年6月19日)

    残りの8人はPCR検査では陰性で、貸し切りバスで合宿先の大阪府泉佐野市に到着。地元の保健所が聞き取った結果、選手団8人と同行していた市の職員の1人が濃厚接触者として認定さ。
    その後、2021年6月23日に20代の選手が陽性になり、2人目の感染者が出た。(インドで感染が広がるデルタ型)

    約200カ国・地域から1万人超の選手や関係者が日本に集まる。無観客だとしても関係者だけで数万人

    現状では受け入れ先の自治体側で濃厚接触者かどうかの判定をしていた為、「それでは現地についた頃には感染者が増えてしまう可能性がある」

    空港で感染者が出た時点で濃厚接触であるかどうかを判定する専門の人を設置すること。それが空港リエゾン


    日本政府がバブル方式以外にも「テレワークデイズ2021」という取り組みを実施。
    柔軟な働き方を実現するテレワークの全国的な推進を行いつつ、東京オリンピック・パラリンピックの通勤電車・満員電車等の交通混雑緩和を目的。

    対象期間:2021年7月19日(月)~2021年9月5日(日)



    「検査陽性率」は、サンプルの取り方で上がったり下がったりするので、ほとんど意味がない

    入院は50代以下が全体の4分の3、30代以下が3分の1
    死者は毎日0?4人、重症患者54人


    RSウイルスがいま大流行している
    小児のRSウイルス患者で小児科病床の半数が埋まっている病院もある

    RSウイルス感染症は、主に子どもが感染し発熱やせきなどかぜに似た症状が出る病気
    生後6か月以下の赤ちゃんや心疾患のある赤ちゃんなどが感染すると、重症化するおそれ

    新型コロナウイルスへの対策で去年、感染が広がらなかった結果、多くの子どもが免疫を持っていないことが影響

    全国およそ3000の医療機関の小児科で、先月20日までの1週間にRSウイルス感染症と診断された患者の数は9641人



    全世界の新型コロナウイルスの総重量は100g~10kg



    中国の民間組織である「会党」は、ヤクザと右翼と生活協同組合とライオンズクラブと県人会を足して5で割らない、どんな性質も持ち得る存在

    広東語で「三合会」は黒社会全般を指す一般名詞で、「ヤーさん」くらいの意味
    中華圏では「山口組」という単語も日本のヤクザ全般を指す一般名詞

    亡命反体制富豪の郭文貴のグループや、反共的な疑似宗教団体の法輪功が傘下メディアを通じて主張したデマが、アメリカや日本でまことしやかに受容された

    アメリカで中国研究をやっている人は華人系の方ばっかり。これはコリアン・スタディーズにも似た傾向

    習近平は「紅二代」グループの出身。建国の元勲たちの子弟
    建国前後の政治・軍事組織の中核勢力をルーツとした世襲の権力私物化集団である点で、清の八旗の王侯貴族層や、隋唐王朝の関朧集団に似た気配
    胡錦濤や李克強の出身派閥である団派(共産党青年団派)のような党内の派系は、かつての科挙官僚の朋党に通じる




    内閣が行政指導に「法的根拠がない」と認め、それを廃止するのは、きわめて異例
    金融庁・財務省・経産省と協議の上で出したというのだから、政府ぐるみで飲食店に圧力をかけようとした

    普通はこういう法的根拠のない行政指導は、口頭で行われる。
    官僚は行政訴訟で追及されると勝てないことを知っているから



    現在のようにネコ科動物が世界中に散らばったのは、祖先種がアジアから飛び出し、地球上の海面の高さが低くなったタイミングでアフリカや北アメリカへ移動した結果
    移動が始まったのは今からおよそ900万年前で、特に最も大規模な大陸間移動が起こったのは、海抜が低くなった100万から400万年前

    北アメリカから出戻りして中近東あたりに生息していた小型の肉食動物が、現在のイエネコの祖先

    イエネコの祖先は、約17万3000年前に他のヤマネコ種から枝分かれし、13万1000年前から細分化を繰り返したリビアヤマネコのうち、中近東に生息していたもの

    1万年前、小アジア(アナトリア)に暮らしていたリビアヤマネコが少し南に下った場所にある肥沃な三日月地帯に移動し、ここで人間に家畜化されてイエネコになった

    現在生息しているすべてのネコ科動物の祖先は、今からおよそ2000万年前、ヨーロッパあたりに生息していたプセウダエルルス
    1100万年前頃、アジアに生息していたヒョウのような捕食動物の一種が、ネコ科動物の共通祖先
    ネコ科動物は、現在8系統37種


    情動反応の処理と記憶に主要な役割を持つ扁桃体
    扁桃体は不安や恐怖などの感情によって活発化する

    「暗闇」条件下に比べて、「薄暗い」条件下では扁桃体活動がわずかに抑制され、「明るい」条件下においては扁桃体活動が大幅に抑制される
    明所では扁桃体と腹内側前頭前皮質の間に機能的な接続が存在する兆候

    光量の変化が入眠時刻や起床時の覚醒度だけでなく、「気分」にも影響を与えることが知られている。
    日照量の少なくなる冬にうつ病を発生させる季節性情動障害ではLED白色光を浴び続けるという光療法

    光から得た電気的信号を眼から脳の各部位に伝達する内在性光感受性網膜神経節細胞(ipRGC)



    オオカミに最も近いDNAが赤色、群れる習性が強く牧羊犬向きのDNAが黄色、狩り好きで猟犬向きのDNAが青色、筋肉質で警察犬向きのDNAが緑色
    狼の血が圧倒的に濃いのが柴犬。ダックスフンド、ビーグル、ゴールデンレトリバー、チワワは猟犬向き。シェパード、ボクサーは警察犬向き。パグ、コリーは牧羊犬向き。
    ラブラドールは猟犬も警察犬も両方いける。ポメラニアンはどれも中途半端


    スウェーデン・リンショーピング大学のエルヴァー・テオドルソン教授とリナ・ロス氏の研究チームは、2019年に「飼い主のストレスが飼い犬に伝わる」という調査結果を発表
    シェットランドシープドッグ33頭とボーダーコリー25頭の計58頭とその飼い主を対象に、ストレスホルモンのコルチゾールを1年間にわたって追跡
    犬の体毛と飼い主の毛髪から測定したコルチゾールレベルを継続的に測定し続けた結果、飼い主のコルチゾールレベルと飼い犬のコルチゾールレベルの上下は同期。

    狩猟犬種においては「飼い主の性格がストレスレベルに影響を与える」という同様の結果
    古代種では影響を与えるとは言い切れない結果



    中国共産党は、5月31日の政治局会議で、1組の夫婦に3人目の出産を認めた。
    1979年以降、中国は人口抑制策として「一人っ子政策」を実施、少子高齢化が進み、一人の子どもが両親と祖父母の老後の面倒を見るという苛酷な状況。
    「一人っ子」を緩和し、2016年に「二人っ子政策」に政策転換。

    2019年の合計特殊出生率は、日本が1.36、中国が1.30



    1955年に右派と左派の再統一を果たした社会党が再び分裂してしまった大きな理由のひとつが、岸信介首相時代に行われた日米安全保障条約の改定
    社会党右派は、反共路線から安保改定に賛成。右派の西尾末広は、国民政党としての性格を失った社会党を批判し、党の安保反対一本の姿勢から距離を取った


    1952年に締結された旧日米安保条約では、条約に基づいてアメリカ軍が日本に駐留することを認める一方でアメリカが日本を守る義務を規定していなかった
    日本国内で大規模な暴動が起きて、日本政府がこれを単独で押さえ込めなかった場合、アメリカ軍が出動できることにもなっていた

    岸が60年の安保改定で、アメリカ軍を駐留させる代わりに日本が攻撃された際にアメリカが守る義務があることを認めさせ、日本国内の暴動をアメリカが鎮圧・弾圧する規定も除外させた。

    1955年の共産党六全協の武力革命放棄、翌56年のハンガリー動乱をきっかけに共産党と決別し、新たな路線の共産主義革命を目指していた新左翼は、
    社会党に多くの全学連の若者が集ってくることに目をつけ、自分たちも社会党に加入することで内部で仲間を増やすいわゆる「加入戦術」を取り始めた。
    その代表的な党派が日本トロッキスト聯盟、革マル派
    社会党の青年部を母体として60年初頭にできた日本社会主義青年同盟(社青同)の分派である社青同解放派


    群馬県に住みながら1952年頃からトロツキー研究を行っていた共産党員の内田英世・富雄兄弟
    彼らは57年1月に「日本トロッキスト聯盟・第四インターナショナル日本支部」を結成。「四トロ」と呼ばれた

    四トロを母体として57年12月には「革命的共産主義者同盟(革共同)」が結成、革共同は内部の路線対立によってさらに細かく分派

    1958年には、第四インターナショナルの中心人物として社会党への加入戦術も指揮していた太田龍が、
    自分の影響下にあった東京学芸大学と日比谷高校のグループを引き連れて分裂(革共同第一次分裂)

    1959年には、かつては民青(=「日本民主青年同盟」。共産党の青年組織)の早稲田細胞のリーダーであった本多延嘉と、
    その盟友だった黒田寛一が離脱して「革共同全国委員会」を結成(第二次分裂)

    1963年にはその革共同全国委員会から黒田が離脱し、
    自分自身の党派である「日本革命的共産主義者同盟革命的マルクス主義派」を結成。いわゆる「革マル派」

    黒田と袂を分かった革共同全国委員会は、残った本多たちのグループが「中核派」という通称を名乗るようになる



    日本共産党、全国に約27万人(2019年時点)の党員を抱え、現在も革命政党であることを綱領で謳っている

    共産党が1928年から出している党の機関紙「しんぶん赤旗」
    日刊紙の公称部数が20万部。週に一度だけ出る日曜版は100万部

    「日本学術会議任命拒否問題」「桜を見る会問題」も赤旗のスクープが発端

    共産党を想定した破壊活動防止法が戦後まもなく制定
    1971年の「渋谷暴動事件」(同年11月に東京渋谷とその周辺で中核派が暴動を扇動し、鎮圧にあたった新潟県警の機動隊員1名が殉職した事件)を最後に適用例がない
    この法律の規制対象に該当するかの調査と処分請求を行うための機関として公安調査庁という定員1660人の独自の役所まで作って共産党の動きを監視


    日本社会党は戦時中に息を潜めていた非・共産党系の労働運動家や無産政党、つまり戦前の合法的社会主義政党の関係者たちが1945年11月に大同団結してできた
    左右の幅が広すぎ、ソ連に対する考えや天皇観、日本が再軍備をめぐってたびたび意見対立、右派と左派に分裂したり、再統一したりを繰り返す

    社会民主党、党員は1万4549人(2019年時点)


    童子切安綱
    源頼光が丹波国大江山で酒呑童子の首を切り落としたもの。足利将軍、秀吉、家康らを経て津山藩主に受け継がれ、現在は東京国立博物館

    鬼丸国綱
    鎌倉時代の刀工・粟田口国綱の手になり、北条時政、足利将軍、秀吉、家康を経て後水尾天皇に献上され御物となっている。

    三日月宗近
    平安時代の三条宗近の作で直刀から刀身に鎬と反りのある日本刀となる過渡期のもの。北政所から德川家に渡り、特殊鋼の権威だった渡邊三郎から東京国立博物館に寄贈。

    大典太光世
    平安時代末期に筑後国で活躍した刀工である三池典太光世によって作られた。足利義昭から秀吉を経て加賀前田家に渡り、現在も前田育徳会の所有。

    数珠丸
    平安末期から鎌倉前期に備中国で活躍した青江恒次によって作られたとされる刀で日蓮が所有し、現在では尼崎市の本興寺にある。

    大包平
    平安時代に活躍した古備前派の包平の作で岡山池田家が所有していたが文部省が買い上げ、東京国立博物館に寄託。

    山鳥毛
    備前長船の名品で、米沢の上杉家に伝えられてきたが、岡山の収集家を経て、2020年に製造地の瀬戸内市がクラウドファンディングを実施して購入


    徳川に禍をもたらす妖刀村正、近藤勇の長曾禰虎徹、土方歳三の和泉守兼定、沖田総司の菊一文字則宗といったものは有名だが名刀というわけでもない

    鎌倉時代から南北朝にかけて鎌倉で活躍した正宗は伝説の名工で豊臣秀吉が愛好。「日向正宗」は秀吉から石田三成に渡され紀州徳川家に伝わった。三井美術館蔵。
    南北朝時代に活動した山城の刀工である長谷部国重の「へし切長谷部」は、織田信長が茶坊主を隠れていた棚ごと圧し切った成敗したとことに由来。福岡市博物館。

    薙刀は、鎌倉時代から室町時代にかけて流行した武器で、「薙刀 銘 備前国長船住人長光造」(三島市佐野美術館)は唯一の国宝


    江戸時代の中ごろの一般的な刀と脇差の刀身は、刀の刀身が二尺三寸(約七〇センチ)前後、脇差の刀身が一尺八寸(約五五センチ)前後
    刀と脇差は、特殊な事情、たとえば拝領したとか、先祖伝来とかの事情がない限り、二つで一揃え。つまり作刀も外装も同じで、長さだけが異なってる

    漆塗りにした木製の鞘の先端に鐺という金具をはめ、刃関の部分に金属の鍔をつけ、
    柄には、鮫皮を張って、その上に糸などを巻く。

    鞘には栗型という金具を付けて、下緒を通す。鞘の口の部分は鯉口と呼び、鯉口にかみ合う刀身側の金具を切羽と呼ぶ。
    ここの手入れが悪いと、いざというときに刀が抜けず、「切羽詰まる」



    大正期に入ると、雑誌『白樺』で的な西洋美術や文学の新潮流が紹介され、フォーヴィスムやキュビズムなど前衛画風が好まれ、
    一方では、日本的な美の探求も拠り盛んになった

    日本画では、土田麦僊、速水御舟、福田平八郎、上村松園、河鍋暁斎、富岡鉄斎、川合玉堂、浅井忠、小林古径、竹久夢二、前田青邨、安田靫彦、伊東深水など。

    洋画では、青木繁、安井曾太郎、梅原龍三郎、藤田嗣治、岸田劉生、佐伯祐三、関根正二、小磯良平、須田国太郎、山下清、奥村土牛、小倉遊亀
    版画では「釈迦十大弟子」などの棟方志功
    陶芸・工芸では富本憲吉、河井寛次郎、浜田庄司など

    前田青邨は大和絵を学びイタリア中世絵画のセンスも取り入れ「洞窟の頼朝」などで日本画に新境地を開いた
    入江波光らとの「法隆寺金堂壁画模写」
    その弟子に「砂漠を行くキャラバン」などシルクロードを題材とした絵で人気を博し中国との文化交流にも貢献した平山郁夫

    東山魁夷はドイツに留学した変わり種で、日本的とも無国籍的ともとれる風景を「道」などで精神性高く表現

    戦前には大原美術館などで限定的にしか西洋の本物の絵に触れられなかった


    戦後は外来の美術展が盛んに開かれた。「マティス展」はその最初の成功例
    小倉遊亀などはそれに強く刺激された
    女流画家としては片岡球子の力強さは日本画の世界で斬新
    戦後の最大の人気画伯は岡本太郎


    村上隆は日本美術のある意味での集大成的な芸術を展開。ベルサイユ宮殿での展示、「五百羅漢図」などでも話題。
    「前衛の女王」といわれた草間彌生は、幻覚・幻聴を絵にした、香川県直島にある「かぼちゃ」など水玉模様の空間など。
    奈良美智は、アクリル絵の具などによる人物画「Knife Behind Back」で知られ、

    写真家の杉本博司は「海景」など大判カメラを使って地平線などを表現

    現存の人気作家としては、会田誠、千住博など

    彫刻では、佐藤忠良、透明なガラスビーズを立体物の全面に貼り付けた作品で有名な名和晃平、舟越桂などが人気


    1990年代はシネマコンプレックスが増えて、映画の上映機会は増えた。
    製作委員会方式によるリスク分散の手法により、映画製作の幅が拡がったが、確実な収益を上げることに拘る傾向

    北野武が「HANA-BI」はヴェネツィア国際映画祭で40年ぶりの金獅子賞を獲得
    今村昌平の「うなぎ」がカンヌ映画祭のグランプリ
    河瀬直美の「萌の朱雀」がカメラ・ドール

    地方自治体が観光政策も兼ねてロケを誘致する「フィルムコミッション」が各地にできて映画界にとっては追い風

    カンヌでは是枝裕和「万引き家族」がグランプリ、審査員特別グランプリに河瀬直美「殯の森」
    ベルリン映画祭では「千と千尋の神隠し」がグランプリ



    2000年代に入って、インターネットの普及で無料音楽データ交換や違法データ・ダウンロード(ナップスターなど)が横行、CDセールスは減少
    CCCD(コピーコントロールCD)などで対応したが効果は薄かったが、音楽のデジタル・データ化とレコード会社の再編化

    レコード会社よりもアミューズ、ジャニーズ、LDHなどマネージメント会社、アーティスト主導の動きにシフト

    世界各地でロックフェスやライブツアーが巨大化
    日本でも ROCK IN JAPANフェスを中心に、サマーソニック、フジロックと三大ロック・フェスティバルが定着化、10万人規模の集客力

    この20年間は、音楽の制作環境でもコンピュータによるDTM(デスク・トップ・ミュージック)が普及、
    音楽をデジタル・データ化し、コンピュータで管理する時代が到来




    明治後期にペストが流行すると福沢諭吉の創刊した『時事新報』では「猫もペストに感染するから人目に付かないところで撲殺せよ」と訴え
    「猫好き」として語られる南方熊楠も実は猫を殴る・投げる・毒餌で殺す

    室生犀星は火鉢に手を置いた猫といっしょに映っている写真が有名で、「猫好き」として語られることが多いのですが、実は四年も飼った猫を平気で捨てた

    戦時中には毛皮増産などを謳って飼い猫を「資源」として供出させる運動
    戦後になっても失業者が猫を食糧としたり、三味線や実験用動物として「猫捕り」

    1970年代には猫が小鳥や金魚を襲ったり、発情期に鳴くことを「動物公害」と形容されて猫への苦情が新聞の投書欄を長く賑わす

    猫の雑誌や写真集が大量に刊行されるようになるのは1978年頃から、猫を扱うメディアがビジネスとして成立するようになってからまだ四十数年しか経っていない

    洋猫は戦前には飼っている人自体が少なかった、戦後に占領軍が日本に持ち込んで広がり、
    高度経済成長期にはシャム猫やペルシャ猫がファッションシンボル、上流階級の証として持ち上げられ、その傾向が90年代くらいまで続く

    坂東眞砂子が「不妊去勢は自然の性に反するからさせない。産まれた子猫は崖から投げて捨てている」と新聞に書いて炎上



    男女の日本人初の金メダリスト、三段跳びの織田幹雄と平泳ぎの前畑秀子。
    水泳では金メダリストとしては幻だが古畑広之進
    体操の内村航平、レスリングは吉田沙保里。柔道では山下泰裕と古賀稔彦
    バレーでは白井貴子、卓球の荻村伊知朗、ボクシングはファイティング原田、
    ウィンタースポーツでは羽生結弦だ。スキーでは猪谷千春
    プロスポーツでは、サッカーの釜本邦茂、相撲は雷電為右衛門と白鵬
    野球は金田正一、王貞治にイチロー、大谷翔平、テニスの大坂ナオミ


    外国人にも日本人にも人気の有名観光地、最近の人気は瀬戸内で、宮島がいちばん人気、
    広島の原爆資料館、縮景園、山口県の元乃隅稲成神社、香川県の直島、栗林公園、大塚国際美術館などの人気が上昇



    感染研の社会行動リスク解析の結果によれば、会食の多い人の感染率は統計的に有意に高い。特に飲酒をともなう大人数の会食での感染が多い


    現在の都道府県に近い区分けが出来上がったのは1888年頃。
    それまでは飛鳥時代の律令制度に基づいて、北海道と沖縄を除く日本列島は68の国に区分されていた


    JR南武線には「武蔵小杉」「武蔵中原」「武蔵新城」「武蔵溝ノ口」と駅名に「武蔵」の2文字が入る駅が4つ(いずれも川崎市)。
    神奈川県、東京都、埼玉県に計21の「武蔵〇〇」駅がある
    最も西はJR五日市線の「武蔵五日市」(東京都あきる野市)、最北は東武東上線の「武蔵嵐山」(埼玉県比企郡嵐山町)


    「相模国」は、神奈川県から横浜市と川崎市を除いたエリアに当たる


    千葉県が房総半島と呼ばれるのは、旧国名の「安房」「上総」「下総」に由来
    「総(ふさ)」は「麻」の古語で、阿波国(あわのくに=徳島県)から黒潮に乗ってやってきた一族が麻の栽培をしたことから「ふさの国」

    「下総」が上にあり、「上総」が下、相模国から海路で房総半島に渡ったので半島南側の方が都に近い「上総」


    「上野」「下野」一帯、もともと「毛野国/けぬのくに、けのくに」だったが、「上毛野国/かみつけのくに」「下毛野国/しもつけのくに」に分割
    「毛」を省いて表記されるようになったが、赤城山・妙義山・榛名山を上毛三山、高崎(群馬)と小山(栃木県)を結ぶ鉄道はJR両毛線など、毛野国であった名残


    常陸風土記では、「常陸国」は肥よくで海や山の幸に恵まれた「常世の国(=極楽)」であると記述
    常陸国と磐城国(=福島県浜通り、中通り南部)を合わせた常磐エリアは、明治期から太平洋戦争期にかけては首都圏に近い産炭地として、鉱工業が発展



    日本の道を代表する幹線道路・東海道は、律令時代(7?10世紀)から東西交通の要、家康が拡充・整備。

    家康は征夷大将軍に就き、武家の棟梁となった慶長8(1603)年の2年ほど前から、東海道の整備を開始
    「中山道」「甲州街道」も併行して整備
    当初の狙いは、謀反を起こした大名に討伐軍を派遣するための軍用道路を、江戸を起点に複数整備すること


    東海道の小田原?箱根?伊豆、甲州街道の上野原?勝沼?甲府、中山道の高崎?坂本?碓氷峠

    勝沼は幕末、新選組の近藤勇が結成した甲陽鎮撫隊が、江戸入城を計画する板垣退助率いる新政府軍と、死闘を繰り広げた場所


    日光街道は慶長7年に宇都宮宿が成立し、家康没後に宇都宮から日光東照宮までの参拝ルートが整備
    宇都宮から枝分かれし、白河まで行く奥州街道も整備

    街道という呼称は明治以降に定着した、当時は「甲州道中」「日光道中」「奥州道中」


    東海道 宿場数(53) 492Km 江戸・日本橋?京都三条大橋。箱根と新居に関所、大井川越えなどの難所あり
    中山道 宿場数(69) 526Km 江戸?京都の別ルートだが、山越えや峠越えが多く東海道より長い
    甲州街道 宿場数(45) 209Km 甲府まで行き、下諏訪で中山道と合流。慶長7年から整備が開始された
    日光街道 宿場数(21) 147Km 宇都宮から家康を祀る日光東照宮への参拝道としての役割を持ち、五街道の中でも異色
    奥州街道 宿場数(27) 192Km 日本橋?宇都宮から分岐し白河へ。陸奥国や蝦夷の産物を江戸に運んだ

    五街道の道幅は四間(一間=1.8mとして7.2m)から、所によっては七?八間(12.6?14.4m)と、かなり広かった


    万治2(1659)年には、街道を管理する道中奉行も任命
    道中奉行は大目付という、大名の監視・監察を担う職制の者が兼任、大目付は老中直轄
    街道は、幕府の厳重な監視下に置かれた。
    元禄11(1698)年には、道中奉行に勘定奉行を加えた二人管理体制に移行

    午後8時?午前4時までは、原則通行も禁止


    「脇往還」といわれる、今でいうバイパスが全国に整備

    仙台松前道 宿場数(約86) 530km 白河より北の仙台~盛岡~青森を経て三厩(津軽最北端)まで
    水戸街道 宿場数(20) 116km 現在の国道6号。江戸の千住?水戸まで。五街道に準ずる道の一つ
    三国街道 宿場数(35) 198km 中山道の高崎から分岐し日本海側の越後・寺泊に出る
    北国脇往還 宿場数(19) 130km 中山道の追分?北陸道の直江津(または高田)。別名・善光寺道
    北陸道 宿場数(約50) 480km 北陸の直江津?近江の鳥居本まで。中山道に合流して京都まで行けた
    伊勢街道 宿場数(7~9) 74km 東海道の日永の追分で分岐し伊勢まで。庶民が伊勢参りをする際に利用
    山陽道 宿場数(50) 550km 京都?下関。西国街道ともいう。瀬戸内海沿いを通り交通量は多かった
    山陰道 宿場数(約31) 610km 京都?下関の日本海側ルート。丹波・石見を通り周防国へと至る

    追分=街道の分岐点

    北陸道や山陽道などは、五街道に匹敵する規模と交通量


    大名行列が円滑に行軍できるよう、街道の普請・維持・管理を行ったのは各地の藩であり、そこに領民の金が吸い上げられていた
    近隣の村々は男たちを人足として出し、工事を担った

    各宿場町に輸送用の人足と馬の常備を義務付けていた
    近隣の助郷(すけごう / 人馬の調達を負担する農村)に応援を依頼、その賃金は公用のため無償、あるいは日当2?3文
    人馬継立(宿場ごとに人馬を交代させる制度)

    宿場町は人馬常備の代わりに、地子(じし / 宅地の租税)の免除を幕府から認められる
    大名行列の食事用の米(入用米 / にゅうようまい)も支給


    藩主や重臣専用の宿泊施設・本陣
    西国街道の郡山宿(現大阪府茨木市)椿本陣に残る宿帳によると、参勤交代行列が利用した回数は、1年あたり平均22.7日で、月2日
    しかも、参勤は年2回に集中するため、まったく予約がない月もある

    赤字が累積し、江戸時代後期は止むに止まれず、閑散期に庶民を受け入れるケースも




    民主党政権が再生可能エネルギーを促進するためにつくったFIT(固定価格買い取り)が動き始めて10年。
    政府が20年間も利益を保証するFIT

    政府は「グリーン成長戦略」の中で再エネを全電力の5~6割を占める「主力電源」にするという目標


    メガソーラー(大規模太陽光発電所)
    毎日新聞の47都道府県を対象にしたアンケート調査では、37府県が「トラブルがある」と回答

    事業の差し止めなどを求めて起こされた訴訟は、全国で20件以上。
    2018年には、パネルが土砂崩れで損傷したり風に吹き飛ばされたりする事故が57件確認

    日本の電力のうち再エネで供給しているのは18%、そのうち水力を除く「新エネルギー」は10%
    電力をすべて再エネで供給してCO2排出をゼロにするには、今の5倍以上にする必要がある

    設備容量500キロワット以上のメガソーラーは2020年で8725カ所
    パネルが置かれた土地の総面積は大阪市とほぼ同じ計229平方キロ。

    日本はすでに平地面積あたりの再エネ発電量は世界最大だが、それでも電力量の1割しか発電できない

    同じ発電量(キロワット時)で比べると、メガソーラーに必要な面積は火力発電所の2000倍以上。

    メガソーラーの年間発電量は1平方メートル当たり100キロワット時なので、日本の年間消費電力1兆キロワット時をまかなうには、1万平方キロの面積が必要
    これには関東平野のほぼ半分を太陽光パネルで埋め尽くす必要がある

    再エネ100%を想定した場合、電力コストは53.4円/キロワット時になる。これは現在の電気代の4倍

    電力は最終エネルギー消費の26%に過ぎない。再エネは、全エネルギーの8.2%しか供給していない
    残りの80%は化石エネルギー


    バイデン政権は6月24日、太陽光パネルの材料などを生産する中国企業をサプライチェーンから排除する制裁措置
    これは中国の新疆ウイグル自治区の強制収容所で製造された疑いが強いため

    太陽光パネルは、今や8割が中国製
    ヘレナ・ケネディ・センターの調査によれば、全世界の結晶シリコン(太陽光パネルの原料)の75%は中国製で、そのうち45%がウイグル製

    ウイグルは石炭の埋蔵量が豊富であり、発電コストの安い石炭火力発電の電力で、結晶シリコンを焼き固める高温の炉を稼働させている




    線状降水帯は、
    「次々と発生する発達した雨雲(積乱雲)が列をなした、組織化した積乱雲群によって、数時間にわたってほぼ同じ場所を通過または停滞することで作り出される、
    線状に伸びる長さ50 - 300 km程度、幅20 - 50 km程度の強い降水をともなう雨域」


    河川に大量の雨水を集める大地の広がりは「流域」
    雨水や降水による氾濫やさらにそれらを水土砂災害を引き起こす川の流れに変換するのは「流域」

    「流域」とは、雨の水を河川・水系の流れに変換する大地の地形のこと
    大地の凸凹構造、地形そのものという面でみれば、流域は「大小高低にかかわらず尾根という大地の盛り上がりに囲まれた窪地」
    雨の降る陸域において、雨の水を水系に変換する地表における水循環の単位地形

    「流域」の構造を知ることで、水土砂災害に備える考え方や行動ができるが、通常の地図にはほとんど反映されていない

    水土砂災害は、小流域に多くの雨が降り、流下する雨の水が、流域にひろがる生活圏を保護できるよう適切に集水されていなかったことが基本要因

    ここ数年、豪雨の災害、鬼怒川、球磨川、最上川など、大きな一級河川が氾濫



    熱海駅からほど近い山間を切りひらいた住宅地「伊豆山」


    直前の48時間で、熱海市網代の観測地点の降水量は408.5mmと、通常の7月の降雨量1ヵ月分以上が降り、過去最大の降雨量が記録

    熱海市には「土砂災害警戒情報」は出ていたものの、自治体からは住民の全員避難を促すレベル4「避難指示」は発令されていなかった
    2日10時にはレベル3となる「高齢者等避難」は発令していたのだが、結局、発災前に「避難指示」は発令されなかった
    発災した後になって、レベル5「緊急安全確保」が発令された


    内閣府防災担当が公表している、避難ガイドライン
    避難情報は5段階に分けられていたが、レベル4に該当するのは「避難指示(緊急)、避難勧告」。しかし、「勧告」や「指示」という文言が一般的に分かりにくい

    今年5月に見直しが行われた。レベル4は「避難指示」に一本化され、レベル5は新たに「緊急安全確保」という文言に変更

    基本的にレベル4までに住民は必ず避難する必要
    レベル5はすでに災害が発生しているか、発生している可能性が高い状態

    今回の豪雨では、このレベル5「緊急安全確保」が神奈川県平塚市で発令され、全国初のケース

    土砂災害は雨が上がった後、晴天になってから発生するケースもある




    西村康稔経済再生担当相(コロナ担当)は、酒の提供禁止の要請を守らない飲食店には「金融機関からも働きかけを行っていただきたい」と銀行の融資制限を求めた。
    これは批判を浴びて撤回したが、飲食店に酒の納入を禁止する「事務連絡」は予定通り出された

    「政令で定める多数の者が利用する施設」に飲食店は含まれる(特措法施行令11条)が、酒屋は含まれない。
    したがって都道府県知事は、飲食店には営業停止を要請できるが、酒屋にはできない

    国税庁が、特措法の対象になっていない酒屋に「酒類の取引を停止」することを要請しているのは、明らかに違法な行政指導

    強制力はないが、国税庁は酒類免許の許認可権をもっているので、酒屋は抵抗できない。
    その最後には「地方創生臨時交付金を活用した酒類販売事業者に対する支援について」という項目があり、さりげなく「指導に従う酒屋には補助金を出す」と示唆




    新型コロナウイルスワクチンの危険性を主張する書籍が「アマゾン」で一時販売停止。その後、販売再開

    「反ワクチン」派。海外ではアンチバクサー(anti-vaxer、あるいはanti-vaxxer)
    最古のワクチンである天然痘ワクチンの頃から

    河野太郎行政改革担当相が自身のウェブサイトで述べたところによると、
    「TwitterとFacebookにあるワクチン関連のそういった誤った情報の65%はわずか12の個人と団体が引き起こしている」



    6月18日に政府の分科会の尾身茂会長ら専門家有志26人が東京オリンピックに関して「無観客開催が望ましい」とする意見を盛り込んだ「提言書」をまとめて公表
    「提言書」の公表に当たっては、尾身会長がその直前の「G7で決まったこと」を前提に中止の文言は除外



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。