初!「動物」カテゴリーで過去18位に
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

初!「動物」カテゴリーで過去18位に

2016-07-01 02:27

    ペットのノアルさんの動画1本目が初めてですね、
    『動物』カテゴリーで18位になったらしいので驚いています。
    みなさま、ご視聴ありがとうございます。

    今回はこちらの動画内のコメントについて少しだけ。

    『これネザーじゃなくてミニウサギだよ』というコメントを頂きました。
    そこでうさ飼いさんたちに聞いてみたのですが、ミニウサギだったとしたらこういうはっきりとした毛色(ブルーオター)にはなりにくいというご意見を頂きました。

    また、血統書付きのネザーと交配させてもネザーらしいネザーの子もいれば、耳が大きな子や顔が丸くない、ネザーらしくない子も生まれるとのご意見も頂きました。

    高校生レベルの生物の話になりますが、ネザーランドドワーフは『ドワーフ因子』と『スモールラビット因子』を持っています。

    ドワーフ因子』しか持たずに生まれてしまった子はピーナッツと呼ばれ、すぐに死んでしまいます。なので、『ドワーフ因子』と『スモールラビット因子』の両方を持っている子がいわゆる『耳が短くて、顔が丸い、ネザーランドドワーフらしいネザーランドドワーフ』になり、ラビットショーにも出られます。『スモールラビット因子』しか持たずに生まれた子は耳が大きかったり、顔が丸くなかったりと、ペット雑誌のモデルやペット写真集になるようなネザーランドドワーフらしい見た目のネザーランドドワーフではないです。(これをフォースドワーフと言うらしい※1本目の動画のコメントより)

    そして、両方の因子を持ったウサギ同士を交配させると1/4でピーナッツと呼ばれる生まれてもすぐに亡くなってしまう子が生まれてしまいます。なので、両方の因子を持つ♂と、フォースドワーフの♀で交配し、ピーナッツが生まれないようにすることが多いらしいです。

    もちろん、うちの子は血統書なんてついてないペットショップ出身の子なので、先祖のどこかで別種が混じっている可能性は否定できませんけどね~。それでも紛らわしい『ネザーランドラビット』とか書かれてなかったですし、生体証明書?にも『ネザーランドドワーフ』と記載されているのでそれを信じておきます。

    そんなの関係なく、可愛い家族の一員なので変わらず愛情を注いで育てたいですし、私自身が一目惚れでお迎えしたので健康にすくすくと育ってくれれば十分です。毎日癒やされてますし(*´∀`*)

    ただ、動画のタイトルに『ネザーランドドワーフ』とかタグに『ネザーランドドワーフ』ってつけちゃったからどうしようかと思った次第です。

    [参考ブログ様]http://odenusagi.seesaa.net/article/167267176.html


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。