【ハースストーン】各ヒーローのクエスト評価【大魔境ウンゴロ】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【ハースストーン】各ヒーローのクエスト評価【大魔境ウンゴロ】

2017-04-01 10:39
  • 2
☆☆☆☆:ヨグ=サロン
☆☆☆:クトゥーン
☆☆:ン=ゾス
☆:ヤシャラージュ

【ローグ】
・達成し易さ:☆
・報酬の強さ:☆☆☆
・総合的評価:☆
「同じ名前のミニオンを4体手札から使用する」なのでクエストの方向性としては特殊コンボ系で、影隠れしたりシャドーキャスター2枚でループしたりドッペルギャングスターを退散させたりと、専用デッキを組むことになるだろう。
報酬は自分のミニオンを5/5にするという強力なものだが、クエスト冒険者や冷血といったバフに対する挙動が分からない上に、クエスト達成のためにミニオンを手札に戻すことになるので、盤面が即座に強化されることはないだろう。
よってヤシャラージュ。

【パラディン】
・達成し易さ:☆
・報酬の強さ:☆☆☆
・総合的評価:☆
「自分のミニオンに6回呪文を発動する」なのでクエストの方向性としてはアグロからミッドレンジでの盤面の取り合いを意識しており、報酬も呪文回避・挑発など盤面の取り合いに有利になる適応持ちのミニオン。
しかし他のクエストと比べ、自分のミニオンを出して呪文を発動するという2段階の手順なので遅くならざるを得ず、除去を拒否するために呪文回避を付けると自分のバフを受けられないといったクエスト自体の噛み合わなさを感じる。
よってヤシャラージュ。

【プリースト】
・達成し易さ:☆
・報酬の強さ:☆☆☆☆
・総合的評価:☆☆
「断末魔ミニオン7体召喚」なのでクエストの方向性としてはコントロールを意識しており、報酬も対コントロールのバーストダメージ範囲から逃れつつ5/8/8の巨大なミニオンを置ける優秀なカード。
ただしプリーストが欲しかったのは対アグロのカードであり、対アグロで欲しいのは断末魔ミニオンではなく挑発ミニオンなので噛み合ってないというか達成前に倒されてしまう。
よってン=ゾス。

【ハンター】
・達成し易さ:☆☆☆
・報酬の強さ:☆☆
・総合的評価:☆☆
「1マナミニオン7体召喚」なのでクエストの方向性としてはアグロもしくはフェイスゲームを意識しており、優秀な1マナミニオンが増えたこともあって達成自体は容易で、報酬も1/3/2の1ドロー×15枚をデッキに埋める5/8/8のミニオンというデッキ外リソースの供給なので対コントロールに強い。
しかしハンターが欲しいのは対コントロールのリソースではなく火力となりうるカードであり、トップ火力にならない報酬である上に達成のために1マナミニオンを多く採用しすると盤面が取りにくいので盤面火力も期待できなくなる。
よってン=ゾス。

【ウォーロック】
・達成し易さ:☆☆☆
・報酬の強さ:☆☆☆☆
・総合的評価:☆☆☆
「カードを6枚破棄する」なのでクエストの方向性としてはカード破棄関連の高スタッツミニオンによるスピード勝負、もしくはマルシェザールのインプを使ってリソース補充してのリソース勝負。
カード破棄関連の新カードも来ており破棄枚数は十分確保でき、相手に合わせてスピード勝負かリソース勝負か選べる点も強力。
1ターンにつき4マナと2枚を永久に得する報酬なので、スピード勝負を選択していなされたとしても、リソース勝負に移行することが出来る点で非常に強力。
よってクトゥーン。

【シャーマン】
・達成し易さ:☆☆☆
・報酬の強さ:☆☆☆☆
・総合的評価:☆☆☆
「マーロックを10体召喚する」なのでクエストの方向性としてはエラばれし我らにヒレふせを使用したアグロからミッドレンジを意識しており、報酬も息切れを防止する手札補充の5/8/8である。
他のクエストに比べ質の制約がないため、六丸や奴らにフカき眠りを採用しているマーロックシャーマンに無理なく入り、最高3枚だけで条件がクリアできるという今までにない緩さ。
よってクトゥーン。

【メイジ】
・達成し易さ:☆☆☆☆
・報酬の強さ:☆☆☆
・総合的評価:☆☆☆
「ゲーム開始時にデッキに入ってない呪文カードを6枚使う」なのでクエストの方向性としてはコントロールを意識しており、呪文を発見したり獲得したりするカードが多いメイジに噛み合っている。
報酬は5マナ使ってもう1ターンを得る呪文であり、バーストダメージ範囲を拡大する等の対コントロールで真価を発揮するであろうカードだが、巨大なミニオンを置きにくいので実質15マナ使えるターンに過ぎない、強いが悪用は難しいか。
よってクトゥーン。

【ウォリアー】
・達成し易さ:☆☆☆☆
・報酬の強さ:☆☆☆☆
・総合的評価:☆☆☆☆
「挑発を7体召喚する」なのでクエストの方向性としてはコントロールを意識しており、挑発で試合を長引かせてクエストを達成しやすくするカードデザインなのでウォリコンに自然に入る。
しかも報酬自体は3/4/2の武器だが、2マナ8点を毎ターン任意方向に打てるので1ターンで5マナ12点という壊れ武器。
ウォリコンの負け筋の一つであるフィニッシャーの欠落に対する完全回答であり弱い部分が見当たらない。
よってヨグ=サロン。
ほんとはラグナロス。

【ドルイド】
・達成し易さ:☆☆☆
・報酬の強さ:☆☆☆☆
・総合的評価:☆☆☆☆★
「攻撃力5以上のミニオン5体召喚」なのでクエストの方向性としてはミッドレンジからコントロールでの盤面の取り合いを意識しており、攻撃力5以上関連の新カードとの相性が良い。
この大きさのミニオン(特に挑発)を早期に着地させることが出来れば相手は除去せざるを得ず、ドルイドの苦手なアグロの時間帯を凌ぎやすい上にクエストが進むので、それなりに噛み合っている。
報酬はデッキのミニオンのコストを0にする5/8/8の巨大なミニオンを置けるというもの。
ドルイドのデッキにミニオンをどれだけ詰め込むかという問題はあるが、悪用するデッキタイプが出る、絶対に。
よってナーフ前のヨグ=サロン。
むしろベン・ブロード。
広告
×
ウォリアーの報酬武器は確か雄叫びでのヒロパ交換だったと思いますよ
34ヶ月前
×
>>1
訂正しました。
ありがとうございます。
34ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。