【ハースストーン】チェス攻略覚書【Hearthstone】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【ハースストーン】チェス攻略覚書【Hearthstone】

2019-08-07 00:00
    Play the opening like a book, the middle game like a magician, and the endgame like a machine.



    ハースストーンにおけるチェス攻略の一助として役立つことを期待して記事にします。
    なおチェスヒロイック一発クリアの実績を持っています。

    この記事では説明省略のため以下の略称を使用します。
    P:ポーン(1/1/6)   火力1、2点。終盤の配置調整。
    L:ルーク(3/2/6)   火力2、4点。
    B:ビショップ(3/0/6) 回復2、4点。中盤の誤魔化し。
    K:ナイト(4/4/3)   突撃4点。唯一の体力3。
    Q:クイーン(7/4/6)  火力4,8点。終盤の盤面破壊。


    ★序盤は本のように(1~4ターン目)
    基本マリガンはPとL以外返す。
    先攻P3>P1L1、後攻P1L2>P3L1を目指す。
    後攻のP1L2の時だけは、追加でKかLをキープ。
    序盤~中盤は盤面の取り合いになるため、今回の酒場の喧嘩のように特殊な外部要因がない限り、序盤(特に1・2ターン目)は動きが極端に制限される。

    プレイについては「有利トレードの概念はほぼない」「カードアドバンテージの概念はある」のほかに「有利盤面では強い駒を外側、不利盤面では強い駒を内側に配置する」を基本的な配置方針にするとわかりやすい。
    勝ってるときは強い駒に攻撃が届きにくいように、負けてるときは強い駒の攻撃が届きやすいように。
    これはK以外の体力が6で統一されていることに起因し、P+Lの火力×2ターンで6点が出てしまうので、内側にいるほど倒しやすいが倒されやすい。


    ★中盤は奇術師のように(5ターン目~8ターン目)
    序盤~中盤はLを大事にして盤面を制圧することを考えるが、K+Lで相手のLやBを倒せることは覚えておくと盤面の主導権を握りやすい。
    基本的な配置方針は「Kは最も外側」「BはKの内隣」「相手のKは放置しない」
    特に相手のKを1ターン放置することは「0マナ1ドローのKをトップで引かれた」に等しいディスアドバンテージ。
    盤面優先を前提に、無理のない範囲でヒロパを押してもよい。
    不利状況のみ「Lに突撃して4点を与えつつ、次の相手ターンで発生する打点を2点以上吸うことを期待してKを中央に配置する」という裏技もある。


    ★終盤は機械のように(9ターン目以降)
    カードアドバンテージ確保のため、終盤は基本的に毎ターンヒロパを押す。
    ヒロパの優先度はQ≧L≧K>P>>>B。
    ヒロパでBを取る選択肢はほぼない。
    基本的な配置方針は「相手のQは放置しない」。
    そのため、手札に常にQ+L、L+Kがあるようにしたい。

    最終目標は「相手の駒よりも多く駒を出して相手のキングに攻撃を加える」ことだということを忘れない。
    ここを間違うと、「自分のキングの体力が少ないのに手札がQばかりになって横並びを防げない」という状況になりかねない。
    相手の駒が2体以下ならQ+P3で手札から5点リーサルが出る、などがあるので、圧倒的に有利な盤面であれば、ヒロパのP優先度が若干上がる。


    ★まとめ
    マリガンでPとL以外は返す。
    ヒロパでBを取る選択肢はほぼない。
    相手のKを1ターン放置することは「0マナ1ドローのKをトップで引かれた」に等しいディスアドバンテージ

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。