【コラム】エルフーンのジレンマ【ORAS】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【コラム】エルフーンのジレンマ【ORAS】

2015-05-10 01:41
    エルフーンに有効でない技に合わせてエルフーンを繰り出したとすると、
    A:エルフーンでアンコールする→相手は居座る
    B:エルフーンでアンコールする→相手は交換する
    C:エルフーンでアンコールしない→相手は居座る
    D:エルフーンでアンコールしない→相手は交換する
    の4パターンの択が発生することになる。


    A:エルフーンでアンコールする→相手は居座る
    このターンはエルフーンの行動が有効になり、
    相手はこのターン自由に行動出来ない上に次のターンは交換を強いられる。
    そのため、アドターンは+2とする。

    B:エルフーンでアンコールする→相手は交換する
    このターンはエルフーンの行動が無駄になるが、相手も交換して行動出来ない。
    そのため、アドターンは±0とする。

    C:エルフーンでアンコールしない→相手は居座る
    このターンはエルフーンが自由に行動できるが、相手も自由に行動してくる。
    そのため、アドターンは±0とする。

    D:エルフーンでアンコールしない→相手は交換する
    このターンはエルフーンが自由に行動でき、相手は交換して行動出来ない。
    そのためアドターンは+1とする。


    以上より、相手目線で考えたとき、居座るとー2or±0ターン、交換すると0orー1ターンであるため、今回考慮外の要素(エルフのやどみがを無力化する手段がある等)に影響されなければ、交換することが最善手となる。





    囚人のジレンマ風になると思ったらそんなことはなかった。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。