ファミマ一部店舗で「南極点のピアピア動画」販売開始
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ファミマ一部店舗で「南極点のピアピア動画」販売開始

2013-03-05 19:29
  • 4

 早川書房営業部が頑張ってくれて、ファミリーマート一部店舗で「南極点のピアピア動画」を置いてもらえることになった。現在ファミマでは 初音ミク de 桜ノ歌のキャンペーン を展開していて、それに便乗した形だ。
 左のような特製オビがついているので、既読の方も記念にぜひどうぞ。Amazonなどの通販では買えないものだ。
 なぜファミマかといえば、小説の舞台のひとつがコンビニ・チェーン「ハミングマート」、通称「ハミマ」で、あからさまにファミマをもじっているからだ。 ただし、これで小説がファミマ公認になったわけではない。キャンペーンに合わせて、書籍売り場にちょっと仕入れてもらった形のようだ。

「ハミングマート二本木店」は、うちから16kmほどのところにあるファミリーマート白山二本木店がモデルだ。青山高原や名張、奈良方面に行く途中によく利用する。なので、この店には特別に10冊仕入れてもらっている。売れ残ることのないよう、近くにお住まいの方はぜひ馳せ参じていただきたい。
 左は今日の偵察で撮った写真で、桜の歌キャンペーンのバナーを掲げている。小説に描写したとおり、周囲は田んぼで駐車場が広く、長距離トラックも停められる。

 左は2009年11月、「コンビニエンスなピアピア動画」の取材で撮った同店だ。小説のヒントになった電撃殺虫器の位置はいまと変わらないが、当時はその下に煙草の自販機があった。
 玄関脇の扇風機は当時も今も健在だ。夏になると夥しい昆虫が集まるので、それを吹き飛ばすためにある。

 これは【第10回MMD杯本選】その旅立ちとピアピア動画 の一場面で、奇しくもファミリーマートがモデルになっている。また一歩、現実が小説に近づいたようで胸熱だ。
 そこで「動画は早川書房とファミリーマートの仕込みだった! 商業の罠だ!」などと陰謀論が立ち上がったら嬉しいのだが、ネットを検索してもそんなことを言うひとは一人もいなかった。カゲロウプロジェクトぐらいスーパーヒットを飛ばさないと、陰謀論など立ってくれないのだった。陰謀論者は、陰謀は常に成功すると信じているからだ。

 桜の歌キャンペーンの商品も、もちろん買い込んだ。小説でも描いたが、コンビニの展開力は実に強大で、ネットとリアル、ビットとアトムの橋渡しをしてくれる。
 一夜にして全国にボカロ商品が出回るのは、商業の罠だろうがなんだろうが胸熱だから、喜んでバイラル・マーケティングに加担するわけだった。「初音千本桜 梅じゃこごはん弁当」は早春の香りとさっぱりした味わいでコンセプトが活きており、おすすめだ。



広告
×
ファミマの一部店舗かぁ、家の地元でも扱っていればいいにだけど・・・
74ヶ月前
×
>>白山二本木店
去年の6月に近くまで行ったので寄った。近くの私鉄(近鉄)とR165の交差は小説と上下逆だった。ちなみに電撃殺虫器の集虫灯は割れていた。フラグ折れてんじゃんw
74ヶ月前
×
帯にモザイクがw
74ヶ月前
×
3月20日の深夜(午前)に寄ったので買いました。この時点で残り3冊。ホントに殺虫器の真ん前に配送トラック停めるのね。
73ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。