ミクパ関西に行ってきた
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ミクパ関西に行ってきた

2013-03-10 00:43
  • 8
ミクパ関西、近場なのにチケットを買いそびれて嘆いていたら、前日の夜半頃、天使が舞い降りてチケットを置いていかれたので、急遽参加してきた。うちは三重県津市なので、近鉄と阪和線を乗り継いで3時間ぐらいの道のりになる。

 13時半頃の会場、ビッグホエール入口付近。物販とライブ入場は別の場所になっている。物販はすでに長蛇の列になっていて、「今から並ぶとライブ開演に間に合わないかもしれません」とのことなので、スルーしてライブ入場口へ。

 ロビーにフィギュアが展示してあって、この撮影にも10mぐらいの列ができていた。

 天王寺駅で買ったたこ飯のおにぎりで腹ごしらえ。

 これは終了後に撮った会場。
 この広さでほぼ全員がサイリウムを振るので、すごいスペクタクルになる。
 私の席から見たステージのミクは小さかったが、別エントリでも述べたとおり、ミクはドーナツの穴であって、それを取り囲む人々こそが実体である。これはみんなで団結してミクさんを実体化しよう、という場なのだ。

 曲はぶりるPの「秘密警察」でスタート。出現や退場にもったいをつけず、どんどん歌うスタイル。ハロープラネットの「オハヨーハヨー」リフレインのタイミングで客席に照明が当たり、満場が歌うのが楽しかった。この曲に限らず、レーザーやスモークなど、複雑な演出を正確に決めていく技術は素晴らしい。一度だけミクの“マイクトラブル”があったが、大きなダメージはなく、客側でもリカバーして乗り切った。
 「ココロ」の最後、ロボットが停止する場面になると、あちこちから「リンちゃーん!」と励ますような声が上がるのもぐっときた。
 休憩をはさんで後半に入り、「ARiA」あたりからラストスパートな空気が盛り上がってくる。まだレン君が出てないなあ、と思っていたところへ「右肩の蝶」「Fire@Flower」が来て、悲鳴のような歓声になった。
 「千本桜」「こっち向いてBaby」「初音ミクの激唱」「メルト」とガンガン盛り上げてメルト砲が発射されていったん終了。
 アンコールの一曲目は「Tell Your World」で、衣装もTYW仕様になった。その次がしっとりした「Letter Song」で、ミクは高校の制服風衣装。卒業シーズンにふさわしい、泣ける曲だった。
 再アンコールで「Starduster」――後で聞いたところでは定番らしいのだが、私には不意打ちで、涙腺決壊してしまった。この曲は、私の中ではこの絵になる。場内は「愛を~」の大合唱になった。


 退場してもすぐには去りがたく、外で来場者の人と話したりして余韻にひたった。それから駐車場の痛車やコスプレイヤーさんを見て回った。






 みんなライブを楽しんでなごやかな雰囲気で、これがボカロライブの特徴なのかもしれない。来場者も小学生からおじさんおばさん、親子連れがまじっていて多様だ。
 初音ミク誕生から6年目、いい文化が根付いたものだとあらためて思う。改めて、ライブを盛り上げミク召還を成功させたスタッフと観客に感謝したい。

広告
×
あー平塚のシネプレにミクさんが来たの何年前だったかなあ(´川`)
85ヶ月前
×
車かっこいいなあ。
85ヶ月前
×
現地組でしたー。

尻Pさんにお会いしたかったなぁ…。
85ヶ月前
×
あっ 私と同じような2F席で見てたんだなと思ったら
会場写真2枚とも 拡大してよく見てみたら かすかに私が写ってました
85ヶ月前
×
 しかし、このライブの技術、どっかのカルトな宗教団体に悪用されると怖い・・と思うのは私だけ?
85ヶ月前
×
 連続投稿ですみません。私、ミクパでどうしても受け付けないのが、ミクパのミクモデルなんです。なんかこう、人形的な感じがして、どうしても今一つノレないところがあるんですよね。2013年に入ってから、改善されたところもあるみたいですが、感謝祭モデルには及ばない・・というのが正直な実感なんですよね、個人的に。聞くところによれば、感謝祭モデル、ミクパモデルも同じセガ製作だそうなのに、どうして出来というかリアリティにあんなに差があるんでしょう?私の主観ですけども。
 テクノロジーとか業界事情についてはあまり詳しくないんで、どなたか教えていただきたいのですが・・。
85ヶ月前
×
>>6
一番最初の ミクフェスは CG製作が2チーム体制でやってました
AチームはミクパのようなマネキンCGで、Bチームがリアル系
最初の感謝祭ライブではAチームのCGも混じってますが新作はすべてBチーム仕様、その後はAチームが担当した曲もBチーム仕様に作り替えられました
ミクパに関しては、オタクのファンが多いのであえてリアルにせずアニメキャラ的にデザインしてると担当者がインタビューで答えていたのを見たことがあります(私にはアニメキャラというよりマリオネットにしか見えませんケド)
実際のところはミクパ仕様のモデルは関節の数が感謝祭モデルより大幅に省略されてるので製作コストが安くあがるというのもあると思います
あとCD(キャラクターダンス)の質もあると思います 
ミクパではCD担当してたのが、当時中学生や高校生だった多少ダンス経験がる程度の声優さんなんです
だから腕を振り回しながらピョンピョン飛び跳ねてるだけのようなダンスが多いんです
それに対し感謝祭はプロダンサーをCDに使ってます、だから表現力に雲泥の差が出ます
今回のミクパでは、感謝祭でいつもやっていた「ロミオとシンデレラ」が初お目見えしました
衣装はミクパオリジナルのロングドレスでしたが、どうやらCDデータは感謝祭のものを流用してミクパモデルで踊らせたようでした。ミクではこの曲だけ、あとメイコも。ダンスが滑らかで、ミクパモデルでもここまで踊れるんだとちょっと感心しました
85ヶ月前
×
>>8
>7

丁寧なお答えありがとうございます。なるほど、ミクパミクはいわば量産型なのですね。ガンダムとGMみたいなものでしょうか。ミクパのファンがアニメ好きっていうのは初耳ですね。まあ、感謝祭レベルのクォリティーを年がら年中、というのも、むつかしい話ではあるし、ミクパも客観的に見ればハイレベルなんですが、最初に感謝祭を見てしまうと、というのはどうしてもあるし、なんといっても、2011年3月東京ミクパの黒歴史があると、どうしても、色眼鏡で見ちゃいますね。
未来的なイメージで見られるミクライブですが、中の人の話など聞くと、ミクは吸血姫といいたくなるくらい、泥臭くも、過酷な労働で成り立ってますよね。
まだまだ発展途上の技術分野。もっと低コスト、かつ少ない労力でリアルなミクライブが実現できる手法、技術が開発されるといいですね。ニコニコ技術部に期待、といったところですかね。
85ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。